閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2017

26
Apr.2017
Rock oN

NAB 2017 DAY2 : Solid State Logic

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

黒と白を基調としたブースにはSystem-Tが大々的にプリントされ、実機には人だかりができていました。老舗的な落ち着いた印象を受けるとともに、今回は新機軸となるSystem Tを全面に押し出し、Danteでのネットワーク接続の他、壁面にも表示されているRoss Overdrive、GV Ignite、 Sony ELC、Vizrt Mosart Production Automationとの互換を持つ、大型のシステムとしてその中核を担う存在となっています。

nab2017 Rock oN Solid State Logic

じっくりと、気になる機能性の高さ、コントロールの感触を確かめるユーザーが多く、今でもSSLコンソールの実績を感じます。

nab2017 Rock oN Solid State Logic

System-Tはブロードバンドをメインターゲットとしたネットワークシステムで、今年の4月から本国サイトにてリリース情報が掲載されており、SSLにおいてフラッグシップとしての力の入れようがうかがえます。
複数のコントロールインターフェイス、プロセッサーコア。オーディオI/OをSSL Networkという総称で多角的に接続できるようになっています。
主にAES67伝送規格準拠のDante HCを核とし、Mic/Lineのアナログ、MADI、AES、SDIの信号に対応。Mic/Lineのゲインコントロールはもちろんのこと、ネットワークを経由してシステム全体を包括的に制御できます。

nab2017 Rock oN Solid State Logic

System-Tコンソールの2/3を占めるLCDパネル。真ん中のパネルはタッチパネルとなっていますが、フェーダーやノブもあり、センターセクションはアナログライクな印象も受けました。

nab2017 Rock oN Solid State Logic

System-Tは最大3072in/3072outという驚異のCH数をコントロールできます。やはりDanteによる恩恵が強く、こういったアナログの入出力もネットワーク上で管理することでマトリクスの構築はもちろんのこと、実際の機材配置の問題をクリアにしていることも導入の際には大きなポイントになるでしょう。

nab2017 Rock oN Solid State Logic

コントロールはSSL社のT-SOLSAソフトウェアで行います。
コンソール単体でのコントロールだけでなく、こういったwindowsベースでのシステムも存在し、コンパクトな環境にすることもできる柔軟さも兼ね備えています。

nab2017 Rock oN Solid State Logic

本国サイトで最新となっているのが手前に見えるTempest Control Rackです。
3UのラックにPCとタッチスクリーンを搭載。内部にはT-SOLSAのソフトウェアが入り、T25(or T80)のエンジンが処理をおこない、スタンドアローンでの動作はもちろんの事、SSL Networkに属することもできる多機能な製品となっています。
USBでのキーボード、マウス接続の他、HDMIやDVI-OUTもありますので、これひとつでもシステムとして十分なほど強力なツールです。SSL Stageboxesを使えば、アナログでのIN/OUTにも対応し、必要な条件ごとにSystem-Tの中で製品を選ぶことができるネットワークの強みを感じます。

nab2017 Rock oN Solid State Logic

一方で今までのCシリーズコンソールの展示もありました。
こちらは既に”Compact”という扱いとなっています。十分にMADIを使用した多CHに対応した製品になりますが、こじんまりとした展示になっていました。

それだけSSLにおけるSystem-Tへの力の入れようが伺い知れます。

Writer. Yosuke


Solid State Logic
http://www.solid-state-logic.co.jp

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月26日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AKGの血統を受け継ぐ新ブランド Austrian Audioから2本のマイク発…
    AKGの技術と文化を継承して2017年に立ち上げたブランドから2本のマイク発売!
    Metric Halo 3d Card Upgrade ついに国内の予約を開始!
    圧倒的サウンドクオリティ、根強いユーザー人気のMetric Haloから3d Early Access発売!
    AKG ヘッドフォン「K371-Y3」、「K361-Y3」発売開始
    AKGよりポータビリティーと再現性能を両立したモニターヘッドホンが登場!
    KEMPER「PROFILER STAGE」9月28日発売!予約受付中!
    デジタルギターアンプKEMPERに、待望のフロアタイプ仕様がついに登場!予約受付中!
    今がオススメ!Townsend Labs Sphere L22をRock oNが…
    増税前の今、お得な製品をレコメンド!今回はTownsend Labs Sphere L22をご紹介!
    FATAR ハイグレード鍵盤 Studiologic SL88 GRAND の実…
    FATAR ハイグレード鍵盤 Studiologic SL88 GRAND の実力を動画と記事でダブルチェック
    今がオススメ!RME Babyface ProをRock oNがオススメする3つ…
    今回はリスニングオンリーの方にもおすすめ!小規模の制作環境に最適なモバイル・インターフェースをご紹介!
    Ableton主催イベント「Loop 2020」チケット登録受付開始!
    トーク、パフォーマンス、および実地体験型ワークショップを実施!刺激的な音楽イベントがベルリンで開催!
    Thunderbolt 3接続モデルであるUniversal Audio UAD…
    Thunderbolt 3接続モデルであるUAD-2 Satellite TB3が登場!
    今がオススメ!Antelope Audio Orion32 HD Gen3 をR…
    高機能I/FのAntelope Audio Orion32 HD Gen3の3つのポイントをご紹介!
    UVI Toy Suite の 8-Bit Synth で ピコピコアレンジをし…
    ピコピコアレンジの実践と、8-Bit Synth のプリセットを時短で紹介!
    IBC 2019 : Dolby / ADDER / Canare
    まだまだ続くIBCレポート。続いては3つのブースからお届け!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company