閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

17
Apr.2017
PRODUCT NEWS
  • HOME
  • PRODUCT NEWS
  • HEADLINE
  • FOSTEX NF01R Revew 【vol.1】~ meets ~岡野 ‘オカシン’ 慎一 ~ NS-10Mの代わりに使ってみたい

FOSTEX NF01R Revew 【vol.1】~ meets ~岡野 ‘オカシン’ 慎一 ~ NS-10Mの代わりに使ってみたい

20170413_fostex_1390

蘇る伝説。 日本が誇るスピーカーブランドFOSTEXのニアフィールドモニタースピーカーNFシリーズの最新作 NF01Rが好評発売中です。不定期連載の『FOSTEX NF01R Revew ~ meets ~』では、プロのクリエイターがNF01Rを使ってその本音をレビューします。モニタースピーカーへのこだわりや業務のワークフローまで伺います。

記念すべき第一弾は、株式会社サムライ・エンタテインメントを主催する岡野’オカシン’慎一 氏。CHIHIRO(チヒロ)、8utterfly(バタフライ)、Fio(フィオ)などのアーティストを排出したサウンドプロデューサー/エンジニアの彼の耳にNF01Rの音はどう届いたのでしょうか。岡野’オカシン’慎一 氏のプライベートスタジオstudio marigoldで伺ってきました。

オカシンさんによるTRIO6レビュー

cxp_eye_okashin

こちらもオカシンさんならではの視点のリアルなレビューが読めます。

studio marigoldのモニターのセッティングやルームアコースティックなど、環境へのこだわりを教えてください。

使用モニターは、NF-01R_set_10

1. YAMAHA NS-10M studio (Power Amp : YAMAHA PC-2002)
2. Focal Trio 6 Be
3. Focal CMS40 

以上の3ペアをCrane Song Avocetで切り替えて使用しています。NS-10Mには Focal CMS Subを繋げていて、手元のスイッチでオンオフできるようになっています。このスイッチはTrio 6 Beにも繋がっていてTrio 6 Be使用時は3way/2wayを切り替えます。

その他に、Audio I/Fの別アウトからAuratone 5Cに接続。AvocetとはRMEのTotal Mixで切り替えます。

それと10年くらい前のSONYのVAIOに付属してたスピーカーも使用してます。このVAIOのスピーカーは知人の家に遊びに行った時にすごく「曲が分かりやすく」鳴ってたので、オークションで探して入手しました。皆さんも外出先のレストランなどで、スピーカーがいい鳴り方をしてるな~、と感じる瞬間があったりしませんか?そういう時には機種を調べて、可能なら入手してみることをオススメします。モニター・スピーカーでは気づけないmixの欠点を見つけてくれることがあったりするし、何より楽しいですからね~! つくづくスピーカーは奥が深いです。

ここのstudioは、studioと名乗ってるだけの(笑)普通の住宅なので、自作のディフューザーをいたるところに設置したりYAMAHAの調音パネルACP-2を5枚設置したりと常に試行錯誤しています。それでも完璧な音響にはなりませんので、IK Multimedia ARC2を使って、補正した状態でもmixを確認します。

スピーカーのセッティングについて

monitori_setting1

床からコンクリート・ブロックを積み上げ
→ その上にRadial RX-9を置き
→ その上にTrio 6 Beを置いています。

インシュレーター

monitori_setting2YAMAHA NS-10Mの下に3点で設置。ホームセンターや東急ハンズなどで扱っている「アルミ円錐」と「滑り止めゴム」です。全く高価なものじゃないです。少し小さい方はOYAIDEのインシュレーター INS-US です。NS-10Mの位置が少し高いので、角度をつけるためにこの組み合わせにしました。

色々なインシュレーターを試しましたが、一番定位が決まるのが「アルミ円錐」でした。尖った側をNS-10Mに挿す感じで使っています。ただ、アルミ円錐は少しだけレゾナンスのきつい印象になりますので、スピーカーを耳に対して正対させずに、ほんの数度、オフセットして使っています。

現在の活動におけるモニタースピーカーの存在と必要性を教えてください

よく音の入口と出口が重要と言われますが、本当にその通りだと思います。特に出口であるモニター・スピーカーは、自分の活動では間違いなく最重要項目です。さらに大事なのはルーム・アコースティックだと思います。順位をつけると

ルーム・アコースティック > モニター・スピーカー > マイク(とかプリアンプ) > インターフェイスとか > DAWとかプラグイン 

という感じでしょうか。

特に後半の2項目「インターフェイスとかDAWとかプラグインとか」は、ほんと~にどうでもいい、と考えておくのがオススメです(笑) エントリークラスのコンデンサー・マイクでも、極端に言うとiPhoneのマイクで録音した歌でもモニター環境が決まっていればヒット曲は生めると思います。だからお金、時間、アイディア、なんでもいいから自分の投入できるものを、モニター環境改善のためにガンガン投入して欲しいです。

NF01Rとの出会いとファーストインプレッションの感想を教えてください

nf01r最初のNFシリーズは発売された時から知ってました。当時の「ついにNS-10Mの後継になるスピーカーが現れた!」という盛り上がりをよく覚えていますね。ウチの会社でも実は自分以外は皆NFシリーズを使っているのですが、自分は「人が右なら左」というタイプなので今までなんとなく縁がないまま来てしまいました。今回NF01Rを使ってみてものすっごく気に入ったので、過去の自分には「機材のチョイスで個性を発揮しようとするな」と伝えたいですね。ロクなことがないです(笑)

NF01Rは非常に音の見えやすいスピーカーで、特に “音の切れ際の表現” と “音の前後関係の表現” には目を見張るものがあります。クラップにかかってるリバーブの左右の微妙なディケイの違い。あるいはシンセパッドとストリングスのどちらが前に来てるのか。という表現など、何でこんなに分かりやすいの? という感じです。

20170413_fostex_728

NF01Rで特に注目したポイントはありますか?

NF01R_FRQ
スピーカー選びで重要なポイントに
・どれだけLowが出るのか?
・ウーハーがどれだけの口径なのか
があると思います。

これらの条件から
・どれくらいの音量で
・どれくらいの距離で
作業するのか、というセッティングが絞られてきます。

4インチを遠くに置いても、8インチを近くに置いてもおいしくない。爆音で大きいスピーカーを鳴らせるシアワセな環境の方は、8インチ以上とか3wayとか、サブ・ウーハーを気分良く鳴らして頂ければよいと思います。

しかしそうではない多くの方にとってはNF01Rの「57hz~25khz」で「ウーハー口径 130mm」という仕様は、かなりベスト・マッチではないでしょうか。ちなみにこのstudioは約12畳ですが、Trio 6 Beなんかは「フェラーリで近所のコンビニに行く」くらいの使い方しかできません(笑)

NF01Rと同口径(約5インチ)でも最近のスピーカーはどれもパワフルだと思います。音量を上げていくと「苦情が来るんじゃないか」という恐怖との戦いで(笑)充分な音量が出せない機種も多いのですが、NF01Rの「57hz」はすっごく絶妙!大きくしても「苦情の恐怖」が来ないギリギリの線で、いい感じでキックもベースも見えます。これが50hzだったら危なかったかもしれませんが、この「57hz」には拍手を送りたいです。うるさくないけど、聞こえる低域、本当に絶妙です。

20170413_fostex_728

オカシンさんの制作環境においてNF01Rはどう活用したいですか?

歴史は繰り返す…ということで、やはりNS-10Mの代わりに使ってみたいと思います。実際に10Mと入れ替えて、

・NF01R
・Focal Trio 6 Be
・Focal CMS40

以上で3日間ほど作業してみましたが、NF01Rの出番が一番多かったです。全体のバランスの確認がしやすく、深夜でも安心なLow(笑)Focal Trio 6 Beを鳴らせない時間帯は、ヘッドホンとNF01Rで、ほぼ間違いないバランスまで追い込むことができました。

NF01Rはどういう人におすすめしたいですか?

はい、僕がNF01Rをおすすめしたいのは

1. 初めて本格的なモニター・スピーカーを検討している方

2. 条件的に複数のスピーカーで作業出来ない方

3. 狭くも広くもない、中くらいのルームサイズの方

です。

1つ選ぶならこのNF01R。本当にイイですよ!この価格もちょっとズルいくらいですね。お値段数倍の海外のスピーカーにも全然引けをとらないどころか、勝ってる部分が多いです。中域から上はNS-10Mにも少し似たちょうどよい「バイト感」があり、自分の場合はほとんど慣れる時間さえ不要ですぐに仕事で使えました。大きいスピーカーを併用しない場合はヘッドホンと併用するのがよいと思いますので、「それなりのヘッドホン」と「NF01R」で、よいミックスを生み出しちゃって下さい!

(Rock oN) オカシンさん、ご多忙の中インタビューに応じてくださりありがとうございました。

  • FOSTEX
    NF01R (1Pair)

    ¥98,000 (本体価格:¥90,741)

    4,900 ポイント還元

    プロフィール

    okashin

    岡野’オカシン’慎一

    株式会社サムライ・エンタテインメント主催。サウンドプロデューサー、エンジニア

    プロデュース・チーム Mo’doo-! (モドゥー)として数々のアーティストに楽曲提供。
    (KAT-TUN、柴咲コウ、関ジャニ∞、Tina、玉置成実、リュ・シウォン、スケルトエイトバンビーノ、ユンナ、TiA、SHY、etc…)

    作家事務所に所属した後、自らの音楽を能動的に発信すべく、株式会社サムライ・エンタテインメントを設立。CHIHIRO(チヒロ)、8utterfly(バタフライ)、Fio(フィオ)などのアーティストを世に送り出す。

    特にマイク、マイクプリ、スピーカーを愛し、これまでに思い出したくもないほどの「リソース」を投入。Amy WinehouseとLana Del Rayをこよなく愛する、ブル~ジ~野郎でもある。

    Twitter : https://twitter.com/okashin1073
    Ameblo : http://ameblo.jp/okashin1073
    office : http://samurai-e.co.jp
    STUDIO : http://www.samurai-e.co.jp/home/okashin.html
    株式会社サムライ・エンタテインメント : http://www.samurai-e.co.jp/home/

    NF01Rをよりよく知る記事

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月17日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Sonarworks Reference 4シリーズが最大38%OFF!あなたの…
    大注目のスピーカー/ヘッドホン キャリブレートソフト Sonarworks Reference 4シリーズが2018年9月24日まで期間限定最大38%OFF! リスニング環境改善の強い味方となるSonarworks製品全 [……
    Apogee 主力製品が値上がり間近!金利0%クレジットローンキャンペーンも使っ…
    Apogeeの主力製品となる『Symphony I/O MKII 』『Quartet』『Duet』『ONE』『MiC Plus』が2018年10月9日より最大14%も値上げとなります。 18回払いまで金利手数料0%クレジ [……
    Universal Audio Apollo Xへトレードアップ!買取額20%U…
    期間限定、2018年10月末まで : Apollo Xシリーズへのトレードを対象として買取額が20%UP! 6コアDSPによるUAD-2プラグインパワーと「これ以上ない」と言われるAD/DAコンバージョン。制作システムの [……
    Antelope Audio Edge Solo /Duo /Quadro 新発…
    Antelope Audio モデリングマイクラインナップに新製品が登場! ラージダイヤフラムでボーカルから楽器まで多彩な録音を可能にするEdgeシリーズは、従来のEdgeは名前が『Edge Duo』に変更。新製品『Ed [……
    iZotope RX7 ついに発売。驚愕のリペア機能を搭載で期間限定最大40%O…
    iZotope RX7 新発売!2007年にデビューしたRXは数多くの問題を解決しオーディオリペアの水準を飛躍的に向上させました。そこからプロの現場で続くRXへの信頼は揺るぎないものとなっています。 最新作RX7はダイア [……
    完全復刻 NEUMANN U67 最速試聴レポート 〜名機マイクが時代を貫き生き…
    世界中のサウンド・エンジニアに「信頼できるチューブマイクを1本選ぶなら?」と問えば必ず上位に挙げられる“NEUMANN U67”。高価なビンテージマイクとしてその存在価値を高めている一方、現在でも、一線で活躍するエンジニ [……
    HEAR THE REAL TONE 2018 Acoustic Guitar …
    競合プロダクトを比べることで見えてくる真実の音。Hear the RealTone 2018、第三弾はアコースティックギター編! 今回はオンマイクだけでなく、現場ではよく使用されるオフマイク(アンビエンス)も収録!オン、 [……
    Native Instruments KOMPLETE 12 注目の新プラグイン…
    2018年10月1日に発売されるNI社 KOMPLETE12シリーズ!今回はKOMPLETE 12 ULTIMATEの全製品、SYMPHONY SERIES – COLLECTIONとExpansions を [……
    Slate Digital FG-A 新発売。プロポーショナルQが特徴のビンテー…
    モデリングマイクやバーチャルエフェクトラックなど高品位なモデリング技術が際立つSlate Digitalから新製品 FG-Aが登場しました。 FG-Aはアメリカ製のコンソールに搭載されたEQモジュールをモデリングしたプラ [……
    Naitive InstrumentsはMASSIVE Xの発売を発表!本国サイ…
    Naitive Instrumentsは2019年2月にMASSIVE Xを発売すると発表、本国サイトではイントロ動画も公開!
    HEAR THE REAL TONE 2018 Mic 編
    競合プロダクトを比べることで見えてくる真実の音。Hear the Real Tone2018、第二弾は男性ボーカル、女性ボーカル各17本ずつ、合計34本分の音源を収録しました! 今話題の三角ダイヤフラムEHR-Mも参戦し [……
    新感覚のモジュラー式MIDIコントローラーJoueが渋谷店に登場!
    平成最後の夏、NAMM 2018で注目を集めたフランス生まれの新感覚MIDIコントローラーJoueが、全世界での発売に先駆けてRock oN 渋谷店に登場!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
    RockoNCompanyに関するツイート