閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

09
Nov.2016
PRODUCT NEWS

CREATOR x Product 2016 | 吉田 保

cxp_top_t-yoshida_1cxp_top_t-yoshida_2cxp_top_t-yoshida_3

profile


History

1968年~東芝EMI録音部

1976年~BMGビクター録音部

1979年~CBS/SONY六本木スタジオ CHIEF ENGINEER

1989年~(株)サウンド・マジック・コーポレーション

日本ミキサー協会理事長

日本音楽スタジオ協会理事

comment

良い音を短時間で仕上げる。あらゆるジャンルに挑戦する。この2つをポリシーにしている。

product_64591

インシュレータの歴史は古く、簡単に言うと音源に対する振動を抑え、他のところに伝えない為のものである。面接地、点接地のものがあって、その一つに昔、我が家のスピーカ下にレンガを敷いて鳴らしていたのが懐かしく思われる。

レンガだけでも音のクリアー、定位感等、以前より良くなった記憶がある。今でもそのスピーカを使っているのだが、因みに型番はJBL4320もうかれこれ40年ぐらい使っているものでさすがに38cmウーハはTAD に変えて使用している。このシステムは1968年東芝EMIに入社して数年後からモニターシステムと使用されるようになり、今日に至っても音の判断として家で使用している。エンジニア駆け出しのころから使っているスピーカが慣れているのでローエンド、ハイエンドが私にとって分かりやすいのである。

最近のスピーカは低域、高域がブーミなものが多く時代と共に変わって来た。リスニング用としては良いが我々エンジニアが音楽バランス作っていく場合、あまりそのスピーカのキャラクタが強いと音作りには個人的に適してないように思われる。そこでスピーカのキャラクタを最大限我々の耳に届けるためには良いインシュレータが必要になってくるのは当然のアイテムとなる。

product_64591

このDMSDインシュレータは4個で重さ180kgに耐えるもので、スピーカー一つに4個使用する場合であれば今現在売られているビッグスピーカにも大体使用できるはずのものである。まず改善される点は低域の澱み感の低減及び定位感の改善、中域の定位感改善、高域のクリアー度改善等である。現在レコーディングスタジオにてのメインスピーカは埋め込み式のものが多いがその設計はかなり大変である。

DMSDインシュレータは面接地の為、外部とのアイソレート作りこの重さ耐えうるDMSDインシュレータを使用することで個人的には容易な埋め込み式スピーカを設計できまた応用することができるようになると思う。色はグレイのみで日本での発売と聞いているがレッド、オレンジと言うカラーリングが有るようであるがシルバーのみの日本での販売となるようである。

個人的な適合スピ―カはフォーカル、ムジーク。ジェネリック中型以上がお勧めで、勿論ニアフィールドモニターにも使用できるはずである。スピーカはともかくまた最近話題になって来たアナログ盤レコードプレイヤーの下に置くのにも打ってつきのアイテムとしても間違いない。イタリア製品らしくデザイン、細部にかかる完成度が非常に高く仕上がっていて値段相応のアイテムとなっている。


01

DMSD

DMSD 60Pro

¥ 98,000 (本体価格:¥ 90,741)

イタリアから現れた、スピーカーのポテンシャルを最大限に引き出すインシュレーター


button


20161012_cxp_index

最新記事ピックアップ

XLN Audio Addictive Drums 2 が50%OFF!豊富な拡…
8月29日までの期間限定で、XLN Audioが誇るドラム音源 Addictive Drums 2が50%OFFに! あらかじめある程度プロセスされた音源と高速読み込みであっという間にアイディアを形にできる。そして拡張音 [……
HEAR THE REAL TONE 2017 ~ Strings編 ~
業界スタンダードから最新ストリングス音源をRock oN目線で比較! ソフトウェア音源の中で常に需要が高いと思われるストリングス音源。今回は多数ある製品の中からそれぞれの製品の特徴や音像をチェック!メーカーデモと実際に使 [……
Positive Grid BIAS Modulation 新登場!クロスプラッ…
ベテランから新進気鋭プレイヤーまでをも唸らせるギターサウンド。独自のモデリング技術とプレイヤー本位の操作性。マニアも納得のカスタマイズ性など、とにかくギタリスト界隈でHOTな存在となっているPositive Gridから [……
Native Instruments MASCHINE OS 2.6.8を発表。…
現在のダンス/POP ミュージックはここから生まれているといっても大げさではないNative Instruments MASCHINEシリーズ。直感的に扱えるハードウェアとKOMPLETE譲りの高品位音源&ソフ [……
Audio Ease 製品が価格改定を発表!イマーシブサウンドの決め手プラグイン…
MA、ゲーム、アトラクションなどVRコンテンツの隆盛が極まる昨今、その制作に欠かせない立体定位のサウンドコンテンツを作るために必要なプラグインといえばAudioEase製品でしょう。 そんなAudioEase製品が201 [……
半期大決算セール2017 これが狙い目!店頭展示機 SELECT 5
9月初旬まで突き抜ける、半期大決算セール2017!開催中の第一弾は、Rock oNが選び抜いた店頭展示機を大放出! Rock oNの店頭展示機が狙い目なワケ 1. メーカー新品保証付き。万が一不調があったとしても購入後1 [……
FitEar Universal 新発売!Costom IEMの音質をユニバーサ…
歯科技工で培った技術を応用したカスタムインイヤーモニター(CIEM)がプロに評価されているFitEar。その着け心地と密閉性、際立つ音質をユニバーサルモデル(汎用ボディ)でも手軽に体験できる新製品FitEar Unive [……
“Back to School” ZEN STUDIO+購入でProtectiv…
【期間限定】2017年9月30日までZEN STUDIO+をご購入されたお客様にProtective Bagをプレゼント Thunderbolt接続、リアンプに対応したオーディオI/F Zen Studio+はAntel [……
HEAR THE REAL TONE 2017 ~ Amp Simulator編…
ハードからソフトウェアの違いも含めてとっておきの比較素材を用意! ソフトからハードまで、各ブランドがアンプのシミュレート、キャビのニュアンス(空気感)そしてマイクの種類とポジションなどなど、エディット機能も多数加えてライ [……
FURUTECH 販売開始!『Pure Transmission』の理念を実現す…
ピュアオーディオ業界でその名を轟かせる、メイドインジャパンのハイエンドメーカー FURUTECHの取り扱いを開始しました! それを記念してプレゼントキャンペーンと店頭展示も開催。アナログからデジタルまで、音響機器のポテン [……
Line 6 Variax Shuriken 発売!ラウドシーンに挑む、27イン…
これ1本で変幻自在のサウンドを可能にするLine 6 のモデリングギター『Variax HDテクノロジー』が遂にラウドロックシーンに投入されます! 27インチスケールでダウンチューニングを前提に作られた設計。Variax [……
SPL 500 シリーズ登場!世界が認めたダイナミクス技術であなたのレコーディン…
SPLからAPI500モジュールシリーズが登場!これまでSPLはRack Packという独自のモジュラーシステムを持っていましたが、よりグローバルに他メーカーとの組み合わせも可能なAPI500モジュールに歩み寄りました。 [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート