閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

21
Sep.2018
PRODUCT NEWS

Image-Line「FL STUDIO 20」新製品発表会

20180921_fl_1400top

どうも、松本です。急遽リリースされたImage-Line「FL STUDIO 20」。Macに対応し現在最も注目を集めているDAW「FL STUDIO 20」の新製品発表会に先日行ってきましたのでレポートします。

今回の新製品発表会はスリープフリークスの宮川氏と、Image-Line公認パワーユーザーとして数多くの楽曲を制作しているAJURIKA氏(FL STUDIO使用歴15年とのこと!)により進行していきました。

画像1

まず、宮川氏よりFL STUDIO 20の新機能が紹介。Mac対応以外には以下の通りです。

  • トランスポートなどツールボタンの改善
  • チャンネルラック
  • サンプラーの進化
  • consolidateの進化
  • 一つのファイルに複数のプレイリストが作成可能に
  • 変拍子の設定の簡略化

AJURIKA氏も話していましたが、作業効率を上げるための痒いところに手が届いた機能が増えている印象ですね。

個人的にはサンプラーは一画面で一通りエフェクト処理できるUIは便利だなぁ〜と思いました。

画像2

これらを踏まえAJURIKA氏が実際の制作フローで役に立っている機能を解説。

まず一つのプロジェクトの中でプレイリストが複数作ることができるのは、地味ながら役に立つアップデートだったようです。例えば一つの曲に対して様々なバージョンを作らなければいけない場合に、これまではバージョンごとにプロジェクトを作っていたわけです。しかしFL STUDIO 20の複数プレイリストがサポートされたことにより、一つのプロジェクトの中で異なるバージョンを作ることができるようになったので、これによりロード時間の短縮に繋がったのが大きいようです。

変わった使い方としては、プレイリストごとに曲のパーツを作っていき、そのパーツを組み合わせるパズルのような制作手段もでき、普段とは異なる制作方法が出来るのも魅力的とのことです。

画像33

またFL STUDIO 20には様々な「遊び」が用意されており、これも魅力の一つと話してました。例えばサウンドの一部を連打し効果を様々な得ることができる「GROSS BEAT」や、プロジェクトのサウンドによって変化する動きのある動画を作るプラグインなど、一見使いどころが見つけ難いプラグインでも場面によっては効果を発揮するような発見する楽しみも増えたようです。

最後に両名ともFL STUDIOは他のDAWとは異なった特徴を持っているので、他の人とは個性の異なるサウンドやトラックを作りたい方にはオススメとのことです。様々なDAWが各社リリースされていますが、他とは違うトラックを作りたい方、自分でカスタマイズしてブロックを組み立てるようにトラックを作りたい方など、型にはまりたくない方にFL STUDIO 20はオススメです!

OSの垣根を超え、Windowsをお使いの方もMacをお使いの方も一度触ってみてはいかがでしょうか?

FL STUDIO 20
https://hookup.co.jp/products/image-line-software/fl-studio

Writer.Matsumoto

IMAGE LINE SOFTWARE
FL STUDIO 20 Signature
¥29,083
本体価格:¥26,929
0ポイント還元
IMAGE LINE SOFTWARE
FL STUDIO 20 Producer
¥22,240
本体価格:¥20,593
0ポイント還元
IMAGE LINE SOFTWARE
FL STUDIO 20 Fruity
¥13,686
本体価格:¥12,672
0ポイント還元
IMAGE LINE SOFTWARE
FL STUDIO 20 Signature クロスグレード版 ★2019大決算セール 3DAY!
¥16,800
本体価格:¥15,556
0ポイント還元

記事内に掲載されている価格は 2018年9月21日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IK Multimedia iLoud MTMが予約開始!
リニアな位相特性による透明なサウンドと正確な音像で、ニアフィールド・モニターを再定義!
Strymon VOLANTE予約開始!
3タイプセレクト可能なマルチヘッドディレイ!
Prominy「SR5 Rock Bass 2」予約開始!新たに収録されたサンプ…
世界一リアルなギター音源を作る日本国内のProminy。そんなProminyの中でも特に人気のあるベース音源「SR5 Rock Bass」がアップデート!この度「SR5 Rock Bass 2」が発表されました。 Pro [……
ドイツのSound & Recording Magazine Webサ…
ドラムのオーバーヘッドに立てて、50種類のマイクで比較試聴!
ブランド市掘り下げ AVALON DESIGN V5
今回ご紹介する「V5」は、1台三役のマルチユニット!
UVI Rock oN Demand対応おすすめ5選!
Rock oN Demand対応になったUVIから注目の5プロダクトをピックアップ!
Ableton Live 10.1 UPD 公開!UPD内容と、いつものOne …
Live 10.1UPDの追加機能と既存機能を使ったOne Tipsをご紹介!
Vicousticの取り扱いを開始!室内音響を改善するソリューション!
スタジオ向けに吸音、拡散といった室内音響を改善するソリューションを多数ラインナップ!
Sonarworks「True-Fi」で外でも正しい音を持ち歩こう!
「True-Fi」とは スピーカーキャリブレーションソフトウェアの大手SonarWorksが手がける「True-Fi」をご存知でしょうか。みなさんが作られている音楽がリスナーに渡るとき、その音響特性はリスナーのモニター環 [……
TC Helicon「Go XLR」予約開始!ブロードキャストに特化したミキサー…
ミキサー・オーディオインターフェース・ボーカルエフェクター・サンプラーをも搭載!
Ableton Liveの面白い機能をブレイクダウン!
Ableton Liveにビンテージマシン固有のシーケンサーを完全再現出来る機能が!?
MOTUがDigital Performer 10を発表!予約受付中!
クリップウインドウやオーディオストレッチに加えて、数十種に及ぶ新要素が追加!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート