閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
商品情報
11
Mar.2020
商品情報

Cutting Edge 2020 : Waldorf KYRAで音の壁を作ってみた!!

20200311_cuttingedge_waldorf_1390_856

Waldorf からまたもや強力なハードシンセが爆誕!

kyra-1

2018年のMusikmesseで発表されたFPGAベースのデジタル・シンセサイザー、Exodus Digital Valkyrie。そのサウンドに惚れ込んだWaldorfのCEO、Joachim FlorがExodus Digitalにコラボレーションを持ちかけ、Waldorfブランドとして発売されることになったKYRA。そして2020年、最大8パート/128ボイスを同時に使用できる史上最もパワフルなバーチャル・アナログ・シンセサイザーがついに誕生しました! Rock oN 店頭に展示されましたので、早速SCFED IBEがチェックしてみました!

Waldorf
KYRA ★d+ TRS class B 2.0m ケーブルプレゼント!
¥247,999
本体価格:¥225,454
3720ポイント還元

デモ音源を動画で作成しましたので、記事後半までどうぞお楽しみ下さい!

史上最もパワフルなバーチャル・アナログ・シンセサイザー

KYRA(カイラ)は最大8パートを同時に使用できる、史上最もパワフルなバーチャル・アナログ・シンセサイザーです。真のマルチティンバー・シンセサイザーとして、パートごとに最大32ボイス/全体で最大128ボイスを同時に使用でき、それぞれのパートを完全に独立した「1台のシンセサイザー」として使用できます。パワフルなオシレーターやフィルター、EG, LFO, モジュレーション・マトリクスなどのモジュレーターは8パートすべてで同時に使用でき、従来のバーチャル・アナログ・シンセやソフトウェア・シンセのように本体の処理能力や CPU 負荷といった煩わしい概念を気にする必要は一切ありません。
KYRA には「マスター・エフェクト」という概念は存在せず、パワフルな9種類のエフェクトはパートごと独立して搭載しており、その全てを同時に使用できます。

これまでのバーチャル・アナログ・シンセの常識を覆す
驚異のウルトラ・パワーの源「FPGA テクノロジー」

kyra-02

FPGAといえば、Antelope Audioのオーディオインターフェースに搭載されている事でご存知の方も多いかと思いますが、KYRA はFPGA テクノロジーを全面的に使用した、世界で初めてのプロフェッショナル・シンセサイザーで、従来のバーチャル・アナログ・シンセサイザーとは根本から異なる動作原理により高いパフォーマンスを誇ります。
FPGA とは (Field Programmable Gate Array)の略。多くのコンピューターで使用される CPU のような「集積回路」ですが、 FPGA の動作原理は根本から大きく異なり、高い柔軟性と効率、低いレイテンシーと低消費電力を特徴とします。

CPU を使用したパワフルなハイエンド・コンピューターは生の処理能力を発揮する代わりに起動の遅さ、オペレーティング・システムの信頼性、発熱など多くの問題を抱えています。KYRA は同様の処理能力を持ちながらもたった4秒以内に起動し、消費電力は10ワット未満で冷却用のファン無しで動作します。一般的なハイエンド・コンピューターと比較すると数十分の1の電力で動作し、そして熱暴走の心配がありません。

このテクノロジーがもたらすもう一つの利点は「信頼性」です。オーディオの生成、フィルタリング、およびその他の処理は全て1つのチップで実行されるので、構成する部品の数が少なくなります。部品の数が少ないということは故障の原因が減ることに繋がるため、ハードウェア・シンセサイザーとしてより高い信頼性を獲得しています。

オーディオ・インターフェースを内蔵し、USB ケーブル1本で実現する DAW とのインテグレーション

kyra_rear-1

KYRA は高品質なオーディオ・インターフェースを内蔵しています。USB2.0 接続を経由してコンピューターへ接続し、KYRA の8パートをそれぞれスタジオ品質のステレオ96kHz 24ビットオーディオで DAW のオーディオ・トラックへ入力することが可能です。また DAW のオーディオ・トラックやソフトウェア・インストゥルメントのサウンドを KYRA で再生することもできます。もちろん USB MIDI も使用できるので、オーディオと同時に DAW でプログラムした MIDI 情報が KYRA へ送られます。KYRA には大掛かりなマルチチャンネル・オーディオ・インターフェースや、かさ張るマルチ・オーディオ・ケーブルは一切必要ありません。USB ケーブル1本だけで DAW とのインテグレーションを実現します。外部エフェクターやアウトボードでのエディットが必要な場合は、4系統のバランス・アナログ・オーディオ出力を使用できます。もちろんアナログ出力に関しても高いスタジオ・クオリティを誇ります。

KYRAサウンドを生み出すオシレーター、フィルター、モジュレーション

kyra_main

ボイスごとに2つのオシレーター・グループが用意されています。それぞれベーシックなシンセ波形と18ビット・リニア PCM の4096種類にも及ぶウェーブテーブル波形を使用でき、オシレーター・グループ間でハードシンク、リング・モジュレーション、FM が可能です。

  • SAW : ノコギリ波
  • WAVE : 32倍オーバーサンプリングされた4096種類以上のウェーブテーブル波形(18ビット・リニア PCM シングルサイクルの 32倍オーバーサンプリング)
  • PULSE : パルス波
  • ノイズ

2つのオシレーター・グループにはそれぞれ4種類の波形から選択できるサブオシレーターを搭載。オクターブで重ねて低音を強化したり、メインのオシレーターと近いチューニングにして量感を足すことができます。

膨大なバリエーションの波形を内蔵するオシレーター圧倒的な存在感のサウンドを生み出す Hypersaw モード


Hypersaw モードを使用すると2基のオシレーター・グループは6個のノコギリ波で構成される1つのサウンドソースに切り替わります。特別なアルゴリズムによりチューニングされたこのモードは、強烈なリードサウンドから濃密なアニメーションのパッドサウンドまで「バーチャル・アナログ・シンセ」を象徴するサウンドを生み出します。さらに Dual モードを選択すると Hypersaw アルゴリズムが2倍になり、合計12基のノコギリ波とステレオで動作する2基のフィルターによる真のステレオ・パスが構成され、更に強力なサウンドになります。

多彩なフィルター・タイプを搭載。ステレオ・サウンドに最適なデュアル・フィルター・モード


目的のサウンドを生み出すためには柔軟なフィルターが必要です。KYRA には多彩なフィルター・タイプが用意されており、ユーザーの多様なリクエストに応えることができます。

・2-pole (12dB/octave)
・Low pass (12dB LP)
・Band pass (12dB BP)
・High pass (12dB HP)
・4-pole (24dB/octave)
・Low pass (24dB LP)
・Band pass (24dB BP)

さらにデュアル・フィルター・モードに切り替えるとシグナルパスが変更され、デュアル・パラレル・フィルターによるステレオ・サウンドを構築できます。特に左右で位相が異なる「ステレオ LFO」でデュアル・フィルターをコントロールすると、広がりと奥行きのあるステレオ・サウンドを作成できます。

モジュレーション


adsr
ADSR タイプのエンベロープを3基搭載

高速なレスポンスを誇るエンベロープは、最も使いやすい ADSR タイプのエンベロープを3基搭載しています。1基は VCA 用、1基は VCF 用、1基は任意のパラメーターへ自由に割り当て可能です。

mod_mtrx
モジュレーション・マトリクス

モジュレーション・マトリクスは、34ソース 82デスティネーションを扱えるスロットが6系統用意されています。1スロットにつき1つのソースに対し最大3つのデスティネーションを設定して使用できます。

lfo

ポリフォニックでも使用できる128種類の LFO 波形。デュアル・モード時に使用できる強力な「ステレオ LFO」

LFO はサイン波、三角波、矩形波、サンプル & ホールドなどベーシックな波形から複雑な波形まで128種類の波形を選んで使用できます。KYRA の LFO は動作モードを設定することができます。単一の LFO が動作するモノフォニック、演奏されるノートごとに LFO が動作するポリフォニック、演奏されるノートごとにランダムなフェーズから動作するランダムを選択できます。

