閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2017

25
Apr.2017
REPORT

NAB 2017 DAY1 : Synthax (RME)

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017_NAB_DAY1-333

白いスクリーンに製品やスペックなどの情報が随時入れ替わり表示されていたSynthaxブース。やはり人が集まるのはRME製品で、写真からでもその注目度がわかるほどに盛り上がりを見せていました。

NAB2017_NAB_DAY1-329

ラックケースにはRME製品がずらり。説明はいらないと思いますが、RMEはクリアな音質と解像度、システム構築に優れたデジタルの汎用性、拡張性の高さが評価され、ユーザーを順調に増やしているメーカーです。

NAMMショーで発表されたFireface UFXⅡからUCXまで現行機種の多さとその息の長さを再確認しました。また、こう見ると旧製品のブラッシュアップの傾向も顕著で、今ある機能をさらに進化させていくRMEの姿勢もうかがえます。

そんな中、注目したのはこちらのDigiface AVB。

NAB2017_NAB_DAY1-330

AVB

Ethernetポートを使用した音と映像の転送規格です。FocusriteやAudinate、Yamaha、Sennheiser、AVID、SHURE、BIAMP Systems、Meyer Soundといった音響機器メーカーが賛同している規格で、512ch(48kHz)を1本のケーブルで伝送できます。更に別のネットワークオーディオ規格との互換性も考慮されており、将来性のある伝送方法となっています。

MADIfaceの次は単純なDanteコンバーターか、と予想していたところにAVBという選択は興味深いです。実際に過去のインタビューではAVBは視野に入っていなかった、との発言もあることから、RME側の捉え方が変わってきているのではないでしょうか。ネットワークオーディオ規格の今後も要注目の分野と言えるでしょう。

NAB2017_NAB_DAY1-345

こちらの展示では、その接続例が見てとれます。正面のMacbookにUSB3.0でDigiface AVBが接続され、Avid社のS3L Stagebox(右側のXLRのボックス)をAVBで接続しています。

NAB2017_NAB_DAY1-332

XLRでアナログを更にmyMix IEX-16LにAD接続をして、さらにAVBとして他の機器に接続する事も可能なように、スイッチングハブで接続をまとめるかたちになっていました。

NAB2017_NAB_DAY1-331

こちらのmyMix controlではmyMixのシステム制御が可能となるので、myMixのシステムと共にAvid社のS3Lを使用することもでき、拡張性の高さとコントロールの利便性を両立できます。

今までMADIとの接続に力を入れていたRME製品の中で、このAVB対応の製品を発表したのは今後の展開にも大きな意味を持っているのではないかと思いますが、一方で未だ本国サイトの更新はなし。今後の発展に注目です。

Writer. Yamaguchi

RME Audio
http://synthax.jp/products-overview.html

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

この記事、あなたの評価は?

最新記事ピックアップ

NAMM 2018 直前情報:Bitwig
新世代DAW Bigwig Studioを開発するBitwig社からCV対応オーディオI/F「ES-8 Bitwig Edition」が登場! ES-8 Bitwig Editionは、UKのモジュラーデバイス& [……
NAMM 2018 直前情報:Native Instruments
Native Instrumentsが音楽クリエーターを対象とした音素材の提供ウェブサイトSounds.comのベータ版を公開しました。 NI社いわく、Sounds.comは「初心者、上級者を問わず、あらゆるジャンルの音 [……
NAMM 2018 直前情報:KORG
KORG NAMM 2018での新製品はなんと18シリーズ!その中でもRock oNユーザーが気になる2製品、prologueとvolca mixをご紹介! prologue フラッグシップのポリフォニック・アナログ・シ [……
NAMM 2018 直前情報:Arturia
Arturiaより新製品としてMiniBrute2S、RackBruteが発表されました。 MiniBrute 2S MiniBrute2Sは先日発表されたMiniBrute2同様48パッチベイが付いているセミモジュラー [……
NAMM 2018 直前情報:Radikal Technologies
Radikal Technologiesは、Delta CEP Aを発表しました。 この製品はパラフォニック・セミモジュラーシンセサイザーです。 ケーブルにパッチを当てなくても強力なソロシンセサイザーとコード/パッドマシ [……
NAMM 2018 直前情報:JoeCo
JoeCoはオーディオインターフェイスの新製品、Celloを発表しました。 Celloは業務用MTRのBLUE BOXやBLACK BOXで培った技術が投入され、加えて専用にデザインされたマイクプリを搭載。さらに内部Wo [……
NAMM 2018 直前情報:JBL
JBLがスタジオパワードモニター、3 Series MkIIを発表しました。 2WAYスピーカーが、305P MkII(5inch)、306P MkII(6inch)、308P MkII(8inch)、サブウーファーがL [……
NAMM 2018 直前情報:Antelope Audio
Antelope Audio 公式WEBサイトのサポートページが日本語化されました。 https://jp.antelopeaudio.com/support/ コントロールパネルやルーティング画面の基本的な使い方、そし [……
NAMM 2018 直前情報:Arturia
Arturiaの本国サイトにて、アナログシンセサイザーのMiniBrute2が発表されました。 鍵盤の数は25鍵で前機種のMiniBruteと同じですが、新たな機能が追加されています。 MiniBrute2は公式サイトで [……
NAMM 2018 直前情報:Earthworks SV33 新発売!優れた指向…
NAMM 2018を目前にEarthworksがボーカル用マイクSV33を発表! 測定用マイクから始まった歴史。原音に対して正確無比なサウンドは、ボーカルの息遣いまで収録。そしてワイドカーディオイド・ピックアップパターン [……
NAMM 2018直前情報:IBANEZ
IBANEZは、新製品NTS NU TUBESCREAMERを発表しました。 NTS NU TUBESCREAMERはKORGの新世代真空管Nutubeを搭載したオーバードライブ。 TubeScreamerが本当にTub [……
NAMM 2018直前情報 : LEWITT
LEWITTよりコンデンサーマイクの新製品、LCT 441 FLEXが発表されました。この製品は8種類の指向性を選べるマルチパターンスタジオマイクです。このマイク一本でレコーディングの用途に合わせて様々な指向性に切り替え [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート