閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
ANTENNA

HOTなクリエイターが求める最新情報をキャッチアップ。MUSIC・ART・文化、店舗情報まで盛り沢山

01
Mar.2019
ANTENNA
  • HOME
  • ANTENNA
  • CUTTING EDGE 2019:reProducer Audio / Epic 5

CUTTING EDGE 2019:reProducer Audio / Epic 5

cutting_edge_epic5

reProducer Audio 社が3年かけて開発したスピーカー「Epic 5」とは?

reProducer Audio 社は、ドイツ南西部ブライザハにある United Minorities 社のCEO、Attila Czirjak(アティラ・サージェック)によって2015年に設立されました。United Minorities は20年にわたってドイツやスイスのコンサートホールのサウンドシステムおよび音響デザインを行ってきた会社であり、ヨーロッパの有名プロデューサーやサウンドエンジニアたちに愛用されるスピーカー、アンプ、マイクなどのカスタムメイドも手掛けています。

reProducer 初の製品となる Epic 5 は今日のスタジオにおけるスタンダードモニターになることを目指し、3年をかけ開発されました。正確なサウンドと美しいデザイン、そしてリーズナブルな価格設定と、現代のプロジェクトスタジオやプロデューサーにとってベストな選択肢のひとつとなるでしょう。

Epic 5 のコンセプト

epic5-image-6

reProducer は可能な限り正確なサウンド・パフォーマンスを得るべく、ドライバー、パッシブラジエーター、アンプ、そしてハウジングなど、すべての関連部品を自社開発しています。

Epic 5 はプロフェッショナルなワークフローの中でより早く確実に決定を下せるよう、フラットな周波数特性、全周波数帯域における速いトランジェントレスポンス、広大で自然なダイナミックレンジ、そして低ノイズと低歪みに至る、「正しいサウンド」をもたらすためのあらゆる条件を備えています。

例えば、すべてのドライバーがアルミニウム製となっています – ツイータードーム、ウーファー、パッシブラジエーターコーンまでが同じアルミニウム素材となっているため、すべてのドライバーで同様の速いトランジェントレスポンスが得られます。

モニター前面部の傾斜はドライバー間の精密な時間差調整のためのデザインであり、これによってより正しいサウンドをモニターできるようになっています。

reProducer Audio社 マイク・リーさんから日本の皆様へご挨拶

reProducer Audioの製品哲学

「新製品を作る際の目標、それは正しいサウンドと品位を具現化することでした。特定の部分に集中したり何か技術的なディテールに執着するよりも、優れた設計と美しいデザインを同時に盛り込み、それをリーズナブルな価格で提供するというのはどうだろうと考えたのです – 皆のための理想的な産業デザインとして、ですね。

フラットでリニアな特性については、考慮しなければならない点が多々あります。実のところこれは難しいものではなく、DSPと測定システムで自動化することもできるでしょう – しかしこれは2次元的なアプローチと言えます。非常に基本的なアプローチではあるのですが、単に理想的なポジションで “パワーと周波数の関連性” を測定したものに過ぎません。正しく働くスピーカーを作るためには、パワーと周波数はもちろんのこと、時間差、倍音など、さまざまな要素を3次元の世界において考慮していかなければならないのです。」

epic5_listen

音を聞いてまず感じた事は、パワードスピーカーでありながらパッシブスピーカーのようなナチュラルさです。前に押し出して来るサウンドではなく、「そこで鳴っている」という感覚です。低域も充分再生していますが、音圧の高いクラブ系よりもアコースティック系やオーケストラと相性が良いと思います。

matsumotosan

ZeeQ Co.,LTD.代表の松本靖雄さんのコメント

「スイートスポットが広く、スピーカーから離れた場所でも音像が大きく崩れないのと、ボリュームが小さい時と大きい時のバランスも崩れにくい。Epic 5の価格はペアで15万円(税抜)ですが、サウンドのクオリティは20〜30万円のスピーカーに匹敵する優れたコストパフォーマンスだと思います」との事でした!

店頭でぜひお試しください!

epic5_tryout

Rock oN店頭のリファレンススタジオにて常時展示しておりますので、ぜひEpic5のサウンドを聞いてみて下さい。現在発売記念として5ペア限定ポイント10%キャンペーン中ですよ!

reProducer Audio
Epic 5
¥165,000
本体価格:¥150,000
2475ポイント還元

楽器や機材の使い方をもっと知りたい! →店頭やお電話でスタッフが丁寧にサポートします。

  • 登録、インストール、セットアップのお手伝い
  • ソフトウェアの運用/習得のお手伝い
  • お客様が使用中の既存システム、機材、ソフトウェアに関するご相談
  • システム改善のご提案
  • その他、質問、ご相談はお問い合わせください

Rock oN Staff IDスタート!eStore購入でもおなじみの店頭スタッフがサポート!

店頭担当スタッフがeStore購入でも一貫してサポート可能になりました! 購入時にカート画面から担当スタッフIDを選ぶだけ!

例えば急ぎの購入や、馴染みのスタッフがお休みだったときも、eStore購入時に担当スタッフを選ぶだけで、いつもの担当スタッフによるアフターサポートが可能です。ぜひスタッフID入力をご利用ください。

    記事内に掲載されている価格は 2019年3月1日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    エンジニア 杉山勇司氏に聞くAudiomoversを使ったミックスチェックフロー
    レコーディング・エンジニア 杉山 勇司さんによる「Audiomoversを使ったミックスチェックフロー」
    Ableton公式サイトで「Made In Ableton Live」公開!
    9人のアーティストがLiveを使った制作工程を紹介!
    R.O.B.(Rock oN Broadcasting)スタート!
    クリエイターを刺激するチャンネルが始動、音楽/映像制作に関わるディープな番組が目白押し!
    「オノ セイゲン氏に聞くDSDの今とこれから」 ~KORG 1bit USB-…
    「オノ セイゲン氏に聞くDSDの今とこれから」 ~KORG 1bit USB-DAC/ADC+ PREAMP 「Nu I」インプレッション~
    Sonnet Technologiesが「Solo5G USB 3 to 5 G…
    USB3.0接続の5ギガビットLANアダプタを発表!
    Rock oN AWARD 2020 座談会
    AWARD受賞を逃した製品たちも、座談会で評価されているその裏側をご覧ください!!
    Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
    Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
    「MusicRadar」が2019年の優秀製品を発表!
    昨年発売された製品で最も評価が高いのは?
    iZotopeが11月7日に業界初のポストプロダクションのテクノロジーを紹介!
    iZotopeがメールマガジンにて、11月7日(木)午後7時からライブストリームを介して、業界初のポストプロダクションに関するテクノロジーを紹介するという発表がありました。 当日はサウンドデザイナーで編集者のDoug M [……
    Antelope AudioよりDSPとFPGAを活用したAuto-Tune S…
    Antelope Audioの本国サイトにてAntalesとの協力によって、Antelope Synergy CoreやEdge GoマイクでCPU負荷をかけずにリアルタイムのピッチ補正やボーカルエフェクトを可能にするA [……
    Ableton主催イベント「Loop 2020」チケット登録受付開始!
    トーク、パフォーマンス、および実地体験型ワークショップを実施!刺激的な音楽イベントがベルリンで開催!
    【Antelope Audio主催】Next the 3rd Generatio…
    Next the 3rd Generation with Studio Parasight Antelope Audio インターフェイスを導入決定したスタジオでは、なぜ Antelope Audio インターフェイスが [……
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company