閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2019

19
Oct.2019
Rock oN

AES2019 DAY3 : ダイジェスト2

373A2168re

話題の製品が多数展示されたAES NY 2019。まだまだお伝えしたいブース展示がありますので、ダイジェストでご紹介します!

Amphion

_1480627re

世界中のエンジニアに愛されるモニタースピーカーのメーカーAmphionが、新しい製品を発表しました。それがAmp700というスピーカーアンプです。残念ながら諸事情により、今回実物が会場にまだ到着していません。もしかしたらInterbeeで見ることができるかもしれない、とスタッフさんが苦笑いしながらおっしゃっていました。

_1480629re

このAmp700は今までのAmp500とはいったいどこが違うかというと、音を忠実に再現するパッシブ・スピーカーとして知られているAmphionですが、このAmp700ではあえてその音に対する忠実性を強調せず長時間作業できるよう洗練した音が出せるように設計しました。

スタッフによると今までのAmphionのアンプは音の忠実性あまりにも高すぎて、実際に人々が完成品を聞く時の環境とかなりかけ離れている印象があったので、今回のアンプではそれを避けるための設計をしたということです。

Amphion
https://amphion.fi/create/

Zynaptiq

_1480611re

ZynaptiqはINTENSITYをはじめこれからオーディオプロダクションで活躍できるプラグインの使い方などをライブデモンストレーションを通じて詳しく解説していました。

INTENSITYはミキシング・マスタリング・サウンドデザイン用のプロセッサーですが、マシンラーニングの顔認識アルゴリズムで作られたソフトになります。

EQやコンプとは全く違う種類のプロセッサーで、たった二つのノブでトラック中の各サウンドをより密度が高く、よりクリアな音にしてくれます。EDMだけではなくさまざまなジャンルで活躍できそうなプラグインです!

Zynaptiq
https://www.zynaptiq.com/

Sound Radix

_1480625re

Sound Radixがイチオシのプラグインは、こちらのAUTO-ALIGN POSTです。

ポストプロダクションに特化したプラグインで、これは複数のマイクで録ったオーディオファイルの位相を一瞬で整えるツールです。

例えば俳優やタレントの服に付けるピンマイクとブームマイクの二つのファイルをAUTO-ALIGN POSTに入れて、たったの一つのクリックで位相問題が全て解決してくれるという素晴らしいツールです。

_1480626re

Sound Radix
https://www.soundradix.com/products/auto-align-post/

AEA

_1480636re

リボンマイクで有名なAEA。今回のAESで展示したのはKU5Aというコンパクトなリボンマイクです。

_1480632re

これは普通のリボンマイクとは違って、指向性はスーパーカーディオイドで、ボーカルなどを収録するとき、他の楽器や部屋の残響に影響されにくい仕様になっています。またこのKU5Aを使うとより繊細な音とよりフラットな音が録れて、スムーズで暖かいサウンドが得られます。

AEA
https://www.aearibbonmics.com/

CB Elecronics

CB Elecronicsも新製品を展示していました。それがこちらのXPatch-32 CONTROL SOFTWAREです。

_1480634re

XPatch-32は32×32のアナログ機材のルーティングパッチベイで、CONTROL SOFTWAREを使えばアナログ機材のルーティングをデジタルのアプローチで簡単にコントロールでき、MatrixビューとPathsビューの2種類の画面で切り替えれば、ルーティングを直感的に自由自在に変えます。

しかもそのまま画面の中でレベルを調節できて、いろんな場面で活用できるツールです。

CB Elecronics
https://www.cbelectronics.co.uk/

WEDGE FORCE

_1480622re

まだまだ日本に知られていないシンセギターメーカーのWEDGE FORCEですが、今回のAESではつい先週に発売された新しいヘビーメタル用のシンセギター音源を展示しました。その名は「MATCHA」!ちなみに前作は「EARL GREY」と呼ばれ、シンセギターにお茶の名前をつけるのはなかり新鮮で覚えやすいではないかと思います。

_1480620re

実はこちらのMATCHAはただのサンプリングギター音源ではなく、サンプリングした音をアルゴリズムで計算し、いろんなパラメーターを操作することによって高度な自由度を持つギター音源になります。

基本的な使い方は、MIDIキーボードに必要なパラメーターをアサインし、ミュートをMIDIペダルでON・OFFをコントロールしながらキーボードで打ち込むと、かなり自然な音が流れます。もちろんピアノロールに打ち込んで、オートメーションで書くことも可能です。

WEDGE FORCE
https://www.wedgeforce.com/

Writer. Angela Shu

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年10月19日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

ブラックフライデー2019
制作のスパイスになる情報をRockoNがあなたの代わりに集めます!
Waldorfが「ストリングス」「シンセサイザー」「ボコーダー」の機能を持ったキ…
現代的なインターフェースとヴィンテージサウンドを持つシンセサイザー / ボコーダー登場!
アル・シュミット氏による SDX-DECADES を使って TOTOのロザーナを…
TOTO の Jeff Porcaro がレコーディングに使用したスネアでロザーナを再現!動画をお楽しみください!
interBEE 2019:Roland
Rolandは映像機器を目的ごとにシステムを組んで展示!
Universal AudioのUAD-2 OCTO Ultimate 8が登場…
Universal Audioの最大パワーを誇るDSPプラグインシステムで数多くのプラグインライセンスを含むパッケージのリニューアル版UAD-2 OCTO Ultimate 8を発表しました! UAD-2はビンテージアナ [……
Antelope Audioの対象製品購入でAuto-Tune Synergy …
Auto-Tune Synergy とモデリングマイクがもらえる!11月25日まで!
Universal Audio「デスクトップインターフェイス」プロモーション開始…
12/31まで最大$1,298相当のプラグインを無償提供!
interBEE 2019:MIDAS
MIDASからはデジタルコンソール HD96-24が新登場。人間工学に基づいたUIデザインと「AIアシスト機能」の先進性!
Steinberg Cubase 10.5 発表!より快適な制作が可能なDAWへ…
ユーザー目線のアップデートで、より快適な制作が可能なDAWへと進化した10.5の新機能をご紹介!
MOTUからUSB Type-C接続オーディオI/F 、M2とM4の2機種発表!…
音質で勝負しようというMOTUの意気込みが感じられる、ESS Sabre32 Ultra™DAC搭載I/Fの登場!
GENELECがスタジオモニターThe Onesの新製品8351B、8361A、…
ニアフィールドからマスタリングやメイン・モニターとして無色透明で中立なリファレンス・モニタリングを実現!
イマーシブ制作環境に対応したハイエンドDAW「Sequoia 15」発売!
ハイエンドDAWであるSequoiaの最新モデル「Sequoia15」が発表されました。 Sequoiaはハイエンド仕様のDAWで、音楽制作、放送、ポスプロ、マスタリングに特化したソリューションです。サンプル単位での精密 [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company