本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
商品情報
18
Feb.2021
商品情報

NEUMANNモニタースピーカー自動補正システム MA 1 試聴レビュー!

20210208_neumann_1390_856

スピーカーは壁や天井などからの音の反射や、スピーカースタンド、デスクの共振などにより、設置する環境によって特定の周波数が増幅されたり減衰してしまいます。正確な出音が求められるモニタースピーカーにとって、あってはならないそんな問題を解決するため各社からモニタースピーカー補正ソフトがリリースされています。Neumann MA 1も モニタースピーカー補正システムの一種で、スピーカー測定マイク MA 1 と専用ソフトウェアを使用して、同社のモニタースピーカーをフラットな音響特性へと自動補正してくれます。発表されて間も無いMA 1の実力を確かめるため、試聴会をゼンハイザージャパン:真野寛太氏と鈴木雅彦氏にご用意頂けましたので、その様子をお届けします!

NEUMANN MA 1 測定マイク

MA 1 は個別にキャリブレーションされた音響環境測定用マイクです(マイクにシリアルが入っています)。このマイクで測定したデータは、世界有数の音響処理研究機関であるフラウンホーファーIIS(集積回路研究所と、ノイマン数十年の経験により開発された高度なアルゴリズムによって解析され、ホームスタジオからスタジオまで、どのような環境でもモニタースピーカーの正確さを保証します。

ma-1

試聴会のセットアップ

MA 1 ネットワーク接続に対応している Neumann KH 80 DSP と サブウーファーの KH 750 DSP を使用して試聴会を行いました。この2機種のDSP対応スピーカー本体背面にはLAN端子が装備されています。


NEUMANN KH 80 DSP

4インチ+1インチ、120W+70Wの高効率アンプ搭載の2ウェイパワードモニタースピーカーです。シリーズ初となるDSPを搭載しており精度と柔軟性の向上に成功し、一貫したサウンドを再現することが可能となります。またKHシリーズではおなじみの高音域を水平軸により拡散するMMD™ウェーブガイド設計により位置に縛られない作業が可能となります。スタジオニアフィールドモニターだけではなく、小型マルチチャンネルシステムのフロント/リアスピーカーとして使用するように設計され、デスクトップミュージック等のホームレコーディングにも適しています。

NEUMANN KH 750 DSP

新設計10インチのロングスロードライバーには、大型マグネット、リニアモーター設計、および非常に剛性の高いプレススチール製バスケットが採用されています。バスレフの無い密閉型で、スピード感のある歯切れ良い低域が魅力。192kHz/24bitデジタル入力はAES3およびS/PDIF信号に対応。スタジオ、ブロードキャスト、ポストプロダクションでトラッキング、ミキシング、マスタリングなどの使用用途を想定したコンパクト設計ですので、ホームレコーディングやブロードキャストスタジオなど限られたスペースには最適です。

x2_desktop_Blockdiagramme_1-3_enger_farbiger_2020-10-12_W1350_EN

kh-750

今回のセットアップは上の画像真ん中の例になります。

MA 1マイクをオーディオインターフェイスのマイクINに接続。今回RME Babyface Proを使用しましたが、マイクプリ機能が搭載されたオーディオインターフェイスであれば大丈夫です。Babyface Pro のオーディオアウトをサブウーファーのKH 750 DSPに入力し、KH 750 DSPのオーディオ出力をKH 80 DSPに入力します。ネットワークはLANのスイッチングハブに3つのスピーカーとパソコンが接続されています。

サブウーファーKH 750 DSPを持っていない場合は、オーディオインターフェイスのアウトからからKH 80 DSP直接の接続でも使用できます(上の画像左)。それはKH 80 DSP にDSPが搭載されLANポートが装備されているためです。DSPが搭載されていないKH 120や KH 310、KH 420 でMA 1を使用したい場合には、KH 750 DSPを使用すればMA 1が使えるようになります(上の画像右)。

マイク測定は6箇所

ma-1-setup

リスニングポイントを導き出す ゼンハイザージャパン:鈴木雅彦氏

まずは通常のスピーカー設置方法と同じく、KH 80 DSPをスピーカースタンドに置いて、リスニングポイントとスピーカーがそれぞれ正三角形の頂点になるように配置します。今回はスピーカーの間隔が176センチあったので、その情報をMA 1ソフトに入力します。

x1_MA-1-Software-Screen2-Measurement-conditions_Neumann-Studio-Monitor-Accessory_G

つぎに、ソフトの指示に従ってMA 1マイクでの測定を行います。断続的に再生されるピンクノイズをMA1マイクが集音し、オーディオインターフェイスのマイク入力ゲイン調整を行います。ゲインが適量になったら部屋の環境ノイズを測定。部屋の残響が多い環境であれば、それも含めて測定・分析されます。

そしてここからがメインイベントです。ソフトの指示に従って、極低音から超高音までのスイープ信号を測定していきます。さきほど手入力したスピーカー間隔176センチの情報からはじき出された、計6箇所のポイントで測定していきます。今回はリスニングポイントから左右38cm、前22cm、後ろ26cm、上下13cm で測定せよとの指示が出ました。メジャーで距離を測りながら右スピーカー、左スピーカー、サブウーファーと、それぞれ3回計測 x 6 ポイント = 18回計測しました。

測定後の補正結果やいかに!?

補正前
before
補正後
after

測定が完了するとEQ補正された状態のグラフが表示されます。補正前と補正後の画像を比べますと一目瞭然、250ヘルツのピークがフラットになり、40ヘルツ周辺のディップが改善されました。この状態をスタート地点にEQ調整を行うこともできます。補正データはスピーカー本体に保存する事ができますので、スピーカーに設定を保存したらLANケーブルは片付けても構いません。保存後はパソコンにプラグインやオーディオドライバーを必要とせずに、「部屋の音響特性に最適化されたモニタースピーカー」として、通常のスピーカーと同じ様に使えるのが嬉しいですね。

いざ試聴!

listen

比較試聴を行う Rock oN PRO のBounce清水氏

まず驚いたのは補正なしの状態でもかなり良く、KH 80 DSPと KH 750 DSPそれぞれが主張しないで一体感のあるサウンドです。サブウーファーを追加すると、低音だけが分離して鳴っている感じになったり、ローエンドが主張しすぎてクラブのようなサウンドになってしまう事がありますが、KH 80 DSPと、KH 750 DSP で1つのサウンドにまとまっています。特に低音が自然で、これは密閉型サブウーファーのメリットによるものが大きいのではないでしょうか。

そして補正をONにすると、4インチのスピーカー + サブウーファー という固定概念が吹き飛びました。KH 80 DSPとサブウーファーKH 750 DSPの繋がりが良くて、まるでKH 80 DSPだけで再生しているかのように錯覚します。これはある意味異様な体験といいますか、KHシリーズ上位機種のKH 120 AGを1つ飛び越えて、さらに上位機種KH 310 Aが鳴っているかのような印象です。低域をサブウーファーに任せることでKH 80 DSPの低音負担が減った分、解像度が上がり、そこへさらにキャリブレーションの補正が入るという、MA 1はNeumannスピーカーのポテンシャルを最大限に引き上げてくれるソリューションといえるでしょう。KH 310 A と KH 750 DSP 、そしてMA 1の組み合わせもかなり良い結果が期待できますので、KH 310 Aを導入しているスタジオさんには是非試して頂きたいです。

mano-san

ゼンハイザージャパン:真野寛太氏

モニタースピーカーは正確になるほどキャラクターがなくなり、音が地味に感じると言われます。確かにKH 80 DSP単体で聞くとエンジニア寄りの正確なスピーカーですが、今回 KH 750 DSP と MA 1の補正によって新しい顔を見せたKH 80 DSP。そしてメインスピーカーの潜在能力を最大に引き上げてくれる密閉型サブウーファーKH 750 DSPの威力。Neumann MA 1の新たなスピーカー補正システムは、ミックスエンジニアさんやマスタリングエンジニアさんにぜひチェックして頂きたい 次世代ノイマンサウンドです。

sound-rec-logo

⬅️Rittor Music Sound & Recording Magazine 2021年3月号 Rock on Monthly Recommend記事で Neumann MA 1 を紹介していますので、こちらもチェックしてください!

NEUMANN
MA 1
¥41,580
本体価格:¥37,800
1247ポイント還元

Writer:SCFED IBE

記事内に掲載されている価格は 2021年2月18日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

【7/19更新!】メーカーキャンペーンまとめ DAW/DTM/ソフトウェア/音楽…
お得なキャンペーンをまとめます!
Waves 日本限定 Signature プラグインセール
名エンジニアのフレーバーをサウンドに加えよう!用途や楽器によってひとつのコンポーネントにまとめたSignature シリーズが期間限定価格!
Audiomodern Summer Sale!
手軽なループリミックスの生成が可能なツール『LOOPMIX』をはじめ、AUDIOMODERN のソフトウェア/ツールをバンドルした『RANDOM GENERATORS BUNDLE』も対象となる全製品が30%OFF!
UVI「HX-ODDY」イントロセール!
UVIより表現力豊かな3オクターブの鍵盤楽器にして世界初のデュオフォニックアナログシンセサイザーをベースにしたソフトウェアシンセが登場!
【期間延長】Sonnox 今月の逸品セール!75%OFF!
インテリジェントなドラムヒット検出機能を搭載したドラムレコーディングの強い味方!Sonnox Drum Gateが期間限定価格!
Arturia PolyBrute 12 登場!無限に変幻自在なサウンド
PolyBruteの遺産を引き継ぎ更に進化した、PolyBrute12が登場! PolyBrute12は、12ボイスアーキテクチャと画期的なFull Touch® MPEテクノロジーを持つポリフォニックキーボードにより、 [……
「ACTIVO P1」7/27発売!
ブランド初となるサードパーティー製アプリにも対応可能なAndroid OS搭載、DAC機能の強化によりDAP/USB DAC/Bluetooth DACの3刀流!
Synchro Arts クロスグレード製品の取り扱い開始!
Revoice/Repitchのクロスグレード製品の取り扱いが開始!Synchro Artsの該当製品の異なるシリーズ製品を所有されている場合に、通常版よりもお得な価格で製品を購入いただけます!
sonible社サマーセール!
全品40%OFF!AIを使用してスマートにエフェクトを適用する「smart」シリーズで人気を博すsonible社が、サマーセールを開催!
ポケット効果音「MYSTERY HOUR」イントロセール!
燻るパイプの煙をガス灯が照らすミステリアスな探偵ドラマ風BGM集が40%OFFのイントロセール!
Universal Audioから、Dante I/Oを搭載したApollo x…
Universal Audio社のApolloシリーズに、Dante I/Oを搭載した Apollo x16D が新登場! ライブ会場やネットワーク化されたレコーディング・スタジオに最適な Apollo x16D は、エ [……
Native Instruments「Traktor Pro 4」リリース!次世…
世界で数十万人ものDJに愛用されるソフトウェア「Traktor Pro」が待望のメジャーアップデート! Traktor Pro 4には、iZotopeの技術を融合した新機能を含め、次世代ツールが新たに搭載されました。 ス [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company