閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
HOW TO

あなたの楽曲制作にヒントをもたらす数々のノウハウ記事に加え、膨大な動画コンテンツは制作トレンド&Tipsの集大成!

11
Jul.2019
HOW TO
  • HOME
  • HOW TO
  • 制作ノウハウ
  • Rupert Neve Designの現在完成形とも言えるチャンネルストリップ!shelford channelサウンドレビュー!

Rupert Neve Designの現在完成形とも言えるチャンネルストリップ!shelford channelサウンドレビュー!

20190626_Shelford_1390_856

こんにちは、オルタネイト福山です。

今回はRupert Neve Designの現在完成形とも言えるチャンネルストリップshelford channelをサウンドレビューします!発売されるやいなや急激な人気を誇るチャンネルストリップの登場です!

クリーンからファットまで対応するサウンドバラエティーと、これぞRNDとも言えるサウンドクオリティーの高さが大きな特徴。

ちなみ、Shelfordとは地名からきているようです。

(Rupert Neveさんが昔数々の名機を生み出した、イングランドのリトル・シェルフォードが由来とのこと!)

shelford

それでは、サウンドチェック行ってみましょう!

product_66099

product_66100

特にオススメポイント!

1、聞けばわかる、そのマイクプリの上質さ。

マイクプリを選定するポイントは、実直にそのサウンドキャラクターです。

極端に音が太くなるわけではありませんが、クリーンかつとても音楽的な増幅具合です。加えてノイズ比も高く結構ゲインアップしてもノイズが乗ることもありません。

2、RNDIと同等以上のHi-Z入力サウンドでインスト音源をさらに高品質に!

人気のDIの一つであるRNDIをご存知でしょうか?
こちらと同等の回路構成を持っていますが、さらに!

product_55515

Hi-Z入力は、なんと直接マイクロフォンプリアンプのゲインステージに送られます。この設計によりRNDIと同じ処理をした信号に、さらなるクリアさと存在感のある低域滑らかな高域が付加されより魅力的なサウンドで取り込むことができます。

3、シルク回路と出力トランスによりクールにもファットにも!

RNDならではの”Silk”回路ですが、この回路が個人的にも大好物です。
クリーンにもヴィンテージ特有のファットなサウンドにも仕上げる点で非常に重宝します。
時に、クリーンに仕上げたいときはトランスでのキャラクター変化をできる限り抑えたい時もあり、逆に入力するギターなどによってはもっと倍音感が欲しい、ローミッドにパンチが欲しいといったことがありますが、SILKとTEXTUREで程よく調整できます!

4、ビンテージとモダンのいいとこ取り!EQセクション

NEVEといえば、マイクプリアンプ部分と共に評価が高いのがEQセクションになります。Shelfordに搭載のEQはクラシカルな良い部分を十分に引き継いでいます。

オススメの使用シーン!

◎ボーカルや楽器レコーディング時にNeveの高品質なチャンネルストリップを仕様したいという時

これまでのNeveヒストリーを凝縮したようなShelford Channelはまさに用途を選びません。単純に高品質なチャンネルストリップを使用して録音したいといった用途にぜひおすすめです。

さらに本製品は、ヒストリーから引き継がれた魅力的な部分はさることながら、現在のパーツ事情だからこそ実現できる、アップデートも行われています。(例としては、EQのミッドハイレンジで実現しているビンテージとモダンデザインのハイブリッド仕様、電源ユニットでの動作電圧を上げることで実現できる低ノイズやダイナミックレンジの拡大など)

メーカー参考動画

Shelford Channel

RUPERT NEVE DESIGNS
SHELFORD CHANNEL
¥371,560
本体価格:¥337,782
3716ポイント還元

5211
マイクプリだけ欲しいと行った方には、こちらがおすすめ!

RUPERT NEVE DESIGNS
5211
¥242,000
本体価格:¥220,000
2420ポイント還元

RNDI

RUPERT NEVE DESIGNS
RNDI
¥33,480
本体価格:¥30,436
335ポイント還元

Writer.オルタネイト福山

    記事内に掲載されている価格は 2019年7月11日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    THE WORKFLOW リモートレコーディング実践編 by 田辺恵二
    前回のリモートレコーディングの記事大変反響もよく皆さんがもっとも興味のある事柄だと実感しました。
    iZotope Ozone 9 Elementsの使いこなし術!マスタリングの未…
    登録はお済みですか?
    Audiomoversを使ったリモートレコーディング方法 by 米津裕二郎
    「録ろう、配信しよう、つながろう」のテーマの元にプロフェッショナルなクリエイターやエンジニアの方々にご協力頂き、彼らが今実際に行なっているワークフローやテクニックをご紹介頂く新企画が登場です。 ご本人の執筆によるリアルな [……
    AMPLE GUITARシリーズで本格的なギター演奏が簡単自由自在!第4回:ウク…
    もうすぐ夏だ!ウクレレだ!シリーズ最終回はエフェクトパネルを解説
    トラックメイカー ミツビシテツロウのLove Live!第3回〜Liveでライブ…
    好評企画の第3弾!今回は”Liveを使ったライブマニピュレーション”を解説!
    AMPLE GUITARシリーズで本格的なギター演奏が簡単自由自在!第3回:ベー…
    RifferのDice機能を使用して簡単にオリジナルフレーズを作る方法をご紹介!
    Let’s お家からHello!配信・録画機材編
    そうだ、こんな時だからこそ配信しよう!
    田辺恵二の おすすめリモートレコーディング2選!!
    田辺恵二さんが実際に試した2つのリモートレコーディングをご紹介します!
    トラックメイカー ミツビシテツロウのLove Live! 〜努力しないで作曲編〜
    好評企画の第2回!今回は”Liveを使っての作曲”を解説!
    AMPLE GUITARシリーズで本格的なギター演奏が簡単自由自在!第2回:エレ…
    Riffer機能でリアルなギターリフを作る方法をご紹介します!
    VR-1HDを駆使して、マルチカム配信を”1人で”行う方…
    ご自宅での時間が多い中、YouTube Live、ツイキャスなど無料配信サービスで楽しい時間を過ごす方も多くなってきたと思います。 今こそ配信環境を整え、面白いコンテンツを発信するチャンスです! さて、今回は”複数台”の [……
    ギタリストの宅録におすすめアンプシミュレーター・レビュー!byクーパー天野
    ギタリストによる宅録向上レコメンド製品レビュー!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company