閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

02
Nov.2016
PRODUCT NEWS

CREATOR x Product 2016 | 岡野 ‘オカシン’ 慎一

cxp_top_okashin01cxp_top_okashin02cxp_top_okashin03

profile


株式会社サムライ・エンタテインメント主催。サウンドプロデューサー、エンジニア。

プロデュース・チーム Mo’doo-! (モドゥー)として数々のアーティストに楽曲提供。(KAT-TUN、柴咲コウ、関ジャニ∞、Tina、玉置成実、リュ・シウォン、スケルトエイトバンビーノ、ユンナ、TiA、SHY、etc…)

その後、機械的に繰り返されるコンペ地獄(いえ天国でした!w)と決別し、自らの音楽を能動的に発信すべく、株式会社サムライ・エンタテインメントを設立。CHIHIRO(チヒロ)、8utterfly(バタフライ)などのアーティストを世に送り出す。

機材を買うために仕事をしてるのかと思うほど機材を愛し、日々、より良いレコーディング、ミキシングを追求している。Led Zeppelinと黒木渚をこよなく愛する、隠れロック野郎でもある。

infomation


・8utterfly(バタフライ)5thアルバム「#ヤミギャル」絶賛発売中!

・WISE シングル「Summer time/Welcom 2 my City」絶賛発売中!

・TuneCore Japan×SHOWROOM「WISE プロデュース&フィーチャリング シンガーオーディション」市川裕依「WANNA BE FREE feat.WISE」絶賛発売中!

・強がりセンセーション 2ndワンマンライブ「〜夏歌わぬ者は冬も泣く!汗水流す少女たちの完全燃焼宣言〜」DVD近日発売!

ANALYSE


1

これまで30ペア以上のモニター・スピーカーを使用。(A社、BF社、G社、K社、MB社、P社、SE社、Y社…)3度の飯よりスピーカーが好きな自分が思う、現時点で最高のスタジオ・モニターです。以前にもFocal製品はCMS40、CMS50、solo 6 Be、Twin 6 Be、を実際に使って来まして、Focal製品には絶対の信頼を置いています。好き過ぎて「Berylium Inverted Dome Tweeter」っていうTシャツを勝手に作ろうかと思ったくらいです(笑)

CMSシリーズもすごく良いですが、特にベリリウム・ツイーターのシリーズが素晴らしく、ベタな表現で恐縮ですが
・何時間聴いても耳が疲れない
・スイートスポットが広い
・ハイスピードでワイドレンジな特性のおかげで? mixの仕上がりが現代的になる
etc..

少し値がはることを除けば、長所しかないシリーズだと思っています。ちなみに4インチ前後の2wayモニターでは、CMS40が最高だと思いますので、環境に制約のある方はそちらをオススメします。

1

そんなFocalの最新機種であるTrio 6 Be は、これまでのモニターに感じていた、あとちょっとココが…という不満が全て解決された、自分的には理想のモニターでした。同社のSM9のように天面にパッシブ・ラジエーターがないので、他のスピーカーをスタックすることも出来ますし、縦置きでも横置きでも使用可。2way/3wayの切替がリモートで出来るのでスピーカーのところまで行く必要がない。また、8インチのウーファーという設定も絶妙だと思います。YAMAHA MSP10 studioやKRK V8を例に出すまでもなく、8インチはニアフィールド/ミッドフィールドのモニター界では、一つの「答え」だと思っています。

それ以上のサイズを常時聴くのは疲れるけど、7インチだとヘッドホン確認の必要が増えてくる。そんなわけで、鳴らせる環境があれば弱点の少ない8インチ・ウーファーですが、唯一の弱点とも言える「ほんっの少し大味な印象」も、
Trio 6 Beは3wayにすることでクリアしていると思います。5インチのミッドレンジとツイーターで理想的なキメ細かい「上半身」を作り出し、そこに8インチウーファーで音の「下半身」 = 「感じる低域」を加える。本当に隙のないスピーカーだと思います!

置ける環境と予算のある方は、是非検討されることをオススメします!自分はTrio 6 Beを導入してから、スピーカーのことを考える時間がほとんどなくなりました。これは自分的には結構な事件です(笑)

FUSION


indoor-location-7

  • 1:Trio 6 Beで各トラックの土台を作り
  • 2:YAMAHA NS-10Mで調整
  • 3:Auratone 5Cで調整
  • 4:最後にTrio 6 Beで全体のバランスを再確認

という手順で処理することが多いです(もちろん前後しますが)。特に各トラックのLowCut、HighCutなど、間違うと後々まで痛い目にあう大事な「レンジ決め」をする際にTrio 6 Beが活躍します。Trio 6 Beの導入後はヘッドホンの使用頻度も下がりました。

今後、2wayモードに慣れてくれば、Trio 6 Beと何かナロー・レンジのスピーカーの1ペア、計2ペアでmix出来そうな気もしています。

SUGGESTION


indoor-location-6

・8インチウーファーの音量を、オン/オフではなく、フェーダーなどで無段階に調整出来ると面白いかもしれないです。(上げることはないので、アッテネーターですね)部屋のサイズや使用環境、時間帯によっては、低域を少しだけ抑えたい場合があると思いますが、個人的にスピーカー搭載のEQをさわるのは好きじゃないので、ウーファーの音量調整があると重宝しそうです!

・専用スタンドを発売して欲しい
決して小さくないスピーカーですし、どうせならカッコいい純正品があるといいですね。

・カラバリを注文出来るようにして欲しい。
真っ白とかあったら欲しかったかも…某スニーカーみたいにパーツごとにユーザーが選択出来たら最高ですね。豹柄とか。

・本製品と直接関係ないのですが
Focalさんには、ベリリウム・ツイーターで、3.5〜4インチくらいの“W”コンポジット・サンドイッチ・コーン ウーファーで小さな2wayスピーカーを作って欲しいです。CMS40のハイエンド版ですね。考えただけでヨダレが…絶対買います!

ちなみに5インチのも欲しいです(笑)


01

Focal

Trio 6 Be Red

¥ 596,000 (本体価格:¥ 551,852)

SM6シリーズのサイズと品質にSM9の持つ柔軟性を取り込んだ、シリーズの新基準となる3ウェイ/2ウェイ・モニター


button

PLUS1 ACCESSORY

AURATONE
5C Super Sound Cube

やはりナロー・レンジなスピーカーと組み合わせるのがベストでしょう。素材、構造などなどあらゆる面で真逆の存在、Auratoneと組み合わせちゃって下さい。


button

RADIAL
RX-9

もはや定番ですね。低域が締まって聴きやすくなります。


button

PRIMACOUSTIC
RX-12HF

こちらも定番ですね。低域が締まって聴きやすくなります。


button


20161012_cxp_index

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2016年11月02日 記事更新時点のものです。

最新記事ピックアップ

Antelope Audio Zen Studio+ 新登場!Thunderbo…
Antelope AudioがオーディオI/Fの新製品、Zen Studio+を発表しました。 Zen Studio+はAntelope Audio初のポータブルオーディオI/FであるZen Studioの基本性能は受け [……
UVI UVS-3200 新発売。3月1日まで大特価!ジャパンヴィンテージの激レ…
1978年にデビューしたKORG PS-3200シンセが、UVIの手によりソフトで復刻!UVS-3200は実機の特徴であるウォームサウンドを再現し、ベース/リード/パッドで大きな威力を発揮します。 UVS-3200は販売 [……
第4回エフェクタービルダーズ・コンテストが2月25日(土)に開催!ビルダー達の熱…
約10年前に起きた自作エフェクターブームが昨今、SNSによる情報共有やmakersムーブメント、そしてそれを扱う専門店の登場により再燃。また注目されています。その加熱ぶりを象徴するイベント。六本木にあるギターエフェクター [……
OM FACTORY ARMSTRONG 発売!UAD-2 / Apollo シ…
音楽制作専用Windows PC を手がけるOM FACTORYによるハイエンド機”ARMSTRONG”。 ARMSTRONGは、Thunderbolt 3 (USB-C) を搭載し、UNIVER [……
Presonus StudioLive AR USBシリーズ 登場!PAにレコー…
新世代のデジタルとアナログのハイブリッドミキサー StudioLive AR USBシリーズが2017年2月24日 新発売。 コンパクト・アナログミキサーであり、マルチチャンネル入力に対応したUSBオーディオ・インターフ [……
「共有ツール」としてのスピーカーのあり方とは? ~ スモールスピーカー VECL…
レコーディング・エンジニア 杉山勇司氏とFiTEAR 須山慶太氏がSSA-40が持つポテンシャルに迫ります。
ADAM Audio S Series 3月発売 予約を開始!新開発S-ART、…
リファレンスモニタースピーカー界の大定番 ADAM SXシリーズの後継機「S Series」が2017年3月から発売。予約を開始します! ADAMのスピーカーを象徴するリボンツイーターに新開発のS-ARTを採用。ADAM [……
”Mastering with iZotope OZONE” エンジニア Jon…
Neutronの開発に参加したマスタリングエンジニア Jonathan Wyner 氏による、iZotope Ozoneを効果的に使ったマスタリングのノウハウムービー”Mastering with iZoto [……
FOSTEX 新型スピーカーの登場か。NFシリーズ復活をうかがわせる星型ウーファ…
2017年初頭からFostexがティザー広告を展開していた「smal reference」の姿が明らかになりました。 ドラマー/サウンドプロデューサーのmabanuaさんとともに暗闇に浮かび上がる姿はまさしく予想通りのF [……
Positive Grid BIAS Softwareシリーズが最大37%OFF…
高品位モデリング技術による驚異的なアンプシミュレートサウンドを提供するPositive Gridのソフトウェア各種が最大37%OFFに!終了日未定の期間限定ということで、いつ急に終わってしまうのかが分かりません。気づいた [……
Fabfilter バンドルシリーズ 2月1日より最大1万円値上げ!欧州定番プラ…
高品位なサウンドと美しく使いやすいグラフィックが魅力のFabfilter。特に欧州のダンス/エレクトリックミュージックのプロデューサーからは絶大な人気を得ています。 そのFabfilterのバンドルシリーズに新製品のリバ [……
UVI Ether Fields新発売!Falcon Expansion第3弾 …
シンセサイザーとサンプラーの垣根を越え、無限のサウンドデザインを可能にするUVIのフラッグシップソフト音源FALCON。その拡張音源シリーズ第3弾、Ether Fieldsが登場しました!サウンドデザイナーのSimon [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート