閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NEWS
04
Mar.2020
NEWS

Cutting Edge 2020:MOTU M4 / Steinberg UR22C

20200304_Cutttingedge_M4_1390_856

新世代の定番候補のオーディオインターフェースを1on1で比較!!

老舗メーカーの放つ最新オーディオインターフェースを試してわかった事

IO

この1年間、オーディオインターフェースは非常に実り豊かな時期を迎えており、RME/Stteinberg/Motu/Metric Haloなど老舗、新入メーカーともに相乱れるラインナップとなっています。

この記事では、ここ最近リリースされた4機種を取り上げ、録音目的で比較的廉価なモデルを選ぶ場合のベストはどれなのか?をRock oNスタッフ目線で2機種ずつ紹介していきたいと思います!

M4
UR22C_front

本記事で取り上げるのは今年発売のこの2機種、M4(MOTU)、UR22C(Steinberg)です。

MOTUやSteinbergは両社ともに言わずと知れたDAWのメーカーであり、世界中のクリエイターに使われているDigital Performer、Cubaseを開発、リリースしています。

特にMOTUはオーディオインターフェースで絶大なシェアを誇っていたメーカーであり、専用のPCIeボードからI/Oに伸ばすスタイルの2408や828/896シリーズのオーディオインターフェースは定番でした。現在はAVB搭載機種に力を入れており、設備向けなラインナップが充実しています。個人的にはTravelerをライブで同期再生用に愛用しておりました….懐かしい…..

Steinbergも以前から比較的手の届きやすい価格帯のオーディオインターフェースを多様にラインナップしておりましたが、近年では32bit整数のビットレートでの録音に対応したAXR-4T/AXR-4Uをリリースし、ハイエンドなクオリティを求める層にもアピールできる製品をリリースしています。ミュージシャン以外にも配信者、ダイアログ録音等、PCに音声を取り込む用途で、非常に多くのユーザーのファーストチョイスとなっています。特にURシリーズはもしかすると世界で一番売れているオーディオインターフェースかも?

推しポイントその1!高クオリティな録再を保証する高スペック!

M4の場合

M4_side

MOTU M4はDACにESS SABRE 32を搭載!これまでハイエンドインターフェースに搭載されるようなDACでしたが、MOTUはこの価格帯のオーディオインターフェースに入れてくれましたね!ヘッドフォン出力まで含めて良い音を期待できます!カラーディスプレイでのメーターもレベル管理に一役買います。48Vファンタム電源を個別にON-OFF出来る機種も実はこの価格帯だと珍しかったりします。

M4_rear

UR22Cの場合

UR22C_side

Steinberg UR22Cは32bit整数でのAD/DA(!)が可能となっています。これまでもAXRシリーズで32bit整数録音は可能でしたが、現時点では逆に対応しているDAWがほぼ無い(Cubaseは対応)状況なので、これからの対応に期待ですがまさかこの価格帯の機種で実現するとは、、、!

UR22C_rear

両者ともしっかりとMIDI IN/OUTを備えているのが作家に寄り添うDAWメーカーらしいポイントだと思いました。

推しポイントその2!老舗DAWの体験版が付属!相性も安心!

MOTU M4にはDPの簡易版であるPerformer LiteとAbleton Live Liteが付属しております。PerformerもDPの簡易版とはいえ多数のループやサウンドが収録されており、オーディオ録音MIDI打ち込み等可能ですので購入してすぐに楽曲制作が可能となります!

Steinberg UR22CはもちろんCubase AIが付属!更にiOSで使用可能なCubasis LEが使用可能となります!また、DSPエフェクトを使用する事で、リバーブやギターアンプシミュレーターなどを録音モニターに使用することができます!

推しポイントその3!マイクプリ&ADの実力はどれくらい?アコギを録音してみた!

という訳で早速録音してみましょう!マイクはShure SM7B、DAWはStudio Oneです。

拙いアコースティックギターの演奏で恐縮ですが、周波数特性に特徴はないか、アタックとサステインの聴こえ方等ご注目くださいませ。

M4の場合

M4の方は輪郭?が多少濃く音自体は比較的太めだと思いました。そして何よりノイズレスです。今回全部で6機種(別の記事に上がっておりますので探してください! )録りましたがこの中では一番SM7Bのサウンドに余裕がありました。録り音も非常にクリアですね!モニタリングしている時の弾きやすさはこちらに軍配が上がります。録り終えたファイルを聴き比べるとクリアさの部分はヘッドフォンアウトの品質も多いに貢献していると思います。

M4_screen

そしてレイテンシーが驚異的な低さ!これは推せますね〜〜!!

UR22Cの場合

UR22C_screen

UR22Cの方は際立った特徴は無い印象ですが逆にスッピンの音色を取り込むと考えたら使いやすいと思います。様々な音源やキーボード、シンセなどを取り込むのもスムーズに出来ると思います。


両者共に過度なノイズも変なジャキジャキ感も無く不足無く音を録れてしまったのが改めて驚きでした。時代の進化でオーディオインターフェースの性能は間違いなく底上げされていますね!

Cutting Edge 2020で紹介する商品はまだまだあります!素敵なオマケ付きもありますので、是非eStoreをご覧ください!

MOTU
M4
¥35,200
本体価格:¥32,000
528ポイント還元
Steinberg
UR22C
¥17,820
本体価格:¥16,200
267ポイント還元

Writer.クーパー天野

記事内に掲載されている価格は 2020年3月4日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

高額買取リスト
1000機種以上の様々な製品の買取上限価格を公開中!売却検討の際はまずご確認ください!
Rock oN AWARD 2022 受賞製品を発表!
Rock oN AWARD 20202受賞製品を発表!
ROTH BART BARONニューアルバム『無限のHAKU』12月リリース!
Proceed Magazine掲載でお馴染みの三船 雅也さん(ROTH BART BARON)がニュールバムをリリース!
現役サウンドデザイナーによる実践レビュー!vol.5 ~Le Sound Spa…
サウンドデザインの分野で活躍するおふたりによるLe Soundレビュー、第5弾はシンセサウンドの複雑なスピードコントロールが手軽に行えるSpaceMotors!
マイクロフォン店頭試聴!
ただいまRock oNではBUILD UP YOUR STUDIO 開催中!オーディオインターフェースに続いてマイクロフォンもグレードアップをしてみるのはいかがでしょうか。自分に合う機種を選ぶには実際に試聴していただくの [……
オーディオインターフェイス店頭試聴!
試聴専用のリファレンスルームで、気になるモデルをじっくりご試聴ください。
本日開催!!〜作編曲家 関 美奈子氏と対談!「Sibelius for mobi…
Sibeliusファミリー最新の 「Sibelius for mobile」 を最大限活用するためのセミナーが開催されます。作編曲家 関 美奈子氏にAvidのSibeliusアプリケーション・スペシャリスト 小笠原 一恵 氏がお話しを伺いな…
現役サウンドデザイナーによる実践レビュー!vol.4 ~Le Sound Aud…
現役サウンドデザイナーによるLe Sound 実践レビュー第4弾。AudioTexureを使って、たった4秒の音源の尺を自然に伸ばす事例が紹介されています。
YAMAHA HS5 数量限定「スレートグレー」モデル HS5SG 発売!!
HS シリーズのコンパクトな 5インチモデル「スレートグレー」が登場!
Pro Tools | Ultimateが無償付属!Pro Tools | Ca…
Avidから驚愕のプロモーション情報!対象期間中にPro Tools | Carbonをご購入&製品登録することで、なんとPro Tools | Ultimate永続ライセンス、および、Antares Auto-Tune Hybridが無償…
Rock oNリファレンススタジオで、モニタースピーカー試聴ご予約受付中!
試聴専用のリファレンスルームで、気になるモデルをじっくりご試聴ください。
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催による配送について
2021年7月23日(金)〜9月5日(日)の間、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催が予定されており、これに伴い開催地および周辺地域での配送や入荷に遅れが生じる可能性があります。 詳しい状況については、 [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company