閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

10
Aug.2018
PRODUCT NEWS

Waves e-Motion LV1新世代ライブサウンドミキサーを渋谷店で体験!

20180810_waves_1390

PA・SR の現場へWavesプラグインを提供するWaves Liveプロダクト。その中で今もっとも注目を集める新世代のデジタルミキサー e-Motion LV1の推奨ソリューションを渋谷店に展示中です!

LV1はソフトウェアであり、ユーザーがチョイスしたハードウェアで自由に組み上げられるデジタルミキサーです。最大64chの処理が可能です。

ソリューションを構築するために必要なSoundGridサーバーはメインPCのCPUに負荷をかけずにWavesプラグインを処理します。日頃からDAWで使っているプラグインをそのままライブで使えるため、その再現性とサウンドの質の高さからSoundGridサーバーとWavesプラグインを使用してほしいとアーティストから要望が出るほどの人気を誇っています。その証拠にFuji Rock 2018の最大ステージ Green Stageに出演した海外アーティストのほとんどがSound GridサーバーとWavesプラグインを搭載したコンソールを使用していました。

SoundGridの開発を進めるWavesとDiGiCoはLV1について、「これまでコンソールはエンジニアが買うものだったがLV1の登場でアーティスト自身が買うものとなるだろう」と言っています。

eMotion LV1 オーバービュー

download

eMotion LV1はWaves SoundGrid® テクノロジーを基盤とする、WindowsやMacで動作するデジタル・ソフトウェア・ミキサーです。

ライブサウンド・エンジニアであれば、誰もが必ず欲しい3つの機能があります:ハイクオリティなサウンド、簡単で素早い操作性を持ったコンソール、そして何よりも高い信頼性です。eMotion LV1ライブミキサーは、革新的な方法で3つの要求すべてを満たします。

  • Wavesプラグインのサウンドクオリティが、コンソールのミキシングエンジンで利用できます。また、プラグインを自由にコンソールに立ち上げ、創り上げるサウンドをピンポイントの正確さでコントールすることが可能です。
  • マルチタッチ・スクリーンや対応のコントロール・サーフェスなど、コンソールを素早く簡単に操作するための柔軟性を備えています。
  • コンソールは持ち運び可能な環境にも完全に対応するため、どんな場所にいてもショーの前に万全の準備を整えることができます。

推奨ソリューション

Rock oN渋谷店で展示しているLV1は輸入代理店Media IntegrationとRock oNが推奨するソリューションです。

特性ラックシステムで縦に積み上げられてはいますが、これはFOHとステージ上を仮想したシステムとなっています。その内容をご紹介します。

・DELLのマルチタッチディスプレイ *2枚

DSC09535
DSC09536

LV1はその操作のほとんどを上下2枚のタッチパネルで行います。10点タッチまで認識が可能なため複数同時のフェーダーさばきやノブの操作もスピーディーに行えます。初めは多少慣れが必要ですが慣れてしまうと小スペースで行えるタッチパネルでの直感的な操作は手放せなくなります。

・OM FACTORY 謹製 Windows PC
・SoundGrid Impact Server
・DiGiGrid MGB

DSC09540-1

SoundGrid Impact ServerはC4 Multiband Compressorを200個以上リアルタイムで動作させることのできるプラグイン・サーバーです。0.8msのネットワーク・レイテンシーでプラグイン処理能力があります。

LV1は最大64chまで処理が可能です。ミキサーの各チャンネルにはそれぞれ独立したプラグインラックが備えられ、Wavesおよびサードパーティによるプラグインを最大8個までロードできます。

ここまではFOH内のシステム。続いてのI/Oボックスがステージ脇に置かれるという想定です。

SOUNDSTUDIO STG 1608

DSC09541

SoundGrid Network対応の16in/8out ステージI/Oボックス。SoundGrid NetworkはEthernet Cable1本で最大で最大256chの24bit/48kHzの信号の伝送を可能とします。75mまでケーブルを延長可能で、デジタル信号のため音質劣化はほぼありません。


以上ご紹介したソリューションで価格はおおよそ100万円ほど(オーダーメイドのラックや特注PCほか周辺機器を含む)。最大96kHzで0.8msecの超低レイテンシー、最大64chのミキシングが行え、レコーディングと同じWavesのプリセットやサウンドをライブで展開できる上にこのコンパクトさとすればかなりコスト安なことがお判りいただけると思います。新世代のPAソリューションとしてぜひ一度体験してみてください。

Waves Liveをもっと知るコンテンツ

20180628_waves_i
20180627_sound-festa_i

記事内に掲載されている価格は 2018年8月10日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

SCFED伊部が送る、AI技術がもたらす新世代リミックス手法!2mix素材をバラ…
リズムパターン検索機能と自動生成機能が優れたSUPERIOR DRUMMER 3の機能を紹介!
電圧を安定化!Furmanが電源装置M-8x AR JをM-8x ARを同時発売…
Furmanが安定化電源の新製品として、M-8x AR JとM-8x ARを発売しました。 こちらの2製品ですが末尾に”J”がつく方が100V仕様で、つかないモデルが120V仕様です。それぞれの特 [……
iZotopeから最新のアップグレードキャンペーン!今回は2種類!
「Music Production Crossgrade Offer」と「Creative Suite Offer」の2種類のキャンペーンを開始!
ファジー日下部が送るAvid Pro Tools Lesson!セッション作成時…
Pro Toolsのセッション作成時に便利なショートカットを動画でご紹介!
IK MultimediaがAXE I/Oを発表!ギタリストに特化したハイエンド…
ギタリストに特化したハイエンドオーディオインターフェイス!
BitwigがBitwig Studio 3を発表!
「The Grid」と呼ばれるオープンモジュラー環境を実現するデバイスが追加!
YAMAHAが新世代のステージピアノCP88 / CP73を発表!
現代のニーズに応える新世代のステージピアノが誕生!製品発表会の動画も!
ZYLIAが動画サイトbouncyにて紹介!
未来のライフスタイルが見える動画メディアbouncyにZYLIAが!
strymonがエコーマシーンVolanteを発表!
3タイプ選べるMagnetic Echo Maschine!
JBLがリファレンスモニタースピーカーの新製品104を発表!
同軸でスタイリッシュなデスクトップスピーカーが登場!
ADAM Audio初のヘッドホン。発売の真相を聞く / Internation…
ADAM Audio初のヘッドホン。発売の真相を聞く / International Sales Manager Rick Grossmann氏インタビュー
KORGがminilogue xdを発表!minilogueがさらに進化、デジタ…
4ボイスのアナログ音源+マルチ・デジタル音源搭載のminilogue xdを発表!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート