閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2017

26
Apr.2017
Rock oN

NAB 2017 DAY2 : SHURE

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

nab2017 Rock oN SHURE

SHUREからNAB 2017でBig NEWSが!!なんとワイヤレスシステムのフラッグシップが更新されます。AXIENT DIGITALという名前の付いたデジタルワイヤレスのシステム。幾つもの最新機能を搭載して登場です!!ちなみに、国内では、AXT DIGITALという名称になるそうです。

nab2017 Rock oN SHURE

まずはトランスミッターからみていきましょう。ADという型番のローコストモデルとADXと呼ばれるハイエンドモデルの2ラインナップが用意されます。ちなみに、受信機は同一のモデルを利用します。

nab2017 Rock oN SHURE

こちらがAD1。ボディパック型のトランスミッターです。マグネシウムボディで軽量化が図られ、インプットは、LEMO3とTA4からの選択式となっているとのこと。

nab2017 Rock oN SHURE

こちらがフラッグシップとなるADX1。AD1よりも一回り小さく軽く作られています。状況の良い電波を自動的に切り替えていくダイバーシティースローリンクなど多彩な機能を搭載しています。

nab2017 Rock oN SHURE

nab2017 Rock oN SHURE

そして、ADX1Mと呼ばれる超コンパクトタイプのトランスミッター。これが全く新しい製品。耐水性をもたせ、肌に触れるよな利用も想定し、熱を外に逃さない為のエンジニアリングプラスチックの採用、アンテナレス。考え抜けれたコンパクト設計。フラッグシップに相応しい機能を兼ね備えた、ワイヤレスシステムにとっての革新的な製品。

nab2017 Rock oN SHURE

そしてこちらがレシーバー。使用する電波帯域はもちろんホワイトバンドなので、アンテナ類は、これまでの製品がそのまま利用できるということ。レシーバーには、ご覧の通り、2chと、4chのそれぞれのモデルが準備されます。新しい機能としては、接続できるアンテナの本数。これまでのダイバーシティーモデルであれば、2ケのアンテナでしたが、今回のAXTではなんと4本。4chモデルではQuadversityという機能により最大4波を切り替えて使いうという最強のリダンダンシーをもたせることが可能となっています。もちろん2ch×2としての利用も可能。シーン・ケースに合わせて様々な利用のできる製品に仕上がっています。

nab2017 Rock oN SHURE

そしてiOS機器や、簡易的なPCマイクとして設計されたMotivシリーズ。こちらはこれまでにもご紹介をしてきた製品ではありますが、動画を撮らせていただきましたので、そのラインナップと機能の説明を御覧ください。



最後にもう一度、AXT DIGITALシリーズの充電機など写真をとってきたのでご確認下さい。

nab2017 Rock oN SHURE

こちらが、ADXシリーズの充電器

nab2017 Rock oN SHURE

ADX1Mトランスミッターのバッテリーを外したところ

Writer. Yosuke


SHURE
https://www.shure.co.jp/

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月26日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019:Neutrik
    高品位コネクタで知られるNeutrikは新製品DragonnflyやDante I/Oなどを展示。
    IBC 2019:RTW
    タッチスクリーンを搭載したオーディオモニタリング製品が有名なRTWはハード/ソフト両面での新オプションを展示していました。
    IBC 2019:Trinnov Audio
    音場補正のプロダクトを製作するTrinnov Audioは制作中のプロトタイプを展示していました。
    IBC 2019:Stage Tec
    Stage TecはもともとNeumannで放送局向けにミキサーを作っていたひとびとがスピンアウトして出来た会社とのこと。
    IBC 2019:DirectOut Technologies
    今年のIBCではこのPRODIGYに新たなモデルが登場するとのことで、早速チェックして参りました。
    IBC 2019:LAWO
    特徴的な水色のイマージカラーで統一されたブース内に所狭しと製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Future Zone
    新技術に関する展示が集まるFuture Zoneには多くのメーカーが出展!
    IBC 2019:Sanken
    日本が誇る国産マイクメーカーSanken。国内では派手な印象はありませんが、あのAl Schmittが愛用するモデルもあり海外では評価の高いメーカーです。発売前の試作機が3機種も展示されていました。 来たーーー!!ついに [……
    ibc2019直前情報!SOUND DEVICESから新製品833発表!
    世界の放送局、映画製作現場から高い信頼を得ている SOUND DEVICES社 からポータブルコンパクトミキサー&レコーダー 833 が発表されました。
    期間限定!夢のポータブルシンセサイザーOP-Zが特別価格に!
    ポータブル・シンセサイザー/シーケンサーOP-Zが特別価格68,364円に!9月30日まで!
    Blackmagic Fairlight Console が Rock oN渋谷…
    オーディオポストプロダクションに最適化されたそのワークフローをぜひ体験してください!!
    増税前最後のプラグインセール!
    iZotope・UVI・Wavesなど人気プラグインをはじめ200製品以上のプラグインが9月限定でセールに!Rock oNだけのスペシャル特価をお見逃しなく! 3万円以上買うと色々なお得が! ・24回無金利 or 冬のボ [……
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company