閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR

27
Oct.2016
Rock oN

「いい音に対する基準がアップしました!」 〜 KEYTALK寺中友将 meets Astell&Kern 〜

keytalk02


2016年も残すところあと数ヶ月。12月31日のカウントダウンイベント「GT2017」まで、ライブにレコーディングにと全力疾走中のバンド「KEYTALK」。2013年11月にビクターエンタテインメントからメジャーデビュー。2015年10月には日本武道館公演を成功させ、今、若手で最も勢いのあるバンドに数えられる存在です。

今回、ボーカル/ギターの寺中友将さんにお時間を頂き、Astell&KernがJH Audioとタッグを組みリリースしたハイエンドイヤーモニターを試してもらう貴重な機会を得ました。音楽好きにとって、イヤホンは現在必須アイテムになりとても身近な存在。それだけに市場には数え切れないほどの製品が溢れており、その音質クオリティーも千差万別です。今回は、その中でもトップクラスの音質を誇る製品を体験していただき、20代のいちリスナーとしての視点から、また、音楽の作り手としての視点から、製品の印象についてお伺いしました。

イヤモニの神様と呼ばれる開発者ジェリー・ハービー氏の手により緻密にチューニングされた最高峰のユニバーサルタイプのイヤーモニターで、すべてがクラフトマンによるハンドメイド製造。価格面でも性能面でも、ハイエンドの上を行く「超ハイエンドモデル」。

Astell&Kern >> http://www.iriver.jp/


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    寺中氏のリスニング環境は?

    _DSC8371


    Rock oN : 今、寺中さんは28才ですよね。普段、音楽を聞く時はイヤホンとスピーカー、どちらが多いですか?

    KEYTALK 寺中氏(以下、寺中氏) : 外で聞く時はiPhoneで、家ではCDコンポで聞きます。他のバンドからCDを頂く機会も多いので,盤がある時はCDでをプレイします。なので、イヤホンとスピーカー両方ですね。

    Rock oN : もともと、どういう音楽が好きだったんですか?

    寺中氏 : 音楽を始めたきっかけは「ゆず」でした。小学校5年生の時だったんですけど、まさにブームで「自分でもアコギ弾いて歌いたい!」と思い、弾き語りみたいなことをやってました。バンドを本格的に始めたのは上京してから、KEYTALKが初めてなんです。大学にギターの小野がいて、メンバーに誘われました。

    Rock oN : ミュージシャンとして音を作るスタンスとして、イヤホンやヘッドホンにこだわりがあったりしますか?

    寺中氏 : 基本はフラットに聞こえるものですが、僕の好みは、ちょっと低域が強いのが好きですね。

    Rock oN : 低音が好きなのには、何か理由がありますか?

    寺中氏 : 中学校の時、吹奏楽部に入ってたんですが、コントラバスを弾いてたのが影響してるかもしれません。自然とベースに耳がいくんですよ。低音が全体に対して一番響きを加えられるし、聞いてて高揚感を感じるんですよね。

    Rock oN : 歌録りの時、ベースって重要ですもんね。

    寺中氏 : そうですね、コード感を支える楽器ですし。

    Rock oN : iPhoneに付属してるイヤホンだと低音が強い訳ではないので、買い替えたりします?

    寺中氏 : はい。それと音質面以外にも、外に出歩く時に便利だなと思ってBluetoothのイヤホンを使っています。晴れてる日はヘッドホンを付けて出掛けたり、雨だと濡れるのが嫌なのでイヤホンに切り替えたり。そんなこともしてます。

    ミュージシャンとしての音の聞き方

    Rock oN : ミュージシャンとしての立場で聞く時と、純粋なリスナーとして自分の好きな音楽を聞く時に違いはありますか?

    寺中氏 : そうですね、聞く時の耳が変わります。人の作品を聞く時に、例えば最近、アレンジやサウンドプロダクションの一部として波形をいじってたりするので、そういう部分をチェックしたり、歌のタイミングなど縦の線の揃え方など注意して聞くことがあります。もちろんメロディーや曲の構成に対しても気になるし、また、「こう転調をするのか!」みたいな感じで、楽曲のアイデアに対して注意してみたり。KEYTALKはインディーズ時代、DAW上で波形をいじることが結構ありました。でも、メジャーデビューしてからは、エンジニアさんが代わったこともありますが、録りのプロセスにものすごくこだわり、出来るだけ後でいじらない方向でやってます。

    Rock oN : 歌はどうですか? この人の声質はどうだとか、ビブラートなどの歌のテクニックに対してなど?

    寺中氏 : かなり注意して聞きます。まあ、ジャンルによって聞くポイントを変えているところはありますが。僕の場合は、歌も1つの楽器として捉えて聞いてる感じです。

    聞き慣れた曲のバランスが一新。新たな体験に驚き

    _DSC8519


    Rock oN : 今回、Astell&KernとJH Audioのパートナーシップで発売されたイヤーモニターの3機種、Layla II、Roxanne II、Angie IIを使って頂きましたがどうでしたか?

    寺中氏 : 「今までに聞いたことないバランスだ!」というのが第一印象です。

    Rock oN : それは具体的に言うと?

    寺中氏 : こんなに歌が近く聞こえるのは初めてでした! 今まで使っていたイヤホンでは、ちょっと離れた距離にサウンドがあり、その距離で楽器と歌が混ざり合ってるイメージだったんですが、Astell&Kernのサウンドは、まさに「耳元で歌っているんじゃないか!」という感じでした。「これが値段の差なんだな」と実感しました! この音を知ってしまうと、元に戻れないだろうと思います(笑)。

    Rock oN : 試した機種の中で好みだった音はありますか?

    寺中氏 : 全製品を通して、音が近いという印象は共通なんですが、特にLayla IIが一番衝撃が強かったです。

    Rock oN : Layla IIは、ユーザーとしてレコーディングエンジニアやマスタリングエンジニアを想定し、スタジオユースとして設計された製品なので、音の分離感が一番ありますね。

    寺中氏 : KEYTALKの曲をもちろん聞きましたが、1つ1つのパートが聞きやすく、「ミックスが変わったんじゃないか?」と思うくらい違って聞こえました!

    「いい音」に対する基準をアップさせたAstell&Kern

    Rock oN : KEYTALKはミックスの時、どんな感じなんですか? 作業は大変ですか?

    寺中氏 : 基本的に作曲者が権限を持って進めますが、他のメンバーの意見も取り入れ、話し合いながら進めます。揉め事はないですが、可能な限り時間をかけてこだわり抜きますよ。

    Rock oN : メジャーになり、大きなスタジオでレコーディングするようになると、より正確ないい音でモニターするようになったと思いますが、音の作り方に影響はありましたか?

    寺中氏 : そうですね、KEYTALKはメンバーそれぞれが作曲するので、作曲者が描くミックスの方向性があり、それぞれ個性があります。でも、その幅が面白いところだと思っています。今回、Astell&Kernのイヤモニを使ってみて、「いい音」に対する基準がアップして新たになったので、メンバー間でも共有し、もっと僕らのサウンドを突き詰めていければいいなと思います!


    KEYTALK

    keytalk01

    (L to R)
    小野武正 (Gt./MC/Cho.) DJネーム:てんぷらDJアゲまさ 八木優樹 (Dr./Cho.) 寺中友将 (Vo./Gt.) 首藤義勝 (Vo./Ba.)

    http://keytalkweb.com

    ■2009年7月に小野武正(ギター)、首藤義勝(ボーカル&ベース)、寺中友将(ボーカル&ギター)、八木優樹(ドラム&コーラス)で結成。

    ■2013年11月20日シングル「コースター」でビクターエンタテインメントGetting Betterよりデビューし、5月20日には3rdアルバム「HOT!」をリリースし、オリコンウィークリー初登場4位。

    ■2015年10月28日にはキャリア初となる日本武道館単独公演を開催。チケットは即日SOLD OUT!11000人を動員した。

    常に話題を振りまき、勢いが止まらないKEYTALKに各方面から更なる注目が集まっている。

    最新記事ピックアップ

    梅田店 12/22金曜日 営業時間変更のお知らせ
    お客様各位 平素は格別のご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら12/22(金)の梅田店営業時間につきまして下記のとおりご案内させていただきます。 当日は大変ご不便ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くだ [……
    【渋谷店発信】Aston Micでアコギを録音してみました!by PD安田
    低価格ながらも品位のあるルックスも兼ね、演奏者の細かいニュアンスからダイナミクス溢れるクオリティがこのマイクで実現できます。PD安田は今までBlue BlueBirdをこよなく愛してましたが、この気にAstonのSpir [……
    「Dolby Atmos Home」制作のためのターンキー・システムを販売開始!
    ROCK ON PROはDolby Atmos Mastering Suite認定ディーラーです!Dolby Atmosでの制作を希望するみなさまからの疑問やDolby Atmos制作用ツール導入に関するご相談にお応えいたします!
    UA Apollo シリーズを買うなら梅田店へ!キャンペーン終了間近です!
    梅田店限定!! Univesal Audio Apollo シリーズを買うなら Rock oN Umeda へ! ただいまUniversal Audioより12/28まで大型プロモーションが開催中です! キャンペーン詳細 [……
    Overloud「Sculptube」新発売!今ならイントロ特価!
    「GEMシリーズ」第六弾は真空管が生み出すハーモニクスでサウンドを色付けるチューブ・プロセッサー・プラグイン!
    NextDrive SPECTRA新発売!世界最小クラスの 32bit/ 384…
    プロクリエイターのための高品位DACを作りたい。そうしてクラウドファンディングから登場したNextDriveのSPECTRA。PCM(最大32bit / 384kHz)、DSD(最大11.2MHz)に対応、たった17gで [……
    SYNCHRON STRINGS 1がプリオーダー価格30%OFF!
    VSL の最新鋭スタジオによる、新時代のストリングス音源がダウンロード開始になるまでのプレオーダー特価!
    PROJECT SAM「SWING MORE! 」新発売!同時にお得なバンドルパ…
    前作「SWING!」の系譜を継ぐジャズ&フィルム・スコアリング音源の第二弾が登場!同時にお得なバンドルも新発売!
    FOSTEX NF01R Review 【Vol.6】 ~ meets ~ 関口…
    第一線で活躍するクリエイターがNF01Rをレビュー。6回目を迎えた今回は、コンポーザー/プロデューサーとしても活躍中のギタリスト 関口シンゴ氏。様々なジャンルのプロジェクトをこなす関口氏が独自の目線でNF01Rを語ってく [……
    SONAR ユーザー対象。Cubase 9.5半額の優待販売 開始!クリエイター…
    Cakewalk SONARのユーザーを対象に、 最新Cubase 9.5が半額で手に入る優待販売クロスグレード版を販売中! 残念ながら更新・生産を終了したSONARから、クリエイターのために進化を続けるCubaseへ、 [……
    ROCK ON PRO X’mas Special 〜S3+Dock+iPad …
    デスクトップをコンソールにアップグレードすることができる2製品をバンドルしたキャンペーン開始!Dockに必須のiPadを含めたバンドルもご用意しました。マウスとキーボード操作から解放された制作環境を整える絶好の機会をお見逃しなく!!
    梅田店開催!「スタッフ交流座談会」店舗スタッフが読み解く今の機材事情!
    ただいまRock oNでは、渋谷店と梅田店のスタッフトレードを開催しており、渋谷店スタッフ福山が梅田店に勤務しております。これぞいい機会!という事で意見交換交流会を行いました。今ブームが来ている製品から最新機材など、これ [……
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
    RockoNCompanyに関するツイート