閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
製品情報

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

28
Sep.2016
製品情報

Apogee Element46 販売開始!先端デジタルテクノロジーオーディオI/Fがこの価格で!

20161027_element46_1090

AES 2016直前情報!なんとApogeeが新機軸のオーディオI/F Element シリーズ 3機種を発表!

Element シリーズはMac専用のThunderbolt接続オーディオI/F。Elementシリーズは入出力数で 24、46、88の3機種をライナップします。共にSymphony I/O MK IIに代表されるApogeeの最先端デジタル技術がふんだんに採用されたハイスペックでありながら、初心者でも手の届く価格帯に驚きます。


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    高品質のオーディオを形作る『元素=Element』

    アナログ-デジタル変換

    高い品質を持つA/Dコンバータは、あらゆるディテールをコンピュータに録音するために必須の要素といえます。Elementシリーズは、Apogeeが作り上げてきた中でも選りすぐりのA/Dコンバータを搭載しています。Elementを通じてレコーディングを行うことで、不要なノイズを極小まで抑えつつ、音声信号のクオリティを最大限に保つことが可能になります。素晴らしいサウンドのトラックがあるだけで、その後のミックスやプロジェクト進行もより容易になるでしょう。

    マイク・プリアンプ

    パワフルなドラムから、ダイナミクスのあるボーカル、繊細なストリングスまで、レコーディングにおいては優れたマイク・プリアンプが欠かせません。Elementシリーズに搭載されたマイクプリは、Apogeeによる先進のAdvanced Stepped Gain Architecture™を採用しています。0〜75dBという幅広いゲインレンジに対し、動的に最適化するよう設計されたアナログ回路が、優れたバンド幅と限りなく低い歪みを実現します。

    デジタル-アナログ変換

    高品質なD/Aコンバータにより、 レコーディンだけでなく、ヴァーチャル・インストゥルメントなどのトラックも、より高解像度での聴取が可能になります。その明瞭さが正確な微調整をしやすくし、最も望ましくバランスの良いミキシングにつながります。瑞々しくクリアな高域と、タイトかつ輪郭のある低域を持つElementを通じてリスニングすることで、トラック同士の馴染みや調和の取れたミックスを得やすくなるでしょう。

    クロック

    オーディインターフェースは、オーケストラが指揮者を必要とするように、適切なクロックソースを必要とします。デジタルオーディオ・クロックは、システムの全パートに適切なタイミング信号を供給し、これによりAD/DAの各プロセスの同期が可能となります。Elementは、自身も非常に優れたクロックソースを内蔵しているだけでなく、Word Clock In/Out端子により外部デジタルオーディオ機器との同期も可能です。Elemetをマスタークロックとすることで、Apogeeが長年をかけ積み上げてきた、優れたクロック技術のアドバンテージを最大限に利用することができます。

    Thunderbolt接続

    Elementシリーズは、ラウンド・トリップで1.41msという圧倒的な低レイテンシーかつ堅固な安定性を誇るThunderboltドライバを有します。Apogeeによるカスタムドライバは、独自のDirect Memory Access (DMA)によりCPU負担の軽減を実現しており、多くのプラグインを使用しつつ低いバッファ設定でのDAWモニタリングも可能でしょう。Elementの低レイテンシー・ドライバは、マシンパワーとモニターの二択、という長年の悩みから解放してくれるはずです。

    これまでにないコンセプトのコントロールソフト
    element-88-mixer-1030x666
    Element Control App for Mac
    element-control-ipad-closeup
    Element Control Mobile for iOS (iPad)
    iPhone_6_Plus_Horz_Slvr_sRGB_Element_Control-1030x598
    Element Control Mobile for iOS (iPhone)

    IMG_3214-Element88-Drumkit-iPad

    気になる外観については、シンプルを極めたデザインの本体はIn/Outボックスのように音の出入り口でしかありません。コントローラーはMac OSもしくはiAppのソフトウェアで、グラフィカルで非常に細かい設定を簡単に行うことができる優れものです。また、別売りで専用ハードウェアコントローラーが発売予定です。

    apogee-controller-with-element-46

    Logic Pro Xとの高い親和性
    element-logic-integration-subheader
    ElementシリーズはMac専用ということもあってか、Appleと親密な関係にあるApogee自らがLogic Pro Xとの高い親和をアナウンスしています。

    例えば、Logic Pro XのチャンネルストリップからElementの入力ゲイン、入力ソースを、直接変更できるなど、Logic Pro Xと統合したシステムが構築可能です。またこの入出力設定はLogicセッションに保存されるため、リコールも可能です。


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

      記事内に掲載されている価格は 2016年9月28日 時点での価格となります。

      最新記事ピックアップ

      「オノ セイゲン氏に聞くDSDの今とこれから」 ~KORG 1bit USB-…
      「オノ セイゲン氏に聞くDSDの今とこれから」 ~KORG 1bit USB-DAC/ADC+ PREAMP 「Nu I」インプレッション~
      Antelope AudioのSynergy Coreに、新しく5つのボーカルエ…
      Antelope Audio本国サイトでSynergy Coreに、新しいエフェクト追加を発表!
      Nektar TechnologyのPanorama Tシリーズに、主要DAWユ…
      iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
      新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
      Cutting Edge 2020:SSL SSL 2+ / Audient e…
      新世代の定番候補のオーディオインターフェースを1on1で比較! コンソールメーカーの放つオーディオインターフェースを試してわかった事 この1年間、オーディオインターフェースは非常に実り豊かな時期を迎えています。RME/S [……
      Cutting Edge 2020:AVID S1
      動画で解説!Avid / S1の真髄に迫る!ROCK ON PRO清水の ”実際どうなんでShow!
      Cutting Edge 2020 : AUDIAIRE / ZENITHでジャ…
      ジャズのクロスオーバーとニューエイジミュージックをZENITHに演奏させてみました!!
      ACCUSONUS社 ERA 4 BUNDLEを使って動画のノイズを除去してみた…
      ERA 4シリーズの実力を実際に聞いて、ぜひご参考にしてください。
      KORG SV-2Sが発売!ステージ・ビンテージ・ピアノの新定義。
      優れた機能を追加!Rock oN限定の購入特典あり!
      Behringerが「MS-1-BK」「MS-1-BU」を発売!
      Rolandの名機SH-101をモデルにしたアナログ・シンセサイザーが発売!
      Moog Musicが25鍵盤のパラフォニック・アナログ・シンセサイザー「Sub…
      コンパクトなSubsequent 37のバリエーション・モデルが登場!
      ウイルス対策の強い味方!JASSCのMRC-ZEROでマイクロフォンの除菌消臭を…
      ウイルス対策にマイクロフォンの除菌消臭を!
      Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company