閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

28
Sep.2016
PRODUCT NEWS
  • HOME
  • PRODUCT NEWS
  • 特価情報
  • 今こそ HDXシステムへ!Pro Tools 12.6が誘う新ワークフロー&シンHDバンドルの世界!

今こそ HDXシステムへ!Pro Tools 12.6が誘う新ワークフロー&シンHDバンドルの世界!

20160928_avid_1090

最新Ver.12.6の公開により一気に加速する、Pro ToolsソフトウェアからPro Tools HDシステムへのアップグレード。クリップエフェクトなど新機能の搭載のほか、サードパーティー製オーディオI/Fの対応によるHDソリューションの自由化が最大の目玉ともいえるでしょう。今こそHDシステムへ。Rock oNがナビゲートします!

1. HDXへの軌跡

hdx

1991年に初代Pro Tools Iが登場して以来、制作シーンのデフォルトスタンダードとして音楽史と共に歩んできたPro Tools。いまやネイティブソフトウェア版も存在しますが、それでも今、Pro Toolsの真骨頂はDSPカードのパワーを最大限に活用するHDXでしょう。

Pro Tools の歴史

・1991年 Pro Tools Ⅰ(NuBus DSP)
・1994年 Pro Tools 3(TDM Plug-inのオープン化)
・1997年 Pro Tools|24(24bit対応)
・1998年 Pro Tools|24MIX(DSPの強化)
・1999年 Pro Tools LE(RTASの登場)
・2002年 Pro Tools HD(192kHzまでのHi-Sample対応)
・2003年 Pro Tools HD Accel(DSPの強化)

2012年 HDX登場

◎強化されたHDX Card
・TI製DSP 18基搭載
・32bit Floating Processによる内部処理
・64bit Application対応
・AAX Plug-inへの対応
・2基のFPGA搭載
◎MIXING ENGINEの最大品質化
・64bit Floating Mixer
・最大ボイス数768track(カード3枚時)
◎Disk Access革命Ram Cash機能を搭載
・Disk Cashによる超高速レスポンス再生
・ネットワークストレージ・RAIDストレージ対応

◎Clip Gainによる新しいオートメーション
・波形表示もReal Timeに変化
・異なる解像度のファイルの共存
◎EuCon Phase 2
・Pro Toolsほぼ全てのコマンドを網羅。その数500個
・Channel Strip Plug-inでSystem5との完全な一体化
◎AAX(AVID AUDIO eXtension)の全て
・64bitアプリケーション化
・DSPとCPUのアルゴリズム統合
◎Pro Tools 10で追加された新機能
・5.1ch Down Mixerの搭載
・Satellite Linkの拡張
・24時間のセッションに対応

2. HD12.6導入メリット/主な追加機能


・クリップ・エフェクト機能搭載 ※Pro Tools |HD ソフトウェアのみ
・レイヤーエディットモードの追加
・プレイリスト機能の強化
・In Box Dubber ワークフローの強化

クリップ・エフェクト機能搭載

※Pro Tools |HD ソフトウェアのみ

Clip-Effects-Window-2

 

この機能は今回のアップデートで一番大きな変化ではないでしょうか?クリップごとにインプット・トリム、フェーズ、EQ、Dynamicsのエフェクトがかけられるようになります。アニメのアフレコのように、1本のマイクで入れ替わり立ち代り複数の人が喋る場合などはとても便利な機能で、クリップごとにEQやDynamicsを設定することが可能です。ただEQやDynamicsをかけるだけであれば、AudioSuiteで十分ですが、クリップエフェクトの利点は後で修正ができること。他トラックの編集後でもクリップを増やすことなく編集ができるのはメリットですね。

さらにクリップエフェクトには5つのプリセット機能が搭載されています。12.3でフェード機能が強化された際に、フェードプリセットが搭載されましたが、その機能と同じようです。ですので、先ほどのアフレコのような時に、それぞれのEQ・Dynをプリセット登録して即座に反映させる、なんてことも簡単にできてしまいますね。クリップエフェクトのON/OFFはクリップ上にマークとして現れます。エラスティック編集の有無のようにクリップを見ただけでわかるので、判別しやすいです。なお、この機能はプラグインインサートの前段で処理されます。

今までPro Toolsでは、クリップがオーバーラップした際に編集画面上ではどちらが上なのか判別が付きにくい、という経験はあったのではないでしょうか?表示メニューとしてクリップのカテゴリで「オーバーラップ」の機能はあるものの、表示が小さかったり、セッションのバグで見えなかったり、、様々でした。

今回追加されたレイヤーエディットモードとは、クリップ同士の前後関係がはっきりと確認できるようにGUIを変化させたものです。前面にいるクリップの境界線に影が現れるようになり、前面側のクリップが浮き出て見えるようになりますので、トリムやクリップ移動などに有効になりますね。そしてこの機能は「従来のGUIのほうがいい」という方にも対応できるようにON/OFFで切り替えられるとのこと!! 波形編集時にはON、ミックスダウン時にはOFFなど使い分けることもできますね。

In Box Dubber ワークフローの強化〜自動ロー・レーテンシー・モードの搭載 ※Pro Tools |HDXのみ

映画のようにDialog・Music・FXと音声をそれぞれ別マシンで編集された音声は、ステム用としてPro Toolsで5.1chの他に、ステレオにエンコードされたソースのプリントが必要な場合、Pro Tools内部でエンコーダープラグインをかけて処理をしているケースがほとんどだと思います。このような場合、部分差替えが発生するとディストラクティブ編集で作業をしていましたが、ディストラクティブパンチの際に各ソースはプラグイン処理のレイテンシーによるズレが生じて追いました。

今回新機能として搭載される自動ロー・レーテンシー機能によって、ディストラクティブパンチのズレが防止されます。Pro Tools HDXのみの機能で、AAX DSPに対応したプラグインが必要になりますが、実に有効なアップデートですね。

index_banner_pt126

3. 今導入するメリット

12.6発表と同時に新価格で買いやすくなったPro Tools。さらにRock oNでは18回払いまで0%金利クレジットローンキャンペーンを実施。Rock oNならHDXシステムがどこよりもお得になります!

製品想定されるユーザー価格(税込)0%金利クレジットローンの月々お支払い額(回数)eStoreで詳細を見る
Pro Tools HD - Software Only12.6 HDソフトウェア単体の新規導入(永続版)¥ 335,880¥13,300から (10回)
Pro Tools HD - Annual Subscription (with iLok)12.6 HDソフトウェア単体の新規導入(サブスクリプション)¥ 133,920¥18,600から (18回)
Pro Tools to Pro Tools HD UpgradeVer.xx のNativeソフトウェアからのアップデート¥ 255,960¥14,200から (18回)
Pro Tools HD Native TB Core(does not include software)複数I/Oをお持ちの方などの2ndシステムとして¥ 133,920¥13,300から (10回)
Pro Tools HDX Core (does not include software)HDXカードを増設したいユーザー様向¥ 403,920¥37,300から (18回)
Pro Tools HDX Core with Pro Tools | HD SoftwareサードパーティI/Oバンドルとの新規導入向け¥ 672,840¥18,600から (18回)
Pro Tools HD Native TB with Pro Tools | HD SoftwareサードパーティI/Oバンドルとの新規導入向け¥ 403,920¥22,400から (18回)
Pro Tools HD Native PCIe with Pro Tools | HD SoftwareサードパーティI/Oバンドルとの新規導入向け¥ 403,920¥22,400から (18回)
5. オーディオI/Fの選択肢は2通り!

Pro Tools HDXのシステムに欠かせないオーディオI/F。12.6でサードパーティー製品の使用が解禁され、選択肢が広がっています!

tokuten

HDX Core & I/O バンドル価格表

shinhd_bundle_apogeehdx

HDX & Symphony HD 2*6
¥921,000eStore
HDX & Symphony HD 8*8¥1,022,800eStore
HDX & Symphony HD 16*16¥1,151,000eStore
HDX & Symphony HD 8*8+8MP¥1,203,000eStore
HDX & Symphony HD 24*24¥1,383,000eStore
HDX & Symphony HD 32*32¥1,473,000eStore

shinhd_bundle_dls

HDX & DLS+IOX¥1,120,000eStore

shinhd_bundle_focusrite

HDX & RED4Pre¥920,000eStore

shinhd_bundle_ada

HDX & ADA-8XR-PTHD¥2,190,000eStore

Avid純正I/Fはこちら。

  • Digidesign
    Avid HD I/O 8x8x8

    ¥ 447,120 (本体価格:¥ 414,000)

    6,706 ポイント還元

    高音質でカスタマイズ可能なPro Tools HDシリーズ・オーディオ・インターフェースの、アナログI/OとデジタルI/Oのバランスに優れたHD I/O 8x8x8

    ※Pro Tools HD Softwareは付属しません。新しく生まれ変わったAvid HD I/Oの、8 Analog I/O & 8 Digital I/O搭載モデル。HD I/Oは、Pro Tools|HD システムと完全に連携する高性能Pro Tools HDシリーズ・オーディオ・インターフェースとして、最高品質のサウンドとこれ...

  • Avid
    Avid HD I/O 16x16 Analog

    ¥ 574,560 (本体価格:¥ 532,000)

    11,490 ポイント還元

    高音質でカスタマイズ可能なPro Tools HDシリーズ・オーディオ・インターフェースの、最大限のアナログI/Oに対応するHD I/O 16x16アナログ・モデル。

    新しく生まれ変わったAvid HD I/Oの、最大限のアナログI/Oに対応するHD I/O 16x16アナログモデル。HD I/Oは、Pro Tools|HD システムと完全に連携する高性能Pro Tools HDシリーズ・オーディオ・インターフェースとして、最高品質のサウンドとこれまでにない柔軟なI/Oを提供...

  • Avid
    Avid HD I/O 16x16 Digital

    ¥ 254,880 (本体価格:¥ 236,000)

    3,823 ポイント還元

    高音質でカスタマイズ可能なPro Tools HDシリーズ・オーディオ・インターフェースの、すべてをデジタルI/OとしたHD I/O 16x16デジタルモデル。

    新しく生まれ変わったAvid HD I/Oの、すべてをデジタルI/OとしたHD I/O 16x16デジタルモデル。HD I/Oは、Pro Tools|HD システムと完全に連携する高性能Pro Tools HDシリーズ・オーディオ・インターフェースとして、最高品質のサウンドとこれまでにない柔軟なI/Oを提供。ス...

    ※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2016年09月28日 記事更新時点のものです。

    最新記事ピックアップ

    Focusriteよりインターフェース3機種発売開始
    Focusriteより利便性に優れるインターフェース3製品が発売開始!
    Sonnox プラグインがV3へバージョンアップ。SoundGridに対応を発表…
    Sonnox Oxford プラグインが順次V3を発表。バージョンアップの最大のトピックはなんといってもSoundGrid対応でしょう。DiGiGridのSoundGridサーバーなどで、超低レイテンシーかつCPUに負担 [……
    History of Technologies FOSTEX ~歴史の継承と象徴…
    1949年に3.5インチスピーカーユニットを製造開始してから、世界各国でユニットをODM/OEM供給し、日本を代表するメーカーとなったフォスター電機株式会社。AV用スピーカーや車載用スピーカーから携帯電話などの小型デバイ [……
    Signature Studio発売、いまだけの発売記念特価。
    スタジオミキシング用途に特化したSIgnature最新作"Signature Studio"発売開始!今だけ発売記念価格!
    Novation Peak、Circuit Mono Station予約開始!
    Novationから2つの新しいシンセサイザーが登場、"Peak"と"Mono Station"予約開始!
    Titan, Atlas用Pro Tools HDXモジュール | MDIO-P…
    Titan, Atlasの拡張スロットに挿入することで、Pro Tools | HDX, HD Nativeとの直接接続が可能に!
    DynaMount X1-R マイキングをリモコン制御。リコールも可能なマイキン…
    優れたミックスは優れたマイキングが必要。DynaMountのマイクポジショナーは、まるであなたのアシスタントのようにマイキングを遠隔操作で行いポジショニングをバッチリ決めることができます。 コントロールはiOS、Andr [……
    Waves 38バンドルが最大83%OFF!Platinum ¥54,800も魅…
    4月のWavesは驚愕のBIG SALE!38バンドル製品が最大83%OFFの特別プライスで登場します。65万円以上オフのMercyryに始まり、大人気9種プラグインが揃ってたった¥16,800のMorgan Page [……
    解決!自宅でも理想のモニター環境が手に入る方法。GENELEC SAM Syst…
    限りなくフラットなモニタリング環境を、簡単に手に入れならこれ!
    SUPERBOOTH17 直前情報 : JOMOX
    アナログシンセサイズによるキック音源MBase11などストイックな製品を開発するドイツのJOMOXがSUPERBOOTH17で新製品『ALPHA BASE』を発表します。 ALPHA BASEは、アナログキックやサンプリ [……
    Astell&Kern 新製品発表会レポート。新製品KANN登場。DA…
    4月某日。都内で開催されたAstell&Kernの新製品発表会の模様をお伝えします。 ハイレゾポータブルプレイヤー KANN(カン) が登場です! KANNとはドイツ語で可能という意味。これまでのAstell& [……
    STAX 取り扱い開始!国産コンデンサーイヤースピーカーの雄。忠実な音像の繊細な…
    Rock oN CompanyはSTAX イヤースピーカーの取り扱いを開始しました! 1960年に世界初となるコンデンサー型ヘッドフォン(イヤースピーカー)を製品化した国産メーカーSTAX。それ以来頑なにコンデンサー型技 [……
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
    RockoNCompanyに関するツイート