閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

21
Sep.2018
PRODUCT NEWS

Image-Line「FL STUDIO 20」新製品発表会

20180921_fl_1400top

どうも、松本です。急遽リリースされたImage-Line「FL STUDIO 20」。Macに対応し現在最も注目を集めているDAW「FL STUDIO 20」の新製品発表会に先日行ってきましたのでレポートします。

今回の新製品発表会はスリープフリークスの宮川氏と、Image-Line公認パワーユーザーとして数多くの楽曲を制作しているAJURIKA氏(FL STUDIO使用歴15年とのこと!)により進行していきました。

画像1

まず、宮川氏よりFL STUDIO 20の新機能が紹介。Mac対応以外には以下の通りです。

  • トランスポートなどツールボタンの改善
  • チャンネルラック
  • サンプラーの進化
  • consolidateの進化
  • 一つのファイルに複数のプレイリストが作成可能に
  • 変拍子の設定の簡略化

AJURIKA氏も話していましたが、作業効率を上げるための痒いところに手が届いた機能が増えている印象ですね。

個人的にはサンプラーは一画面で一通りエフェクト処理できるUIは便利だなぁ〜と思いました。

画像2

これらを踏まえAJURIKA氏が実際の制作フローで役に立っている機能を解説。

まず一つのプロジェクトの中でプレイリストが複数作ることができるのは、地味ながら役に立つアップデートだったようです。例えば一つの曲に対して様々なバージョンを作らなければいけない場合に、これまではバージョンごとにプロジェクトを作っていたわけです。しかしFL STUDIO 20の複数プレイリストがサポートされたことにより、一つのプロジェクトの中で異なるバージョンを作ることができるようになったので、これによりロード時間の短縮に繋がったのが大きいようです。

変わった使い方としては、プレイリストごとに曲のパーツを作っていき、そのパーツを組み合わせるパズルのような制作手段もでき、普段とは異なる制作方法が出来るのも魅力的とのことです。

画像33

またFL STUDIO 20には様々な「遊び」が用意されており、これも魅力の一つと話してました。例えばサウンドの一部を連打し効果を様々な得ることができる「GROSS BEAT」や、プロジェクトのサウンドによって変化する動きのある動画を作るプラグインなど、一見使いどころが見つけ難いプラグインでも場面によっては効果を発揮するような発見する楽しみも増えたようです。

最後に両名ともFL STUDIOは他のDAWとは異なった特徴を持っているので、他の人とは個性の異なるサウンドやトラックを作りたい方にはオススメとのことです。様々なDAWが各社リリースされていますが、他とは違うトラックを作りたい方、自分でカスタマイズしてブロックを組み立てるようにトラックを作りたい方など、型にはまりたくない方にFL STUDIO 20はオススメです!

OSの垣根を超え、Windowsをお使いの方もMacをお使いの方も一度触ってみてはいかがでしょうか?

FL STUDIO 20
https://hookup.co.jp/products/image-line-software/fl-studio

Writer.Matsumoto

IMAGE LINE SOFTWARE
FL STUDIO 20 Signature
¥29,376
本体価格:¥27,200
441ポイント還元
IMAGE LINE SOFTWARE
FL STUDIO 20 Producer
¥22,464
本体価格:¥20,800
337ポイント還元
IMAGE LINE SOFTWARE
FL STUDIO 20 Fruity
¥13,824
本体価格:¥12,800
207ポイント還元
IMAGE LINE SOFTWARE
FL STUDIO 20 Signature クロスグレード版
¥19,008
本体価格:¥17,600
285ポイント還元

記事内に掲載されている価格は 2018年9月21日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

iZotope アシスタント機能搭載 Nectar 3 / Music Prod…
iZotope社から「Music Production Suite 2」,「Nectar 3」が発表されました! Nectar 3はNeutron 2や Ozone 8と同じくアシスタント機能を搭載し、ボーカルトラックを [……
Roland VT-4 声を楽器に変える、PCいらずのエフェクト・プロセッサーが…
Roland AIRAシリーズのボイス・トランスフォーマー VT-4が登場! ライブやレコーディングで自分の声を楽器に変えて演奏する楽しさと可能性に挑戦するならこのVT-4。VT-4単体での使用はもちろん、ピッチ補正やボ [……
ArturiaがSynclavier Vのバージョン2.0を発表!
インポートしたサンプルを波形から解析しResynthesis(再合成)することも可能に!
ZOOM H3-VR 新発売!クリエイターをVR作品制作へ誘う、360°ハンディ…
ZOOMからAmbisonics対応のハンディレコーダーH3-VRが発売されました。 Ambisonicsは左右(水平方向)、上下(仰角)、前後(奥行き)360º全方位の音を収録するVR映像で用いられる音声フォーマットで [……
ADAM Audio STUDIO PRO SP-5 予約開始!Ultrason…
モニタースピーカーメーカーとして名をはせるADAM Audioから密閉型のスタジオモニターヘッドホン『STUDIO PRO SP-5』が登場! STUDIO PRO SP-5は、なんと同じドイツのメーカーとしてしられるU [……
iCON Pro AudioがQCon Pro G2を発表!
主要なDAWのほとんどをサポートする8チャンネルコントロールサーフェス、QCon Pro G2を発表!
DiGiGrid DMSSバンドル 2セット限定販売!プラグイン処理のCPU負荷…
Rock oNのオリジナルバンドル『DiGiGrid DMSSバンドル』を限定2セットのみ販売いたします。 DiGiGrid DMSSバンドルは、DiGiGridのデスクトップI/Oシリーズ「D」「M」「S」に加え、Wa [……
ANtelope Audio『Theme of 禅』プロモーション Zenシリー…
Antelope AudioのモバイルI/Oシリーズ『Zen Studio+』と『Zen Tour』が15%OFFになるクーポンを発行いたします! Zenシリーズは、コンパクトなボディにドラムのマルチレコーディングにも対 [……
Novationが新しいMIDIキーボードコントローラーSL Mk IIIを発表…
NavationがSL Mk IIIを発表!シーケンサーやCV / Gateも装備!
セミナームービーの全編を公開!iZotope RX7 Master Class
【追記】2018年10月12日、後編を公開しました。 2018年10月3日、新装Rock oN 渋谷店にて開催されたセミナー『iZotope RX7 Master Class』のアーカイブムービーを公開しました。 当日は [……
Blackmagic Design「Blackmagic Pocket Cine…
NAB 2018で話題になり国内入荷はわずかのBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kが、Rock oN渋谷店に展示!
Gamechanger | Audio PLUS PEDAL 新発売!リアルタイ…
NAMM 2018で大きな話題となったGamechanger | Audioのルーパー Plus Pedalが遂に発売となりました!ピアノのサスティンペダルのようなバーを踏むとその瞬間の音が持続するという新しいコンセプト [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート