閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

22
Mar.2017
PRODUCT NEWS
  • HOME
  • PRODUCT NEWS
  • HEADLINE
  • Sonarworks スタッフ Interview ~ヘッドホン/スピーカーキャリブレーションのプロが来日~

Sonarworks スタッフ Interview ~ヘッドホン/スピーカーキャリブレーションのプロが来日~

20170321_sonarworks_1390

NAMM 2017ショーレポーとでもお伝えした、スピーカーやヘッドホンのキャリブレーションソフトウェア Reference 3が日本でも話題になり始めているSonarworks。

SonarworksはJZ MicrophonesやViolet Designと同じ、バルト三国のラトビア共和国で生まれたブランド。24名のスタッフが勤務する本国オフィスからMartins Popelis氏(Co-founder, VP Products) とKārlis Briedis氏(Global Sales Manager)が来日したということでインタビューを行いました。

ラトビアと音響機器

冷戦時代にソ連の領土であったラトビア共和国は、バルト海に面した地形を活かし、潜水艦の開発が盛んでした。ここには深海で目となる音波探知機のソナーレーダーの研究機関が置かれており、そこで生まれた音波測定技術は、この国に様々な音響機器メーカーや研究所を作るきっかけとなった。

Sonarworksと製品について詳しくはこちら
20170111_namm_sonarworks_i
20170121_day2_namm_sonarworks_i

Interview

sw

Rock oN (以下 R): そもそもなぜキャリブレーションソフトを開発することになったのでしょうか?

_DSC2432Martins 氏 (以下 M): 初めはカーオーディオのキャリブレートからスタートしたんですよ。2012年末に高校時代の(ビジネスに長けた)友人と共にカーオーディオキャリブレーションのエンジニアと知り合う機会があり、そこから始まりました。

Kārlis 氏 (以下 K): 全てのスピーカーやヘッドホンの音は僅かに歪んでいます。それをキャリブレーションして理想の状態で鳴らすことでより制作がしやすくなります。この技術をプロの制作現場で使いたいと考え、今に至ります。

R: Sonarworksのキャリブレーションソフト Reference 3は精度が高く、トップエンジニアも実務で使用しているということですね。

K: そうですね。非常にたくさんのエンジニアが私たちの製品を使ってくれています。Michael Jacksonを手がけたMichael Lehmann Boddicker、Maroon5でグラミー賞を受賞したMatt WallaceにSmith Carlson…。全ての人を上げるとキリがありませんよ。例えばShakiraやPinkを手がけて合計11ものグラミー賞を受賞しているエンジニアMARK NEEDHAMは現在◯◯(アーティスト名は極秘)の新作を作っているのですが、そこでReference 3を使ってくれています。彼は3箇所のスタジオで録音してそれを自宅のスタジオでミックスするスタイルで作業をしていますが、全てのスタジオで同じ環境でモニタリングする必要があるため、Reference 3を使っています。

_DSC2473

R: なるほど。Reference 3を使うことで、モニター環境を整えるだけでなく、どこで作業しても同等の環境を作れるのですね。

M: そこが重要です。例えばクライアントとエンジニアは違う機種のスピーカーやヘッドホンを使ってそれぞれの場所で作品をチェックします。ここで両者のモニター環境がSonarworksのReference 3でキャリブレートされていれば、音響特性の差異は極めて小さく、エンジニアのイメージをクライアントへダイレクトに届けることができます。

R: ヘッドホンのキャリブレーションのお話が出ましたね。日本ではまだそれに相当する製品が稀なのですが、そちらも人気がありますか?

_DSC2469M: 実は現在のSonarworksはヘッドホンキャリブレーションが主力となっています。こちらはプロの他にコンシューマーやアマチュアミュージシャンからの人気も高いのです。

K: スピーカーから出たパルスをマイクで拾って解析するスピーカーキャリブレートと違って、ヘッドホンはもともとSonarworksが精密にアナライズしたヘッドホン機種別のProfileデータを読み込んでキャリブレートします。この誰でも使える手軽さが好評です。このシンプルさが重要だと私たちは考えています。

R: プロからアマチュアまで、幅広いユーザーを獲得しているのですね。では最後に、今後の目標などを教えてください。

M: 私たちはキャリブレーション分野でトップを狙っています。目標として、2022年までに世界中の50%のスタジオがSonarworksのソフトウェアを導入することを掲げています。そして、4月から日本でもSonarworks製品の販売を開始します。どうぞ楽しみに待っていてください。

R: シェア50%!それは大きな目標ですね。日本での発売も嬉しいニュースです!さっそく ヘッドホンキャリブレートを試してみたいです。本日は忙しいところありがとうございました。


会話の中で明らかになったSonarworks製品の日本発売。4月からということですが、情報が入り次第お伝えします。楽しみがまた一つ増えました。

sonarworks
http://www.sonarworks.com/

最新記事ピックアップ

Universal Audio Arrow 特典付きで新発売!Apolloのサウ…
Universal Audioから新製品『Arrow』が発売しました。入門者からプロのモバイル用途まで、気軽に導入できるUAD-2搭載オーディオI/Fの登場です! ArroewはApollo Rack、Apollo Tw [……
SHURE GLX-D Advanced 安心、簡単、高音質。パフォーマンスにも…
マイク、イヤホンと同じくSHUREがライブ現場で高い信頼を得ているのがワイヤレスシステム。その中でも今、ライブハウスなど小~中規模の現場で最も注目を浴びているのが2.4GHz帯のデジタルワイヤレスGLX-D Advanc [……
Apogee Symphony I/O Mk II Thunderbolt 8×…
旧Apogee製品から Symphony I/O Mk II Thunderbolt 8×8へのアップグレードで買取金額が15%UP! 旧Symphony I/OやEnsembleなどから最新鋭のフラッグシップへ。サウン [……
知ってますか?FocusriteオーディオI/Fユーザーはプラグインが毎月もらえ…
FocusriteのオーディオI/FシリーズはScarlett(USB)、Clarett(Thunderbolt)、RED(Network Audio)の3ライン。伝統のマイクプリアンプ搭載のほか先進のデジタル技術で、ビ [……
KEMPERを選択する理由はこれだ!クリエイター目線で使いこなす!PROFILI…
「徹底カスタマイズ」をキーワードに、数々のPro Tools、Sibeliusのオリジナルアイデア/ノウハウを披露します!
NAMM 2018 直前情報:Universal Audo UAD-2アクセラレ…
個性的なラインナップと卓越したアナログモデリングサウンド。そしてDSPによるCPUにほぼ負荷をかけないプロセッシングは、今や制作シーンのスタンダードとなったUniversal AudioのUAD-2! 2018年3月31 [……
Native Instruments MASCHINE 2.7への進化
世界中のビートメイカーのハートを掴んで話さないNative Instruments MASCHINEのソフトウェアv2.7が公開されています。 今回のバージョンアップではリアルタイムのタイムストレッチを含むオーディオの充 [……
Rock oN AWARD 2018 受賞製品を発表!
ユーザーとRock oN選考委員、そしてゲストのプロクリエイターが一つになって2017年を象徴するプロダクトを決めるRock oN AWARD 2018。遂に受賞製品が決定しました! 2017年はAIやVRなど新しい技術 [……
Pro Tools HD対応オーディオI/O特集!憧れの最強セットをSUPER …
高額製品を購入するなら1月31日まで! Rock oN eStoreでは『18回払いまで0%金利』もしくは『48回払いまで実質1.9%の超低金利』クレジットローンキャンペーンを開催中です! 例えば100万円の製品であって [……
Ready to HD I/F!! 3rd Party I/Fへトレード&…
今年はDigilink接続インターフェースが百花繚乱!! ROCK ON PROでは3rd Party製インターフェース導入を徹底アシスト!! 史上最大級のトレードバリューや技術メリットに加え、店頭比較試聴やレンタルプロ [……
「KRKの1番の魅力はオーディオ的というより音楽的なところ」~ エンジニア 加納…
エンジニア 加納 洋一郎氏に聞くKRK Vシリーズのインプレッションは?
「agehasprings Open Lab.」レポート 〜 イベントに込められ…
イベントに込められたメッセージ。これからの音楽クリエーターに求められること
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート