閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR

07
Aug.2019
Rock oN
  • HOME
  • Rock oN
  • RME TotalMixとDigicheckを使いこなせ! by PD安田

RME TotalMixとDigicheckを使いこなせ! by PD安田

20190807_stepup_movie_yasuda_1390_856

RME TotalMixとDigicheckを使いこなせ! by PD安田

夏も本番。非常に暑い季節がやってまいりました。水分補給、こまめに取りましょう。さてみなさん、こんにちはPD安田です。今回紹介するのはRMEのインターフェース全般的に関わってくるTotalMixの使い方とDigicheckについて、動画で紹介して行きたいと思います!それではまず動画をチェックしていただければと思いますので、お時間ある方はぜひご覧くださいませ。

いかがでしたでしょうか?実際に動画でも説明しましたが、おさらいを画像と合わせて紹介して行きたいと思います。

まず初めにTotalMixのおさらいですが、このコンソールの画面では下段の「Hardware Output」を中心に、中段「Software Retern」、上段に「Hardware Input」の3つの要素があります。

pd-1

基本的には下段のHardware Outputから、出力するチャンネルを選択し「何を出力させたいか?」というソースを選び、フェーダーでレベルをコントロールしていただきます。例えば下段のAN1/2を選択している状態にし、そこから中段、上段のフェーダーを上げ下げし、出力したいものはレベルをあげ、さらにコントロールしたいのであれば、適正なレベルに調整し、周りのインプットソースに合わせていただければと思います。

ここでちょっとした小ネタですが、RMEの凄いところはなんとADAT出力もレベルコントロールが可能です。(もちろんAES、SPDI/Fのチャンネルも可能です。意外とないんですよねデジタル信号のレベル調整ができるものは…)
操作は簡単で下段のOutputレベルのADATチャンネル選択し、出力するレベルをここで調整するか。あるいはHardware InputのADATチャンネルのフェーダーを下げるかで、RMEのインターフェースから別の機器に接続する際に送りも受けも調整できます。ただしマイクもLineもそうですが、Hardware Inputの項目はフェーダーを上げ下げしても、DAWに取り込まれるレベルは変わりません。この場合調整する時はGAINのつまみを調整してあげてください。

そして動画中で紹介していたReverbかかったサウンドを一緒にレコーディングをしたい!やり方ですが、Loopback機能を駆使すればそれが実現が可能です。

初めに下段で使用していないHardware Outputをどれか選びます。そして、そのチャンネルのスパナマークを押し「LoopBack」をクリックしておきます。この時、Mic InputではFX Sendをしっかりあげて送ります。また画像ではSPDI/Fのチャンネルを選んでおりますが、FX Reternをあげておくことで、しっかりSend/Reternされた音がSPDI/Fに反映されております。

pd-2

TotalMixでの操作が完了したら、DAWを立ち上げ、LoopBackをONにしているInputを選択します。するとリバーブ音もかかった状態での録音がここでも可能になります!Reverb音のトラックが果たしてどう活用できるかはわかりませんが、ちょっとしたエフェクティブなことをしたいにはお勧めできるエフェクト機能なので、ぜひ試してみてもらえたらと思います!

pd-3

以上、記事はTotalMixが中心になっちゃいましたが、Digicheckも動画を参考にしつつ、お試しいただければと思いマフ。
また質問など疑問点ある方はお気軽にRock oN 安田までお問い合わせください!


    記事内に掲載されている価格は 2019年8月7日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AKGの血統を受け継ぐ新ブランド Austrian Audioから2本のマイク発…
    AKGの技術と文化を継承して2017年に立ち上げたブランドから2本のマイク発売!
    Metric Halo 3d Card Upgrade ついに国内の予約を開始!
    圧倒的サウンドクオリティ、根強いユーザー人気のMetric Haloから3d Early Access発売!
    AKG ヘッドフォン「K371-Y3」、「K361-Y3」発売開始
    AKGよりポータビリティーと再現性能を両立したモニターヘッドホンが登場!
    KEMPER「PROFILER STAGE」9月28日発売!予約受付中!
    デジタルギターアンプKEMPERに、待望のフロアタイプ仕様がついに登場!予約受付中!
    今がオススメ!Townsend Labs Sphere L22をRock oNが…
    増税前の今、お得な製品をレコメンド!今回はTownsend Labs Sphere L22をご紹介!
    FATAR ハイグレード鍵盤 Studiologic SL88 GRAND の実…
    FATAR ハイグレード鍵盤 Studiologic SL88 GRAND の実力を動画と記事でダブルチェック
    今がオススメ!RME Babyface ProをRock oNがオススメする3つ…
    今回はリスニングオンリーの方にもおすすめ!小規模の制作環境に最適なモバイル・インターフェースをご紹介!
    Ableton主催イベント「Loop 2020」チケット登録受付開始!
    トーク、パフォーマンス、および実地体験型ワークショップを実施!刺激的な音楽イベントがベルリンで開催!
    Thunderbolt 3接続モデルであるUniversal Audio UAD…
    Thunderbolt 3接続モデルであるUAD-2 Satellite TB3が登場!
    今がオススメ!Antelope Audio Orion32 HD Gen3 をR…
    高機能I/FのAntelope Audio Orion32 HD Gen3の3つのポイントをご紹介!
    UVI Toy Suite の 8-Bit Synth で ピコピコアレンジをし…
    ピコピコアレンジの実践と、8-Bit Synth のプリセットを時短で紹介!
    IBC 2019 : Dolby / ADDER / Canare
    まだまだ続くIBCレポート。続いては3つのブースからお届け!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company