閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

05
Nov.2019
PRODUCT NEWS

iZotope Dialogue Matchとは!?触ってみて新しい可能性を考えてみる

20191105_izotope_1390_856

前回のOzone 9のアップデートからの大幅な進化を見せたiZotope社のプラグイン。今回はiZotopeの技術とExponential Audioの技術が融合され、今度は”空間”をもマッチングしてしまうという、また真新しい機能が登場しました。そこで毎度お馴染みのPD安田が実際に触って、使い方と効果をしっかり確認していきたいと思います。

1

Dialogue Matchとは

まずこのDialogue Matchの説明ですが、残響など全てが乗っている素材を元とし、その素材のリバーブ成分を分析し、そこから反映したい素材に対してリバーブを合わせ掛ける!というプラグインになっております。実際の使用例として

・映画の音声吹き替えをする際、元の音素材の残響音とマッチさせる!
・録り直した際の変わったアンビ環境をマッチさせたい!

などなど、特に英語から日本語吹き替えのシチュエーションに関しては、映画のオリジナルとはレコーディング環境も異なりますので、後で残響を作ったりなど時間を費やす必要がありました。しかしDialogue Matchがあれば元の素材を読み込み、あとは反映させていくだけという、かなり簡単なプラグインになっておりますので、かなりの時間短縮になるのは間違いないかと思います。実際に私がリバーブをかけた素材を分析し、デットな環境で録った素材に対して、どのようにリバーブがかかるかみていきたいと思います。

素材の分析からマッチングまで

2

まず初めにPro ToolsのセッションでAudio SuiteからDialogue Matchを立ち上げます。なおDialogue Matchは今の所Audio Suiteのみでの対応になっておりますので、Pro Tools以外のDAWでは使用できません…です。さて画面を見ていただき、上段のトラックにある青いリージョンが参考にしたいソース、下段の緑はデットな環境で録った新しい素材になります。

早速立ち上げたら参考にしたい素材(青のリージョン)を選択した上で、Dialogue Matchの”REFERENCE”のところより”Capture”をクリックします。なお、この時参考にしたい素材の長さですが、1フレーズくらいの長さを範囲選択するのがオススメです。長すぎるとレンダリングする時間も増えますのでお気をつけください。

3

4

無事に分析を終えたら、次はマッチさせたいリージョンを選択し”APPLY TO”の”Capture”をクリックします。するとDialogue Match上でリバーブの成分マッチだけではなくEQもしっかりと調整してくれるのも素晴らしい機能です。

5

6

無事に分析と反映が終わったら、Dialogue Matchの画面左下にあるスピーカーマークを押すことで、実際に反映されたサウンドを参考にしたい素材と合わせて比較することも可能です。その時、REFERENCEの紫の波形部分に耳のマークが出てきますので、クリックしてそれぞれを聴き比べてみると効果がすぐにわかります。Audio Suiteにも関わらず、こうして比較が瞬時にできるのは大変ありがたい機能ですね。

7

総評

いかがでしたでしょうか。マッチしたすぐの素材でボリューム以外は特に弄らずの状態です。本当はここからもっとマッチさせたい方はEQの項目、REVERBの項目にいき、Early ReflectionとReverb Tailの調整も可能なので、もうちょっと余韻を伸ばしたり、跳ね返りのレベルの調整など設定も可能です。ですが細かいパラメーターはないので、どちらかというとマッチをメインに、ちょっと補正を加える目的がいいかなと思います。

8

なおあくまでもリバーブを足してくれるプラグインなので、もし”削りたいヨォ!”いう場合は同じくiZotope RXを活用してください。そのうちRXと合体してしかも普通にプラグインをインサートしてそのまま活用&動作も軽くできたらかなりすごいプラグインではないかなと思います。

とにかくリバーブ編集加工を素早く乗せられるプラグインとしてDialogue Matchは定番のプラグインになっていくのではないかと思います!

Writer. PD安田

iZotope
Dialogue Match
¥53,790
本体価格:¥48,900
807ポイント還元

クロスグレード
製品一覧はこちら

関連記事

20191101_izotope_DM_i

「iZotope Dialogue Matchとは!?触ってみて新しい可能性を考えてみる」
記事はこちら

記事内に掲載されている価格は 2019年11月5日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Waldorfが「ストリングス」「シンセサイザー」「ボコーダー」の機能を持ったキ…
現代的なインターフェースとヴィンテージサウンドを持つシンセサイザー / ボコーダー登場!
Universal AudioのUAD-2 OCTO Ultimate 8が登場…
Universal Audioの最大パワーを誇るDSPプラグインシステムで数多くのプラグインライセンスを含むパッケージのリニューアル版UAD-2 OCTO Ultimate 8を発表しました! UAD-2はビンテージアナ [……
Antelope Audioの対象製品購入でAuto-Tune Synergy …
Auto-Tune Synergy とモデリングマイクがもらえる!11月25日まで!
Universal Audio「デスクトップインターフェイス」プロモーション開始…
12/31まで最大$1,298相当のプラグインを無償提供!
GENELECがスタジオモニターThe Onesの新製品8351B、8361A、…
ニアフィールドからマスタリングやメイン・モニターとして無色透明で中立なリファレンス・モニタリングを実現!
イマーシブ制作環境に対応したハイエンドDAW「Sequoia 15」発売!
ハイエンドDAWであるSequoiaの最新モデル「Sequoia15」が発表されました。 Sequoiaはハイエンド仕様のDAWで、音楽制作、放送、ポスプロ、マスタリングに特化したソリューションです。サンプル単位での精密 [……
RMEが2チャンネルハイエンドAD/DAコンバーター「ADI-2 FS」発売!精…
精密かつコンパクト設計のAD/DAコンバーター、12月発売予定!
RMEの最新テクノロジーを凝縮したオーディオ・インターフェイス「Babyface…
様々な機能が向上し、RMEの集大成とも呼べるオーディオ・インターフェイスに進化!
Strymonが放つIRIDIUMは超高性能アンプシミュレーター/IRローダー!
Strymonといえば2010年頃から発売され、当時としては非常に高い音質、デジタルでありながら空気感のある美しいサウンドキャラクターで瞬く間にギタリストに浸透したブランドです。 今回Strymonから発売された新製品、 [……
Behringer秋の新製品発表会開催!話題のシンセサイザー&リズムマシン6製品…
海外のショーレポートで話題を呼んでいたRD-8やPRO-1が本邦初公開!
Audio-technicaが期間限定デジタルギフトカードプレゼントキャンペーン…
Google Playギフトカード/ iTunesギフトカード/ Amazonギフト券のいずれかをプレゼント!1/31まで!
ARTURIA 新作キーボードKeyLab 88 MkII / microLAB…
ARTURIAより先日発売したばかりの2種類のキーボードを紹介します。本格的な鍵盤演奏ができる88鍵ハンマーアクションのMIDIキーボードKeyLab 88 MkIIと、それとは対照的にコンパクトで持ち運びしやすい25鍵 [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company