閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

21
Sep.2018
PRODUCT NEWS

Image-Line「FL STUDIO 20」新製品発表会

20180921_fl_1400top

どうも、松本です。急遽リリースされたImage-Line「FL STUDIO 20」。Macに対応し現在最も注目を集めているDAW「FL STUDIO 20」の新製品発表会に先日行ってきましたのでレポートします。

今回の新製品発表会はスリープフリークスの宮川氏と、Image-Line公認パワーユーザーとして数多くの楽曲を制作しているAJURIKA氏(FL STUDIO使用歴15年とのこと!)により進行していきました。

画像1

まず、宮川氏よりFL STUDIO 20の新機能が紹介。Mac対応以外には以下の通りです。

  • トランスポートなどツールボタンの改善
  • チャンネルラック
  • サンプラーの進化
  • consolidateの進化
  • 一つのファイルに複数のプレイリストが作成可能に
  • 変拍子の設定の簡略化

AJURIKA氏も話していましたが、作業効率を上げるための痒いところに手が届いた機能が増えている印象ですね。

個人的にはサンプラーは一画面で一通りエフェクト処理できるUIは便利だなぁ〜と思いました。

画像2

これらを踏まえAJURIKA氏が実際の制作フローで役に立っている機能を解説。

まず一つのプロジェクトの中でプレイリストが複数作ることができるのは、地味ながら役に立つアップデートだったようです。例えば一つの曲に対して様々なバージョンを作らなければいけない場合に、これまではバージョンごとにプロジェクトを作っていたわけです。しかしFL STUDIO 20の複数プレイリストがサポートされたことにより、一つのプロジェクトの中で異なるバージョンを作ることができるようになったので、これによりロード時間の短縮に繋がったのが大きいようです。

変わった使い方としては、プレイリストごとに曲のパーツを作っていき、そのパーツを組み合わせるパズルのような制作手段もでき、普段とは異なる制作方法が出来るのも魅力的とのことです。

画像33

またFL STUDIO 20には様々な「遊び」が用意されており、これも魅力の一つと話してました。例えばサウンドの一部を連打し効果を様々な得ることができる「GROSS BEAT」や、プロジェクトのサウンドによって変化する動きのある動画を作るプラグインなど、一見使いどころが見つけ難いプラグインでも場面によっては効果を発揮するような発見する楽しみも増えたようです。

最後に両名ともFL STUDIOは他のDAWとは異なった特徴を持っているので、他の人とは個性の異なるサウンドやトラックを作りたい方にはオススメとのことです。様々なDAWが各社リリースされていますが、他とは違うトラックを作りたい方、自分でカスタマイズしてブロックを組み立てるようにトラックを作りたい方など、型にはまりたくない方にFL STUDIO 20はオススメです!

OSの垣根を超え、Windowsをお使いの方もMacをお使いの方も一度触ってみてはいかがでしょうか?

FL STUDIO 20
https://hookup.co.jp/products/image-line-software/fl-studio

Writer.Matsumoto

IMAGE LINE SOFTWARE
FL STUDIO 20 Signature
¥29,376
本体価格:¥27,200
293ポイント還元
IMAGE LINE SOFTWARE
FL STUDIO 20 Producer
¥22,240
本体価格:¥20,593
0ポイント還元
IMAGE LINE SOFTWARE
FL STUDIO 20 Fruity
¥13,686
本体価格:¥12,672
0ポイント還元
IMAGE LINE SOFTWARE
FL STUDIO 20 Signature クロスグレード版 ★在庫限り特価!
¥19,008
本体価格:¥17,600
285ポイント還元

    記事内に掲載されている価格は 2018年9月21日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月2…
    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月26日発売決定!
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    IK MultimediaのMODO DRUMを触ってみたぞ!
    IK Multimediaのドラム音源MODO DRUMを、PD安田が徹底レビュー!
    パッチによって多彩なシンセやエフェクト、サンプラーなどに変身できるミュージック・…
    パッチによって多彩なシンセやエフェクト、サンプラーなどに変身できるミュージックコンピューター!
    Waves MercuryがRock oNなら ¥124,800 で手に入る!
    現在過去最強にお得に手に入るWaves Mercuryをピックアップ!
    Avidが新コントロールサーフェス S1 と S4 を発表!
    AVIDより待望の新製品が発表されました。
    SOUND WARRIOR初のセミオープン型ヘッドホンSW-HP100発売!
    密閉型では実現が難しかった音の抜けの良さ、自然な再生音を実現!
    Teenage Engineering OP-Zでサンプリングが可能に!ファーム…
    サンプリングのほか、USBでオーディオを直接取り込めるオーディオインターフェース機能も追加!
    Seaboard/BLOCKシリーズなど、ROLI製品の取り扱いを再開!
    Seaboard/BLOCKシリーズなど革新的なROLIの製品ラインナップを紹介!
    Naitive Instrumentsが、ついにMASSIVE Xリリース!
    次の10年のサウンドを見据えて開発されたMASSIVEの後継バージョン!
    SONYがハイレゾに対応したスタジオモニターヘッドホン『MDR-M1ST』を発表…
    再生周波数帯域5-80,000Hz!新時代を担うハイレゾ対応のスタジオモニターヘッドホンが登場!
    エンジニアの両手を解放するハーネス!GiG GearのTwo Hand Touc…
    ライブ会場でiPadやタブレットを使用時に、エンジニアの両手を解放するハーネスが登場!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company