閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

21
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY1 : ELEKTRON

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

20170420superbooth_1day_81_
ELEKTRONブースに行ってきました!お目当はもちろんDigitakt!ELEKTRONといえばこの人、皆さんお馴染みDataline氏に事前にアポを取っておき、取ってきおきのデモンストレーションを披露してもらいました!

パーツにこだわり抜いて作られたDigitakt、自称式ボタンはエンコーダーが改善され叩いたときに鳴る「カチャッ」という音がほかのマシンに比べて小さいとのこと。素晴らしい!あのカチャカチャも好きですけどね!

デモに使った音源は8トラック全てサンプルです。トラックメイクの手法は今までのELEKTRONマシンと根本は変わらずさらに発展させてような、非常にスピーディあワークフローを実現。動画ではビートからカットしたような余分な音が多いキックのサンプルからエディットスタート。デジタルフィルターのキャラクターもパワフルで、ローパスで低域もっちりなキックをサクッと作成。

そこからベースサンプルを手早くクロマチックモードにして手引きで演奏して音色を調整し、ステップモードにさっと切り替え、ノートトリガーを打ち込みます。トラックごとに独立したディストーションが付いているのですぐに派手な音が作れますね。さらに打ち込んだベースをステップごとにノートやエンベロープを変えて流れのあるベースラインを瞬時に作成。この間20秒くらいでしょうか。そしてもちろんパラメータロックによってステップごとに異なるサンプルを割り当てできます。
20170420superbooth_1day_86_
全体的な印象として、筐体がコンパクトになり16ステップが2段になったことで、最初は慣れが必要かと思いますが、16分のハイハットを指二本で一瞬で打ち込んだりと打ち込みスピードが格段に上がりそうな印象です。ハイハットは適当に16分に配置した後、トラックを再生しながらサンプルの再生ポイントなどをつまみでグリグリ動かし、リアルタイムにシーケンサーに記録。あっという間にオーガニックなハイハットの出来上がり。Dataline氏の手さばきは見ていてうっとりしますね。

またトラックボタンを押しながらエフェクトのパラメーターを変えると全トラック一気にエフェクトかけることができ(おそらくマスター的に)かなりインパクトのあるサウンドを繰り出していました。

そのほかELEKTRONブースにはELEKTRONの全製品が展示されていました。
20170420superbooth_1day_48_
そしてこれはSUPERBOOTH会場入り口に設置されたアーケード風ELEKTRON展示。いやはや、遊び心を忘れないELEKTRONマシンは間違いなく今回の主役の一つでしょう。
20170420superbooth_1day_14_

一刻も早くDigitakt入荷してほしい!

Writer : Shibuya

ELEKTRON: https://www.elektron.se/

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

最新記事ピックアップ

AES 2017 DAY 3 : Movie 総集編
Facebook360 Pro tools 12.8.2でVRへの門戸をひらいたAvidブースにパートナー企業として出展していたFacebook。FaceBookが360°コンテンツを充実させるべくUKのTwo Big [……
AES 2017 Day 3 : OUTBOARD 総集編
AESを代表するOutboardブランドを集めました。
AES 2017 Day 2 : AEA
今年もWes氏がお馴染みの帽子姿で各社インタビューを受けていたAEAブース。ビックリボンが捉える空気振動の繊細な表現力、それでいて高域再現性や感度が落ちない新機軸のアクティブリボンN22のファンは国内でも着実に増えつつあ [……
AES 2017 Day 2 :SHURE
AES 2017 のSHUREブース。さすが大きなブースで広々とした展示が特徴です。 NAB 2017ショーレポートででもお伝えしたワイヤレスフラッグシップのAXIENT DIGITALシリーズ(AXT)。Shureはこ [……
AES 2017 Day 2 : audionamix
10年以上も音声分離を専門としてきた技術者集団audionamixブース!
AES 2017 Day 2 : Pace
なんとiLokが待望のCloud化へ!
AES 2017 Day2 : Rupert Neve Design
不朽のビンテージNEVEサウンドを現代のワークフローに馴染む機能で再現する。そのコンセプトを持つRupert Neve Designの最新作は、名機2254 Compressor (1969年発売)のサウンドを復刻した5 [……
AES 2017 Day2 : Warm Audio
高いコストパフォーマンスで名機にインスパイアされた録音機器で知られるWarm AudioのAES 2017ブース。Musikmesse 2017ショーレポートでお伝えしたWA-14が注目を集めていました。 単一、無指向、 [……
AES 2017 Day2 : Waves
WAVESはAES 2017に合わせて3つの新製品を登場! ・B360 Ambisonics Encoder ・Nx Ambisonics B360はモノ/ステレオ/サラウンド ソースからAmbisonic Bフォーマッ [……
Tac System
Tac SystemはAvidパートナーブースにてお馴染みVMC-102バージョン4を展開。 VMC102はDirectOut ANDIAMO、Avid Matrix、などMADI接続可能なI/Oと組み合わせて多チャンネ [……
AES 2017 DAY1 : iZotope
AES直前に衝撃的な新製品Ozone 8 とNeutron 2 (O8N2)をリリースしたiZotopeブース!今この瞬間も売れているほどのヒットを記録している2製品ですが、何と言っても今回のアップデートで特筆したいポイ [……
AES 2017 DAY1 : SONY
AES初日最大の話題作と言って良いSONY C100。C800G以降四半世紀ぶりとなる新製品のオーバービューについて、同社V&S事業部 新規ビジネス事業室プロジェクトリーダーの今野太郎氏に解説いただきました! [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート