閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM 2016

制作機材の最新動向がここに。現地アナハイムからの熱狂レポート、会場の空気を切り取る動画レポートも多数!

15
Jan.2016
製品情報
  • HOME
  • 製品情報
  • 直前レポート
  • NAMM2016 KORG minilogue を発表!まるでデジタルシンセのように簡単操作の4ボイス・ポリフォニック・アナログ・シンセサイザー!

NAMM2016 KORG minilogue を発表!まるでデジタルシンセのように簡単操作の4ボイス・ポリフォニック・アナログ・シンセサイザー!

6_minilogue_image

KORGから4ボイス・ポリフォニック・アナログ・シンセサイザー minilogue(ミニローグ)が登場します!

国内メーカーとしては早いうちからアナログシンセブームに乗っていたKORGでしたが、これまではガジェット系のシンセのみのリリースでした。minilogueはフルサイズ37鍵盤を搭載した本格的アナログシンセとして、NAMM 2016会場でも話題となるでしょう。

1_minilogue_top_re

構成は2VCO、1VCF、2EG、1VCA、1LFO。オシレーターの倍音を形成するminilogue独自のウェーブ・シェイプに、クロス・モジュレーション/オシレーター・シンク/リング・モジュレーターという強力なモジュレーションの数々。そしてハイパス・フィルターを組み合わせたディレイ。力強いサウンドとその豊かなバリエーションは、まさに本物のアナログ・シンセサイザーの証です。

10_minilogue_voice-mode

KORGがminilogueに新たに開発したアナログ回路は基本的な減算方式のアナログシンセシスはボイスモードを切り換えることで柔軟な音作りや演奏に応えることができます。

8つのボイス・モード
– POLY … 4ボイスのポリ・シンセとして動作。
– DUO … ユニゾン2ボイスのポリ・シンセとして動作。
– UNISON … すべてユニゾンのモノ・シンセとして動作。
– MONO … サブ・オシレーター付きモノ・シンセとして動作。
– CHORD … コードを発音。 – DELAY … ボイス2〜4はボイス1から順に遅延して発音。
– ARP … 最大4音のアルペジエーターが動作。 – SIDE CHAIN … 発音時、直前のボイスの音量を下げる。
9_minilogue_Program

そして自ら作ったサウンドは200までメモリーが可能。プログラムとしていつでもリコールが可能です。(工場出荷時は100のプリセットが入っています!)

各ボイスモードの詳細やプリセット名のほか様々なステイタスの確認には有機ELディスプレイが使われます。ここを見ながらデータノブを回してパラメーターを変えていきます。まるでデジタルシンセのような使い心地で本物のアナログサウンドが楽しめるという、KORGらしいシンセサイザーですね。

この他オートメーション可能な搭載された16ステップのポリフォニックシーケンサーのフレーズも搭載しているのも大きなポイントでしょう。

12_minilogue_Oscilloscope

続いて、シンセフリークがニヤリとする仕掛けもKORGは忘れていません。有機ELディスプレイはオシロスコープにもなります。リアルタイムで演奏中の音の波形を視覚的に捉えることができるのです!オシロスコープは音作りの目安としてイメージが掴みやすくなるほか、初心者のエデュケーションに使えたり、演奏時に気持が高ぶったり所有欲を満たすという大切なファクターにもなるでしょう。

4_minilogue_slant-rear

所有欲を満たすといえば、鋭角なイメージのアルミ筐体の背面にはまさかの木製パネルがあしらわれています。真のオシャレは見えないところにするという、まさにのオトナな意匠ですね。

8_minilogue_sync2

スタンダードなMIDI端子のほか、コルグのグルーヴ・マシンと手軽に接続できるシンク端子を装備。volcaシリーズやelectribe、SQ-1などのマシンと接続し、シーケンサーを同期再生してセッションが可能です。

公式webサイトには掲載されていませんが、情報筋の噂ではUSB経由でminilogueの各パラメーターのデータをCCでDAWに送れるということ。つまりDAWでオートメーションできるということですね。詳細はNAMM 2016で知ることはできるでしょうか?

プログラマブルであることやオシロスコープも兼ねたディスプレイとデータノブによるステイタス管理など。KORG minilogueは本来の「シンセサイズ」から遠ざかってしまったソフトシンセ世代、デジタルシンセ世代の若いユーザーにも本物のアナログシンセの音作りを伝える事ができる「妥協なしの本格派なのに簡単」という他には無い魅力を備えたアナログシンセだと言えるでしょう。NAMM 2016会場で実物に触れられることが楽しみでなりません!
※2016年1月下旬発売、価格は¥55,000前後というハイコストパフォーマンスさです。

minilogue 特徴

■ 新開発した 4 ボイスのアナログ・シンセサイザー回路。
■ フル・プログラマブル仕様で、200 のプログラムをメモリー可能。
■ 4 ボイスを柔軟に組み換えられるボイス・モード。
■ オートメーション可能な 16 ステップ・ポリフォニック・シーケンサー。
■ 波形を視覚的に表示するオシロスコープ機能。
■ アルミとウッドによるタフでスタイリッシュなボディ。
■ volca シリーズや electribe、SQ-1 などのマシンと接続し、同期再生可能。

KORG

 

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年1月15日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Nektar TechnologyのPanorama Tシリーズに、主要DAWユ…
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Cutting Edge 2020:SSL SSL 2+ / Audient e…
    新世代の定番候補のオーディオインターフェースを1on1で比較! コンソールメーカーの放つオーディオインターフェースを試してわかった事 この1年間、オーディオインターフェースは非常に実り豊かな時期を迎えています。RME/S [……
    Cutting Edge 2020:AVID S1
    動画で解説!Avid / S1の真髄に迫る!ROCK ON PRO清水の ”実際どうなんでShow!
    Cutting Edge 2020 : AUDIAIRE / ZENITHでジャ…
    ジャズのクロスオーバーとニューエイジミュージックをZENITHに演奏させてみました!!
    ACCUSONUS社 ERA 4 BUNDLEを使って動画のノイズを除去してみた…
    ERA 4シリーズの実力を実際に聞いて、ぜひご参考にしてください。
    KORG SV-2Sが発売!ステージ・ビンテージ・ピアノの新定義。
    優れた機能を追加!Rock oN限定の購入特典あり!
    Behringerが「MS-1-BK」「MS-1-BU」を発売!
    Rolandの名機SH-101をモデルにしたアナログ・シンセサイザーが発売!
    Moog Musicが25鍵盤のパラフォニック・アナログ・シンセサイザー「Sub…
    コンパクトなSubsequent 37のバリエーション・モデルが登場!
    ウイルス対策の強い味方!JASSCのMRC-ZEROでマイクロフォンの除菌消臭を…
    ウイルス対策にマイクロフォンの除菌消臭を!
    RMEの最新テクノロジーを凝縮したオーディオ・インターフェイス「Babyface…
    様々な機能が向上し、RMEの集大成とも呼べるオーディオ・インターフェイスに進化!
    iZotope Neutron 3 最速製品レビュー!「ミキシングは、新しい時代…
    MIXに新たな可能性をもたらしたNeutron!更なるアップデートをしたNeutron3の機能を徹底レビュー!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company