デュアル・モード時にはさらに「ステレオ LFO」のデュアル・アンチフェーズ・モードとデュアル・クアドラチャー・モードが選択できます。それぞれ LFO の位相が左右で180度、90度ずれて動作するため、ステレオ効果を最大限に発揮させるのに効果的なモードです。

arp
アルペジエーター

アルペジエーターは8つのパートそれぞれに用意されています。アップ、ダウン、ランダム、コードモードと、本体内に用意された128種類のリズム・パターンを組み合わせることで、バリエーション豊かなアルペジオ・フレーズを生み出します。アルペジエーターは主にライヴ・パフォーマンス向けに設計されていますが、作曲の際にもインスピレーションを与えてくれる強力なツールです。

128パッチ x 26バンク、合計3,328種類の膨大なサウンドを保存可能

kyra-preset

1つのバンクにつき128パッチ、26バンク(Bank A から Bank Z)、合計3,328種類もの膨大なサウンドを保存可能です。そのうち Bank A から Bank G までの 7 バンクはセーブとロードが可能なユーザーパッチ・エリア、残りの Bank H から Bank Z までの 19 バンクはロードのみが可能なプリセット・エリア。プリセット・エリアにはユーザーが作成したパッチを直接保存することはできませんが、ROM から RAM へはパッチを自由にコピーできるので、全てのプリセットはユーザーがエディットできます。MIDI プログラム・チェンジとバンク・セレクトを使用すれば DAW や外部のコントローラーからパッチを呼び出すことも可能です。

即戦力のプリセットも多数内蔵。バーチャル・アナログ・シンセにおいて伝統的なユニゾンリード、パッド、重厚なベースサウンド、カラフルなアルペジオ・シーケンスから、最新の EDM にも対応できる膨大な数のサウンドが用意されています。

8つのパートは柔軟にレイヤーやスプリットを組むことができるので、複数のパートを同時に使用すると奥深く重厚で、複雑な変化に富んだテクスチャを持つサウンドも自由に生み出せます。実際に8パートをレイヤーして重厚なパッドを作った動画デモを用意しましたのでぜひご参考にしてください!

Wall of Sound – 音の壁を築き上げる市場最強のバーチャル・アナログ・ビースト

KYRAのキャッチフレーズ「Wall of Sound – 音の壁」。驚異的な処理能力で、多数のオシレーター、ボイス、エフェクト、8つのパートを同時に使用して生み出されるそのインパクトのあるサウンドは、ミュージシャンとプロデューサーそしてリスナーを包み込む巨大な音の壁です。

音の壁、、よくギターの音の壁とか言いますが、シンセサイザーの壁とは一体、、。本当にシンセで壁を作れるのか、試しに8つのパートを同時に鳴らして音の壁を作ってみました。KYRAからUSB経由でDAWに録音した2mixに iZotope Insight2 プラグインを挿して、Spectrogramでサウンド周波数分布(画面右側)が確認できます。デモ音源後半部 3分11秒〜音の壁を表現していますのでご覧ください。(下の動画を再生すると3分11秒〜再生されます)


8音色をレイヤーした情報量が圧倒的で、高密度な音の壁が空間いっぱいに広がっています。Spectrogramを見ると、音がゆらぐ山と谷が大量に生まれているのがわかります。波形と波形が重なり合って新たな波形が見えてくる「音のモワレ」も、こういったサウンドの醍醐味です。

音の空間を埋める時に見落としがちなのが「センター」部分。ステレオで広がる音は派手でインパクトがあり空間全体が埋まったように感じるのですが、パンスプレッドが広がるとセンター成分が薄くなります。そこで、完全モノのパートをセンターに配置する事でセンターに重力が生まれます。動画の中では左右の広がりが確認できるリサージュ・メーターが表示されていますので、そちらもチェックしてみて下さい。PADがセンターだけになったとき水墨画のようなモノトーンが突如現れ、それまでカラフルだった世界との対比にゾクゾクします!

音空間を埋める詰め物=PAD として、これまでPADサウンドは楽曲の背景をさりげなく埋める存在でした。しかしKYRAの登場によりPADが主役となる時代が到来しました。

KYRAのプリセット音色を大量フィーチャー

合計3,328種類の膨大なサウンドを保存可能なKyra。ロードのみ可能なプリセット・エリアは Bank H から Bank Z までの 19 バンク、2432音色がメーカー提供のプリセットという事になります。音色プログラムは Acid、Bass、Arpeggio、EDM&Dubstep、FX、Percussionといった19種類のカテゴリーに登録する事が出来るので、カテゴリーフィルターを使って欲しい音色を素早く見つける事が可能です。Kyraを触ってまず試して頂きたいのが、カテゴリーを選んだ状態でプリセットをどんどん聴いてみる事です。例えばベースカテゴリーにしておいてプリセットを次々と変えていくと、Kyraでどんなベースサウンドが表現出来るのかイメージが膨らみます。

デモ曲では、なるべく多くのプリセット音色が聞けるように詰め込み、終盤で音の壁に突入します。SCFED IBEとしましては、KyraはPADを作らせたら地球最強シンセなのではないかと思いました。「このシンセは何が得意ですか?」と聞かれたら間違いなく「PADの壁です!」と即答したいと思います。

史上最もパワフルなバーチャル・アナログ・シンセサイザー Kyra は、シンセマニアにとっては見過ごせない要チェックシンセです。Rock oN店頭に現在展示しておりますので、ぜひヘッドホンでそのサウンドを聴いて下さい!
Waldorf
KYRA ★d+ TRS class B 2.0m ケーブルプレゼント!
¥247,999
本体価格:¥225,454
3720ポイント還元

20200311_130430

記事内に掲載されている価格は 2020年3月11日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Erica Synth スタンドアロン・インストゥルメントシリーズ取り扱い開始!
サウンド、外見、機能面で一線を画するErica Synth。モジュールの取り扱いを開始いたしました。
Universal Audio / LUNA 無料ダウンロード開始!!
Universal Audio の LUNA RECORDING SYSTEM がついにリリース!!
ライブ配信に対応、USBディスク収録が可能な放送品質スイッチャーATEM Min…
YouTube Liveにも直接ストリーミング可能!さらにマルチビューも搭載!
SuperRack + Dugan Complete Engineが発売!
あらゆるデジタルミキサーにアタッチ可能なDuganオートミキサーのSoundGridエンジンが登場!
Universal AudioのApolloデスクトップ各製品を対象にした“De…
対象製品にApollo Twin MkII QUADも追加!最大$1,095相当のバリュー!
Steinberg AXR4 買い増しキャンペーンがスタート!
JCBギフトカードをプレゼントするキャンペーンがスタート!
GRACE Designが「We’re All In This Together…
対象製品購入でカードやソフトケースなどがもらえる!
IK Multimedia UNO Synth/UNO Drumが30% OFF…
ダブルでお得な「UNO Double Upプロモーション」開始!
期間延長!Synthogy「Ivory II Grand Pianos 」が¥3…
世界最高クラスのグランドピアノ3台を細部まで収録した音源が4月30日まで期間限定特価!
全てのクリエイターを応援!Studio One4が数量限定で30%OFFに!
PreSonusが全てのクリエイターを応援すべくDAW「Studio One4」を数量限定で30%OFFにて発売!
Antelope AudioのSynergy Coreに、新しく5つのボーカルエ…
Antelope Audio本国サイトでSynergy Coreに、新しいエフェクト追加を発表!
AUDIONAMIX XTRAX STEMSで2mixを4パートに自動分解して、…
2mix波形しかなくても、簡単にハイクオリティなミックスに生まれ変わる!?
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company