閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
HOW TO

あなたの楽曲制作にヒントをもたらす数々のノウハウ記事に加え、膨大な動画コンテンツは制作トレンド&Tipsの集大成!

01
Dec.2021
HOW TO
  • HOME
  • HOW TO
  • 初心者
  • Studio Oneとは?人気上昇中の新世代DAW、Studio Oneの魅力をわかりやすく解説!

Studio Oneとは?人気上昇中の新世代DAW、Studio Oneの魅力をわかりやすく解説!

20211006-_StudioOne_1390_856

皆さんはDAWは何をお使いでしょうか?

様々な種類があり、どれも魅力的な特色や機能がありますが、ここ数年で急激にユーザーを増やしている要注目のDAWが、PresonusのStudio Oneです。

Studio Oneは後発ながらも新世代DAWとして人気が高く、プロの間でも他のソフトウェアからクロスグレードすることも多いと評判です。

★Rock oNの人気連載記事『音楽をいっぱいいじっちゃうぞ』でおなじみ、
作編曲家の田辺恵二氏もStudio One愛用者で、動画にてその魅力を語っています。

近年さらにバージョンアップを繰り返し、2020年にはメジャーアップデートとなる「Studio One 5」を発表、最近ではバージョン5.4を発表し、Apple M1チップへのネイティブ対応やパフォーマンス向上プラグインのスリープ機能など、多くの魅力的な新機能が盛り込まれています。

そこで今回はStudio Oneの人気の秘密に迫ります!

Studio Oneの魅力とは?

Studio Oneは、デジタル・ミックスを定義したドイツの敏腕プログラマー達がデザインしました。長年のデジタル・オーディオ開発で培った知識と経験をベースに、最新のテクノロジーとモダンコードだけを用いてゼロから開発しています。歴史や固定概念に振り回されることなく、圧倒的なサウンド・クオリティと直感的でスピーディーな音楽制作環境のために常に進化している次世代の64Bitデジタル・オーディオ・ワークステーションです。

今回の紹介にあたり、実際にStudio One Artistを導入してみました。そのファーストインプレッションとともに紹介します。

●64bit処理による高音質

StudioOne06
StudioOne04

「64bit処理による高音質」を謳い文句にしているStudio Oneは、実際に出音が素直、クリア、色付けがないといった理由で乗り換えるユーザーが多いことで知られています。そこまで音質の違いが明確にわかるのだろうか・・・と懐疑的に思っていたのですが、実際に聞いてみて違いました!

普段使っているのと全く同じ環境でオーディオインターフェイス、モニタースピーカーで、聴き慣れた2mix音源や使い慣れたソフトウェアシンセを再生したところ、どれもいつも使用しているDAWで再生した時よりもクリアに、音が大きく聞こえます。

正直DAWでここまで音質が変わるとは驚きでした。ぜひこれは無償版などで一度試してみてもらえるとわかると思います。

●動作が軽く、レスポンスも軽快

StudioOne_05

ソフトウェア音源は画面右に使えるインストゥルメントが並んでいて、そこからドラッグ&ドロップするだけで音源が読み込めます。トラックを選んで一つ一つ階層に分かれている音源を探したりせずとも直感的に次々音色を読み込めるのは、制作作業でもストレスフリーで快適です!

●効率的なシングル・ウインドウのインターフェース

Studio-One07

Studio Oneは効率的なシングル・ウインドウのインターフェースを採用し、コンソールやエディター、トラックリストやインスペクターなどをシングル・ウインドウでそのままマスタリングまで1画面で実現できます。

これまで複数のウインドウでいくつかのモニターを使って作業をしていましたが、これに慣れてしまえばしてより集中して音楽制作ができ、時間短縮や効率化が図れそうです。

●他のDAWからの乗り換えも安心

DAWを変えるとこれまで使っていたショートカットなどが使えなかったりと不便を感じることが多いと思いますが、Studio Oneは後発DAWということで、他のDAWからの乗り換えも安心な機能が設定されています。それが「キーボードマッピングスキーム」という機能で、これによって他のDAWのショートカットが使えるようになります。

Studio-One_07

メニュー左上の「Studio One」から「環境設定」→「キーボードショートカット」→「拡張」の中の「キーボードマッピングスキーム」を選びます。

ここでデフォルトはStudio Oneが使えるようになっていますが、それ以外の
・Cubase
・Logic
・Pro Tools
・SONAR
を選択することで、この機能を使えば以前のDAWと同じショートカットが使えるようになります!新たに覚える必要もなく、最初から用意されているのは非常に便利ですね。またオリジナルのショートカットを作っていた場合にも対応できるよう、インポートの機能もあります。

StudioOne_02

他にもメニュー画面右の「ヘルプ」から簡単にマニュアルが呼び出せたりと、細かいところですが初心者にも優しい設計になっているのが印象的でした。

魅力的な機能は?

●便利なコードトラックとハーモニー機能

s1-04_jp

Studio Oneのコード・トラックは、コード進行を作成したり変更したり、またコードを置き換えたり、さらにはリッチなコードをシンプルなコードに入れ替えたりと、様々なアイデアを提供してくれます。さらにスケール適用も一瞬で実現できます。

インストゥルメント・トラックだけでなく下書き状態のオーディオ・トラックにも使用可能なこのハーモニー編集機能は、ソングライティングと音楽制作プロセスの効率化に向けたStudio Oneでの取り組みの一部となるものです。

s1-05_jp

またコードを自動で検出する機能があり、オーディオ・トラックやインストゥルメント・トラックからコードを抽出することができます!パートをコード・トラックにドラッグするだけで、ハーモニー編集用のリファレンスを作成できます。これは便利ですね。

●Impact XTとSample One XTによるサンプラー機能

他にもStudio Oneの人気の一つに、Impact XTとSample One XTという2つの強力なサンプラー機能を搭載している点があります。

Impact-XT-color

Impact XT
Impact XTは、ビートやループのコンプリートなワークステーションです。

パートをパッドにロードしたら、ローンチしてビート・クオンタイズやリアルタイム・ストレッチ機能を使用しましょう。ノートのドラムへのマッピングで時間を無駄にする必要はありません。「パターン」にインストゥルメントを自動挿入するので、即時にビート・クリエイションを始められます。複数のサンプルをパッドに積み重ねたり、インポート時にサンプルを自動スライスしたり、サンプル再生を反転させたり、最大8つのバンクをロードしたり、パートを色分けしたり、パッドやサンプル自体を編集したりすることが可能です。

Sample-One-XT-color

Sample One XT
Sample One XTは単なるサンプル・プレイバックを超えたサンプリング・パワーハウスです。

Studio Oneの様々な経路(入力、バス、出力、インストゥルメント、トラック、インポート/エクスポート)からオーディオをリアルタイム・サンプリング、自動スライス、ストレッチ、プロセッシング、トリガー、分解、パワフルなパフォーマンスからビート・メイクまでをこれ1台で実現できます。

サンプラーに求められる機能の全てが搭載されているだけでなく、サンプルを加工できるシンセシスタイプのオプションも拡大しています。Sample One XTでは、サウンドのサンプリングと再生に留まらず、ワープや再構築により全く新しいクリエイティブなサウンドを生み出すことができます。

バージョン5.4の新機能

Studio One 5.4フリー・アップデートは、パフォーマンスを向上させるプラグインのスリープ機能、複数フォーマットへの一括エクスポート、コードネームのリアルタイム表示オプション、アップデートされたプラグイン・マネージャー、Mix Engine FXの最適化、進化したオートセーブ、コード検出精度の向上など多数の新機能と機能向上を実現しています。

Studio Oneのラインナップ

ラインナップは3種類。フラッグシップのStudio One Professional、ミドルレンジのStudio One Artist、さらに他社DAWユーザーがStudio One Professional(日本語版)をロープライスで入手できるクロスグレード版もあります!

●Studio One Professional(フラッグシップ)

Studio One_professional

Studio One Professional
★商品を詳しく見る

Studio One Professional(アカデミック版)
★商品を詳しく見る

●Studio One Artist(ミドルレンジ)

Studio One_Artist

Studio One Artist
★商品を詳しく見る

Studio One Artist(アカデミック版)
★商品を詳しく見る

●他社DAWユーザーがお得に!クロスグレード版も

so50_crossgrade

Studio One(クロスグレード版)
他社のDAWなどクロスグレード対象ソフトウェアのユーザーがクロスグレード登録を行うことで通常版Studio One Professional日本語版をロープライスで入手できる乗り換え向け優待版です。パッケージ内容/製品仕様は通常版Studio One Professional日本語版と同様で、もちろんクロスグレード対象ソフトウェアはそのままご利用頂けます。
★商品を詳しく見る

●Studio Oneには無償版もあります!

buy_so50_prime

そしてなんと無償のStudio One Primeも用意されています!気になった方はこちらを試してみてはいかがでしょうか。

Studio One Prime日本語版はトラック数や時間制限もなく、本格的なオーディオ/MIDI編集、バーチャル・インストルメント、ループ素材、エフェクト、ミキシングを無償提供し、ベーシックな音楽制作をスタートできます。

もちろんバージョン5の新機能も搭載し大きく進化!もし機能アップが必要ならばStudio Oneを拡張するアドオンを追加することも可能です。

Studio One Prime日本語版を入手するには、下記リンクにて、My.PreSonusアカウントを作成&ログインして、0円でカートへ追加すれば入手可能です。

★Studio One Prime 詳細はこちら

Presonusのハードウェアにも、 Studio One Artistが付属!

so50_recording_thumbnail

Studio Oneの優れた音質を最大限活用するには、やはり音楽制作用のハードウェアが必要で、PreSonus純正製品であれば面倒な設定も不要でStudio Oneにベストマッチです。

PreSonusのハイスピードなオーディオ・インターフェースであれば、Studio Oneのネイティブ低レーテンシー・マネージメントを最大限活用することが可能だったり、他にもコントローラーなどStudio Oneに理想的な各種ハードウェアがあり、それらにはStudio One Artistが付属している製品もあります!

●オーディオインターフェイス

product_187247
Revelator io24 
エフェクト、ミキサー、ループバックを統合した新世代のUSBオーディオ/MIDIインターフェース
★商品を詳しく見る

product_86861
Quantum 2
PreSonus最高峰/最高速HDレコーディング・シリーズ
★商品を詳しく見る

product_169766
ioStation 24c
PreSonusの代表的2機種が1台に!192kHzオーディオI/OとDAWコントローラーが、スマートに統合!
★商品を詳しく見る

product_165964
AudioBox iTwo
最高96kHz/24Bitコンバーターによる、ハイレゾ対応USB/iOSオーディオ・インターフェース
★商品を詳しく見る

●Faderportシリーズ

FaderPort
Faderport
制作をスピーディーに、そしてスマートにするアドバンスドDAWコントロール・サーフェス
★商品を詳しく見る

product_68699
Faderport8
8系統のモーターフェーダーと57個のスイッチを搭載、DAW操作を素早くコントロール
★商品を詳しく見る

product_86864
Faderport16
フェーダー/ボタン数を拡張しフルミックスまで対応したアドバンスドDAWコントロール・サーフェス
★商品を詳しく見る

●その他

product_104017_m
ATOM
プロダクション&パフォーマンス・パッド・コントローラー
★商品を詳しく見る

関連記事

20200708_presonus_i

PreSonus “ Studio One 5 シリーズ “発売!待望のメジャーアップデート!

記事内に掲載されている価格は 2021年12月1日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

【1月21日(Fri)18:00~】Fairlight 最新情報 2022〜Da…
Fairlightの最新情報&一歩踏み込んだ解説もお届け!1月21日(金)18時から!
【1月19日(水)18:00~】3Dモニタリングを駆使し、ワンステップ上の楽曲制…
イマーシブミックス&配信に興味のあるクリエイター必見!1/19(水)18時から!
TOKYO SCORING STRINGSを使ったストリングスサウンド構築術 〜…
作曲家 伊藤 翼さんによるウェビナー 2022年1月12日(水)18時スタート!
世界標準WAVESマキシマイザー「L」シリーズの全容まとめ
8種類あるWAVESマキシマイザーの特徴をまとめました
多様なリスニング環境を考慮した音楽制作モニターシステムの構築事例~サウンドエンジ…
サウンドエンジニアの杉山勇司さんに、モニターシステムの構築について伺いました。
モダンに生まれ変わった新時代ハードサンプラー、Roland SP-404MKII…
いよいよ発売が迫った話題のサンプラーSP-404MKIIを、一足早く全力レビュー!
クリムゾンテクノロジーより注目のボイスチェンジャーVoidol 2レビューしてみ…
バージョン2になり従来のボイスチェンジに加えて、さらに新機能が!Rock oNスタッフPD安田が徹底レビュー!
The Amazonicレビュー!歴史上初めてアマゾンで収録されたライブラリを徹…
歴史上初の音源「The Amazonic AMA I」とは!?その謎を解明すべく、我々はアマゾンの奥地へ向かった…(原文ママ)
SIGMA fpレビュー!コンパクト・軽量・フルサイズの三拍子揃ったfpでCin…
どうも、ファンキー松本です。 最近、Rock oNではライブ配信や動画撮影の機会が増え色々なカメラを利用する機会が増えてきました。先日レビューしたBlackmagic Designのカメラもその一つですね。 そんな中、S [……
WesAudio / _RHEAレビュー!話題のチューブコンプを徹底チェック!
500シリーズではレアなチューブコンプ!デジタル制御についてもご紹介!
strymon ZELZAH レビュー記事!セッティング次第でモジュレーション全…
今回取り上げるstrymonは非常にカラフルで高品質なサウンドと、様々なシチュエーションに対応する奥深さで世界中を魅了するエフェクターブランドです。 そんなstrymonから新たに発表された「ZELZAH」はフェイザーで [……
『ヴォーカルのコンプ処理』〜サウンドの中で際立たせるコンプ術 By 飛澤正人 f…
前回の 「自宅ヴォーカルレコーディング入門&大質問会 By 飛澤正人 feat. 小寺可南子」 に引き続き、今回は主に、ヴォーカルのコンプ処理について掘り下げます。 前回と同じく、ゲストボーカルに小寺可南子さんをお招きし [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company