閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
製品情報

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

05
Nov.2019
製品情報

iZotope Dialogue Matchとは!?触ってみて新しい可能性を考えてみる

20191105_izotope_1390_856

前回のOzone 9のアップデートからの大幅な進化を見せたiZotope社のプラグイン。今回はiZotopeの技術とExponential Audioの技術が融合され、今度は”空間”をもマッチングしてしまうという、また真新しい機能が登場しました。そこで毎度お馴染みのPD安田が実際に触って、使い方と効果をしっかり確認していきたいと思います。

1

Dialogue Matchとは

まずこのDialogue Matchの説明ですが、残響など全てが乗っている素材を元とし、その素材のリバーブ成分を分析し、そこから反映したい素材に対してリバーブを合わせ掛ける!というプラグインになっております。実際の使用例として

・映画の音声吹き替えをする際、元の音素材の残響音とマッチさせる!
・録り直した際の変わったアンビ環境をマッチさせたい!

などなど、特に英語から日本語吹き替えのシチュエーションに関しては、映画のオリジナルとはレコーディング環境も異なりますので、後で残響を作ったりなど時間を費やす必要がありました。しかしDialogue Matchがあれば元の素材を読み込み、あとは反映させていくだけという、かなり簡単なプラグインになっておりますので、かなりの時間短縮になるのは間違いないかと思います。実際に私がリバーブをかけた素材を分析し、デットな環境で録った素材に対して、どのようにリバーブがかかるかみていきたいと思います。

素材の分析からマッチングまで

2

まず初めにPro ToolsのセッションでAudio SuiteからDialogue Matchを立ち上げます。なおDialogue Matchは今の所Audio Suiteのみでの対応になっておりますので、Pro Tools以外のDAWでは使用できません…です。さて画面を見ていただき、上段のトラックにある青いリージョンが参考にしたいソース、下段の緑はデットな環境で録った新しい素材になります。

早速立ち上げたら参考にしたい素材(青のリージョン)を選択した上で、Dialogue Matchの”REFERENCE”のところより”Capture”をクリックします。なお、この時参考にしたい素材の長さですが、1フレーズくらいの長さを範囲選択するのがオススメです。長すぎるとレンダリングする時間も増えますのでお気をつけください。

3

4

無事に分析を終えたら、次はマッチさせたいリージョンを選択し”APPLY TO”の”Capture”をクリックします。するとDialogue Match上でリバーブの成分マッチだけではなくEQもしっかりと調整してくれるのも素晴らしい機能です。

5

6

無事に分析と反映が終わったら、Dialogue Matchの画面左下にあるスピーカーマークを押すことで、実際に反映されたサウンドを参考にしたい素材と合わせて比較することも可能です。その時、REFERENCEの紫の波形部分に耳のマークが出てきますので、クリックしてそれぞれを聴き比べてみると効果がすぐにわかります。Audio Suiteにも関わらず、こうして比較が瞬時にできるのは大変ありがたい機能ですね。

7

総評

いかがでしたでしょうか。マッチしたすぐの素材でボリューム以外は特に弄らずの状態です。本当はここからもっとマッチさせたい方はEQの項目、REVERBの項目にいき、Early ReflectionとReverb Tailの調整も可能なので、もうちょっと余韻を伸ばしたり、跳ね返りのレベルの調整など設定も可能です。ですが細かいパラメーターはないので、どちらかというとマッチをメインに、ちょっと補正を加える目的がいいかなと思います。

8

なおあくまでもリバーブを足してくれるプラグインなので、もし”削りたいヨォ!”いう場合は同じくiZotope RXを活用してください。そのうちRXと合体してしかも普通にプラグインをインサートしてそのまま活用&動作も軽くできたらかなりすごいプラグインではないかなと思います。

とにかくリバーブ編集加工を素早く乗せられるプラグインとしてDialogue Matchは定番のプラグインになっていくのではないかと思います!

Writer. PD安田

iZotope
Dialogue Match ★iZotope Februaryキャンペーン!2月27日まで!
¥53,790
本体価格:¥48,900
1614ポイント還元

クロスグレード
製品一覧はこちら

関連記事

20191101_izotope_DM_i

「iZotope Dialogue Matchとは!?触ってみて新しい可能性を考えてみる」
記事はこちら

記事内に掲載されている価格は 2019年11月5日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

KORG SV-2Sが発売!ステージ・ビンテージ・ピアノの新定義。
優れた機能を追加!Rock oN限定の購入特典あり!
Behringerが「MS-1-BK」「MS-1-BU」を発売!
Rolandの名機SH-101をモデルにしたアナログ・シンセサイザーが発売!
Moog Musicが25鍵盤のパラフォニック・アナログ・シンセサイザー「Sub…
コンパクトなSubsequent 37のバリエーション・モデルが登場!
ウイルス対策の強い味方!JASSCのMRC-ZEROでマイクロフォンの除菌消臭を…
ウイルス対策にマイクロフォンの除菌消臭を!
RMEの最新テクノロジーを凝縮したオーディオ・インターフェイス「Babyface…
様々な機能が向上し、RMEの集大成とも呼べるオーディオ・インターフェイスに進化!
Avid新製品 MTRX Studio / HDX CHASSIS 価格公開 &…
Avid新製品が価格公開&予約受付開始!高いバリューを誇るバンドルもあり!
Queenのギターサウンドを再現!IK Multimediaが「AmpliTub…
IK Multimediaが「AmpliTube Brian May」を発売!Red Specialをはじめ、Queenサウンドを再現するギアが満載!
KORGがwavestateを発売!Wavestationを大胆にリアレンジした…
デジタルシンセシスのネクストステップが、37鍵のコンパクトデザインで登場!
Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
iZotope Best of 2019キャンペーンのお得な買い方!セール金額か…
iZotope Best of 2019キャンペーンをどんな買い方をすればお得なのかお答えします!!
TC Electronic プラグインが価格改定で最大22%OFF!自己主張する…
名機TC2290ほかロングセラーのハードウェアプラグインがお求めやすく!
レコーディングエンジニアが話題のNCF Boosterをチェック ~渡辺佳志氏イ…
レコーディングエンジニアが話題のNCF Boosterをチェック ~渡辺佳志氏インタビュー~
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company