閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2017

25
Apr.2017
REPORT

NAB 2017 DAY1 : Synthax (RME)

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017_NAB_DAY1-333

白いスクリーンに製品やスペックなどの情報が随時入れ替わり表示されていたSynthaxブース。やはり人が集まるのはRME製品で、写真からでもその注目度がわかるほどに盛り上がりを見せていました。

NAB2017_NAB_DAY1-329

ラックケースにはRME製品がずらり。説明はいらないと思いますが、RMEはクリアな音質と解像度、システム構築に優れたデジタルの汎用性、拡張性の高さが評価され、ユーザーを順調に増やしているメーカーです。

NAMMショーで発表されたFireface UFXⅡからUCXまで現行機種の多さとその息の長さを再確認しました。また、こう見ると旧製品のブラッシュアップの傾向も顕著で、今ある機能をさらに進化させていくRMEの姿勢もうかがえます。

そんな中、注目したのはこちらのDigiface AVB。

NAB2017_NAB_DAY1-330

AVB

Ethernetポートを使用した音と映像の転送規格です。FocusriteやAudinate、Yamaha、Sennheiser、AVID、SHURE、BIAMP Systems、Meyer Soundといった音響機器メーカーが賛同している規格で、512ch(48kHz)を1本のケーブルで伝送できます。更に別のネットワークオーディオ規格との互換性も考慮されており、将来性のある伝送方法となっています。

MADIfaceの次は単純なDanteコンバーターか、と予想していたところにAVBという選択は興味深いです。実際に過去のインタビューではAVBは視野に入っていなかった、との発言もあることから、RME側の捉え方が変わってきているのではないでしょうか。ネットワークオーディオ規格の今後も要注目の分野と言えるでしょう。

NAB2017_NAB_DAY1-345

こちらの展示では、その接続例が見てとれます。正面のMacbookにUSB3.0でDigiface AVBが接続され、Avid社のS3L Stagebox(右側のXLRのボックス)をAVBで接続しています。

NAB2017_NAB_DAY1-332

XLRでアナログを更にmyMix IEX-16LにAD接続をして、さらにAVBとして他の機器に接続する事も可能なように、スイッチングハブで接続をまとめるかたちになっていました。

NAB2017_NAB_DAY1-331

こちらのmyMix controlではmyMixのシステム制御が可能となるので、myMixのシステムと共にAvid社のS3Lを使用することもでき、拡張性の高さとコントロールの利便性を両立できます。

今までMADIとの接続に力を入れていたRME製品の中で、このAVB対応の製品を発表したのは今後の展開にも大きな意味を持っているのではないかと思いますが、一方で未だ本国サイトの更新はなし。今後の発展に注目です。

Writer. Yamaguchi

RME Audio
http://synthax.jp/products-overview.html

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

最新記事ピックアップ

多保孝一氏の作曲現場をレポート ~ヒット作曲家の個性を生み出す制作スタイル~
多保孝一氏からプロを目指しているみなさんにメッセージも!
AES 2017 DAY 3 : Movie 総集編
Facebook360 Pro tools 12.8.2でVRへの門戸をひらいたAvidブースにパートナー企業として出展していたFacebook。FaceBookが360°コンテンツを充実させるべくUKのTwo Big [……
AES 2017 Day 3 : OUTBOARD 総集編
AESを代表するOutboardブランドを集めました。
AES 2017 Day 2 : AEA
今年もWes氏がお馴染みの帽子姿で各社インタビューを受けていたAEAブース。ビックリボンが捉える空気振動の繊細な表現力、それでいて高域再現性や感度が落ちない新機軸のアクティブリボンN22のファンは国内でも着実に増えつつあ [……
AES 2017 Day 2 :SHURE
AES 2017 のSHUREブース。さすが大きなブースで広々とした展示が特徴です。 NAB 2017ショーレポートででもお伝えしたワイヤレスフラッグシップのAXIENT DIGITALシリーズ(AXT)。Shureはこ [……
AES 2017 Day 2 : audionamix
10年以上も音声分離を専門としてきた技術者集団audionamixブース!
AES 2017 Day 2 : Pace
なんとiLokが待望のCloud化へ!
AES 2017 Day2 : Rupert Neve Design
不朽のビンテージNEVEサウンドを現代のワークフローに馴染む機能で再現する。そのコンセプトを持つRupert Neve Designの最新作は、名機2254 Compressor (1969年発売)のサウンドを復刻した5 [……
AES 2017 Day2 : Warm Audio
高いコストパフォーマンスで名機にインスパイアされた録音機器で知られるWarm AudioのAES 2017ブース。Musikmesse 2017ショーレポートでお伝えしたWA-14が注目を集めていました。 単一、無指向、 [……
AES 2017 Day2 : Waves
WAVESはAES 2017に合わせて3つの新製品を登場! ・B360 Ambisonics Encoder ・Nx Ambisonics B360はモノ/ステレオ/サラウンド ソースからAmbisonic Bフォーマッ [……
Tac System
Tac SystemはAvidパートナーブースにてお馴染みVMC-102バージョン4を展開。 VMC102はDirectOut ANDIAMO、Avid Matrix、などMADI接続可能なI/Oと組み合わせて多チャンネ [……
AES 2017 DAY1 : iZotope
AES直前に衝撃的な新製品Ozone 8 とNeutron 2 (O8N2)をリリースしたiZotopeブース!今この瞬間も売れているほどのヒットを記録している2製品ですが、何と言っても今回のアップデートで特筆したいポイ [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート