閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
商品情報
21
Feb.2020
商品情報
  • HOME
  • 商品情報
  • 特価情報
  • 【Rock oN 大決算SALE 番外編その2】Waves最高峰バンドルMercuryが異次元の過去最安値!!数量限定

【Rock oN 大決算SALE 番外編その2】Waves最高峰バンドルMercuryが異次元の過去最安値!!数量限定

20200221_waves_1390_856
大決算SALEに緊急追加その2!Waves最高峰バンドルが異次元の過去最安値で手に入る!!


Waves Mercury

10セット限定¥99,800税込


Waves
Mercury(Horizon + Mercury Upgrade from Horizon) ★空前絶後バンドル!!
¥99,800
本体価格:¥90,727
0ポイント還元

24回無金利ローンなら初月¥5,500、2回目以降の月々のお支払い¥4,100でOK。又はRock oNでのクレジットカード払いならキャッシュレス5%還元!

キャッシュレス5%還元の詳細はこちら

10セット限定となりますので、売り切れの際はご容赦ください。

Waves Mercury:
172の優れたプラグインと400を超えるコンポーネント、製品ラインナップのほとんどを網羅するWaves最高峰バンドル

mercury_list

EQ、コンプレッサー、リバーブ、ディレイ、マルチマキシマイザー、ノイズリダクション、ギターアンプ/エフェクト、ボーカル・ピッチプロセッサー、ピッチシフト/タイムシフト、サラウンド・プロセッサーから、名機と呼ばれるアナログコンソールから、アウトボードのモデリングまで。Mercuryには、世界中のスタジオで必須となったWavesプラグイン、そのラインナップのほとんどを網羅するソフトウェア製品群を収録しています。

Wavesプラグインの実力は世界中のTopエンジニアのお墨付き。プライベートから商用スタジオまで業界トップクラスの普及率の高さを誇ります。定番化されたプラグインを使う強みといえば、誰もがどこでもほぼ同じ環境で作業でき、そしてそのノウハウを共有できることです。自宅でも出先のスタジオでもそこにはWavesプラグインがセットアップされています。

Rock oNスタッフ PD安田がオススメする Waves Mercury

(PD安田がお勧めするWaves Mercury!記事より抜粋)みなさんこんにちは、お元気ですか?PD安田です。今回ご紹介するのは現在過去最強にお得に手に入るWaves Mercuryをピックアップします。今購入すべきプラグインはまさに…これでしょう!さて、一体Waves Mercuryの何がすごいのか、PD安田がお気に入りのプラグイン(Mercuryじゃなきゃダメな理由も兼ねて)を3つ紹介していきましょう。それではまずは動画でWavesのプラグインをPD安田なりに紹介をしていきたいと思います!

Waves Diamond、Horizonどっちか迷うくらいならMercuryを!

さてまずズバリ紹介するのはWavesのモデリング系プラグインです!モデリングと言えばCLAの「CLA-76」、「CLA-3A」、JJPの「PuigChild Compressor」ですが、これらのプラグインはそれぞれのバンドルを購入、あるいはHorizonのバンドルを購入すればGETできます。しかし、HorizonのバンドルはPlatinumからの派生で、その枝分かれにDiamondのバンドルがあるのですが、DiamondにはX-Noiseとノイズ除去系のプラグインが充実しており、Platinumから一つ上にと考えた時、どちらを購入すべきか…と悩んでしまうかと思います。しかし、雑な案内ですが、どちらか悩むくらいならズバリMercuryにしてしまえば、これらが含まれるバンドルになるので、実は悩まなくても良い選択肢だったりします。

PD安田的にはこのHorizonに含まれるモデリング系のプラグインはオススメで、そうなるとHorizonでもかなり買っておきたいバンドルと思うのですが、先に紹介をしたシグネイチャー系も揃うし、Scheps Omni Channelの様な単独プラグインも揃うので、やはりMercuryを買うべきではないかなと思います。また別の視点ですが、もともとHorizonを持っている方や、それ以外のバンドルを持っている方で「Ver9」で止まってしまっている方は実はMercuryにアップグレードすると、もともと持っているライセンスがアップグレードされますので、WUPするくらいならいっそMercuryにするという選択肢もあります。実際にモデリングプラグインに関しましては、動画でもピックアップして紹介をしておりますので、是非ご参考いただけましたらと思います!

JJP、CLA、Eddie kramer、Greg Wellsのシグネイチャープラグインがすごくいい!

EQのQ10、COMPのC1などなど、個別にパラメーターをいじれるプラグインが豊富に入っているMercuryですが、シグネイチャー系のプラグインもほとんどが揃います。このプラグインは各エンジニアが使いやすい様に設計されており、さらに効果のわかりやすくなっているので非常にオススメのプラグインです。こんな良いシグネイチャー系のプラグインが揃うのはMercuryだけなので、一気に揃えるが目当てでもMercuryを導入する材料になるかと思います。

ちなみにPD安田はC1をこよなく愛しているのですが(アタックの反応の良さが非常によくスネアとかにかけています)シグネイチャーの場合はソース毎にプラグインが用意されており、例えばCLAのシグネイチャーシリーズのドラムを見てみるとCOMP、EQはもちろんReverbが備わっており、これだけでもだいぶ使い勝手が良くなっています。もちろん細く調整するなら先ほどのC1やQ10を使用すればいいのですが、まず初めに全体のサウンド傾向を決める際には素早く作っていけるので、これは全てのシグネイチャーを持っておきたいところですね。(個人的にCLAとGreg Wellsはすごい重宝しています)

Scheps Omni Channelの使い勝手がいい!


比較的新しく発売しているScheps Omni Channelのプラグインですが、コンソールのように各チャンネルにインサートし、EQ,COMP,De-esser,Gateはもちろんのこと、PREのサチュレーションを3Type切り替えと、さらにWavesプラグインをこのScheps Omni Channel内でインサートも可能にする、非常にユニークなチャンネルストリッププラグインです。

そもそもこういうった1つのプラグインでいろんなタイプのパラメーターを操作できるプラグインは、Mixing作業に使用するはもちろんのこと、意外とテンプレ化しているセッションデータに対して、そのトラックの頭に入れておくと、モニタリングする上でも参考にしやすいのが特徴的です。いわゆるコンソールの様にそこでサウンドをあらかじめにまとめてあげるという使用方法がベストです。あと問題なるとすればレイテンシーの部分かと思いますが、もしLiveで使用したい方はImpact Serverを用いると、かなり良い環境を整えることができるでしょう!

『WAVES Universe』飛澤 正人 氏のMixがうまくなるTips!

2015年6月にWavesの代理店Media integrationが開催したセミナーイベント『WAVES Universe』のアーカイブ動画で、エンジニアの飛澤 正人 氏が受講者の質問に自身のノウハウで応えています。ぜひこの動画からミックスのノウハウを学んで活かしてみてください。Wavesプラグインさえ持っていれば飛澤 氏と同じプロセスをほどこすことが可能です!


Vol.1 イントロ。Wavesとの出会い

Vol.2 制作環境の説明

Vol.3 イコライザを使った キックとベースの処理

Vol.4 アナログライクな音とは?

Vol.5 コンプの使い方 1

Vol.6 コンプの使い方 2

Vol.7 EQの使い方 1

Vol.8 EQの使い方 2

Vol.9 シグネチャーモデル

Vol.10 イメージする音に早く近づく方法

Waves Maxx Audioテクノロジー

WavesはDAWプラグインだけでなくパソコンやスマートスピーカーなどの身近な機器にも搭載されています。

Waves Maxx Audioテクノロジーは製造業者に提供する強力な設計ツールで、音楽、映画、ゲーム、そしてスマートアシスタンス機器、ラップトップ、モバイル機器、AR / VR、テレビなどのストリーミングメディアに比類のないサウンドパフォーマンスを提供します。現在30社近くの企業とパートナーシップを結んでいるとの事ですので今後、ゲームやパソコンほか様々なハードウェアに組み込まれて行く事が期待されます。Waves Maxxスイート仕様リストの中に、プラグインで発売されているMaxxBassやMaxxVolumeがあり、Wavesプラグイン技術がそのまま使われているのか定かではありませんが、その他にも現行プラグインの技術を当てはめられそうな技術項目がずらっと並んでいます。

Dell CinemaSound2.0 は Waves MaxxAudio Pro を搭載しています。 メーカーサイト DELL 音へのこだわり–WAVES MaxxAudio® Pro

Waves Maxx Audioテクノロジーはハードウェア製造業者に提供されるツールですが、それは20年以上に及ぶWavesプラグイン研究開発の賜物と言えるでしょう。

☆20年以上に及ぶWavesプラグイン研究開発の賜物

Wavesの20年以上に渡る研究と実績が集結した Mercury が遂に10万円の次元を突破し¥99,800税込!! プラグインエフェクトの開拓者、先駆者Wavesの最高峰バンドルを手に入れるチャンスです!!

mercury-box

Waves
Mercury(Horizon + Mercury Upgrade from Horizon) ★空前絶後バンドル!!
¥99,800
本体価格:¥90,727
0ポイント還元

24回無金利ローンなら初月¥5,500、2回目以降の月々のお支払い¥4,100でOK。又はRock oNでのクレジットカード払いならキャッシュレス5%還元!

キャッシュレス5%還元の詳細はこちら

10セット限定となりますので、売り切れの際はご容赦ください。

SoundGrid Mobile Server を使えばCPU負荷が軽減できる!

SoundGrid Mobile Serverは、ホストコンピューターに代わりWavesと3rdパーティー製の対応プラグインを処理します。

DiGiGrid I/Oを使いネットワーク内で使用することにより、0.8msの超低レイテンシーでプラグイン処理能力を発揮します。ホストPCのCPUパワーに頼っていたプラグイン処理を任せることにより、高負荷のモデリングプラグインなどをこれまで以上に使用することが可能になります。

これまでヘビーデューティーなラックサイズだった筐体から一辺約13cmの正方形で重量も0.7kgとなり、バッグに入れて持ち運べる仕様です。

特徴

  • ライブやスタジオで、プラグイン・プロセッシング・パワーを強化
  • どこへでも連れていけるサイズ
  • バックパックにコンパクトに収まる筐体
  • 優れたモバイルDSPの価格-パフォーマンス
  • 超低レイテンシー:0.8ms (44.1-96kHz)
  • 頑丈なアルミニウム・ケース
  • SoundGridオーディオ・インターフェイス (DiGiGrid I/Osほか)と組み合わせて、ライブ・ミキシング/レコーディングでもプラグインをリアルタイムにプロセッシング可能
  • すでに所有するインターフェイスでも、プラグイン処理をサーバーで行い、コンピューターをその負荷から解放
    CPU: Intel® Skylake Core™ i5-6200u
  • RAM: 4 GB
  • Power: DC12V 3A
  • 製品保証期間:6ヶ月

SoundGrid Mobile Serverは、こんな方におすすめ!

ASIO/Core Audio対応のオーディオ・インターフェイスは持っているが、プラグインを多用しており、コンピューター本体のCPU負荷を分散したい。

使い慣れたネイティブDAWとお気に入りのオーディオ・インターフェイスはそのまま、今までMac/PCのCPUで処理していたプラグインをMobile Server上で処理することができます。これによりコンピューター本体のCPUをより負荷の高いソフトウェア・インストゥルメントに割り当てるなど、お使いのDAWとコンピューターの能力を存分に使いこなせるシステムを構築できます。また外出先でノートPCだけを持ち運んでいる場合など、Imact Serverが接続されていない状態でも、セッションとプラグインはそのまま、コンピューター本体だけで編集を続けることが可能です。

(ご注意)サラウンド系、インストゥルメント系、そして最新のプラグインが対応していない場合があります。SoundGrid Mobile Serverで使えるWavesプラグインはメーカーサイトで確認が出来ます。(StudioRackの列をご確認ください)

メーカーサイト

ASIO/Core Audio対応のオーディオ・インターフェイスにSoundGridのパワーを追加する、SoundGrid Connectについてはこちらの動画をご参照ください。

Waves
SoundGrid Mobile Server
¥121,407
本体価格:¥110,370
1821ポイント還元

SoundGrid Mobile Server
★大決算セール DAY2!

WEB_TOP_1390-856_final

記事内に掲載されている価格は 2020年2月21日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

創業40周年を迎えた Focal社 CEO / Christophe Sicau…
Focal のキーパーソン、CEO/Christophe Sicaud 氏に将来への展望を聞いた。
Antelope AudioがZen Tour Synergy Core発売!予…
Zen Tourが待望の第3世代へ!
Universal Audio / LUNA 無料ダウンロード開始!!Rock …
Universal AudioのLUNA RECORDING SYSTEM がリリース!!対象製品Apolloインターフェイス購入で全品10%OFFクーポンも発行!
Apogee ONE 新生活応援プロモーション 期間数量限定28,600円!
マイク内蔵オーディオインターフェイスApogee oneが特別価格28,600円!
Erica Synth スタンドアロン・インストゥルメントシリーズ取り扱い開始!
サウンド、外見、機能面で一線を画するErica Synth。モジュールの取り扱いを開始いたしました。
ライブ配信に対応、USBディスク収録が可能な放送品質スイッチャーATEM Min…
YouTube Liveにも直接ストリーミング可能!さらにマルチビューも搭載!
SuperRack + Dugan Complete Engineが発売!
あらゆるデジタルミキサーにアタッチ可能なDuganオートミキサーのSoundGridエンジンが登場!
Universal AudioのApolloデスクトップ各製品を対象にした“De…
対象製品にApollo Twin MkII QUADも追加!最大$1,095相当のバリュー!
Steinberg AXR4 買い増しキャンペーンがスタート!
JCBギフトカードをプレゼントするキャンペーンがスタート!
GRACE Designが「We’re All In This Together…
対象製品購入でカードやソフトケースなどがもらえる!
IK Multimedia UNO Synth/UNO Drumが30% OFF…
ダブルでお得な「UNO Double Upプロモーション」開始!
期間延長!Synthogy「Ivory II Grand Pianos 」が¥3…
世界最高クラスのグランドピアノ3台を細部まで収録した音源が4月30日まで期間限定特価!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company