閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
HOW TO

あなたの楽曲制作にヒントをもたらす数々のノウハウ記事に加え、膨大な動画コンテンツは制作トレンド&Tipsの集大成!

03
Feb.2015
HOW TO
  • HOME
  • HOW TO
  • Rock oN Staff Blog!Synthsizerの深層世界! : Part.3 Tom Oberheim編

Rock oN Staff Blog!Synthsizerの深層世界! : Part.3 Tom Oberheim編

150203_staffblog_508

こんにちは!ACID渋谷です。今年は乗っけからシンセが大豊作で、シンセ好きの私としては大興奮の日々です。

多くの新進気鋭のガレージメーカーが斬新なモジュラーを発表する中、RolandやKORGも新製品を発表。そんな中でTom OberheimやDave Smithなどレジェンドクラスのブランドも大活躍でした。

今回はそんなNAMM2015でのTom Oberheim 2 VOICEの実機登場を記念して、Oberheimの歴史を紐解いていきます!


TVS-PRO-Detail-Lg


まずOberheimという名前を聞いて真っ先に頭に浮かぶのは2つあります。1つはVan Halenの大ヒット曲「JUMP」の分厚いシンセブラス。当時私はRock少年ではありませんでしたが、中学生時代に友人にシンセサイザーって何?ときいた所、「これだよ!」と教えてくれたのがこの曲でした。余談ですが、同曲のプロモーションビデオに登場するOB-Xaの埃が凄いですよね!

obxa

そしてもう1つがSEMのバンドパスフィルターでカットオフをスウィープさせた時のサウンドです。バンドパスなので上下の帯域が削られたスッキリしながらも「ジウゥ〜」というサウンドが印象的です。シーケンスを走らせながらLFOでカットオフを動かすと良い感じのエレクトロサウンドになります。

2つ目がいきなりマニアックになってしまいましたが、SEMって何だろう?という方に簡単に解説します。

Oberheimサウンドの原点、それがSEM

sem1
SEMというのは「Synthsizer Expander Module」の略です。つまり拡張音源という事ですね。では何の拡張音源かというとMoog minimoogやARPのシンセサイザーの拡張音源です。
スクリーンショット 2015-02-03 21.48.27
Oberheimの第一号製品はDS-2というデジタルシーケンサーでしたが、DS-2でminimoogなどをコントロールする際に、拡張用の音源として用意されたのがSEMなのです。そのため、SEMには鍵盤がありませんでした。

もともとMoogやARPのシンセと併用で使う事が想定されていたため、それらのシンセとは違う個性を持たせる必要がありました。

そこで採用されたのが、-12dB/Octのマルチモードフィルターだったのです。当時MOOGやARPなど有名アナログシンセのフィルターは-24dB/Octが主流だったため、SEMの-12dB/Octのフィルターが生み出すサウンドは重宝されました。加えてマルチモード(LP/HP/BP/Notch)だった為、LPF一本のminimoogよりも幅の広いサウンドが創り出せたとも言えます。
filt

ちなみにRoland TB-303のLPFは-18dB/Oct。フィルターがサウンドキャラクターに及ぼす影響は計り知れませんね!

そしてSEM発表の翌年、Oberheimは同社初の鍵盤付きシンセサイザー「2VOICE」を発表します。

2VOICEとはSEM2台分の音源をそのまま積んだシンセサイザー

SEM2つで2VOICE。凄い名前ですね。SEMといいOberheimの機材のネーミングセンスは本当にカッコいい!ロマンチックな名前を付けずひたすら機能や役割を名前として付けるのは何となくテクノっぽいと個人的に思っています。その後も8VOICEやExpanderなどそのものズバリな製品を生み出し続けます。
2v
話がそれましたが、2VOICEは2台のSEMを音源として搭載し、シーケンサー(2トラック)と鍵盤、その他のコントローラー類を積んだシンセでした。2つのSEMのパラメーターを同時にコントロールでき、また個別のモジュールとしてもそれぞれ設定出来たので、1台でキャラクターの異なるサウンドを同時に(ポリ的な意味で)楽しめました。特にシーケンスをVOICE別に2つ走らせられるのがニクい!!昨今のアナログブームによって、様々なメーカーからステップシーケンサー付きのアナログシンセが次々発売されていますが、この2VOICEは正にそういった製品の元になったものと言えます。
そんな2VOICEをTom Oberheim氏が自ら復活させたのが、今回NAMM2015でその姿を現した「Two Voice Pro Synthesizer」なのです。

1975年のオリジナル2VOICEを忠実に再現しながら大幅パワーアップ!

TVS-PRO-Lg
シーケンサーのMIDIクロックへの同期やフラッシュメモリーへの保存、柔軟なパッチングなど、今の時代に相応しいスペック。いや、時代が2VOICEに追いついたという方がテンション上がりますね!
スクリーンショット 2015-02-03 21.51.41

ちなみにTom Oberheim史はSEMも3モデルリイシューしています。欲しい。。。!

①SEM with MIDI to CV:MIDI to CVコンバーターを搭載
SEM-1-Lg
②SEM with Patch Panel:充実のパッチング
SEM-2-Lg
③SEM PRO:SEM with MIDI to CVに21のパッチ・ポイントを搭載
SEM-PRO-Lg


なお、非常に興味深いTom Oberheim氏の自伝がMI7 JAPANさんのWEBページにアップされてますので是非ご一読下さい!
http://www.mi7.co.jp/products/tomoberheim/story.php

text by ACID渋谷

    記事内に掲載されている価格は 2015年2月3日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    プロが診断!DTM部屋の正しいモニターセッティング方法
    マスタリングエンジニア森﨑雅人氏が、女性シンガーソングライターのモニターセッティングを指南!
    AUDIONAMIX XTRAX STEMSで2mixを4パートに自動分解して、…
    2mix波形しかなくても、簡単にハイクオリティなミックスに生まれ変わる!?
    トラックメイカー ミツビシテツロウのLove Live! 〜 max for l…
    Liveの最大の特徴の一つでもある max for liveをご紹介!Maxは難しい?いいえ・・・
    CUTTING EDGE 2020 〜TAKE YOUR IMAGINATION…
    自宅でじっくりRock oNスペシャルコンテンツをみてみませんか?機材整理 & 環境グレードアップをアシスト!
    Flux::Spat Revolutionで新たな3Dオーディオミキシングを体現…
    SPAT Revolution使用事例に関するニュースレターをご紹介!
    Abletonがシンセを学べる無料サイト「Learning Synths」日本語…
    ブラウザー上でシンセサイザーをインタラクティブに操作して音作りが無料で学べます!!
    iZotopeのAIアシスタントにミックスとマスタリングをお任せしてみたVIDE…
    AIアシスタントによるミックスの結果やいかに!?
    DTM初心者のためのオーディオインターフェース用ケーブル選びガイド
    初心者でも正しいケーブル接続ができるよう必要な知識をご紹介!
    アル・シュミット氏による SDX-DECADES を使って TOTOのロザーナを…
    TOTO の Jeff Porcaro がレコーディングに使用したスネアでロザーナを再現!動画をお楽しみください!
    HEAR THE REAL TONE 2019 Ambisonicsマイク &#…
    第5弾はAmbisonicsマイク & バイノーラルステレオマイク編。
    HEAR THE REAL TONE 2019 マイクロフォン編(Advance…
    Hear the Real Tone2019、第4弾は男性ボーカル8本、女性ボーカル9本、計17本の音源を収録しました! お馴染みレコーディングエンジニア飛澤正人氏に収録していただき、全てのマイクにコメントをいただきました!
    HEAR THE REAL TONE 2019 マイクロフォン編(Entry)
    Hear the Real Tone2019、第2弾はインストルメンタル、女性ボーカル各14本ずつ、計28本の音源を収録しました!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company