閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

12
Jun.2019
PRODUCT NEWS

掌に無限の可能性!超コンパクトサンプラー 1010MUSIC blackbox登場!

20190612_1010music_1390_856

SynthplexやSUPERBOOTH19でも世界中から熱い注目を集めていた1010MUSICの新型サンプリンググルーヴボックスblackboxが遂にRock oNに上陸しました!1010MUSICと言えば快適なタッチスクリーン式モジュールのbitboxやsynthboxなどモジュラーシンセユーザーにはお馴染みのブランドですが、このblackboxは同社のbitbox(サンプラー)、toolbox(シーケンサー/ファンクションジェネレーター)、fxbox(ステレオエフェクター)から機能を抜粋して組み合わせられた、同社初のスタンドアローンタイプのマシンです。それでは特徴を見ていきましょう!

1010MUSIC
Blackbox - Compact Sampling Studio
¥69,000
本体価格:¥63,889
6900ポイント還元

付属品

まずは付属品の確認です!

◎Blackbox本体
◎microSDカード
◎MIDI Adapter – Male 3.5mm TRS to Female 5 pin DIN ×2
◎電源用USBケーブル
◎USBデンゲンアダプター
◎英文クックスタートガイド

1010music-blackbox

電源はUSB2.0 TypeB端子で取るようになっており、付属のUSBケーブル+アダプターでコンセントからでもmac/PCからでも給電できます。さらにモバイルバッテリーにも対応しているとのことです!そして便利な同社のMIDI Adapterが2個入っています。標準のMIDI端子しかない外部MIDI機器を使ってblackboxをコントロールできます。ちなみにUSB接続のMIDI機器はDEVICEと書かれたUSB2.0 TypeA端子に接続してそのまま使えます。

PADSの機能

それでは機能を簡単に見ていきましょう。本体の白い8つのボタンを押してメインの機能を切り替えていきます。まずはサンプルのトリガーや編集を行う「PADS」からご紹介します。PADSのメイン画面は16グリッドのパッドです。サンプルがロードされていれば名前が表示され、タッチすると発音します。アサインされているサンプルをエディットする場合は右上の「info」ボタンを押します。infoボタンで画面は5回切り替わります。

1010music-blackbox-pads1

1:波形編集画面。ここではサンプルのインポートやレコーディング、スタート/エンドポイントと設定します。再生モードがLOOPになっている場合はLOOPのスタート/エンドポイントも編集できます。画面右上の再生マークをタップするとサウンドが聞けます。

1010music-blackbox-pads2

2:パラメータ設定:ここではサンプルのレベル、ピッチ、フィルターそしてトリガーモードを編集します。フィルターは±100%でハイパスとローパスに切り替わる仕様です。ここでも右上のマスをタップしてサウンドを聞きながら作業できます。

1010music-blackbox-pads3

3:ADSR:サンプルのAttack、Decay、Sustain、Releaseを設定します。

1010music-blackbox-pads4

4:パラメータ設定②:ここではループモード(なし、直進、双方向)と、リバースのON/OFF、そしてMIDIチャンネルを設定します。

1010music-blackbox-pads5

5:スタート/エンドポイントのモジュレーション設定:ここでは波形が表示されませんが、サンプルおよびループのスタート/エンドポイントのモジュレーションソースとアマウントを設定します。

1010music-blackbox-pads6

モジュレーションソースは下記です。外部MIDI機器から信号を入れることができます。

• None – no modulation source will be used.
• VEL – MIDI Velocity or the Velocity slider on the Pads screen. This is note specific.
• PTCH – MIDI pitch bend signal
• MODW – MIDI Mod Wheel
• MVOL – MIDI Volume
• MPAN – MIDI Pan

KEYSの機能

1010music-blackbox-keys

KEYSボタンを押すと、PADS時に選択されていたサウンドを、スクリーン上のバーチャルキーボードで演奏することができます。オクターブは左右のつまみもしくはスクリーン上の矢印で移動させることができます。約10オクターブの間で設定できます。

SEQSの機能

1010music-blackbox-seqs1
1010music-blackbox-seqs2

シーケンサーセクションになります。16個のシーケンスデータを作成保存して演奏します。シーケンスデータは複数の同時再生やON/OFFが可能なので、トラックの展開によってシーケンスデータを作成したり、16個のセールを同時再生することを前提にそれぞれ1トラックとして作成することもできます。非常によくできているなと感じる点は、再生したいシーケンスと、エディットしたいシーケンスを別々に選択できる点です。シーケンス1を再生中にシーケンス2を打ち込むと言った具合です。ライブパフォーマンスに向いた仕様と言えるでしょう。またシーケンス毎に異なスッテプの長さやステップ数を設定することでポリリズミックなシーケンスも簡単に作成できます。

SONGの機能

1010music-blackbox-songs

文字通りソング機能です。「ソング」は複数の「セクション」で構成されており、「セクション」はその時に選択されたシーケンスから成っています。例えばイントロ→Aメロ→サビのようなソングを組む場合、セクション1(イントロ)でシーケンス1(リズム)が4回繰り返し再生され、セクション2(Aメロ)ではシーケンス1(リズム)とシーケンス2(メロディ)が3回再生され、セクション3(サビ)でシーケンス3(別のリズム)とシーケンス4(別のメロディ)が再生されると言った具合に設定します。セクション間の移行は設定したBar数が再生されると自動で行われますが、LOOPボタンを押すとセクション移行せずに現在再生されているセクションが続きます。

FXの機能

1010music-blackbox-fx1
1010music-blackbox-fx2

サウンド毎にアマウントを設定できる、二種類のステレオエフェクトが搭載されています。FX1(ビートシンク可能なデジタルディレイ)とFX2(リバーブ)です。とてもシンプルな仕様なので、今後OSのアップデートで色々追加されるかもしれませんね!継続的なアップデートも1010MUSIC製品の魅力の一つです。

MIXの機能

1010music-blackbox-mix1
1010music-blackbox-mix2

ミキサーセクションでは16のサウンド毎に音量とパンを設定します。またミキサーセクションはミュート機能ももち、赤がミュート、緑がアンミュートになります。マルチタッチなので複数のミュートオンオフの一括操作が可能です。

PSETの機能

1010music-blackbox-pset

PSETはプリセットの事です。microSDカードに収録されたデーターのロードやセーブを行います。

TOOLSの機能

1010music-blackbox-tools

TOOLSは一般的なマシンで言う所のGlobal設定のようなものです。ヘッドホンのボリュームやディスプレイの明るさなどのハードウェア設定やメトロノームやMIDIの設定を行います。

さて、次回は実際にトラックメイクを行いながらレビューして行きたいと思います!ぜひご期待ください!

1010MUSIC
Blackbox - Compact Sampling Studio
¥69,000
本体価格:¥63,889
6900ポイント還元

1010music
https://1010music.com/

    記事内に掲載されている価格は 2019年6月12日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月2…
    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月26日発売決定!
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    IK MultimediaのMODO DRUMを触ってみたぞ!
    IK Multimediaのドラム音源MODO DRUMを、PD安田が徹底レビュー!
    パッチによって多彩なシンセやエフェクト、サンプラーなどに変身できるミュージック・…
    パッチによって多彩なシンセやエフェクト、サンプラーなどに変身できるミュージックコンピューター!
    Waves MercuryがRock oNなら ¥124,800 で手に入る!
    現在過去最強にお得に手に入るWaves Mercuryをピックアップ!
    Avidが新コントロールサーフェス S1 と S4 を発表!
    AVIDより待望の新製品が発表されました。
    SOUND WARRIOR初のセミオープン型ヘッドホンSW-HP100発売!
    密閉型では実現が難しかった音の抜けの良さ、自然な再生音を実現!
    Teenage Engineering OP-Zでサンプリングが可能に!ファーム…
    サンプリングのほか、USBでオーディオを直接取り込めるオーディオインターフェース機能も追加!
    Seaboard/BLOCKシリーズなど、ROLI製品の取り扱いを再開!
    Seaboard/BLOCKシリーズなど革新的なROLIの製品ラインナップを紹介!
    Naitive Instrumentsが、ついにMASSIVE Xリリース!
    次の10年のサウンドを見据えて開発されたMASSIVEの後継バージョン!
    SONYがハイレゾに対応したスタジオモニターヘッドホン『MDR-M1ST』を発表…
    再生周波数帯域5-80,000Hz!新時代を担うハイレゾ対応のスタジオモニターヘッドホンが登場!
    エンジニアの両手を解放するハーネス!GiG GearのTwo Hand Touc…
    ライブ会場でiPadやタブレットを使用時に、エンジニアの両手を解放するハーネスが登場!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company