閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
ANTENNA

HOTなクリエイターが求める最新情報をキャッチアップ。MUSIC・ART・文化、店舗情報まで盛り沢山

12
Jun.2018
ANTENNA

ジョー奥田が届ける「Tokyo Forest 24Hours」

20180611_joe_1390

6月20日に発売が迫ったジョー奥田氏の新作「Tokyo Forest 24Hours」。今回は録音の場所を前作のハワイから東京に移し、明治神宮にてレコーディングがされた。なぜこの森を選び、そしてどのようにレコーディングされたのか、ジョー奥田氏自らにその想いやプロセスを語ってもらいました。

明治神宮ーそれは世界最大の人工の森ー

DSC8326-1024x683

明治神宮をテーマに作品を作られた理由は?

僕にとって明治神宮は東京で最も好きな場所なんです。好きが高じていろいろと調べるうちにこの森が世界的に重要な価値があることに気が付きました。それは世界最大の人工の森であることです。つまり人間の英知を結集すれば、生態系が成立した本当の森を創ることが出来る、という証明でもあるわけですね。

その森の21世紀の音を記録として残しておきたいと思ったのがこの作品を作る経緯です。

収録に使用された機材は?

DSC8308_02
マイク
  • Neumann KU-100 ×2(バイノーラル録音)
  • SENNHEISER AMBEO VR MIC ×1(VR録音)
DSC8332-1024x683
    レコーダー

  • SONY D-100(KU-100定点収録用)
  • KORG MR-1000(KU-100別場所収録用)
  • Sound Devices Mix-Pre6(AMBEO VR MIC収録用)
  • マイクプリアンプ

  • Sound Devices MixPre-D(D-100用)

機材のセッティングに留意された点は?

DSC02757-1024x768KU-100とAMBEO VR MICはあとで比較したかったので、なるべく同軸になるようにそれぞれをスタンドに立ててセッティングしました。

またレコーダーとマイクプリ用に外部バッテリーを用意して、24時間の録音に備えました。

フィールドレコーディングで一番大切なことは、どこにマイクを立てるかということだと思うのですが、今回は明治神宮の森を録りつつ、その向こう側の街の音も収録したかったので、場所選びには時間をかけました。

また今回ご協力いただいたSENNHEISERさんからお借りしたもう1台のKU-100は、定点マイクだけではカバー仕切れない清正井や森の別の場所で収録するのに使用しています。

レコーダーのレゾリューションは下記の通りです。

  • D-100:DSD2.8MHz
  • MR-1000:DSD5.6MHz
  • MixPre6:PCM192kHz-24bit

それぞれのレコーダーのMAXの設定にしています。最終的にCDになると44.1kHz-16bitになるわけですが、収録時にはなるべく高いレゾリューションで録っておいた方が音のディテールが良くなるからです。

編集の手順について

編集にはAVIDのPro Toolsを使用しました。Pro Toolsはずいぶん初期の頃から使っているので、一番使い慣れていてストレスなく作業が出来るからです。

ambeo_test_1準備の手順は、以下の通り。

1) 収録した音源ファイルをすべてハードディスクに取り込み、DSDからPCM192kHz-24bitに変換

2) AMBEO VR MICで収録したファイルは4ch.のA-FormatをB-Formatに変換

AmbiHead_v1.23) Noise MakersのプラグインAmbi Headを使用して、192kHz-24bitのステレオwavファイルを書き出し

4) それぞれのファイルをPro Toolsのタイムラインに時系列に沿って並べていきます。こうすることで一列に24時間並んだセッションファイルになるわけです。

ここまでが準備でこれから編集作業が始まるわけです。何度も何度も全体を聞き返して、使う箇所を選んでいきます。

今までの作品の編集作業と比べて違う点

DSC02870-1024x768

どの箇所を使うか選ぶにあたって、今までは、自然の音として美しいか美しくないか、という基準で選んできましたが、今回は全く視点を変えています。今までは自然の音を美しさを伝えたい作品が多かったので人工の音は一切排除していましたが、今回は森と都会の対比がテーマですから、人工音の面白さの部分に注意して選びました。

リスナーの方にここを聞いてもらいたいという点は?

Scene01-1024x768

この作品のオープニングとエンディングは清正井の水の音を使っています。しかもオープニングには10年前に録った清正井の音。そしてエンディングは昨年11月3日に同じ場所で同じ時間に録った音を使っています。これは自然の音の永遠性を表現したかったからです。

DSC02748-1024x768

またこの作品には、朝の山手線、人の話し声、車の音、などなど、多くの街の音が入っています。神宮の森の生き物達が、24時間どのような音を聞いて生活しているのか、森の小鳥になった気持ちで聞いてみて下さい。

それとこの作品はすべてバイノーラルで録音されていますので、最初に聴かれるときには必ずヘッドフォンを使用して聞いて下さい。

部屋を少し暗くすると、さらに没入感が増してお楽しみいただけます!

森と都会の対比をテーマに描かれた「都会の森の24時間」。自然の森の音だけでなく、その向こうにある街の音も含まれた「現代の森の音」を届けたかったというこの作品は、さながらドキュメンタリーのようであり、聞いている人によって様々な印象を持つことでしょう。都会の森の音を、ぜひご自身の耳で体感してみてはいかがでしょうか。

ジョー奥田
http://www.joeokuda.com/


Tokyo Forest 24Hours
http://www.m-i-m.com/sound/mimj0011

    記事内に掲載されている価格は 2018年6月12日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Rock oN AWARD 2020 座談会
    AWARD受賞を逃した製品たちも、座談会で評価されているその裏側をご覧ください!!
    Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
    Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
    「MusicRadar」が2019年の優秀製品を発表!
    昨年発売された製品で最も評価が高いのは?
    iZotopeが11月7日に業界初のポストプロダクションのテクノロジーを紹介!
    iZotopeがメールマガジンにて、11月7日(木)午後7時からライブストリームを介して、業界初のポストプロダクションに関するテクノロジーを紹介するという発表がありました。 当日はサウンドデザイナーで編集者のDoug M [……
    Antelope AudioよりDSPとFPGAを活用したAuto-Tune S…
    Antelope Audioの本国サイトにてAntalesとの協力によって、Antelope Synergy CoreやEdge GoマイクでCPU負荷をかけずにリアルタイムのピッチ補正やボーカルエフェクトを可能にするA [……
    Ableton主催イベント「Loop 2020」チケット登録受付開始!
    トーク、パフォーマンス、および実地体験型ワークショップを実施!刺激的な音楽イベントがベルリンで開催!
    【Antelope Audio主催】Next the 3rd Generatio…
    Next the 3rd Generation with Studio Parasight Antelope Audio インターフェイスを導入決定したスタジオでは、なぜ Antelope Audio インターフェイスが [……
    メディア・インテグレーションがCEDEC 2019に出展!
    協賛ブランドによるセミナーと機器展示が行われます! みなさまのご来場をお待ちしています。
    藤井丈司氏が語るシンセサイザーの魅力 −受け継がれるYMOの遺伝子−
    YMOから受け継いだシンセサイザーの魅力とは?エレクトロポップ黎明期の先駆者的存在の藤井丈司氏が語ります!
    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月2…
    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月26日発売決定!
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    森﨑雅人氏がマスタリングスタジオをオープン!正確なルームチューニングとデジタルオ…
    中目黒にオープンした画期的なマスタリングスタジオ「Artisans Mastering」を紹介!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company