閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
ANTENNA

HOTなクリエイターが求める最新情報をキャッチアップ。MUSIC・ART・文化、店舗情報まで盛り沢山

28
Sep.2016
ANTENNA
  • HOME
  • ANTENNA
  • 直前情報
  • 【AES2016 事前情報】TEACがDSD対応波形編集ソフト『TEAC Hi-Res Editor』がMACに対応。無料配信!

【AES2016 事前情報】TEACがDSD対応波形編集ソフト『TEAC Hi-Res Editor』がMACに対応。無料配信!

20160927_aes_teac_1090

TEACが、DSD 11.2MHz・PCM 384kHz/32bit対応の波形編集ソフトウェア『TEAC Hi-Res Editor』の無料配信を開始しました。

これまでTEAC Hi-Res EditorはWindows版のみの対応でしたが、この度Mac版も用意されました。TEAC WEBサイトからダウンロードができます。

以下TEACより引用

『TEAC Hi-Res Editor』は、ハイレゾ音楽ファイル(DSD/PCM)の編集が可能なソフトウェアです。

DSD は11.2MHz、PCM は384kHz/32bitまでのハイレゾ音楽ファイルに対応し、DSD/PCM相互のファイル変換やサンプリング周波数などの変換のほかファイルの分割/結合といった基本的な編集に加え、画面に表示された波形を見ながらイン/アウト点で直接指定した区間の変換/書き出しを行うことが可能です。

DSDファイルの基本的な編集が可能な『TEAC Hi-Res Editor』があれば、USB-DAC/ヘッドホンアンプ「UD-503」やポータブルヘッドホンアンプ「HA-P90SD」等のDSD対応製品における再生用ファイルの編集用途に活用することが出来ます。曲間なしで録音されたDSDファイルの曲ごとの分割やファイルの結合、DSDの音源ファイルをPCMにフォーマット変換することも可能となります。加えて、TASCAM のステレオマスターレコーダー「DA-3000」で収録したDSDファイルの活用範囲も広がります。

【主な特長】

  • DSD/PCMのハイレゾファイルの編集が可能
    ・DSDは、2.8MHz/5.6MHz/11.2MHzに対応
    ・PCMは、最大384kHz/32bitに対応
    ・2chの音源に対応(ステレオ/モノ)
    ・DSDのままインポート、編集が可能。
  • Windows/Macに対応
  • 音声ファイルフォーマットの変換やサンプリング周波数などの変換が可能
    ・フォーマット変換 PCM<=>DSD
    ・任意のサンプリング周波数、量子化ビット数への変換
  • 2つのファイル結合が可能なコンバイン機能
  • 波形表示およびイン/アウト点で設定した区間の変換/書き出しが可能
  • パソコン単体で編集可能
  • TEACのウェブサイトで無料ダウンロードが可能
    https://teac.jp/jp/product/teac_hi-res_editor/downloads#download5

    記事内に掲載されている価格は 2016年9月28日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    「オノ セイゲン氏に聞くDSDの今とこれから」 ~KORG 1bit USB-…
    「オノ セイゲン氏に聞くDSDの今とこれから」 ~KORG 1bit USB-DAC/ADC+ PREAMP 「Nu I」インプレッション~
    Sonnet Technologiesが「Solo5G USB 3 to 5 G…
    USB3.0接続の5ギガビットLANアダプタを発表!
    Rock oN AWARD 2020 座談会
    AWARD受賞を逃した製品たちも、座談会で評価されているその裏側をご覧ください!!
    Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
    Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
    「MusicRadar」が2019年の優秀製品を発表!
    昨年発売された製品で最も評価が高いのは?
    iZotopeが11月7日に業界初のポストプロダクションのテクノロジーを紹介!
    iZotopeがメールマガジンにて、11月7日(木)午後7時からライブストリームを介して、業界初のポストプロダクションに関するテクノロジーを紹介するという発表がありました。 当日はサウンドデザイナーで編集者のDoug M [……
    Antelope AudioよりDSPとFPGAを活用したAuto-Tune S…
    Antelope Audioの本国サイトにてAntalesとの協力によって、Antelope Synergy CoreやEdge GoマイクでCPU負荷をかけずにリアルタイムのピッチ補正やボーカルエフェクトを可能にするA [……
    Ableton主催イベント「Loop 2020」チケット登録受付開始!
    トーク、パフォーマンス、および実地体験型ワークショップを実施!刺激的な音楽イベントがベルリンで開催!
    【Antelope Audio主催】Next the 3rd Generatio…
    Next the 3rd Generation with Studio Parasight Antelope Audio インターフェイスを導入決定したスタジオでは、なぜ Antelope Audio インターフェイスが [……
    メディア・インテグレーションがCEDEC 2019に出展!
    協賛ブランドによるセミナーと機器展示が行われます! みなさまのご来場をお待ちしています。
    藤井丈司氏が語るシンセサイザーの魅力 −受け継がれるYMOの遺伝子−
    YMOから受け継いだシンセサイザーの魅力とは?エレクトロポップ黎明期の先駆者的存在の藤井丈司氏が語ります!
    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月2…
    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月26日発売決定!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company