閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

15
Nov.2018
REPORT

Inter BEE 2018 : FOSTEX

2106

FOSTEXのブースで新製品 NF04Rを発見!

2104

2017年に数量限定で発売されたNF01RはRock oNとのコラボ製品でしたが、NF04RはFOSTEX独自の新製品。印象的な黄色い星型HRウーハーを搭載し、優れたレスポンスを誇る小型モニタースピーカーです。

2105

まずこれまでNFシリーズは木材やMDFによるキャビネットが採用されていましたが、NF04Rはシリーズ初となるアルミダイキャスト製。幅120mm、高さ189mm、奥行き157mmというコンパクトサイズではありますが重量は約3kgとずっしりした印象です。

この画像は別売りの壁付けアングルに取り付けられて横置きにされています。

4インチHRウーファーは新開発。UFCL振動板のソフトドームツイーターは同社製品FS-4ASのそれを応用し、NF01Rのものからブラッシュアップされたものということ。たった19mmというサイズながらNF01Rと変わらない音の広がりがあります。

アンプはDクラスを搭載。ウーファー30W、ツイーター20Wのバイアンプとなっています。

背面にはDIPスイッチがあり、ウーファー音圧レベル(-2dB、-4dB、-6db)、ツイーター音圧レベル(-2db、0db)、出力GAIN(0db/+10db)とそれぞれが切り替えできるようになっています。

このサイズ感ならではのデスクトップに置いたり壁から吊るしたりと、様々な使い方に合わせた音質補正ができるようになっています。
出力GAIN +10dbについては、出力の低い音楽プレイヤーやスマホを直挿しすることが想定されているそう。このサイズならそのようにカジュアルに使ってもいいですね。

2103

音質については、こんなにコンパクトでもさすがのFOSTEXクオリティ。精確な音像とレスポンスはまさしくNFシリーズそのものです。NF01Rのサウンドがそのままコンパクトになった印象です。ホームスタジオや中継車で真価を発揮するでしょう。

NF04R の発売は2018年11月下旬ということでもうすぐです。価格は1台¥50,000(税抜き)となっています。

MUTEK.JP

_1410733

_1410763

余談になりますが、11月1日にお台場の日本科学未来館で開催されたデジタルアートと電子音楽の祭典 MUTEK.JPに出向いた際、「脳波による内発音楽表現」というインスタレーションで見たことのないスピーカーが使われていて写真を撮っておいたのですが、これがまさかのNF04Rだったようです!

_1410739
_1410742

この時はこれまた見たことのないサブウーファーとともに、被験者の脳波によってCycling ’74 Maxで発音されたドローンやノイズを鳴らしていました。

_1410747

このサブウーファーもそのうち発売されるかもしれません。NF04Rとの相性はばっちりでしたよ!

FOSTEX
https://www.fostex.jp/

Writer.IH富田

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年11月15日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company