閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

30
Mar.2018
PRODUCT NEWS

NEUMANN創立90周年特別企画: 25 Microphone Review with Onkio Haus .Inc

20180329_neumann_1390

1928年CMV3コンデンサーマイクロフォンの誕生から現在に至るまで、レコーディングシーンのあらゆる歴史とNEUMANNマイクロフォンは共にあります。
そして2018年、遂に90周年を迎えたNEUMANNマイクロフォン現行主要機種を株式会社音響ハウス様にて一斉収録。
各機種の特徴と活用を同社4名のエンジニア様にコメントいただいた永久保存版NEUMANNライブラリーの誕生です。
記事末尾にはドイツNEUMANN社による日本語字幕付のレコーディングEDUCATION「NEUMANN IN THE HOME STUDIO」もご案内。レコーディングに携わる全ての方必見のコンテンツです。是非繰り返しお楽しみください。

head_eng

eng_01eng_02eng_03eng_04

収録風景
全て音響ハウス様 第1スタジオにて収録。
全てのマイクロフォンはSSL コンソール(SL-9064J-64VU) HAを経由し、Avid HD I/OからProTools HDにて収録。全てノーEQ、共通のHA Gain設定、音源とマイクの距離に至るまでイコールコンディションによりマイクロフォンの特性差を純粋に比較出来る。

neumann_onkyo1
neumann_onkyo2
neumann_onkyo7
neumann_onkyo5
neumann_onkyo4
neumann_onkyo3

head01

U 47 fet
• 1986年の最終生産以来、28年振りに再生産
• カーディオイド
• 独自の特徴的なサウンドを付与

櫻井 氏(以下略:櫻)U47 fetは普段だとバスドラに使うことが多く、あとはベースアンプなどの低音系に使います。

SENNHEISER 真野 氏(以下略:S)余談ですが一番最初のU47は真空管で、マイクの中で初めて指向性切り替えスイッチを搭載させたマイクで、そこから業界にすごいと評判になって。

中内 氏(以下略:中)結構何にでもいけるのではないでしょうか、暖かみというか甘いというかU87 Aiのキラキラしたところもある。

櫻:個人的にはオフマイクは合わないかなと思います。オンマイク向きかなという印象です。

中:fetに関していうと離すと少し実体がぼやけすぎて、若干使いづらそうと今聞いた限りでは思いました。

櫻:オンマイクでも楽器系なんでしょうか? 女性ボーカルとか声の収録もいけそうな気がします。

中:今ウチのスタジオにあるU47 feでも女性ボーカルを録ることもあるので、キラキラしているイメージをどう採用されるかですね。

NEUMANN
U47 FET
¥447,120
本体価格:¥414,000
8942ポイント還元

U 87 Ai
• ラージ デュアル ダイヤフラム
• 3種の指向特性
• 最も有名で、最も広く使用されるNeumannスタジオマイク

櫻井 氏(以下略:櫻):ふくよかさもあって鮮度がいい感じがします。歌だとU87 Aiって固く聞こえるって印象がありますが、ピアノだとちょうどよく聞こえる、改めていいマイクだと思いました。中:声だと上の方が目立つ印象だけど、ピアノだと下もしっかり聞こえます。

S:前機種のU87iを使われることもありますか?

櫻:どちらかというとU87iの方が多いです(笑)。現場でやられている年上のエンジニアの方だとU87iの方がお好みなこともあって。U87 Aiの音を固いと感じられたりとか、割と育った環境でデフォルトのマイクがU87iかU87 Aiで分かれるかもしれません。

中:ゲインも高いし、しっかりとした音の実体はU87 Aiの方がある気がします。

櫻:用途的にはU87iが当たり前に一番最初に出すマイクで、U87 Aiが狙って使うというかアクセントで使うという感じですね。

NEUMANN
U87Ai studio set
¥327,240
本体価格:¥303,000
16362ポイント還元

U 89 i
• ラージ デュアル ダイヤフラム
• 5種の指向特性
• ユニバーサルアプリケーション用

【ピアノ】
櫻:U87iに近い印象ですね、U87 Aiより下の感じがわかりやすい気がします。

中:いい意味で落ち着いてる感じです。

櫻:ただちょっとゲインが低いんですよね、U87 Aiより高域の伸びが落ち着いてるんですかね。

中:ピアノで聞いた感じだとバランスが良いのか耳に優しい印象です。U87 Aiほどパキッとはしてないんですけど何にでも合いそうな感じがしました。

櫻:指向性も5段階あって使い勝手が良くて色々試せるマイクですね。無指向性も聞いてみたいですね。

NEUMANN
U89i
¥309,960
本体価格:¥287,000
4649ポイント還元


head02

BCM 104
• ラージダイアフラム
• カーディオイド
• 内蔵している中性のポッププロテクション

【ナレーション】

S:BroadCast Micの略でBCMですね、天井から吊るすタイプです。

後藤 氏(以下略:後)声の録音メインで作られている製品だと思うので、音の芯は拾っているんですけど、EQしたような感じになるのでちょっとエンジニア的には物足りない気がしますね。ノーEQでも使えるような仕様だと思いますが、中域メインで作られている印象です。

太田 氏(以下略:太)ラジオ局納品用的なイメージが強いですけど、音決めする時間がないようなMAなんかではある程度の声として欲しい部分は拾ってくれるマイク、という位置付けですね。

中:ポップスクリーンが内蔵されているので吹かれても安心なところがありますね。

太:見た目的にもいいですしね。

中:ラジオ局のフリートークなんかで複数立てた時に威力を発揮するマイクなのではないかと思いますね。被りとかを考えて聞こえやすくなるように作られていると思います。

NEUMANN
BCM 104
¥138,240
本体価格:¥128,000
2074ポイント還元

KM 131 A (KK 131カプセル+KM A) / KM 133 A(KK 133カプセル+KM A)
モジュラー KM Aミニチュア マイクロ フォン システム(アナログ出力ステージ)
• KK131…無指向性、フリーフィールドイコライズド圧力型トランスデューサー
• 20 kHzまでフラットで、デフューズサウンドフィールドでは5 kHz以上が減少
• KK133…無指向性、デフューズフィールド イコライズド圧力型トランスデューサー
• 12 KHzで4 dBから5 dBブースト

【ナレーション】

S:KM131は完全に特性的にフラットにしていて、無響室など完全に残響のないところで使いましょうというマイクです。KM133に関してはM50で使われていたチタニウム性のカプセルを使っているタイプのちょっと形が独特なタイプです。

後:KM133は高い方がちょっと雑に聞こえたんです、反射の具合なのかわかりませんが。KM131はやっぱりすごく素直なのかなと思いました。

太:KM183より無指向っぽくなかった。

S:そうなんです、KM133はハイになるとちょっと指向性を持つというものです。

太:あ、なるほど。

後:ナレーションだとまず無指向性というマイクの選択肢を削除するんですけど、これは案外声を張ってる時とか芯だけ拾って嫌な時、周りも拾った方がいい時っていうのを録るには、考え直した方がいいのかなって思いました。ブースはデッドなのでどこまで拾えるかわからないんですが、単一指向性でないといけないというイメージは崩してもいい気がしましたね。

太:固定概念だけでやってましたけど、案外こうして聞いてみると覆せますね。デジタルなんかも単にマイクでA/D変換するだけの違いでしょ、カプセル同じでしょって思ってましたけど、こうして聞いてみると明らかに違いがわかりますね。

中:プロデューサーとかにも歌とかで違いを聞かせたら『おっ!』ってなりますね。

【ピアノ】

櫻:オンマイクはそんなにオススメではないですね。

S:元々オンで使うマイクではないですけどね。

櫻:KM 131の方が好きですね。

中:変わった低域による指向性の違いというか、不思議な存在感っていうんですかね。

櫻:KM 133 は下はふわっとしているのに高い部分はスピード早いというかキラッとしたって感じですね。

S:デジタルマイクだともっと指向性がくっきりするんですよね。今回は迷ったんですがアナログだけでやってます。KM 133だとアンビエンス系になるんですかね?

櫻:オンマイクだと嫌なところがカツンって来ちゃう感じです。

中:意外とバンジョーとかマンドリンとか三味線とかいいんのではないですかね。オフマイクはいいですけどね、オンマイクは色々試さないとわからないですね。



KM 183 / KM 184
• KK 183…無指向性、デフューズフィールド イコライズド圧力型トランスデューサー
• 高周波数は、10 KHzで約7 dBブースト
• KK 184…カーディオイド、圧力傾斜型トランスデューサー
• 0°で入射するサウンドのカーブに相似した、非常に均一な周波数レスポンスカーブ

【ナレーション】

S:これはペンシル型のマイクで、無指向性のKM183と単一指向性のKM184です。

後:KM184はちょっと遠いイメージありますね。音色的にはさっきのKMS104ほどハイ上がりはしてないので、そういった意味ではバランスがいいかもしれないです。

太:楽器のアコギや弦を録るといった狙ったものを録るにはいいでしょう。

中:無指向性のKM183の方が後ろの音が聞こえましたね。

太:吹きはやはり単一指向性のKM184の方が音として聞こえましたね。

S:ポップガードとか何もしてませんでしたからね。

【ピアノ】

櫻:KM 183いいですね。

S:KM 183は一番ハイが伸びてるんですね。

櫻:KM 131とかKM 133と比べた感じでも、オンマイクもバランスよく聞こえたんですよ、使えるなって感じで。無指向のオフマイクとしても良いと思います。オフマイクは今だとDPAとか昔だとBKの無指向が多くてそれに張るというか、個人的な印象では。

S:そこは競合というか戦えますね。変な意味ではなくて。

中:KM 184はいいですね。

櫻:KM 183の方はどうでした?僕はBKの無指向と張るなあって思いましたけど。

中:KM 183はKM 131よりちょっとモアーってしてたなあってイメージだけど。

櫻:意外とローはありましたよ。

中:オフにした時にKM 131の方が輪郭が小さくて、KM 183の方が大きくみえた。

櫻:KM 183のオンマイクも嫌いではなかったですね。

中:ただちょっとシルキーなんですかね、KM 131・KM 133と比べると。上の方に引っかかるところがあるというか。

S:KM 131・KM 133に関しては現場を選ぶところがあるのかもしれないです。KM 183・KM 184は現場を選ばない感じで、あえてハイを上げておいて聴感上フラットになる感じですね。

櫻:KM 184はいいマイクですね。このKM 184をコントラバスに立てる人もいて、音がくっきりするんだけどローもちゃんと入っているんですよね。

中:そう。だからアコギにも合うしアタックの部分もすごく綺麗に柔らかく聞こえて嫌味に聞こえないんですよ。



NEUMANN
KM183 stereo set
¥196,560
本体価格:¥182,000
2948ポイント還元
NEUMANN
KM184
¥86,940
本体価格:¥80,500
1304ポイント還元

KMS 104 / KMS 105
• ステージ用コンデンサマイク
• カーディオイド
• 軸から外れても着色なし

【ナレーション】

後:両方ともタイトですね、中高域がカチッと出ている感じです。指向性がそんな違うような印象はありませんでした。

S:KMS104が通常のカーディオイド、KMS105がスーパーカーディオイドです。

太:むしろ音色の違いを感じた気がします。両方ともレンジが狭いのでボーカルの帯域を拾いつつ、中高域を足している感があって。KMS105の方が若干音圧が低く感じるので、レンジが狭い印象でした。

S:割と他のマイクよりハイが抑えられているんです。コンデンサーくさくないというかNEUMANNの音だねって言われることもあります。

中:系統的にはBCM705の分類の印象でしたね。KMS104よりKMS105の方がキュッて音が密集したイメージです。

【ピアノ】

櫻:これ意外といいですね!

中:意外とピアノ成立しますね、KMS105はどうでした?

櫻:KMS105はちょっとKMS104に比べるとピーキーなところが鼻につくけど。オフマイクにした時にあまり嫌な印象はないけどちょっと音像が小さくなるから無理して立てるほどでもないかな。やはりハンドマイクかな、KMS105は。

中:僕の捉え方だと音が滲むというか。でもKMS104とかピアノのところで普通に使えるなあって思いました。本当にそれ以外は同じというか、本当に低域を加えましたという感じでさすがNEUMANN!って思いました。同じといいつつ上が変わってたりもするので。

櫻:これはピアノ本体の録音もいければ弾き語りでもいけますね。

中:NEUMANNのフラットに近い特性が邪魔をしていない感じですね。


NEUMANN
KMS104
¥63,504
本体価格:¥58,800
953ポイント還元
NEUMANN
KMS104 BK(ブラック)
¥61,344
本体価格:¥56,800
920ポイント還元
NEUMANN
KMS105
¥64,584
本体価格:¥59,800
969ポイント還元
NEUMANN
KMS105 BK(ブラック)
¥64,584
本体価格:¥59,800
969ポイント還元

KMS 104 plus
• ステージ用コンデンサマイク
• カーディオイド
• 軸から外れても着色なし
• ロックやポップの女性に最適化

【ナレーション】
後:KMS104はタイトだと思ったんですけど、こっちは低い方が出ている分バランスがいいなって思いました。男性も女性も張っているのもノーマルも104 PLUSの方がバランスが良くて好みかなって思いました。

S:元々KMS104 PLUSは女性ボーカル向けに開発されたものなんです。女性の美味しい周波数帯域をキャッチするマイクということで。

後:女性の声が張っているやつ、とても良かったですよ。

太:今ここで聞く限りすごくバランスがいいって思うなら、むしろレコーディング向けなのかなって思いました。それに女性向けということですが、男性でも合うかなって思いました、ロック系とか。確かにこの3つのラインナップでいくと、レコーディングならKMS104 PLUSが使いやすそうだなって思いました。

中:これはピアノの弾き語りのレコーディングで使ってみたいって思いました。いつもどれにするか悩みのタネでU67とかU47を立てるんですが、爪の音を意外と拾ったりするんで。弾きながらでないと歌えない方もいるので、これはそういう時に威力を発揮しそうです。

NEUMANN
KMS104 Plus
¥71,064
本体価格:¥65,800
1066ポイント還元
NEUMANN
KMS104 Plus BK(ブラック)
¥71,064
本体価格:¥65,800
1066ポイント還元

TLM 49
• U 47のラージダイアフラムカプセルを使用
• カーディオイド
• ボーカルパフォーマンスのために最適化

【ピアノ】

櫻:これは高域が綺麗ですね。見てくれとちょっと印象が違いますけど。中域とかどう感じました?

中:オンマイクの弱いところは好きでしたね、ふくよかな感じで。強くなると高域の入り方が強いのキンキンするかなっていうのがありましたけど。

櫻:正直なかなか難しい感じのマイクでしたね。トランスレスなので。

S:ピアノとの相性がなかなか難しいのかもしれませんね。ボーカルだったりMA系で使おうっていうマイクだったりするんですよ。

櫻:アコギのストロークとかすごい良さそうですね。

中:下がもうちょいあるといいなと。

櫻:形からするとM49のイメージなんだけど、全然違うのでその薦め方ではない方がいいですね。

中:チューブ系のHAとかとよく合うかもしれないですね。それが嫌いだっていうエンジニアがいるのも事実ですが。

NEUMANN
TLM49 SET
¥180,400
本体価格:¥167,037
1804ポイント還元

TLM 67
• 伝説的なU 67に基づいたサウンド特性
• 3種の指向特性
• 切換可能なハイパス フィルターとプリ-アッテネーション

【ピアノ】

櫻:型番からしてU67に似せている方向に持って行ってるんですかね?

S:そうですね、本社の広告では『like a tube sound』という言い方をしていて。

櫻:正直ちょっとチューブっぽさもある気がします。

中:U67っぽさもあるし、トランスレスの素直さもあるし、扱いやすそうでいて値段も22万とかですしね。

S:見た目がU87で創設者のノイマン氏が刻パッチされていたりして高そうに見えるんですけど、使うならどこに当てたいと思いますか?

櫻:結構ふくよかだからボーカルでもいいですし、弦とかも意外と良さそうですね。

中:僕も弦のオンマイクを試してみたいですね。

櫻:今のピアノの音も良かったですし、他のマイクより音像が大きかったイメージがあるのでやはり歌とかがいいのかなって思います。

中:U67でいいなって思うところにはやっぱり合うのではないかなって思います。

櫻:チューブっぽさもありますからU67の代わりですというわけではないですが、U67っぽい使い方は出来ますよって感じですよね。

中:ブラスとかも良さそうですよね、全楽器にいけるのではないでしょうか。値段高いですけどU87 Aiよりも良い部分はあるのかなって思います。

櫻:意外とコンガとかも合うと思うんですよね。

中:普通に指向性も変えられるし、これは試してみたいですね。

櫻:上の嫌なところが出てこないからいい気がしますね。

S:U87 Aiとちょっと相反するところがあるんですかね?

中:相反する訳ではないけど、狙いどころがはっきり分かれる感じがします。全く道が違う訳ではなくて。

NEUMANN
TLM67
¥197,324
本体価格:¥182,707
1973ポイント還元

TLM 102
• ラージダイヤフラム
• カーディオイド指向特性
• 非常に高い最大音圧レベル
• 6 kHz 以上をわずかにブースト

【ナレーション】

後:男性のノーマルはバランスがすごく良くていいですね。声の低いところも出ているし、上の方もちゃんと伸びている。ただ中高域が強いのか女性はちょっと向いてない気がしました。ただコンシューマー用で7、8万ということであれば、このクオリティーはコスパはすごくいいですね。レンジも極端に狭くないし。

太:特にこれといって可もなく不可もなくという感じですが、一番嬉しいのは余り大きくないので小さいテーブルにも4本とか並べられるところですかね。あとあまり声を張らせるとちょっともったいないような印象というか、朗読劇とかでしっかり拾うような使い方がいいかなと思いました。

後:音量もあるかもしれませんが、ちょっとピークが潰れている感じがしました。とはいえこの値段でここまでクオリティーが出ているのはいいですね。

【ピアノ】

S:TLM102はエントリーモデルという位置付けです。

櫻:サイズの割にしっかりしてますね、オンマイクだとすごく拾えているイメージです。

中:コンシューマー向け役割に特化しているというか必要なものが押さえられていて扱いやすそうですね。低域もボワっとしていないし変なところが伸びたりしてなくて。

櫻:アマチュアの方でも処理がしやすいと思います。エントリーモデルに良いのではないでしょうか。

中:サイズも小さくていろんなところに入りやすいので、ドラムのタムとかにも良さそうですね。

櫻:パッドがないからタムの衝撃に耐えられるかというのはありますが。

S:一応144dBまではいけるのでギターアンプの前やドラムもいけます。

中:歌とかアコギといった宅録的なもので考えると十分ではないですかね。

櫻:ジャズとかでブラシを使うとかタムにもコンデンサーマイクを立てたい時とかに使うと面白いですね。

NEUMANN
TLM102
¥65,456
本体価格:¥60,607
1309ポイント還元
NEUMANN
TLM102 BK(ブラック)
¥66,500
本体価格:¥61,574
998ポイント還元

TLM 103
• U 87 由来のラージダイヤフラム
• カーディオイド
• 限られた予算で最大限のクオリティを提供

【ナレーション】

SENNHEISER S:先ほどのTLM102よりひと回りサイズが大きくなって値段も少し上がって、兄弟のような位置付けですね。

後:TLM102の兄貴分かもしれないですけどレンジはこっちの方が狭いですね。声にはすごく向いている、ものすごく低音の出る男性ナレーターだとTLM102は出すぎるけど、これはそういう方に向いている気がします。高域もイヤミなく出ているし女性もいける気がしますね。

太:TLM102に比べるとマイクのボディーが大きくなったような聞こえ方がします。男女で比べるとどちらでもフラットいうか声を張っても張らなくてもさほど変化なく録れそうで、ラジオドラマで使うと楽になりそうなイメージがあります。

後:割と汎用性が高いというか、広く色んなものに使えるイメージですかね。

中:ピアノだとレンジ的なところでTLM103の方がよく拾っているなという印象でそういう意味で兄貴分的な役割を果たしているなという気がします。欲しいところだけ拾っているのでバランスがいいんですよね。

太:案外声の必要な部分はすっきり拾っているんだけど、声以外の部分が結構拾えているのかも。TLM102よりバランスがいい気がします。

S:ちなみに普段使われる汎用性の高いマイクっていうとどんなものですか?

中:僕はほとんどU87 Aiですね。

太:僕はMKH 416しか使わないです。ラジオなどでいっぺんに人が入るような収録が多いので。指向性が狭くてでかくない方がいいです。一人だとBlueとか、原稿によってマイクを変えているので。二人以上入るときはMKH 416ですね、汎用性が広い反面いろんな音を拾ってくれるので。

【ピアノ】

櫻:オンもオフも悪くないですね。TLM102よりもちょっとずつグレードアップしたかなって印象です、TLM102が中三ならTLM103が高校三くらいで(笑)。リッチになったかなって思います。

中:TLM102よりも幅広く拾っているかなっていう感じで処理がしやすそうかなって思います。

S:この機種くらいから都内のMAスタジオさんで使って頂いてるところがあったりします。ボーカルでも使えそうですか?

櫻:特性もフラットだしボーカルもいけると思いますし、いろんなところで使えそうです。

S:サイズ的にはTLM102よりもひと回り大きいですが、コンパクトな方ではあるのかなと。立ち位置的にアマチュア向けかプロユースか難しいところですけど。

中:一番の売りは扱いやすさという点ですね。絶対変な音にはならないというかプロの現場でもサブマイク的というか裏方的なポジションですね。

S:お値段も導入しやすいところなのでスタジオのリストにも載っていたりしていて、今はリハーサルスタジオさんにも導入してもらったりすることが多いです。

櫻:大きくないから色々と立てやすそうだし、割とトップのシンバルとかにいいかもです。

中:ミュージシャンとかが自分で持つにも適してそうですね。特別高いものを求めている訳ではないけどクオリティーが欲しいという場合にすごくいい位置付けです。

NEUMANN
TLM103
¥112,493
本体価格:¥104,160
1124ポイント還元

TLM 107
• ラージダイアフラム
• 5種の指向特性
• 卓越したインパルスの忠実度

【ピアノ】

櫻:TLM107は一応コンシューマー向けなんですか?

S:これはTLM103と感覚的には近いと思います。
櫻:似たようなところで難しいですけど、圧倒的に僕はこっちの方がいいですね。

中:音像も大きくて粒立ちがいいんですよね。声でもバランス良く聞こえてましたけど、ピアノで聞いてもオフもバランスが良かったですね。

櫻:TLM103とTLM107の値段差が5万円なら頑張ってこっちにしませんかって薦めたくなりますね。コンシューマーレベルだと上位だけど、プロの世界に足を踏み入れるとTLM107なら戦えるかなと思います。

中:オフの感じがU89みたいだなと思ったんですけど、むしろU89よりこっちの方がいいなと思いましたね。

櫻:クセのなさというか、いろんなが楽器に試したくなりそうですね。

S:今のNEUMANNの流れなんですよね。トランスレスマイクがラインナップの中で圧倒的に多くて、U87とかU89とかトランスが入っていてM149には真空管が入っていて、それらはエンジニアさんの人気というところで残っているラインナップなんです。TLMシ
リーズは今生産しているものでは新しいラインナップとして出ていて、これはクセのない原音に対して忠実というのを目指しています。その流れでデジタルマイクというのも出ています。

中:確かに良く言えばクセがなく扱いやすくて、でも103とかで感じた飛び抜けた個性っていうのがないのがトランスレスマイクの特徴ですかね。

櫻:お値段以上ですね。

NEUMANN
TLM107
¥172,584
本体価格:¥159,800
2589ポイント還元

TLM 170 R
• ラージダイアフラム
• 5種の指向特性 (リモートコントロール可能)
• 卓越したインパルスの忠実度

【ピアノ】

S:価格帯ではTLMシリーズで一番上で、リモートで指向性切り替えスイッチがあったりするので価格が上がったりしています。

櫻:これ好きですね、意外とTLM67より好きかもしれない。明るいなって思いました。

中:ふくよかさもこっちの方があるなって思いました。存在感がすごいある感じです。

櫻:TLM67は無理に出している感じがするんだけど、これは意外にフラットに聞こえるっていうか。

中:割とこれは指向性パターンがいっぱいあるんですよね、5段階とか。

S:はい、ダイヤル式で変えていくものになります。面白いのがN248という専用のファンタム電源を用いると手元で指向性を切り替えることが出来るんですけど、
指向性を切り替えるトリガーがファンタム電源の電圧量なんです。48Vが無指向性で46Vになると双指向になるという仕組みです。マイク本体をRというリモートの状態にしておけばコントロールルームから変えられるんです。

櫻:それはすごいですね。

中:画期的なのになんで今まであんまりなかったんだろうって感じですね。

櫻:見てくれがTLM103とかに近いから、U87Aiのフォルムに比べると形的な説得力がちょっと惜しい気がしますね。

NEUMANN
TLM170R mt (ブラック)
¥317,315
本体価格:¥293,810
4760ポイント還元

TLM 193
• ラージ ダイヤフラム
• カーディオイド
• 中規模の予算のための高品質プロフェッショナル機器

【ピアノ】

櫻:なんか下がすごく存在感ありますね。指向性とか周波数的には他のマイクとそんな変わらないはずなのに。バランスはもちろん良いですし。U89と同じカプセルなんでしたっけ?

S:そうですね。

櫻:それでトランスレスな違いが出ているんですかね、意外とオフマイクも悪くない感じですね。

中:これも扱いやすい系なマイクですね。私的な印象を言わせてもらうなら、TLM102やTLM103みたいなコンシューマー向けの扱いやすさのまま、存在感や太さも出たような気がしました。

S:合いそうな楽器というと何でしょう?

中:男性の声とかもいいような気がしますね。

櫻:ゲインはU89とU87の間くらいですね。

中:ピアノのオンマイクもいいなって思いましたけど。歌もいいですよね。

S:TLM67とも近いところがあるんですかね?

櫻:あれよりは少ないでしょう情報量が。

中:とはいえ使いやすいですよ、下が充実していて上がすっきりしている

S:そういう意味でもこれもコンシューマーに寄るマイクなんでしょうかね、あまり手を加えなくてもそのままで使えちゃうっていう。

櫻:低音が拾いたいときにあるといいなっていう印象ですね。

中:TLM102やTLM103の流れだなって感じがしてて、それよりもグレードは上がっている感じです。ふくよかさや存在感なんかを感じるところがあるなって。

櫻:コンシューマー向け贅沢マイクという感じでもあるし(笑)、プロ用としても全然使えるマイクって感じですね。

S:中規模予算のための高品質プロフェッショナル機器っていう感じですかね?

中:なんか位置取りが難しいマイクですね。中域がいいからオフマイクがいいのかなって思うんですけど、まあオンマイクも悪くないという感じですけどね。

櫻:こもる感じにもならないから、扱いやすさはEQあまりしなくてもいいかもですね。

中:もしかしたらコンシューマーは難しいかもしれないですよ。S/N悪いから。ダイアログとかそっちの方がいいかも。

櫻:女性のダイアログなんですかね?

中:どっちもアリだと思いますよ、そんなキンキン聞こえないですし。

櫻:別に悪くないマイクですけどね。

NEUMANN
TLM193
¥162,000
本体価格:¥150,000
2430ポイント還元


head01

D-01
• ラージダイアフラム
• デジタルマイクロフォン(AES42規格)
• 15種の指向特性 (リモートコントロール可能)

【ピアノ】

S:デジタルマイクは、マイク本体の中にADコンバーターとDSPを内蔵し、AES42 という規格でデジタル出力されるマイクです。

櫻:マイク的にもちょっとボディがあるものですよね。

S:そうですね、結構大きめですね。

櫻:マイクの形通りというか、KM 184とかよりはボディの感じも。

中:オフマイクでは勿体無い気がするな。

櫻:目指しているオフっぽい感じにならないでしょうね。にじませられなくて『オンでいいじゃない』という感じになる気がします。ただこれも指向性を変えられるんですよね。無指向にした時にどれだけ威力を発揮できるかですね。

S:これもさっきと同じですが、置き位置なのではないですかね?

櫻:いろいろ試してみたいけど、試す時間が欲しいマイクですよね(笑)

NEUMANN
D-01
¥596,160
本体価格:¥552,000
8942ポイント還元

KM 183 D / KM 184 D
・AES 42規格に準拠したモジュールKM Dと8種類のKKカプセルの組合せ
・KK 183・・・無指向性
・KK 184・・・カーディオイド

【ナレーション】

後:全然別物ですね、さすがデジタルです!

S:KM183は跳ね返りがすごい明確に聞こえましたね。すごく早く聞こえるというか。

太:こっちは高評価です。お芝居を録るよりはナレーションを録るのに向いてそうな気がしますね。お芝居を録るには輪郭が出過ぎている感じがします。状況音を足すと芝居が前に出過ぎちゃう気がするので。

中:ナレーション収録に使うと良い面が多そうです。仕上がった感じがこういう風に聞こえるなっていう気がして、うまく融合できれば新しい感じには出来上がりそうなイメージが強いです。

太:全体に音像がでかいのでメインで鳴らすものには抜群です。デジタルになるとこんなに違うんだっていうのが改めて思い知らされました。

【ピアノ】

櫻:やっぱりナレーションと同じ印象で音像がでかいですね。

中:KM 183Dのオンマイクがむちゃくちゃ良かったですね、無指向ではないのでは?って思うくらい。

櫻:オフマイクにした時にすごい四角いなっていうイメージ。輪郭があるのかな。

S:輪郭は出るっていいますね。

櫻:それに比べるとKM 184Dはそこまでないですね。ちょっと音像が小さくなったんですかね。

中:僕も思いました、場所なんですかね。

櫻:かもしれないし、単一でデジタルだからしっかりとそこしか録っていないと。

中:これで比べるなら断然KM 183Dの方が好印象でしたね。

櫻:ただ声で言えば、184の方が良かったと思う。

中:目の前にある音源に対しての音の拾い方では、単一ということもあるけどKM 184Dの方が良いって印象ですかね。

櫻:KM 183DとKM 184Dを一瞬つなぎ間違えたかなって思うくらいでしたね。

中:楽器の時のKM 183D好印象ですね、デジタルもアナログも。KM 184Dも立て方で全然大丈夫だと思うし。多分シビアなんだろうと。

櫻:確かにいいマイクだなあって。世の中的にはどちらが受け入れられてるんですか?

S:世の中的にはKM 184Dですね、PAでも使えるものなので。

櫻:ただデジタルでこれだけすごいと楽しそうですね、今後の録音が。使い方を考えればもっと効果的に使える気がします。

NEUMANN
KM 184 D
¥188,460
本体価格:¥174,500
2827ポイント還元
NEUMANN
KM 183 D
¥196,128
本体価格:¥181,600
2942ポイント還元

TLM 103 D
• デジタルマイクロフォン(AES42規格)
• カーディオイド
• TLM 103と同等のキャラクター

【ピアノ】

櫻:オフマイクっぽくないですね!

中:しっかり輪郭がある感じですね。ホールとかならありなのかな?今まで聞いたデジタルの中ではレンジが狭く感じたんですけど。

櫻:だから逆にこれならデジタルでも馴染むっていう感じがあるんで、他よりは使いやすいのかな。

中:ただ反応がいいから全部拾っちゃうのがね。S/Nの悪くなりそうなアコギのフィンガーで弾いた時とかが難点ですね。

NEUMANN
TLM103D
¥207,360
本体価格:¥192,000
3110ポイント還元


head04

M 147 Tube


【ピアノ】

後「悪くないですね、とにかくキラキラで明るい印象でオンマイクの距離より少し近くに感じます。」

太「繊細なタッチとかダイナミクスも綺麗に拾えている感じですね。中域とかが充実感がある感じです。」

後「3,4kHzで盛り上がり、また10kHz以降で盛り上がるような、暖かみはありつつ明るい印象です。オフマイクでも近く聞こえました。」

S「ちなみにこのマイクは単一指向性オンリーです。」

太「余計なところを拾ってないから使い勝手が良さそうですね。」

S「M147とM149とTLM49が、 いわゆるU47を元に設計されたマイクです。M147とM149の違いはもちろん音にも関わってきますが、指向性の切り替えの有無があります。」

後「この価格帯でチューブマイクを試してみたいという方には取っ掛かりとしていいんじゃないでしょうか。」

S「チューブマイクは今でも運用方法が大変だと思うんですが、エンジニアさんが好んで使われますか?」

太「録音自体もDAWになってきてS/Nがなくなってきて音がすっきりしてきているじゃないですか、そのアクセントして真空管の暖かみってものすごくいいと思うんですよね。特に歌とかは未だに大体チューブマイクが多いです。」

後「U67やM149を使うことも多いですし真空管というものでしか出せないいいところがあると思うんですよね。」

NEUMANN
M147 Tube
¥297,000
本体価格:¥275,000
4455ポイント還元

M 149 Tube
• 真空管式コンデンサマイク
• トランスレス回路
• 9種の指向特性
• 7段切換の低周波数ロールオフ

【ピアノ】

櫻:これはいい!一番人気ですね、U87に次いで。仕事上で外部のエンジニアさんとかが一番持ってくるのが、歌が多いんですけどこのM149ですね。前に出てくる感じが説得力があるというか。

S:基本ボーカルで使いますか?

中:オフマイクとかで使うのもありだと思います。オールラウンドにハイレベルにアーティストの表現を全部しっかり録ってくれるといいますか。ダイナミクスがしっかり明るくて反応がいいです。

櫻:指向性の切り替えも結構繊細なところまで調整できますしね。

中:レコーディングだと何にでも使えますね。指で弾くアコースティックギターとかもいいだろうし、その場のものを全帯域的に収録してくれるというか。

S:お取引のある販売店さんの話を聞くと、U87を買いたいという方がいると、もうちょっと頑張ってM149にしませんか?っていう提案をされる方もいるみたいですよ。ちょっと商売的な話ですが。

中:いいアドバイスだと思いますよ、その 値段以上のものはあると思うので。

櫻:問題は重くてでかいので立て方ですよね。それを補って余りあるパフォーマンスを持ってはいるんですが。

NEUMANN
M149 Tube
¥515,959
本体価格:¥477,740
5160ポイント還元


head05

BCM 705
• ダイナミックカプセル
• ハイパーカーディオイド
• 内蔵している中性のポッププロテクション

【ナレーション】

S:これはNEUMANNで唯一のダイナミックマイクですね。

後:ダイナミックマイクにしてはいい音してますね。空気の揺れを拾っている感じが出てる。ノーマルで読む時には物足りないんですけど、大きめで読むようなものはピークが全然潰れていないし録ったあとの作業がやりやすいですね。声を張った時にどれだけ音圧落とさずに録れるかっていうのが自分の重要課題なんです。ダイナミックレンジの広いナレーターさんはコンデンサーマイクだと追いつかないんですよ。そういった意味ではこれまで割とレンジが狭くていいダイナミックがなかったので、これはダイナミックのいいところを録りつつコンデンサーのいいところを吹かしている感じがします。ブロードキャストと言われてなるほど!と思いました。

太:これは単品で使うのに向いてますね。なかなかコンデンサーでガッツまで録れるのはあまりないので。抑えながら強く読む方はコンデンサーマイクが向いてるんですけど、本当に声が大きい人には向いてないんです。個人的にはこういうダイナミックマイクが出てきて嬉しいですね。

S:ちなみに今ダイナミックマイクだと何を使われてますか?

太:SENNHEISER MD441とかですね。MAだとダイナミックマイクは一本もないので、本数があるものを使うんですよ。SM57はハイ上がりな音でMD421はハイ落ちしすぎちゃうし、もうちょっといいのないかなっていつも思ってました。そういった意味でこれは試しに使ってみたいです。

NEUMANN
BCM 705
¥86,400
本体価格:¥80,000
1296ポイント還元


head06

MK 4 (SENNHEISER)
• コンデンサーマイク
• カーディオイド
• NEUMANNと同じ無埃質で製造

【ピアノ】

櫻:これは今まで聞いた中で最高にコスパがいいマイクですね!

中:中域がNEUMANNと特性が変わっているから、ギターとかに使うと良さそうな気がしますね。本当にコンシューマーならこれ一本あればいけるんのではないでしょうか。

櫻:正直NEUMANNのマイクをずっと聞いた後で聞くと景色が変わるというか。NEUMANNのマイクは優等生感という感じだけど、MK 4は無骨というかいい意味でゴツゴツ感があるというか、そういう意味でエレキギターとかアンプに立ててみたりとかするとガッツが出る感じですかね。

SENNHEISER
MK 4
¥34,695
本体価格:¥32,125
520ポイント還元


head_07


head_07

mas_001_784

1974年、各分野の匠たちが集い総合レコーディングスタジオとして設立しました。

以来、ポストプロ部門の開設、CD・SACD・ハイレゾマスタリング、DVD・BDオーサリングへの参入等、“音”と“映像“に関して幅広い業務展開を行っています。

様々なアーティスト・プロデューサーの皆様からご信頼戴き、幾多の名盤・名作、時代を動かすトピックに携わってきました。

定評あるルームアコースティック、ヴィンテージ機材含め、ベストコンディションの機材と高い技術力を持つスタッフが、

「真に心地よい創造空間」をご提供致します。サラウンド制作環境、ハイレゾ制作環境の提案等、時代の移り変わりと共に常に進化していくスタジオです。

▼ : Web http://www.onkio.co.jp/index.html >>

最新記事ピックアップ

iZotope Neutron+Ozoneアップグレードキャンペーン 4月26日…
制作業界にスマートで新しいワークフローを提供するミックスプラグインスイーツ Neutron2、そして他にはない機能を盛り込み新基軸のマスタリングプラグインとして君臨するOzone 8。iZotopeが誇るオーディオ解析技 [……
eStore限定企画第二弾!OCTATRACK MKIIにあの極太サウンドのリズ…
4/11にスタートしたeStore限定企画は平日は毎日更新しますよ!今日はELEKTRON OCTATRACK MKIIを購入した方に数量限定で超豪華なプレゼント達を進呈するキャンペーンを行います! 一つ目はなんとTee [……
eStore限定!MASCHINE+ KOMPLETE11 ULTIMATEを7…
ダンスミュージックから映画製作まで世界中で重宝されているKOMPLETE11 ULTIMATEと、ビートメイカーに必要な機能を全て備えたMASCHINEシリーズを同時に超特価で手に入れることができるスーパーチャンス!さら [……
Sire MONSTER 7 登場!価格を超えたサウンドに到達したダイナミックマ…
ジャズ・ベーシスト Marcus Millerのシグネイチャーモデルを有するUSのブランド『Sire』(サイアー)。 自社工場を持つSireはベースのピックアップを製造する技術をダイナミックマイクに応用し、優れた製品を生 [……
Steinberg UR-RTシリーズ登場!絶妙なエア感をRupert Neve…
あのRupert Neve Designによるオリジナルカスタムトランスを搭載したオーディオI/FがSteinbergから登場。その名もUR-RT! InでもOutでもない位置に配置されたトランスはミドルステージトランス [……
Avid Connect 2018 : Avid Connect App
Avid Connect App:Pro Tools CloudとMedia Composer Cloudを繋ぐソーシャルアプリが登場
Pro Tools 2018リリース!iLokクラウドでの動作を確認!!
※本記事はROCK ON PRO Webサイトにて掲載されたものです NAMMショウ 2018にてAvidよりPro Tools最新バージョンとなるPro Tools 2018のリリースが発表されました。 年間プランが有 [……
Eventide社 StompBoxシリーズ好評発売中!スタジオワークで鍛え抜か…
40年以上、ハイエンドなスタジオ機器を開発し続けるEVENTIDE社。数々の作品で聴くことができるデジタルリバーブ/ディレイや時代を築きあげたハーモナイザーやモジュレーションエフェクトなど。そのアルゴリズムをストンプペダ [……
LEWITTレンタルキャンペーン中!オーセンティックなモダンマイクをあなたのスタ…
他にはないアイディアを先進の技術で形にするマイクブランドLEWITTをあなたのスタジオで試してみよう。 代理店メディアインテグレーションにて LEWITTレンタルキャンペーンを開催中です! 対象モデルを選んでメディアイン [……
Mackie初のインイヤーモニター「MPシリーズ」発売の意図を探る
「MPシリーズ」について、来日したFrazier氏・Tan氏にお話を伺いました!
iZotope RX Audio シリーズが期間限定 最大40%OFF 大特価!
不可能を可能にする。この言葉がもっともふさわしいレストアプラグインiZotope RX6シリーズが期間限定で最大40%OFF!4月7日からLAで開催されるNAB 2018を目前に浮き足立つエンジニアのみなさんへ向けたキャ [……
ROLI Seaboard RISE 49 価格改定で20%OFF!最新 PAR…
触れる、押し込む、滑らせる、素早く指を離す。5D入力でこれまでにない多彩な表現をキーボーディストに提供する脅威の鍵盤楽器 ROLI Seaboard RISEシリーズ。その中の49鍵モデルが価格改定で従来の20%OFF! [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート