閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2017

26
Apr.2017
Rock oN

NAB 2017 DAY2 : SENNHEISER

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

nab2017 Rock oN Sennheiser

いつものカラーのSENNHEISERブース。日本のInterBeeでも同様のブース構成となっており、親しみが持てます。
SENNHEISERの説明はいらないでしょう。大手マイクメーカーで、日本国内のスタジオで最も導入されているコンデンサーマイクであろうU87AiのNEUMANNも買収し、圧倒的なシェアを持つメーカーとなっています。ワイヤードはもちろんの事、ワイヤレスの販売も好調でSHUREとシェアを2分していると言っても過言ではないでしょう。
また、一方でヘッドホン、イヤホンも人気となっています。
そんなSENNHEISERブースの中に一際一目を引く、全身白のウェアの人形。近づいてみますと…

nab2017 Rock oN Sennheiser

手に持っているGoProにも、胸に取り付けてあるGoProにもSENNHEISER社のマイクが取り付けられています。

nab2017 Rock oN Sennheiser

GoPro HERO4に直接取り付けられる形で、去年参考展示されていたMKE2 elementsです。
すでに発売も開始されていて価格は$199-となっています。

nab2017 Rock oN Sennheiser

GoPro自体でも専用のケース、アングルが用意されているため、最初の写真に見えていたサーフボードに付けたり、サーフィングの際ヘルメットに付けたりとGoPro自体が強度を売りにした商品になるので、それと同様マイク自体の壊れにくさも売りのひとつでしょう。

nab2017 Rock oN Sennheiser

本来、振動に弱い自転車にも取り付けて展示されているところを見ると、そういった振動ノイズ対策も計算されて製作されていると思われます。
今回のSENNHEISERブースにはこういった専用マイクが多く出品されていました。

nab2017 Rock oN Sennheiser

こちらはiPhoneに直接Lightningで接続しています。
XLR接続でしょうか?同様にLightningで直接接続できるピンマイクもあり、使いやすく手頃なマイクも増えている印象があります。

nab2017 Rock oN Sennheiser

今回のNABでも注目のVR。現在、専用のマイクといえばAmbisonics方式に対応したAMBEOが真っ先に浮かぶでしょう。すでには発売が開始され、弊社でも販売が進んでいます。

nab2017 Rock oN Sennheiser

AMBEOは4つの単一指向性のマイクカプセルが等間隔で配置され、本体のDINコネクタから4系統のXLRとしてAmbisonicsのAフォーマット信号を出力。Sennheiserから提供されているAMBEO A-Bコンバータを使用してAmbisonics Bフォーマットに変換することで、映像編集ソフトやDAWで360°全周の音場表現を可能にします。

nab2017 Rock oN Sennheiser

一方でカメラに付属のマイクも充実。

nab2017 Rock oN Sennheiser

コンパクトでサイズ感を気にせず取り付けられるMKE400。ノイズリジェクション機能も備わっています。$259.95-

nab2017 Rock oN Sennheiser

こちらもコンパクトなステレオタイプのガンマイク、MKE440。$419.95-

nab2017 Rock oN Sennheiser

一般的なサイズのガンマイクも勿論ラインナップにあります。MKE600は$419.95-

nab2017 Rock oN Sennheiser

フィールドレコーディングも勿論の事、どのようなシーンにも対応できるだけの幅広いシリーズ展開のため、レコーディング、ライブ、ビデオ、ミーティング、シアター、ブロードキャストとそれぞれのターゲット層に的確な提案がなされています。

nab2017 Rock oN Sennheiser

こちらも集音性に優れたマイクですね。
NAB2017_NAB_DAY1-293

冒頭でも紹介したとおりワイヤレスマイクシェアの多いSENNHEISER。去年末にアナウンスがあったDigital 6000シリーズも展示されていました。

nab2017 Rock oN Sennheiser

ネットワークオーディオも視野にDanteにも対応し、大規模なシステムにも組み込みやすい、ワイヤレスネットワークとなっています。

今後も、最新の技術に対応したマイクが発表されると思われるSENNHEISER。フラッグシップから廉価なマイクまで、ユーザーのニーズに合った商品が提供されていくことでしょう。

Writer. Yosuke


SENNHEISER
http://www.sennheiser.co.jp

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月26日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019:Neutrik
    高品位コネクタで知られるNeutrikは新製品DragonnflyやDante I/Oなどを展示。
    IBC 2019:RTW
    タッチスクリーンを搭載したオーディオモニタリング製品が有名なRTWはハード/ソフト両面での新オプションを展示していました。
    IBC 2019:Trinnov Audio
    音場補正のプロダクトを製作するTrinnov Audioは制作中のプロトタイプを展示していました。
    IBC 2019:Stage Tec
    Stage TecはもともとNeumannで放送局向けにミキサーを作っていたひとびとがスピンアウトして出来た会社とのこと。
    IBC 2019:DirectOut Technologies
    今年のIBCではこのPRODIGYに新たなモデルが登場するとのことで、早速チェックして参りました。
    IBC 2019:LAWO
    特徴的な水色のイマージカラーで統一されたブース内に所狭しと製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Future Zone
    新技術に関する展示が集まるFuture Zoneには多くのメーカーが出展!
    IBC 2019:Sanken
    日本が誇る国産マイクメーカーSanken。国内では派手な印象はありませんが、あのAl Schmittが愛用するモデルもあり海外では評価の高いメーカーです。発売前の試作機が3機種も展示されていました。 来たーーー!!ついに [……
    ibc2019直前情報!SOUND DEVICESから新製品833発表!
    世界の放送局、映画製作現場から高い信頼を得ている SOUND DEVICES社 からポータブルコンパクトミキサー&レコーダー 833 が発表されました。
    期間限定!夢のポータブルシンセサイザーOP-Zが特別価格に!
    ポータブル・シンセサイザー/シーケンサーOP-Zが特別価格68,364円に!9月30日まで!
    Blackmagic Fairlight Console が Rock oN渋谷…
    オーディオポストプロダクションに最適化されたそのワークフローをぜひ体験してください!!
    増税前最後のプラグインセール!
    iZotope・UVI・Wavesなど人気プラグインをはじめ200製品以上のプラグインが9月限定でセールに!Rock oNだけのスペシャル特価をお見逃しなく! 3万円以上買うと色々なお得が! ・24回無金利 or 冬のボ [……
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company