閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

25
Jan.2019
PRODUCT NEWS
  • HOME
  • PRODUCT NEWS
  • INTERFACE
  • これぞYAMAHA & Rupert Neve Design技術のマイルストーン! STEINBERGフラッグシップオーディオインターフェース「AXR4T」登場!

これぞYAMAHA & Rupert Neve Design技術のマイルストーン! STEINBERGフラッグシップオーディオインターフェース「AXR4T」登場!

20190123_steinberg_1390_856

現地速報! SteinbergブースでAXR4Tの姿をキャッチ

新製品 Steinberg AXR4Tと現地ブースで遭遇。やはり、多くの人がブースに押し寄せおり、注目度の高さを感じました。

Steinberg AXR4Tを現地でキャッチ

Steinberg AXR4Tを現地でキャッチ
Steinberg AXR4Tを現地でキャッチ

2019NAMM Show最大級のトピックと言うべき新製品の登場です!

まずは基本スペックをプレイバック、YAMAHA STEINBERGの本気が伝わります。

  • ヤマハカスタムメイドDSPXチップ採用、あるがままを捉える最大32bit/384kHz対応
  • マイクプリアンプ部にVCM(Virtual Circuitry Modeling)にてモデリングされたSILKプロセッシング搭載
  • 内蔵DSPで動作するVCMエフェクト2種とREV-X、チャンネルストリップ。NativePlug-Inライセンスも全て提供!
  • 合計28In24Out(内アナログ12in/8out)の豊富な入出力
  • 将来性に期待! 現状Thunderbolt2接続のPC接続端子部分は差替カード式仕様
  • 3台までのスタック対応、操作性に優れる新フルマトリックスミキサー「dspMixFX AXR」など

20190125_steinberg01

その他エディターの操作性に至るまで後発ならではの現場目線が光る入魂のフラッグシップを早速チェックしていきましょう。目玉機能の1つであるSILKプロセッシングサウンド比較も用意しましたので、是非チェックしてください!

探究の末辿り着いたAD/DA回路設計、YAMAHA VCM × RND SILKの出会い

20190125_steinberg02

昨年末のメジャーアップデートでCUBASE10が32bit整数/64bit浮動小数点に対応したことは、まさにAXR4T登場の布石だったと言えるでしょう。

URの成功以降、同社で技術とノウハウを結集したフラッグシップ機の開発プロジェクトが発足されたとき、開発チームが原点としたプロダクトコンセプトは『根本的な価値であるサウンドの実直な追求』でした。

その結果32bit整数での広大なダイナミックレンジを活かしたレコーディング、最大384kHzのサンプリング周波数に対応 したAD/DA回路、多彩なプロセッシングとシグナルフローを実現したのはYAMAHAフラッグシップデジタルミキサーPM10やMMP1などで既に高い実績を誇るヤマハカスタムメイドDSPXチップの恩恵と言えます。

20190125_steinberg03

さらに今回AXR4Tには YAMAHA RIVAGE PM10と共通方式のハイブリッドマイクプリアンプを搭載。

このマイクプリアンプは、クリーンで自然なサウンドでの録り込みが可能なアナログ部と、Rupert Neve Design社がリリースするアウトボード製品の⼈気機能『SILKプロセッシング』をVCM技術で正確にモデリングしたデジタル部のハイブリッド構成が特徴です。(1~4ch MIC INPUT ダイナミックレンジ119dB A-Weighted)

20190125_steinberg04

20190125_steinberg05

元々RupertNeveDesignが提唱する『SILK』という機能では1073 などのビンテージユニットに見られる倍音効果を得ることを目的に二次と三次倍音を引き上げます。この際高次倍音歪みはなく、さらに信号ソースに合わせて (高域に作用する) Silk Red と (低域に作用する) Silk Blueの切り替えを持つアウトボード市場でも極めて人気の高いプロセッシングです。

SILKスイッチは本家同様にOn/Offだけでなく、かけ具合を調整できるテクスチャー調整に加え、キャラクターを変化させるRed/Blueモード切り替えも完全再現。REDモードは二次倍音を強調することからアコースティック楽器やVocalに向いており、Blueはパーカッシブな楽器やエレキギターなどに最適なサチュレーションを加えます。

20190125_steinberg06

「デジタルでもアナログと全く同じように素晴らしい音を作り出せる」とRupertNeve氏本人も賞賛するVCMテクノロジー。今回RND社エンジニアリングマネージャーのデニス氏も『SILKは現代のトランスフォーマーデザインを駆使してRupertNeveオリジナルのビンテージサウンドを再現する技術であり、愛すべきビンテージサウンドへの郷愁も満たしつつ、良好な結果をもたらしてくれる。再現性やチャンネルマッチングも完璧、YAMAHAとのパートナーシップは私たちの製品を新しい世界に導いてくれる』とコメントしています。

実際にそのサウンドをチェックして見ましょう。

(SILK OFF例)

(SILK ON例)

いかがでしょうか、SILKの心地よい『アナログの旨味』ともいうべきサーチュレーションを感じられたと思います。

D/A部について今回ProTools(24bit/96kHz)およびCUBASE10(32bit整数/96kHz収録セッション)にて欧米の競合他機種比較試聴を行ないました。短い時間でのテストでしたが特筆すべきはAXR4Tの立体感や定位再現性です。ソースが生音の場合より顕著に、縦/前後方向の距離感を描き出す性能はトップクラスといえます。

特に競合価格帯の傾向として、高域を強めたり、トランジェント特性を高めた一聴の派手さに特徴のある機種が多い中、AXR4Tは全帯域の再生バランスが整っています。

内蔵DSPエフェクトは4種搭載、さらに全部Native Plug-Inライセンスも付属!

20190125_steinberg07のコピー

UA社を筆頭に20万越えの制作I/F市場ではもはやステータスになりつつあるDSPエフェクト、AXR4TではDSPチップセットとして第四世代SHARC21489を搭載。エディターソフト上でのDSPポストエフェクトによる遅延はわずか数サンプル、Post/Preでも積極的な活用が可能です。

さらに大きなトピックは4種のエフェクト全てのNative CPUで動作するプラグインライセンスが、AXR4Tユーザーには無償で提供されることです。

20190125_steinberg08
20190125_steinberg09

搭載エフェクトはYAMAHA VCMエフェクトシリーズから定番ビンテージである276コンプと、70年代に使用されたアナログイコライザーの歪み特性をエミュレートしたEqualizer601を搭載。

さらにREV-Xリバーブに加え、プロエンジニアセッティングを備えたSteinberg定番のチャンネルストリップ「SweetSpot Morphing Channel Strip」を本体DSPエフェクトとして装備。こちらはモニター信号だけにかけるか、モニター信号と録音信号の両方にかけるかも選択できます。

添付のDSP性能だけでは足りないという場合でも、CPUと併用することで更なるプロセッシングが可能になります!DSPで掛け録り、MixはPlug-Inという使いわけもユーザーの思うままです。

20190125_steinberg10

将来DanteやMADIカード登場なるか!? カード式のPCインターフェイス

20190125_steinberg11

公式発表では触れられていないものの、Thunderbolt端子部分はネジ止めカード式と思われる形状を取っており、拡張カードのリリースがあるのか期待が高まりますね。

現状はまだ全くの不明ですが、今後Dante、SoundGridをはじめとするネットワークオーディオ対応から、MADI拡張やThunderbolt3(USB-C)への対応も含めて期待が膨らみます。ネットワーク始め業務用途での拡張という点では、そこにつながるコントローラーやCUEシステムなどの展開にも期待大です。会場でもこの辺りチェックしてきますのでお楽しみに!

操作性に優れる新フルマトリックスミキサー搭載「dspMixFX AXR」と高解像度本体LCD

20190125_steinberg12

操作性を一新したエディターdspMixFX AXR。基本チャンネルセッティングを行うMIXERと、ハードウェア入力やDAW出力ならびにMixバスレベルを一望できるメーター、そして操作性に優れたMATRIX MIXERをベースに構成されています。

MATRIX MIXERダブルクリックでのOn/OffやSHIFT+ドラッグでの複数一挙選択や、Control+クリックでのクリック式複数選択など直感的な操作性を実現。本体搭載の高精細LCDにおいても全チャンネルのレベルメーター表示が可能など、現場が求める基本操作性は必要十二分に搭載していると言えるでしょう。

スタック接続対応で拡張性も確保、Cubase専用Extentionも魅力!

20190125_steinberg13

Thunderboltケーブルを使ったデ イジーチェーン接続で、最大3台までスタック可能。複数台接続時には、STACK IDで、個々のAXR4Tを判別。さらにCUBASE用のAXR EXTENTIONももちろん用意。各種プリアンプセッティングやSILKコントロール、さらにエフェクトのインサートなどもCUBASE上のトラックからアクセスできるようになります。

その他の情報として、サンプリングレートによる最大入出力とブロックダイアグラムも添付しておきます。(最大サンプリングレートでは添付ブロック図の通りアナログ入出力となります)

20190125_steinberg14

44.1/48kHz時のブロックダイアグラム
20190125_steinberg15

384kHz時のブロックダイアグラム
20190125_steinberg16

価格発売時期について 

気になる価格は正式決定前なものの、予価で25万円前後と競合他機種比較でもプライスレンジは魅力的。

発売は2019年3月1日を予定。初回はMac版ドライバーのみのリリースで、Win版もQ2頃のリリース予定。

AXR4T本体には32bit整数対応のCUBASE AIソフトウェアも無償付属! Thunderbolt2ケーブルは付属しないパッケージとのことですが、Rock oNで先行予約いただければもちろん付属しますので、買ったその日から32bitレコーディング開始できます!

Writer.Takemoto

販売開始時には競合製品含めた比較試聴コーナーも用意しますので、ぜひフォームよりお申込みください!

予約はこちら!
https://www.minet.jp/_form/_html/Steinberg_AXR4T.html

NAMM2019 クイズ de ショーレポート DAY1

3択1答クイズにチャレンジ!

クイズに正解したら下のeStoreボタンから購入へ。

手に入れたクーポンコードを入れると衝撃価格に切り替わります!

Rock oN
NAMM 2019 クイズde Showレポート 1rd day
¥81,000
本体価格:¥75,000
0ポイント還元
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年1月25日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Strymon VOLANTE予約開始!
3タイプセレクト可能なマルチヘッドディレイ!
Prominy「SR5 Rock Bass 2」予約開始!新たに収録されたサンプ…
世界一リアルなギター音源を作る日本国内のProminy。そんなProminyの中でも特に人気のあるベース音源「SR5 Rock Bass」がアップデート!この度「SR5 Rock Bass 2」が発表されました。 Pro [……
ドイツのSound & Recording Magazine Webサ…
ドラムのオーバーヘッドに立てて、50種類のマイクで比較試聴!
ブランド市掘り下げ AVALON DESIGN V5
今回ご紹介する「V5」は、1台三役のマルチユニット!
UVI Rock oN Demand対応おすすめ5選!
Rock oN Demand対応になったUVIから注目の5プロダクトをピックアップ!
Ableton Live 10.1 UPD 公開!UPD内容と、いつものOne …
Live 10.1UPDの追加機能と既存機能を使ったOne Tipsをご紹介!
Vicousticの取り扱いを開始!室内音響を改善するソリューション!
スタジオ向けに吸音、拡散といった室内音響を改善するソリューションを多数ラインナップ!
Sonarworks「True-Fi」で外でも正しい音を持ち歩こう!
「True-Fi」とは スピーカーキャリブレーションソフトウェアの大手SonarWorksが手がける「True-Fi」をご存知でしょうか。みなさんが作られている音楽がリスナーに渡るとき、その音響特性はリスナーのモニター環 [……
TC Helicon「Go XLR」予約開始!ブロードキャストに特化したミキサー…
ミキサー・オーディオインターフェース・ボーカルエフェクター・サンプラーをも搭載!
Ableton Liveの面白い機能をブレイクダウン!
Ableton Liveにビンテージマシン固有のシーケンサーを完全再現出来る機能が!?
MOTUがDigital Performer 10を発表!予約受付中!
クリップウインドウやオーディオストレッチに加えて、数十種に及ぶ新要素が追加!
PD安田がお勧めするWaves Mercury!
過去最強にお得に手に入るWaves Mercuryの何がすごいのか、PD安田が紹介!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート