閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR

03
Sep.2019
Rock oN

IK MultimediaのMODO BASSがお得に購入できる「MODO Monthプロモーション」期間延長!

20190903_IK2_1390_856

IK Multimediaのフィジカルモデリングによるエレクトリックベースのバーチャルインストゥルメント音源MODO BASSが期間限定でお得に購入できる「MODO Monthプロモーション」が、好評につき9/30まで期間延長となりました!

これは間もなく販売が開始されるフィジカルモデリングドラム音源、MODO DRUMの販売を記念した特別なプロモーションです。

対象商品は下記になります。

MODO BASS

プロモーション価格:29,160円【通常実勢価格: 42,660円】

IK Multimedia
MODO BASS ★MODO Monthプロモーション!
¥29,160
本体価格:¥27,000
729ポイント還元

MODO BASSクロスグレード

プロモーション価格:19,980円【通常実勢価格: 27,500円】
※MODO BASSのクロスグレード版、IK Multimedia社の€99.99以上の有償製品をご登録のユーザーの方がご購入いただけます(要アカウントへの製品登録)

IK Multimedia
MODO BASS クロスグレード ★MODO Monthプロモーション!
¥19,980
本体価格:¥18,500
300ポイント還元

人気の高いベース音源MODO BASSを、通常版だけではなくクロスグレード版もお得に購入できるチャンスです!

ぜひお見逃しなく!

MODO BASS

modobass_imac

MODO BASSは、業界初のフィジカル・モデリング・エレクトリック・ベース音源です!ヨーロッパ最古の大学の1つでもあるパドヴァ大学と、ギター・アンプやエフェクターのアナログ・モデリング技術で着実に実績を重ねてきたIKとの8年間にも及ぶ長い長い共同研究開発を経て、満を持してお届けするヴァーチャル・インストゥルメント製品です。そのサウンドはあくまでもリアル。熟達したベーシストにより演奏されたかのようなリアルで確かなサウンドを、この最新ヴァーチャル・インストゥルメントにより得ることができるのです。
modo_bass_points_color

MODO BASSはサンプル・ベースのインストゥルメントではありません!コンピュータ・ベースのヴァーチャル・インストゥルメントを再定義するほどの、まったく新しいテクノロジーに基づいています。最終的なベース・サウンドを形成するあらゆる側面の物理モデルを基に、リアルタイムに音響合成を行うというフィジカル・モデリングのコンセプトに基づいたベース音源です。

まず楽器としてのベースそのものがモデリングされています!ベースを構成しているボディの材質、弦、ピックアップやワイヤリングだけでなく、その相互作用までもがモデリングされています。また、さまざまな奏法、アンプやエフェクトなどもモデリングされています。そして、こうした実際の楽器の特性や奏法などの物理モデルを基にして、そのサウンドがリアルタイムにシンセシス(音響合成)されるのです。

モデリング内容

modobass_image_PR_opt

60’s P-Bass based on Fender Precision Bass® アルダー・ボディ
70’s P-Bass based on Fender Precision Bass® アッシュ・ボディ
70’s J-Bass based on Fender Jazz Bass® アルダー・ボディ
Modern J-Bass based on Fender Jazz Bass® アルダー・ボディ
Devil Bass based on Gibson® EB-0
Bass Man 5 based on Music Man® StingRay 5-string
Rick n’ Bass based on Rickenbacker® 4003
Studio Bass based on Yamaha® TRB5P
Violin Bass based on Hofner® Violin
Thunder Bass based on Gibson® Thunderbird
Japan Bass based on Ibanez® Soundgear
Flame Bass based on Warwick® Streamer

MODO BASSでは、12機種の代表的なベースがモデリングされています。

時代や音楽ジャンルを象徴するこれら12機種で、エレクトリック・ベースを使用するあらゆる音楽ジャンルを実質的に網羅することができるでしょう。

modobass_model_modern_j_bass
modobass_model_70_p_bass

好みに応じてベースをカスタマイズ

modobass_electronics_bridge_flame
MODO BASSでは、サウンドはリアルタイムにシンセシスされますから、奏法や部品交換、アンプやエフェクトの設定によってまったくユニークなサウンドを作りあげることができます。音作りの可能性は実質的に無限といっても過言ではないでしょう。モデリングの基となる楽器を選択したら、あなたのトラックに最適なサウンドを探求してみてください。

Amp / FX

modobass_ampfx_amp_solidstate-2

Amp/Fxセクションで、アンプやエフェクトを設定します。MODO BASSには、オクターバー、ディストーション、コーラス、コンプレッサー、エンヴェロープ・フィルター、グラフィックEQといった、7種類のストンプボックス・エフェクトが用意されています。どれもAmpliTube Custom Shopで人気のギア・モデルから採用されたものばかりです。エフェクトの各パラメーター、エフェクターの出力レベルなどを細かく設定できます。各エフェクト単体のサウンドが忠実にモデリングされているばかりでなく、エフェクト・チェインの中の相互作用もモデリングされています。MODO BOSSを他のソフトウェア・インストゥルメントと一線を画す存在としている点の1つでしょう!

アンプ およびキャビネットは、ヴィンテージな真空管アンプと1×15キャビネットの組み合わせ、パワフルなソリッド・ステート・アンプと4×10キャビネットの組み合わせから選択することができます。どちらのアンプ・ヘッドにはEQパラメータが用意されており、サウンドの微調整が可能です。ソリッド・ステート・アンプにはさらにグラフィックEQも装備されています。もちろんAmpliTube Custom Shopのような他のエフェクト・プラグインで、より細かく音作りをしたい方のために、このセクション全体をバイパスすることも可能です。

ベース・トラックにより表情豊かなサウンドをお探しなら、ぜひMODO BASSをお試しください。きっとそのサウンドのリアリズムに驚かれることでしょう!

キー・スイッチやコントロール・チェンジで表情豊かな演奏を

modobass_control-2

MODO BASSは、重要なパラメータをリアルタイムにMIDIコントロールすることもできます。ヴィブラートの度合い、シングル・ノートかコードか、奏法の切替、ミュート奏法、スライド奏法、デタッチ・ノイズなどをコントロールすることができます。
MIDIノート・ナンバーに割り当てられたキー・スイッチにより、フィンガー、スラップ、ピックの各奏法、ストロークの方向、ハンマリング、ハーモニクス、どの弦を演奏するかなどを切り替えることができます。
もちろんDAWでの使用時には、こうしたパラメータはすべてオートメーションすることが可能です。例えば、弦を弾く位置を演奏中に微妙に変化させれば、これまでのヴァーチャル・インストゥルメントでは実現できなかったリアリスティックなベースの演奏が可能になるでしょう。

IK Multimedia
MODO BASS ★MODO Monthプロモーション!
¥29,160
本体価格:¥27,000
729ポイント還元
IK Multimedia
MODO BASS クロスグレード ★MODO Monthプロモーション!
¥19,980
本体価格:¥18,500
300ポイント還元

MODO BASS(日本代理店ページ)
https://hookup.co.jp/products/ik-multimedia/modo-bass

    記事内に掲載されている価格は 2019年9月3日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AKGの血統を受け継ぐ新ブランド Austrian Audioから2本のマイク発…
    AKGの技術と文化を継承して2017年に立ち上げたブランドから2本のマイク発売!
    Metric Halo 3d Card Upgrade ついに国内の予約を開始!
    圧倒的サウンドクオリティ、根強いユーザー人気のMetric Haloから3d Early Access発売!
    AKG ヘッドフォン「K371-Y3」、「K361-Y3」発売開始
    AKGよりポータビリティーと再現性能を両立したモニターヘッドホンが登場!
    KEMPER「PROFILER STAGE」9月28日発売!予約受付中!
    デジタルギターアンプKEMPERに、待望のフロアタイプ仕様がついに登場!予約受付中!
    今がオススメ!Townsend Labs Sphere L22をRock oNが…
    増税前の今、お得な製品をレコメンド!今回はTownsend Labs Sphere L22をご紹介!
    FATAR ハイグレード鍵盤 Studiologic SL88 GRAND の実…
    FATAR ハイグレード鍵盤 Studiologic SL88 GRAND の実力を動画と記事でダブルチェック
    今がオススメ!RME Babyface ProをRock oNがオススメする3つ…
    今回はリスニングオンリーの方にもおすすめ!小規模の制作環境に最適なモバイル・インターフェースをご紹介!
    Ableton主催イベント「Loop 2020」チケット登録受付開始!
    トーク、パフォーマンス、および実地体験型ワークショップを実施!刺激的な音楽イベントがベルリンで開催!
    Thunderbolt 3接続モデルであるUniversal Audio UAD…
    Thunderbolt 3接続モデルであるUAD-2 Satellite TB3が登場!
    今がオススメ!Antelope Audio Orion32 HD Gen3 をR…
    高機能I/FのAntelope Audio Orion32 HD Gen3の3つのポイントをご紹介!
    UVI Toy Suite の 8-Bit Synth で ピコピコアレンジをし…
    ピコピコアレンジの実践と、8-Bit Synth のプリセットを時短で紹介!
    IBC 2019 : Dolby / ADDER / Canare
    まだまだ続くIBCレポート。続いては3つのブースからお届け!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company