閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

21
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY1 : ELEKTRON

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

20170420superbooth_1day_81_
ELEKTRONブースに行ってきました!お目当はもちろんDigitakt!ELEKTRONといえばこの人、皆さんお馴染みDataline氏に事前にアポを取っておき、取ってきおきのデモンストレーションを披露してもらいました!

パーツにこだわり抜いて作られたDigitakt、自称式ボタンはエンコーダーが改善され叩いたときに鳴る「カチャッ」という音がほかのマシンに比べて小さいとのこと。素晴らしい!あのカチャカチャも好きですけどね!

デモに使った音源は8トラック全てサンプルです。トラックメイクの手法は今までのELEKTRONマシンと根本は変わらずさらに発展させてような、非常にスピーディあワークフローを実現。動画ではビートからカットしたような余分な音が多いキックのサンプルからエディットスタート。デジタルフィルターのキャラクターもパワフルで、ローパスで低域もっちりなキックをサクッと作成。

そこからベースサンプルを手早くクロマチックモードにして手引きで演奏して音色を調整し、ステップモードにさっと切り替え、ノートトリガーを打ち込みます。トラックごとに独立したディストーションが付いているのですぐに派手な音が作れますね。さらに打ち込んだベースをステップごとにノートやエンベロープを変えて流れのあるベースラインを瞬時に作成。この間20秒くらいでしょうか。そしてもちろんパラメータロックによってステップごとに異なるサンプルを割り当てできます。
20170420superbooth_1day_86_
全体的な印象として、筐体がコンパクトになり16ステップが2段になったことで、最初は慣れが必要かと思いますが、16分のハイハットを指二本で一瞬で打ち込んだりと打ち込みスピードが格段に上がりそうな印象です。ハイハットは適当に16分に配置した後、トラックを再生しながらサンプルの再生ポイントなどをつまみでグリグリ動かし、リアルタイムにシーケンサーに記録。あっという間にオーガニックなハイハットの出来上がり。Dataline氏の手さばきは見ていてうっとりしますね。

またトラックボタンを押しながらエフェクトのパラメーターを変えると全トラック一気にエフェクトかけることができ(おそらくマスター的に)かなりインパクトのあるサウンドを繰り出していました。

そのほかELEKTRONブースにはELEKTRONの全製品が展示されていました。
20170420superbooth_1day_48_
そしてこれはSUPERBOOTH会場入り口に設置されたアーケード風ELEKTRON展示。いやはや、遊び心を忘れないELEKTRONマシンは間違いなく今回の主役の一つでしょう。
20170420superbooth_1day_14_

一刻も早くDigitakt入荷してほしい!

Writer : Shibuya

ELEKTRON: https://www.elektron.se/

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

最新記事ピックアップ

SUPERBOOTH18 総集編
こんにちは!ACID渋谷です。世界中のシンセフリークやデベロッパーが一堂に会した熱狂のSUPERBOOTH18から帰国し、寒さに震えながら時差ボケる頭をフル回転させてこの文章を書いています。 多くのレポート記事やSNSで [……
SUPERBOOTH18 DAY3 : PERCUSSA
PERCUSSAがユーロラックの世界に結合!ユーロラック界隈では他に類を見ないハイスペックモジュールPERCUSSA SSPが登場しました。 要となるのはやはりDSPプロセッサー(Quad core Cortex A17 [……
SUPERBOOTH18 DAY3 : Analogue Solutions
アナログサウンドを追求し続ける孤高のブランドAnalogue Solutionsブースには昨年の発売から大きな話題を呼んでいるフラッグシップ機のFUSEBOX、そして先月発売されたばかりのTREADSTONE、さらに開発 [……
SUPERBOOTH18 DAY3 : XAOC DEVICES
XAOC DEVICESのブースはネオン管がかっこいい!そして強力な新製品が2つ出ていましたよ!複数のサイン波を合成して複雑なハーモニクスを生み出すODESSA(1975 VARIABLE SPECTRUM HARMON [……
SUPERBOOTH18 DAY3 : Teenage Engineering
楽器を超えた楽器。CG合成や舞台演出もできるシンセサイザーOP-Z!
SUPERBOOTH18 DAY3 : Twisted Electrons
アシッドベースマシンとファミコンサウンド。POシリーズのお友達 2製品が登場!
SUPERBOOTH18 DAY3 : KV331
人気のソフトシンセSynthMasterの専用コントローラーを開発中!
SUPERBOOTH18 DAY2 : Industrial Music Ele…
三次元モーフィングで強力なサウンドを奏でる大人気定番ウェーブテーブルオシレーター Industrial Music Electronics Piston Hondaが第三世代のMK3になって機能が大幅にアップデート!
SUPERBOOTH18 DAY2 : XIRID
SEQUENTIX cirklonの強力なライバル出現か!? XIRIDからハードウェアシーケンサーフリーク待望のニューカマー登場!
SUPERBOOTH18 DAY2 : Soundmachines
Soundmachinesブースでは、ピンポンゲーム(!!)もできるモジュラーデスクトップモジュラータイプのリズムマシン DS1drumstationがいい感じ!
SUPERBOOTH18 DAY2 : SoundForce Contoroll…
SoundForceのブースではプラグインソフトをハードウェア感覚で扱えるフィジカルコントローラを展示!
SUPERBOOTH18 DAY2 : Genki Instruments
Genki Instruments、指輪型MIDIコントローラーwaveを展示!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート