閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

01
Nov.2017
PRODUCT NEWS

進化したKRK 新Vシリーズ / Rock oNスタッフのインプレッションは?

KRK_Rocko_top


DAWを中心とした制作環境の進歩が要求するのは、驚くほど伸びた低域/高域の再現性。また、ハイレゾやサラウンドといったトレンドを取り込み、モニタースピーカーはまさに百花繚乱。現在、沢山の製品がひしめき合う激戦区です。多くの新興ブランドが乱立する中、「KRK」はパワードモニター黎明期から現在まで続く、歴史を積み重ねてきたブランドの1つ。そんなKRKの新モデル「Vシリーズ」を、Rock oNスタッフがじっくり試聴。常に店頭で製品トレンドを把握するスタッフが感じた「Vシリーズ」のサウンドはいかに!!

パワードモニターの火付け役「KRKブランド」

司会 : KRKブランドのモニタースピーカーといえば、2002年に発売されたV4、その後続モデルとして2004年に発売されたV4 Series 2がすごくヒットしましたよね。佐々木さんは当時、どんな印象を持ってましたか?

Rock oN 佐々木 : パワードモニターの選択肢がまだそんなに無い時代だっということもあり、V4はとても人気がありました。乾いたアメリカンな音で、かつ低音が多く出る、元気がいい音という印象がありました。値段も抑えめだったこともあり、エンジニアさんよりも、ダンスミュージックやヒップホップを作るクリエイターに人気でした。その後のVXTシリーズやRokitシリーズも引き続き人気があり、アメリカではRokit 8など、サイズが大きい機種が売れているという話を聞いてました。

Rock oN 渋谷 : 当時、海外のヒップホップ・プロデューサーのスタジオ写真には、AKAI MPC2000などのサンプラーの後ろにRokitが映っているのをよく見ました。やはり太い低域の感じが、ヒップホップのテイストに合ってたんでしょうね。

KRK_RockoN01


いざ試聴! Vシリーズのサウンド傾向は?

KRK_RockoN02司会 : じゃあ、新しいVシリーズを聞いてみましょう! 今日は真ん中のサイズのV6 S4を準備しています。初代のVシリーズと同じく2ウェイ、V6 S4はウーファーサイズ 6.5″のモデルです。

~ ボーカルもの、ロック、ダンス系と、スタッフが聞き慣れた音源を切り替えながらしばし試聴を続ける ~

司会 : ひととおり音源を試聴しましたが、音の印象はどうでしたか? 初代モデルと比較するとどうでしょう?

Rock oN 佐々木 : 初代のV4が「フラットだったか?」と言われるとそうでない。誰もがそのことを分かってながら、音の個性を好んで使っていたんだと思いますが、新しいモデルはそこが解消され、よりフラットになった感じですね。でも初代V4のカラッとした明るい感じは引き継いでいて、KRKブランドの個性は守られてると感じました。

司会 : 初代V4の時代から比べると、DAWを中心にした制作環境が大幅に進歩し、高解像度、低域/高域のレンジ拡大と、モニタースピーカーに求められる要件も変化しましたしね。

Rock oN 佐々木 : はい。これはデジタルアンプになって以降、ほとんどのブランドの製品に当てはまることだと思います。ただ、現行メーカーの機種で「フラット」を謳う製品でも「本当にフラットか?」と問われると、実はそうでない場合もあるんです。かなり高域まで再現する能力を備えたためか、個人的には「派手な音だな」と感じる製品もあります。

Rock oN 渋谷 : 以前、僕が行っていたスタジオでは、VXT8とYAMAHA NS-10Mが置いてあって、お互いの音の傾向を補完し合って使っていたイメージでした。この新Vシリーズを聞いて感じたのは、VXTシリーズに足りなかった傾向が解消され、これ1台でも成り立つ製品に進化してるということです。デジタルアンプのすっきりさが備わった感じといえばいいでしょうか。

Rock oN 松本 : 初代モデルよりもレンジが広がってますね。初代モデルが持っていた、いい意味でモコっとした部分が解消されて現代的になり、今のジャンルに求められる音楽制作モニタースピーカーとして進化してると思います。背面スイッチで色々な設定ができるので、設置環境に合わせてチューニング出来そうですね。あと、USB端子が付いてますよね? まだここは未使用部分ですが、僕は今後の開発に期待していて、パソコンやスマホを直接繋げるようになったりと、色んなシーンにマッチした使い方が出来るようになればいいですね。

Vシリーズのオススメユーザーはこんな方!

KRK_RockoN03司会 : どんな人に勧めたいですか?

Rock oN 佐々木 : お客様によっては、ドンシャリだったり、低音が出過ぎるような極端さを嫌う方も多くいらっしゃいます。そういう方には、この新Vシリーズは変なデフォルメがない素直な音なのでお勧めしたいですね。もし、より低域が必要になれば、同社のサブウーファー「8S2」や「10S2」を組み合わせればいいと思います。

Rock oN 渋谷 : そうですね。故意に作った低音ではなく、自然な感じというのは好印象です。

Rock oN 松本 : 最近のトレンドとして、小さいサイズの製品なのに無理矢理に低域を出そうと作られてる製品があるんですが、新Vシリーズはあるがままを目指そうという設計思想が感じられ、そこは評価すべき点だと思います。

ブラックに加え、洗練感あるホワイトカラーも登場

ブラックに加え、洗練感あるホワイトカラーも登場


BLACKモデル

  • KRK
    V4(1Pair)

    ¥ 86,184
    (本体価格:¥ 79,800)

    1,292 ポイント還元

  • KRK
    V6(1Pair)

    ¥ 118,584
    (本体価格:¥ 109,800)

    1,778 ポイント還元

  • KRK
    V8(1Pair)

    ¥ 150,984
    (本体価格:¥ 139,800)

    2,264 ポイント還元

    WHTITEモデル

  • KRK
    V4S4 White (1pair)

    ¥ 86,184
    (本体価格:¥ 79,800)

    1,292 ポイント還元

  • KRK
    V6S4 White (1Pair)

    ¥ 118,584
    (本体価格:¥ 109,800)

    1,778 ポイント還元

  • KRK
    V8S4 White (1Pair)

    ¥ 150,984
    (本体価格:¥ 139,800)

    2,264 ポイント還元

    ウーファー

  • KRK
    8s2

    ¥ 42,984
    (本体価格:¥ 39,800)

    2,264 ポイント還元

  • KRK
    10s2

    ¥ 51,624
    (本体価格:¥ 47,800)

    774 ポイント還元


    メーカーHP

    KRK SYSTEMS
    http://www.krksys.com

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live 10 遂に2月6日に発売!無償アップグレード付き「9」…
    ライブと制作の垣根を超え、音楽シーンに新しい光を注ぎ続けるAbletonから Live 10が登場!2018年2月16日にいよいよ発売となります!Live 10はこれまでの直感的な操作性はそのままに、4つのデバイス、これ [……
    Rock oN AWARD 2018 座談会
    先日各賞決定が発表されたRock oN AWARD 2018。今年はゲストノミネーターに協力いただき、全70ノミネートの中からBest Product of the Year含む8賞がついに決定しました! 選考会の後に結 [……
    FOSTEX NF01R 10ペア限定アンコール入荷! プレゼント付きで最後の売…
    手に入れる最後のチャンス! 星型ウーファーのHPダイヤフラムの伝統を現代的技術でブラッシュアップ。ポストNS-10Mとも言われる高レスポンスでダンピングの利いたローエンドで話題沸騰中のNF01R。一旦完売してしまったので [……
    ORANGE RANGEとdelofamilia。NAOTO氏が生み出す2つのサ…
    NAOTO氏が生み出す2つのサウンド ~ NAOTO氏に制作スタイルを聞く ~
    Universal Audio Arrow 特典付きで新発売!Apolloのサウ…
    Universal Audioから新製品『Arrow』が発売しました。入門者からプロのモバイル用途まで、気軽に導入できるUAD-2搭載オーディオI/Fの登場です! ArroewはApollo Rack、Apollo Tw [……
    SHURE GLX-D Advanced 安心、簡単、高音質。パフォーマンスにも…
    マイク、イヤホンと同じくSHUREがライブ現場で高い信頼を得ているのがワイヤレスシステム。その中でも今、ライブハウスなど小~中規模の現場で最も注目を浴びているのが2.4GHz帯のデジタルワイヤレスGLX-D Advanc [……
    Apogee Symphony I/O Mk II Thunderbolt 8×…
    旧Apogee製品から Symphony I/O Mk II Thunderbolt 8×8へのアップグレードで買取金額が15%UP! 旧Symphony I/OやEnsembleなどから最新鋭のフラッグシップへ。サウン [……
    知ってますか?FocusriteオーディオI/Fユーザーはプラグインが毎月もらえ…
    FocusriteのオーディオI/FシリーズはScarlett(USB)、Clarett(Thunderbolt)、RED(Network Audio)の3ライン。伝統のマイクプリアンプ搭載のほか先進のデジタル技術で、ビ [……
    KEMPERを選択する理由はこれだ!クリエイター目線で使いこなす!PROFILI…
    「徹底カスタマイズ」をキーワードに、数々のPro Tools、Sibeliusのオリジナルアイデア/ノウハウを披露します!
    NAMM 2018 直前情報:Universal Audo UAD-2アクセラレ…
    個性的なラインナップと卓越したアナログモデリングサウンド。そしてDSPによるCPUにほぼ負荷をかけないプロセッシングは、今や制作シーンのスタンダードとなったUniversal AudioのUAD-2! 2018年3月31 [……
    Native Instruments MASCHINE 2.7への進化
    世界中のビートメイカーのハートを掴んで話さないNative Instruments MASCHINEのソフトウェアv2.7が公開されています。 今回のバージョンアップではリアルタイムのタイムストレッチを含むオーディオの充 [……
    Rock oN AWARD 2018 受賞製品を発表!
    ユーザーとRock oN選考委員、そしてゲストのプロクリエイターが一つになって2017年を象徴するプロダクトを決めるRock oN AWARD 2018。遂に受賞製品が決定しました! 2017年はAIやVRなど新しい技術 [……
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
    RockoNCompanyに関するツイート