閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

19
Jul.2019
PRODUCT NEWS

Waves MercuryがRock oNなら ¥124,800 で手に入る!

20190719_waves_1390_856

今回ご紹介するのは現在過去最強にお得に手に入るWaves Mercuryをピックアップします。今購入すべきプラグインはまさに…これでしょう!

Waves
Mercury(Horizon + Mercury Upgrade from Horizon) ★Rock oN限定バンドル!
¥124,800
本体価格:¥115,556
1872ポイント還元
Waves
Mercury Upgrade from Horizon ★夏のバンドル & アップグレード・セール!
¥99,360
本体価格:¥92,000
1490ポイント還元
Waves
Mercury Upgrade from Horizon + Restoration + WLM + NLS ★夏のバンドル & アップグレード・セール!
¥74,520
本体価格:¥69,000
1118ポイント還元

さて、一体Waves Mercuryの何がすごいのか、Mercuryじゃなきゃダメな理由も兼ねて3つ紹介していきましょう。

それではまずは動画でWavesのプラグインを紹介をしていきたいと思います!

Waves Diamond、Horizonどっちか迷うくらいならMercuryを!

Mercury.001

さてまずズバリ紹介するのはWavesのモデリング系プラグインです!モデリングと言えばCLAの「CLA-76」、「CLA-3A」、JJPの「PuigChild Compressor」ですが、これらのプラグインはそれぞれのバンドルを購入、あるいはHorizonのバンドルを購入すればGETできます。しかし、HorizonのバンドルはPlatinumからの派生で、その枝分かれにDiamondのバンドルがあるのですが、DiamondにはX-Noiseとノイズ除去系のプラグインが充実しており、Platinumから一つ上にと考えた時、どちらを購入すべきか…と悩んでしまうかと思います。しかし、雑な案内ですが、どちらか悩むくらいならズバリMercuryにしてしまえば、これらが含まれるバンドルになるので、実は悩まなくても良い選択肢だったりします。

PD安田的にはこのHorizonに含まれるモデリング系のプラグインはオススメで、そうなるとHorizonでもかなり買っておきたいバンドルと思うのですが、先に紹介をしたシグネイチャー系も揃うし、Scheps Omni Channelの様な単独プラグインも揃うので、やはりMercuryを買うべきではないかなと思います。また別の視点ですが、もともとHorizonを持っている方や、それ以外のバンドルを持っている方で「Ver9」で止まってしまっている方は実はMercuryにアップグレードすると、もともと持っているライセンスがアップグレードされますので、WUPするくらいならいっそMercuryにするという選択肢もあります。

実際にモデリングプラグインに関しましては、動画でもピックアップして紹介をしておりますので、是非ご参考いただけましたらと思います!

JJP、CLA、Eddie kramer、Greg Wellsのシグネイチャープラグインがすごくいい!

signature.001

EQのQ10、COMPのC1などなど、個別にパラメーターをいじれるプラグインが豊富に入っているMercuryですが、シグネイチャー系のプラグインもほとんどが揃います。このプラグインは各エンジニアが使いやすい様に設計されており、さらに効果のわかりやすくなっているので非常にオススメのプラグインです。こんな良いシグネイチャー系のプラグインが揃うのはMercuryだけなので、一気に揃えるが目当てでもMercuryを導入する材料になるかと思います。

ちなみにPD安田はC1をこよなく愛しているのですが(アタックの反応の良さが非常によくスネアとかにかけています)シグネイチャーの場合はソース毎にプラグインが用意されており、例えばCLAのシグネイチャーシリーズのドラムを見てみるとCOMP、EQはもちろんReverbが備わっており、これだけでもだいぶ使い勝手が良くなっています。もちろん細く調整するなら先ほどのC1やQ10を使用すればいいのですが、まず初めに全体のサウンド傾向を決める際には素早く作っていけるので、これは全てのシグネイチャーを持っておきたいところですね。(個人的にCLAとGreg Wellsはすごい重宝しています)

Scheps Omni Channelの使い勝手がいい!

Scheps Omni Channel.001

比較的新しく発売しているScheps Omni Channelのプラグインですが、コンソールのように各チャンネルにインサートし、EQ,COMP,De-esser,Gateはもちろんのこと、PREのサチュレーションを3Type切り替えと、さらにWavesプラグインをこのScheps Omni Channel内でインサートも可能にする、非常にユニークなチャンネルストリッププラグインです。

そもそもこういうった1つのプラグインでいろんなタイプのパラメーターを操作できるプラグインは、Mixing作業に使用するはもちろんのこと、意外とテンプレ化しているセッションデータに対して、そのトラックの頭に入れておくと、モニタリングする上でも参考にしやすいのが特徴的です。いわゆるコンソールの様にそこでサウンドをあらかじめにまとめてあげるという使用方法がベストです。あと問題なるとすればレイテンシーの部分かと思いますが、もしLiveで使用したい方はImpact Serverを用いると、かなり良い環境を整えることができるでしょう!

Waves
Mercury(Horizon + Mercury Upgrade from Horizon) ★Rock oN限定バンドル!
¥124,800
本体価格:¥115,556
1872ポイント還元
Waves
Mercury Upgrade from Horizon ★夏のバンドル & アップグレード・セール!
¥99,360
本体価格:¥92,000
1490ポイント還元
Waves
Mercury Upgrade from Horizon + Restoration + WLM + NLS ★夏のバンドル & アップグレード・セール!
¥74,520
本体価格:¥69,000
1118ポイント還元

Writer. PD安田

    記事内に掲載されている価格は 2019年7月19日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月2…
    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月26日発売決定!
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    IK MultimediaのMODO DRUMを触ってみたぞ!
    IK Multimediaのドラム音源MODO DRUMを、PD安田が徹底レビュー!
    パッチによって多彩なシンセやエフェクト、サンプラーなどに変身できるミュージック・…
    パッチによって多彩なシンセやエフェクト、サンプラーなどに変身できるミュージックコンピューター!
    Avidが新コントロールサーフェス S1 と S4 を発表!
    AVIDより待望の新製品が発表されました。
    SOUND WARRIOR初のセミオープン型ヘッドホンSW-HP100発売!
    密閉型では実現が難しかった音の抜けの良さ、自然な再生音を実現!
    Teenage Engineering OP-Zでサンプリングが可能に!ファーム…
    サンプリングのほか、USBでオーディオを直接取り込めるオーディオインターフェース機能も追加!
    Seaboard/BLOCKシリーズなど、ROLI製品の取り扱いを再開!
    Seaboard/BLOCKシリーズなど革新的なROLIの製品ラインナップを紹介!
    Naitive Instrumentsが、ついにMASSIVE Xリリース!
    次の10年のサウンドを見据えて開発されたMASSIVEの後継バージョン!
    SONYがハイレゾに対応したスタジオモニターヘッドホン『MDR-M1ST』を発表…
    再生周波数帯域5-80,000Hz!新時代を担うハイレゾ対応のスタジオモニターヘッドホンが登場!
    エンジニアの両手を解放するハーネス!GiG GearのTwo Hand Touc…
    ライブ会場でiPadやタブレットを使用時に、エンジニアの両手を解放するハーネスが登場!
    幅1.2mの大画面!LGエレクトロニクス・ジャパンの超ワイドモニター「49WL9…
    アスペクト比32:9のウルトラワイドモニターが、より快適なデスクトップ作業を実現!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company