閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
CREATOR

第一線で活躍するクリエーターのインタビューやコラムなど、音楽と真摯に向き合う作り手の姿があなたの創作意欲を刺激します!

28
Feb.2018
CREATOR

瀬川英史のLA Graffiti 第9回「ショートカットを作る」

20180226_segawa_1390

1年以上のブランクでこの連載に戻って来ました(汗)。その間、モジュラーシンセのセミナーを毎週書いていましたので、本人的にはあまりブランクは感じておりませんが、、、

今年は1月の中旬に東京でAvid社のProToolsとSibeliusについてのセミナーをしました。2時間程度の時間の中でワークフローの「時短」について説明したのですが、やっぱり2時間では足りませんでしたので、このコラム復帰一回目はその辺の補足から始めたいと思います。

ProToolsユーザーでなくても、Macユーザーであれば使えるTipsです!(Winodwsユーザーの皆様ごめんね〜)

Pro-Tools-2018-001

ProToolsがアップデートされて、その名も「ProTools2018(以下PT)」となりましたね。MIDIまわりのショートカットや機能も増えて随分使いやすくなりました。デフォルトのショートカットは増えましたが、それでも実践で使うにはまだまだショートカットが少ないですよね?

そこで、全ての機能に対してショートカットを作成できるわけではありませんが、サードパーティー製のapp等を使わずに、Macの「システム環境設定」を使ってショートカットを作成する方法を紹介します。

20180226_segawa_image_01

例えばPTにはフリーズ機能がありますが、デフォルトではこの機能に対応したショートカットはありません。通常は対象トラックを選択した後に、ファインダーのTrackメニュー下のFreezeを選択して実行します。フリーズ機能はやり直しも勿論可能なコマンドなので、ここはショートカットを使って迷わず実行したいですよね?

それではMacの「システム環境設定…」を開いてください。「キーボード」項目が見えるはずです。

20180226_segawa_image_02

そして開いたら「ショートカット」を選択。左の項目の一番下の「アプリケーション」を選択、さらにポップアップのアプリケーション項目から「Pro Tools」を選択。僕の場合は既に自分で追加したショートカットがあるので、「▼Pro Tools」がありますが、初めて特定のapp用のショートカットを作成する場合は、ウィンドウ下の「+」ボタンをクリック。アプリケーション:の右側に「ProTools」を選択。(ProTools以外のappにショートカットを作りたい場合は、ここでその該当するappを選択します)

さて、このショートカットを作成する作業で唯一失敗する可能性があるとすれば、この「メニュータイトル」のスペルや「…」のつけ忘れによるものだと思います。ProToolsのメニューで全てではないのですが、「…」がコマンドの後ろについているものがあるんですよね。これはピリオドを3回打つのではなくて、「てん」を変換して(ちょっと後ろの方に変換があります)「…」にするのが一番間違いがないです。とりあえずFreezeには「…」は含まれていませんので、単語の頭を大文字ににする事だけ注意して入力します。

20180226_segawa_image_03

そして、デフォルトでProToolsに使用されていないキーの組み合わせを選びます。今回のFreezeはやっぱり分かりやすく「F」を使いたいですよね。そして勿論「F」だけでは何かと支障があるので、他のControlキー等と併用するのがベターです。

「追加」をクリックするとショートカットが登録されました。ProToolsの画面に戻ると、ハイ無事に登録されていますね。

20180226_segawa_image_04
20180226_segawa_image_05

ちなみに、同じやり方で「Unfreeze」にも同じショートカットを追加できます。これで、フリーズ&アンフリーズ共に同じショートカットキーで効率よく作業できます。

20180226_segawa_image_06

最新記事ピックアップ

『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.47』公開!
作曲からミックスまで、田辺さんのノウハウを垣間見ながら、その中で制作風景や気になるクリエーターを紹介したり、最新の機材をいじっちゃうというこの企画。 第47回目は音楽プロデューサーK-Muto氏が登場!ゴスペラーズをはじ [……
【第11回】「再構築で作られたフレーズに「歌心」をいかに乗せるか」【TREKKI…
この記事は2018/02/23 当時のRock’in Mailmanに掲載されたものになります。情報が現在と異なる可能性がございますがご容赦お願い申し上げます。 いつもお世話になっております、in the blue sh [……
『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.46』公開!
作曲からミックスまで、田辺さんのノウハウを垣間見ながら、その中で制作風景や気になるクリエーターを紹介したり、最新の機材をいじっちゃうというこの企画。 第46回目は音楽プロデューサー井上慎二郎氏が登場!反町隆史の「POIS [……
【第10回】「リード音を乗せて楽曲を完成させよう!」【TREKKIE TRAX …
この記事は2018/02/16 当時のRock’in Mailmanに掲載されたものになります。情報が現在と異なる可能性がございますがご容赦お願い申し上げます。 こんにちは! ここからはサンプルを使って、リード音を乗せて [……
People of Sound 第40回 TREKKIE TRAXさん登場!
弊社発行のメールマガジン”RockoN Mailman”内で2017年12月からスタートした連載”Root Down Tips”では、ダンスミュージックのトラックメイキング・ティップスを、現在のシーントレンドとシンクロさ [……
【第9回】「Carpainterサウンドメイクインタビュー」【TREKKIE T…
この記事は2018/02/09 当時のRock’in Mailmanに掲載されたものになります。情報が現在と異なる可能性がございますがご容赦お願い申し上げます。 お久しぶりです!andrewです!過去最大の動員数と大盛況 [……
『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.44』公開!
作曲からミックスまで、田辺さんのノウハウを垣間見ながら、その中で制作風景や気になるクリエーターを紹介したり、最新の機材をいじっちゃうというこの企画。 第44目は音楽家の鈴木秋則さんが登場! 1998年にEPICレコードデ [……
瀬川英史のLA Graffiti 第10回「ちょっとだけプログラミングする」
ちょうど春から5年目のLA生活に突入しました。その間、LAは家賃の値上がり率と渋滞の酷さは毎年全米ナンバーワンをキープし、日本の昔のバブル期を思い出させるような大掛かりな工事もあちこちで始まり、暮らしやすいかどうかで言っ [……
『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.43』公開!
作曲からミックスまで、田辺さんのノウハウを垣間見ながら、その中で制作風景や気になるクリエーターを紹介したり、最新の機材をいじっちゃうというこの企画。 第43回目は作編曲家のkoma’nさんが登場! ニコニコ動画発ダンスボ [……
【第8回】「トラップのサウンドの要、聴かせるサブベース制作!」【TREKKIE …
この記事は2018/02/02 当時のRock’in Mailmanに掲載されたものになります。情報が現在と異なる可能性がございますがご容赦お願い申し上げます。 こんにちは! 今回は、前回製作したドラムトラックを基準とし [……
『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.42』公開!
作曲からミックスまで、田辺さんのノウハウを垣間見ながら、その中で制作風景や気になるクリエーターを紹介したり、最新の機材をいじっちゃうというこの企画。 第42回目は作詞家とシンガーとして活躍する加藤哉子さんが登場! バンド [……
『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.41』公開!
作曲からミックスまで、田辺さんのノウハウを垣間見ながら、その中で制作風景や気になるクリエーターを紹介したり、最新の機材をいじっちゃうというこの企画。 第41回目は「LEWITT LCT540 SUBZERO」と「Focu [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート