閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

01
Nov.2017
PRODUCT NEWS
  • HOME
  • PRODUCT NEWS
  • HEADLINE
  • MASTER CLOCK導入計画!ホームユーザーからプロまであらゆるデジタル機器のサウンドを底上げ!

MASTER CLOCK導入計画!ホームユーザーからプロまであらゆるデジタル機器のサウンドを底上げ!

20171101_clock_1390

自分のシステムの音を良くしたいと思った時、機材を上位グレードのものに買い替える事はもちろんの事ですが、例えばスピーカーの性能を発揮させるためのスピーカースタンドが存在するように、今ある機材をより良いコンディションで鳴らすための機材『Master Clock』を導入するという方法があります。しかしMaster Clockはデジタルシステムの音質向上に絶大な効果があるわりにまだまだ「知る人ぞ知る」という機材なのではないでしょうか。

Master Clockについての基本中の基本をわかりやすくまとめました。Master Clockって何?というエントリーユーザーからプロエンジニアまで楽しめる内容でお届けします。

Master Clockって何?

・Master Clockとは?

デジタルオーディオで言うところのサンプリングレート(48kHzとか)の基準信号を供給する機器がMaster Clockです。この基準が揺れている(精度が低い)と超高域と超低域の波形に顕著な乱れが発生します。

例えば、48kHzのサンプルレートであればみなさんご存知のとおり24kHzまで録音できます。ここに24kHzの正弦波を入力したとします。精度の高い基準信号を受けていれば、各サンプルごとに「+、0、-、0、+、0…」と記録され正確に再現されると思いますが、基準が揺れるとそこに間違ったデータが混入してきます(本来は+であるはずのところがーになってしまうなど)。これでは入力された24kHzの正弦波は正しく再現されません。

以上の例はあくまで一例ですがMaster Clockによって、音の全ての領域の再現性が決定づけられるということがイメージできるでしょうか。

・インターナルではだめ?

通常デジタル機器は本体に『インターナルクロック』と呼ばれるジェネレーター(発振器)を搭載していますが、よほど高級な機材であったりこだわりのあるメーカーのものでなければ精度があまり良くありません。ジェネレーターの精度を上げるにはかなりのコストがかかってしまうからです。

「それならば最低限のジェネレーターを搭載しておくので、こだわる人はMaster Clockを導入して高精度のワードクロックを供給してください」ということで、ある水準以上のクオリティのものはワードクロックの入力端子を持っています。Master Clockを変えると同じ機材でも「別の機械になったのか!?」というくらい音が変わります。

new_chiba5通常のオーディオI/O(全てのデジタル機器)にはもともとインターナルクロックとして『クリスタルオシレーター』が必ず搭載されています。この水晶に電圧をかけるとプルプルと振動します。物質によって電圧をかけた時の共振周波数が決まっていて、例えばこの水晶なら12MHzです。この振動の波を取り出して利用するのがクリスタル発信器の仕組なのですがこのままではあまり良い精度を持っているとは言えません。水晶に電圧をかけると熱が発生し「氷、水、水蒸気」の関係と同じように分子運動のしやすさが変わって共振数が変わってくるためです。

より正確なClockを取り出すためには、Anteloep Audo Isochrone OCXに搭載されている『OCXO(Oven-Controlled Xtal oscillator=恒温槽付水晶発振器)』のように恒温槽(温度を一定に保ための容器)に入れるなどの工夫が必要です。このおかげで例えばIsochrone OCXクロック精度はクリスタルオシレーターの1000倍もの精度を持っています。

・ジッター抑制

まずはじめにジッターについて。超高域でいうと例えば24kHzの正弦波を記録したデジタルデータは本来01010…(符号部分)という並びになります。このときクロックが少しでも乱れるとその01010…の並びが乱れます。これが俗に『ジッター』と言われるものです。つまり”ジッターが少なければ高域の再現性が高い”ということになります。

超低域は1波調が長いためクロックが揺れるとDC(直流=直線波形)になります。非常に大きな波なだけあって波形的にはまっすぐな横棒になってしまう。そうなった時に全てのデジタル機器はこれをノイズと判別し再現されません。

このことからMaster Clockを導入して限りなくジッターを減らすことによって、これまでできなかった微細な広域に渡る音の再現ができるようになります。

録音機材でのMaster Clockの影響も大きなものです。精度が高ければ高いほど微細な音まで全て正確に記録されるため、聴感として音の立ち上がりの良さ、濁りの無さ、位相の良さに現れます。

一言で言うと『Master Clockとはデジタル機器を規則正しく動かすための機械である』と言えます。そしてより本質を語るとMaster Clockとは『時の流れを正確に等間隔に刻む機械』『48kHzで使用した場合にいかに正確な1/48000秒という刻みを出すかっていうのに命をかけている機械』と言えます。例えば日本の標準時を決めている原子時計もMaster Clockと言えます。そういう物をダウンサイズして私たちが普段使っている44.1kHzや48kHzといった信号が出せる機材が音響で使うMaster Clockなのです。

製品による音の違い

new_logo

Master Clockはメーカーや製品により接続した機材の音が変わることが知られています。

一般的に精度の高いMaster Clockほど高域の再現性が上がるので聴感上、高域のパワーが上がります。つまり音の重心が上がりそのマスキング効果で低域が消えるので、繊細ではあるが全体のパワー感が足りないと感じられることがあります。

精度だけを追い求めると広帯域にわたりフラットなサウンドに近づいていきますが、そういった音は聴き慣れなく迫力不足と感じてしまう人も多いようです。そこで肝心なのがメーカーごとのチューニングです。精度を追い求めつつも、にじませるところはにじませることで低域のパワー感を保つ。そのために開発者の耳が頼りとなるのです。

あなたのシステムにも簡単に導入できるんです!

これまでに挙げた単体MasterClockは特別な仕様でなくとも多くのオーディオI/Fなどで仕様可能です。高級機になるとBNC端子のClock Inが存在しますが、そうでなくとも多くのオーディオI/Fに搭載されているS/PDIFからMasterClockの供給を受けることができます。BNC端子であろうがS/PDIF端子であろうがクロックの制度に違いはありません。いまお使いのオーディオI/Fのサウンドを向上させたいならMasterClockを導入するという方法があることをよくおぼえておいてくださいね。

Rock oNで購入できるMaster Clockジェネレーター

Antelope Audio

開発者が「耳でクロックをチューニングしている」と明言している唯一のメーカーなだけあって、非常にオーディオ的なサウンド。通常、高精度なクロックは音が軽くなる傾向があるが、同社製品に関しては低域(パワー感)が増す。かといって解像度が低いわけでもない。精度よりも音質を追い求めている。

  • Antelope Audio
    OCXHD

    ¥170,000 (本体価格:¥157,407)


  • Antelope Audio
    Isochrone Trinity

    ¥388,000 (本体価格:¥359,259)


  • Antelope Audio
    10MX

    ¥770,000 (本体価格:¥712,963)


  • Antelope Audio
    LiveClock

    ¥110,000 (本体価格:¥101,852)


    20171117_antelope_banner

    APOGEE

  • APOGEE
    BIGBEN

    ¥208,000 (本体価格:¥192,593)


    Audio&Design

    通常クリスタルより1000倍の精度を持つTCXOオシレーターを搭載している。Rock なサウンド。音の芯がぎゅっと引き締まり、奥行き感、空気感、立体感が圧倒的に再現されるようになる。多くの人にぜひ一度聴いてもらいたい。某著名エンジニアも愛用者の一人。彼の音を聴くとリバーブの空気感、分離が良く解像度も良い。その秘密の一つがこの製品。解像度を高めたい、本当の意味のハイファイを極めたいならこれ。

  • Audio&Design
    SyncroGenius HD+

    ¥518,400 (本体価格:¥480,000)


  • Audio&Design
    SyncroGenius HD Pro

    ¥496,800 (本体価格:¥460,000)


  • Audio&Design
    SyncroGenius HD Pro+

    ¥648,000 (本体価格:¥600,000)


    Black Lion Audio

  • Black Lion Audio
    Micro Clock MkIII

    ¥120,000 (本体価格:¥111,111)


  • Black Lion Audio
    Micro Clock MkII

    ¥39,799 (本体価格:¥36,851)


    BRAINSTORM

    放送局、MAで大定番。MA系はデジタル化が進んでいるためデジタル端子を持ったものが多い。これはリンク端子を持っている。オールデジタルのスタジオのクロック管理をするのに有効。いっぱい使える。音質は高い精度とクリアな音質。非常に分かりやすく解像度が高くなるが、重心が高くなりすぎない。一枚膜がはがれる感覚。

  • BRAINSTORM
    DCD-8

    ¥237,600 (本体価格:¥220,000)


    LAVRY Engineering

  • LAVRY Engineering
    Synchrony-16

    ¥324,000 (本体価格:¥300,000)


    MUTEC

  • MUTEC
    iCLOCK

    ¥372,600 (本体価格:¥345,000)


    ROSENDAHL

  • ROSENDAHL
    MIF4

    ¥103,680 (本体価格:¥96,000)


  • ROSENDAHL
    NANOCLOCKS GL

    ¥218,000 (本体価格:¥201,852)


  • Rock oN
    ROSENDAHL NANOCLOCKS GL+VOVOX Link ProtectAD200 BNC-BNC

    ¥229,284 (本体価格:¥212,300)


    Steinberg

  • Steinberg
    NUENDO SyncStation

    ¥388,800 (本体価格:¥360,000)


    TASCAM

  • TASCAM
    CG-2000

    ¥410,400 (本体価格:¥380,000)


  • TASCAM
    CG-1800

    ¥189,980 (本体価格:¥175,908)


  • TASCAM
    CG-1000

    ¥124,856 (本体価格:¥115,607)


    Toneflake

  • Toneflake
    TSR-900 10Mhz アトミッククロック (BNCケーブル、電源ユニット付属)

    ¥698,001 (本体価格:¥646,297)


  • Toneflake
    TSRM-990-96 (BNCケーブル、専用電源ユニット付属)

    ¥698,001 (本体価格:¥646,297)


  • Toneflake
    TSRM-990-2 (BNCケーブル、専用電源ユニット付属)

    ¥998,001 (本体価格:¥924,075)


  • Toneflake
    TSRM-990-88.2 (BNCケーブル、専用電源ユニット付属)

    ¥698,001 (本体価格:¥646,297)


    上空2万kmにあるMaster Clock

    導入したMaster Clockの精度をさらに高めるために「Atomic Clock(アトミック クロック)」の存在があります。これはAntelope Audio社が独自に使っている呼び名ではありますがその正体『ルビジウムオシレーターを使って10MHzの矩形波を出す発振器』です。ルビジウムの出している10MHzというのは工業規格として一般的なもの。工業用ロボットのように「モーターを何秒動かしたらこの位置に行く」など高い精度が求められるものは高周波の正確なClockが必要となるためです。

    この10MHzの信号を受ける端子にはAntelope Audio製品なら「Atomic」と書かれていて、それ以外のAUDIO DESIGN社、Brainstorm Electronics社のものには「GPS」と書いてあります。

    conectivity-10mx-front
    Antelope Audio 10MX – Atomic Clockを受け 最大768 kHzのクロック信号を4つ分配可能

    GPSは『Global Positioning System(全地球測位システム)』の略。離れた場所に浮いている3つの衛星から届く電波の時間差(ディレイ)を測ってそれぞれの衛星までの距離を割り出し、3次元測位を行えば自分の位置が分かるという仕組みで、みなさんも日頃からお世話になっていると思います。GPSは高度20,000kmに浮いている約30個の衛星全てが同期していて、地表に対して放射状に電波を飛ばしています。このために高精度な同期、すなわちクロックが必要なわけです。また、もし仮にClockが簡単に狂ってしまっても宇宙空間までメンテナンスをしに行くわけにはいきません。そのGPS衛星から送られてくる信号が非常に正確なClockソースを含んでいるというのはわかると思います。

    GPSにはルビジウムより精度が高く「1億年に1秒程度の誤差」と言われる超高精度なセシウムがオシレーターとして使われています。

    GPSのClock信号は10MHzで送られています。それを地上で受ける『GPSアンテナ』とその信号をMasterClockで受けられる10MHzの電気信号に変換する『GPSレシーバー』を手に入れれば非常に高精度なClock信号を手に入れることができます。一戸建てにお住まいの方はぜひ。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live 10 遂に2月6日に発売!無償アップグレード付き「9」…
    ライブと制作の垣根を超え、音楽シーンに新しい光を注ぎ続けるAbletonから Live 10が登場!2018年2月16日にいよいよ発売となります!Live 10はこれまでの直感的な操作性はそのままに、4つのデバイス、これ [……
    Rock oN AWARD 2018 座談会
    先日各賞決定が発表されたRock oN AWARD 2018。今年はゲストノミネーターに協力いただき、全70ノミネートの中からBest Product of the Year含む8賞がついに決定しました! 選考会の後に結 [……
    FOSTEX NF01R 10ペア限定アンコール入荷! プレゼント付きで最後の売…
    手に入れる最後のチャンス! 星型ウーファーのHPダイヤフラムの伝統を現代的技術でブラッシュアップ。ポストNS-10Mとも言われる高レスポンスでダンピングの利いたローエンドで話題沸騰中のNF01R。一旦完売してしまったので [……
    ORANGE RANGEとdelofamilia。NAOTO氏が生み出す2つのサ…
    NAOTO氏が生み出す2つのサウンド ~ NAOTO氏に制作スタイルを聞く ~
    Universal Audio Arrow 特典付きで新発売!Apolloのサウ…
    Universal Audioから新製品『Arrow』が発売しました。入門者からプロのモバイル用途まで、気軽に導入できるUAD-2搭載オーディオI/Fの登場です! ArroewはApollo Rack、Apollo Tw [……
    SHURE GLX-D Advanced 安心、簡単、高音質。パフォーマンスにも…
    マイク、イヤホンと同じくSHUREがライブ現場で高い信頼を得ているのがワイヤレスシステム。その中でも今、ライブハウスなど小~中規模の現場で最も注目を浴びているのが2.4GHz帯のデジタルワイヤレスGLX-D Advanc [……
    Apogee Symphony I/O Mk II Thunderbolt 8×…
    旧Apogee製品から Symphony I/O Mk II Thunderbolt 8×8へのアップグレードで買取金額が15%UP! 旧Symphony I/OやEnsembleなどから最新鋭のフラッグシップへ。サウン [……
    知ってますか?FocusriteオーディオI/Fユーザーはプラグインが毎月もらえ…
    FocusriteのオーディオI/FシリーズはScarlett(USB)、Clarett(Thunderbolt)、RED(Network Audio)の3ライン。伝統のマイクプリアンプ搭載のほか先進のデジタル技術で、ビ [……
    KEMPERを選択する理由はこれだ!クリエイター目線で使いこなす!PROFILI…
    「徹底カスタマイズ」をキーワードに、数々のPro Tools、Sibeliusのオリジナルアイデア/ノウハウを披露します!
    NAMM 2018 直前情報:Universal Audo UAD-2アクセラレ…
    個性的なラインナップと卓越したアナログモデリングサウンド。そしてDSPによるCPUにほぼ負荷をかけないプロセッシングは、今や制作シーンのスタンダードとなったUniversal AudioのUAD-2! 2018年3月31 [……
    Native Instruments MASCHINE 2.7への進化
    世界中のビートメイカーのハートを掴んで話さないNative Instruments MASCHINEのソフトウェアv2.7が公開されています。 今回のバージョンアップではリアルタイムのタイムストレッチを含むオーディオの充 [……
    Rock oN AWARD 2018 受賞製品を発表!
    ユーザーとRock oN選考委員、そしてゲストのプロクリエイターが一つになって2017年を象徴するプロダクトを決めるRock oN AWARD 2018。遂に受賞製品が決定しました! 2017年はAIやVRなど新しい技術 [……
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
    RockoNCompanyに関するツイート