閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

21
Jan.2019
PRODUCT NEWS
  • HOME
  • PRODUCT NEWS
  • HEADLINE
  • IK MultimediaがAXE I/Oを発表!ギタリストに特化したハイエンドオーディオインターフェイス!

IK MultimediaがAXE I/Oを発表!ギタリストに特化したハイエンドオーディオインターフェイス!

20190121_IK_1390_856

NAMM 2019

IK Multimediaがギタリストに特化したハイエンドオーディオインターフェイスAXE I/Oを発表しました。インピーダンスを調整可能できる技術やAMPアウトをはじめとする豊富な入出力、さらにソフトウェアもバンドルされるなど、画期的な製品となっています。

インピーダンスを調整可能!極上のギタートーンを引き出す機能の数々

download
AXE I/Oの大きな特徴としてはあらゆる種類のギター、ピックアップ、演奏スタイルに合う最適なサウンドが得られる仕組みがあることです。

特に画期的なのは入力インピーダンスを入力インピーダンスを2.2kオーム(BOLD)から1Mオーム(SHARP)の間で連続的に調整可能な、Z-Tone技術が搭載されていることです。これによって従来の一般的なHi-Zスイッチを超え、マッチングの不適合による音痩せやこもりを回避しながら理想とするトーンを引き出すことが実現できます。

20190121_IK_1400_580

またメイン・チャンネルには、3種のサーキット・トポロジーが搭載されています。ACTIVE/PASSIVEピックアップの切り替えや、ディスクリートJFET(倍音付加による温かみのあるサウンド)/PURE(味付けのない透明なサウンド)の切り替えが可能で、ギターやピックアップ本来の音色を生かす設定が可能です。

リアンプを実現するAMPアウトをはじめ、豊富な入出力を装備!

axe_io_front_image2

axe_io_back_image3

豊富な入出力が装備されているAXE I/Oですが、大きな特徴としてフロントパネルにAMPアウトが装備されていることです。このAMPアウトをストンプやギター・アンプに接続すると同時に、キャビネットに立てたマイクの出力をAXE I/O リア・パネルにあるマイク入力に接続すれば、DIなどがなくても単体でリアンプが容易に実現できます!

それ以外の主な入出力としては、下記があります。

  • 2 イン/5 アウト
  • 2つの超低ノイズのマイク/標準バランス入力
  • 3種のトポロジーを備えたZ-TONEギター入力
  • リファレンス・ヘッドフォン・アウト
  • 2つの自由にアサイン可能なコントローラー入力
  • MIDI IN/OUT
  • Mac/Windows USB 2.0対応

スタジオクオリティのサウンド

またAXE I/Oにはクラス最高峰のAD/DAと優れたアナログ回路設計の高解像度・超低ノイズのClass-Aマイクプリアンプを搭載しています。このマイク・プリアンプには下記のような仕様で、ボーカル、アコーステック・ギター、ピアノなどさまざまなレコーディングに最適です。

  • 超低ジッターのクロックにより高音質を実現
  • 117dBのダイナミックレンジ
  • 最大192kHzのサンプリングレイトに対応
  • ワイドかつフラットな周波数特性で、5Hzから32kHz、± 0.5 dB(96kHz)で収録可能

豊富なバンドルソフトウェア!

AXE I/O総額で1,000ユーロ(約12万円)を超える価値のソフトウェアがバンドルされますので、これだけで
ギターの録音、リアンプからミックス、マスタリングまで、極上のギター・トーンで最高の作品を仕上げることが可能です。

AmpliTube 4 Deluxe

axeio_freestuff_at@2x
総計116機種のギアモデルを搭載したパワフルなMac/Windows対応ギター/ベースエフェクト&アンプモデリングソフトウェア。

またAXE I/OにはAmpliTubeプリセット切り替えなど自由にアサイン可能なPRESETノブも装備されているので、素早い操作ができます。

T-RackS 5

axeio_freestuff_tr@2x
厳選した10種類のDSPプロセッサー。それぞれ8,000円から15,000円相当。(AAX/AU/RTAS/VST対応DAWもしくはスタンドアロンアプリケーション
T-RackS CSで使用可)。

その他にフリー版のDAW、Ableton Live 9 Liteが付属しています。


NAMM 2019での展示も楽しみな製品ですね!

発売は2019年1月30日の予定で、市場想定価格は45,000円(税別)となっています。こちらただいま予約受付中です!

IK Multimedia
AXE I/O
¥48,600
本体価格:¥45,000
729ポイント還元

IK Multimedia
https://www.ikmultimedia.com/products/axeio/

Writer.Miyazaki

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年1月21日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Strymon VOLANTE予約開始!
3タイプセレクト可能なマルチヘッドディレイ!
Prominy「SR5 Rock Bass 2」予約開始!新たに収録されたサンプ…
世界一リアルなギター音源を作る日本国内のProminy。そんなProminyの中でも特に人気のあるベース音源「SR5 Rock Bass」がアップデート!この度「SR5 Rock Bass 2」が発表されました。 Pro [……
ドイツのSound & Recording Magazine Webサ…
ドラムのオーバーヘッドに立てて、50種類のマイクで比較試聴!
ブランド市掘り下げ AVALON DESIGN V5
今回ご紹介する「V5」は、1台三役のマルチユニット!
UVI Rock oN Demand対応おすすめ5選!
Rock oN Demand対応になったUVIから注目の5プロダクトをピックアップ!
Ableton Live 10.1 UPD 公開!UPD内容と、いつものOne …
Live 10.1UPDの追加機能と既存機能を使ったOne Tipsをご紹介!
Vicousticの取り扱いを開始!室内音響を改善するソリューション!
スタジオ向けに吸音、拡散といった室内音響を改善するソリューションを多数ラインナップ!
Sonarworks「True-Fi」で外でも正しい音を持ち歩こう!
「True-Fi」とは スピーカーキャリブレーションソフトウェアの大手SonarWorksが手がける「True-Fi」をご存知でしょうか。みなさんが作られている音楽がリスナーに渡るとき、その音響特性はリスナーのモニター環 [……
TC Helicon「Go XLR」予約開始!ブロードキャストに特化したミキサー…
ミキサー・オーディオインターフェース・ボーカルエフェクター・サンプラーをも搭載!
Ableton Liveの面白い機能をブレイクダウン!
Ableton Liveにビンテージマシン固有のシーケンサーを完全再現出来る機能が!?
MOTUがDigital Performer 10を発表!予約受付中!
クリップウインドウやオーディオストレッチに加えて、数十種に及ぶ新要素が追加!
PD安田がお勧めするWaves Mercury!
過去最強にお得に手に入るWaves Mercuryの何がすごいのか、PD安田が紹介!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート