閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

28
Mar.2019
PRODUCT NEWS

SSL(Solid State Logic)が放つ究極のデスクトップミキサーSiXを発表!

20190328_SSL_1390_856

SSL(Solid State Logic)がデスクトップ型ミキサーSixを発表しました。これはSSLの何世代にも渡るアナログミキシングシステム技術が凝縮されたデスクトップミキサーで、20万を切る価格帯でありながらバスコンプサミング、CUEミックス、モニターコントロールといった画期的な機能が搭載されています。

SSL
SiX ★18回までの無金利ローン利用可能!
¥198,720
本体価格:¥184,000
2981ポイント還元

まずはSSLのムービーをご覧ください。

試聴音源を追加!

IMG_0999
IMG_0997

Rock oNではSSL SiXのデモ機を1日だけお借りすることができました!さっそくそれを使って試聴音源の収録を実施!

あのGシリーズMaster Bus Compを搭載しているSiXですが「20万以下で本当にあのサウンドが手に入るの?」とみなさん気になっていると思います。アタック/リリースのつまみが排除されましたが、果たしてそのサウンドは…?

そこでドラムのバラchデーター(Kick・SN・TOP LR・アンビエンスLR)をSiXでサミングしてみました。

全部で3トラックあります。Soundcloudにアップしましたので、ぜひその効果をお聞きください!
1 Pro Tools only(Pro Toolsの内部バウンス)

2 Six Mix(SiXのミキサー部に通した音)
 
3 Six Mix + bus comp(SiXのミキサー部に通し、bus Compをかけた音)

Track 3のbus Compの設定は下記の写真のように、10時くらいの設定です。
20190828_SSL_suming

【使用機材】
Avid MTRX
RME Fireface UFXII
DAW Pro Tools ver.2018(96KHz 24Bitで録音)

【ルーティング】
Pro Toolsドラムバラchデータ→Avid MTRX→SSL SiX→RME Fireface UFXII→Pro Tools ver.2018

IMG_1002

SSL SiXの特徴

続いて製品の特徴を解説します。Rock oNスタッフ撮影による、製品の解説動画をご覧ください。

大きくセクションは、

1、2CH MIC+ステレオ2系統のインプットセクション
2、Gシリーズバスコンプ
3、フォールドバックセクション
4、モニターコントロール
5、エクスターナルインプット
6、トークバックマイク

に分けられます。

どのセクションを取ってもこれまでのSSLのヒストリーと技術を凝縮し、デスクトップ制作環境で必要とされている機能にうまくフォーカスした作りとなっています。

SSLの伝説とも言えるSuperAnalogue回路で設計されたマイクプリは通常2CHモデルを導入するだけで数十万円するほどの価格帯。未だにレコーディングスタジオで活躍するSSL 9000シリーズのサウンドが手にはいります。さらにStereo Bus Compressorは、SSL 4000シリーズのマスターセクションに採用され、SSLサウンドの代名詞とも言えるコンプレッサー。コントロールできるパラメーターが減らされた簡易版とはいえ、500シリーズのモジュール版では約36万円する回路がそのままが搭載されているとすると非常にコストパフォーマンス的にも魅力的。

実際に使用するシーンとしては、パーソナルスタジオでの用途において下記のメリットがあります。

高品質なマイクプリの使用

まず挙げられるのはシンプルにアウトボードで準備をしていたマイクプリアンプの代用として導入することです。

伝説的なSSL 9000シリーズと同等のSuperAnalogue回路の持つクリアで低歪なサウンドはSSLならでは。マイク収録自体の音質に十分なクオリティーを持つサウンドキャラクターを追加することが可能となります。更に味付けを極限まで減らしたSuperAnalogue回路を持つLINE Inputへお気に入りのアウトボードを接続することで、接続した機器の持ち味をいかしたサウンドメイクも実現します。

さらに2バンドのSSLアナログコンソール譲りのEQも見逃せません。1.5kHzと260Hzという「判っている」プリセットポイントは、まさにアナログコンソールを作り続けるSSLならでは。中域の細かいEQポイントはDAW内のプラグインに任せ、サウンドキャラクターを決定づけるLF,HFに絞るという選択肢は、この製品のターゲットを考えると非常に納得できるものですね。

サミングで2MIXの一体感をアップ

今回の目玉の一つと言えるGシリーズMaster Bus Compの搭載ですが、機能性を重視していることもあり、アタック/リリースのつまみは用意されていませんが、SSLサウンドを得るための手段として非常に明確な目的を持って割り切られた仕様です。これによりSSLコンソールでミックスをした際に得られる独特なソリッドで透明感のあるサウンドが手に入るということになります。

EXT INも含め最大10chのSuperAnalogue Summing Mixerとしても活用可能なSSL SiX。そのFinalにMaster Bus Compが鎮座するという仕様は、これまでのX-Desk + G-Compの組み合わせの半分以下のコストで同等のサウンドが手に入るというまさに夢のような仕様だと思いませんか?

使い勝手の良いフォールドバックセクション

フォールドバックセクションは、入力部のST CUEとEXT INPUTによる外部入力のソースを混ぜて出力できます。Cue Sendとしての活用も外部エフェクト機器へのセンドに使ったりと、かなり柔軟な活用が可能となっています。この部分は一番自由度が高いため、使用する機材構成に合わせて柔軟な選択ができますね。

モニターコントローラーの置き換えとして

ミキサー本体右下部に擁されたモニターコントローラーは、2系統の出力切り替えとDIM、CUT、そしてMONOが可能。これまで別にモニターコントローラーを用意されていた方も、本製品なら集約されているので一台でまとめられます。このサイズのmixerでMain/Alt Speakerの切り替えができるというだけでも注目していいと思います。

トークバックマイクにはなんとLMCの機能が搭載!

※LMCとはリッスンマイクコンプレッサーの略です。

本来は、コミュニケーション時にTalkback Micの音声を聞き取りやすくするためのオリジナルのコンプレッサーでしたが、このコンプの独特の質感が広く受け入れられ、DrumのOverhead Micのコンプレッサーなどアンビエントマイク用のコンプとして重宝されています。SSL 4000/9000シリーズでしか手に入らなかったこのサウンドは、500シリーズで奇跡的にリリースされていましたが、なんとSSL SiXにも搭載されています。SSLがこの製品にかける情熱を強く感じる機能の一つ。この回路を活用してもらいたいがため、Talkback Micの入力に+48Vと+45dBというGainを持つMic Preが組み合わせられています。

フェーダーは100mm!

ただの100mmフェーダーではありません。SSL伝統の+10db~-10dbまでの間隔が広く取られた100mmのAnalogueフェーダーが搭載されています。微調整の行いやすいこのフェーダーは、これまでの「髪の毛一本の変化を得ることのできる」アナログコンソールのミキシングをプライベートな環境に提供するものとなるでしょう。

SSL SiXの構成図

SSL SiX背面の構成写真


SiXのセッティング例

SiXのレコーディングとライブ、それぞれのセッティング例を解説した動画です。


このSixはSSLサウンドのコンプとEQが各チャンネルに装備され、プリアンプ、マスターバスコンプ、100mmフェーダーと全て1台のミキサーで導入できることはかなり魅力的です!

ST CUE Inを使っての疑似Inline Consoleとしての使い勝手など、ユーザーの環境に合わせて柔軟に変化する製品。そのサウンドクオリティーなどを考えると、これ一台あれば個人ユーザーでもかなり充実した制作環境が構築できるSSLの自信作。

価格は¥198,720で好評発売中です。
product_155969

product_155971

SSL
http://www.solidstatelogic.com/studio/six

記事内に掲載されている価格は 2019年3月28日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月2…
oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月26日発売決定!
iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
IK MultimediaのMODO DRUMを触ってみたぞ!
IK Multimediaのドラム音源MODO DRUMを、PD安田が徹底レビュー!
パッチによって多彩なシンセやエフェクト、サンプラーなどに変身できるミュージック・…
パッチによって多彩なシンセやエフェクト、サンプラーなどに変身できるミュージックコンピューター!
Waves MercuryがRock oNなら ¥124,800 で手に入る!
現在過去最強にお得に手に入るWaves Mercuryをピックアップ!
Avidが新コントロールサーフェス S1 と S4 を発表!
AVIDより待望の新製品が発表されました。
SOUND WARRIOR初のセミオープン型ヘッドホンSW-HP100発売!
密閉型では実現が難しかった音の抜けの良さ、自然な再生音を実現!
Teenage Engineering OP-Zでサンプリングが可能に!ファーム…
サンプリングのほか、USBでオーディオを直接取り込めるオーディオインターフェース機能も追加!
Seaboard/BLOCKシリーズなど、ROLI製品の取り扱いを再開!
Seaboard/BLOCKシリーズなど革新的なROLIの製品ラインナップを紹介!
Naitive Instrumentsが、ついにMASSIVE Xリリース!
次の10年のサウンドを見据えて開発されたMASSIVEの後継バージョン!
SONYがハイレゾに対応したスタジオモニターヘッドホン『MDR-M1ST』を発表…
再生周波数帯域5-80,000Hz!新時代を担うハイレゾ対応のスタジオモニターヘッドホンが登場!
エンジニアの両手を解放するハーネス!GiG GearのTwo Hand Touc…
ライブ会場でiPadやタブレットを使用時に、エンジニアの両手を解放するハーネスが登場!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company