本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
HOW TO

あなたの楽曲制作にヒントをもたらす数々のノウハウ記事に加え、膨大な動画コンテンツは制作トレンド&Tipsの集大成!

12
Oct.2021
HOW TO
  • HOME
  • HOW TO
  • 制作ノウハウ
  • クリムゾンテクノロジーより注目のボイスチェンジャーVoidol 2レビューしてみた!by PD安田

クリムゾンテクノロジーより注目のボイスチェンジャーVoidol 2レビューしてみた!by PD安田

20211012-_-Voidol2_1390_856

みなさんこんにちは、PD安田です!今回はクリムゾンテクノロジー社より注目のボイスチェンジャー「Voidol2」がいよいよ発売とのことで、このソフトで何ができるのか!そしてその効果はどうなのかバッチリレビューをしていきたいと思います!

Voidol2はもとより初代Voidolがリリースされており、AI機能によるボイスモデルの声質に変化させるソフトでしたが、バージョン2になり従来のボイスチェンジに加えて、さらにもっと細かく調声を可能となった「Voidol 2 SYNTH モード」が加わりました。これにより生配信をする際に、声を変化させて演出するに加えて、VST/AUにも対応しているので、DAWに組み込んでサンプリングしてコーラスに加えたり、声のアレンジなども行えるので新しいエフェクターとして是非導入したいツールとなっております。幅広いパフォーマンスをアイデア振り絞って面白く使ってみて欲しいですね!

それでは実際にどんな感じのエフェクトか、また実際に工夫してどのようにできるかチェックしていきましょう!

★Voidol 2は10月20日発売予定!12月26日まで発売記念特価!予約受付中

クリムゾンテクノロジー
Voidol2
¥13,200
本体価格:¥12,000
198ポイント還元

Voidol2の基本的な概要

まずメインのインターフェースをチェックしていきましょう!メインにはAIモードとSYNTHモードの2種類が用意されております。ここを切り替えるだけでモードの使用を変更することが可能です。なおAIモードの操作は至って簡単で、お好きなボイスキャラを選び、女性の方であれば女性を選び、男性の方は男性を選ぶ形になっております。

女性1,2、男性1,2とありますが、声質によってAIが働きやすいポイントがあり、それぞれ試していただきうまくボイスチェンジしやすい項目を選んでいただければ設定は完了です。

01

AIモードではデフォルトで「くりむ蔵」「ヨネちゃん」「奏ミナト」「音宮いろは」が用意されております。どれも個性的で、非常に面白い効果が得られますので、是非に試してもらえたらと思います。

ただ、後に紹介するSYNTHモードの使い勝手が非常に素晴らしく、AIモードでは上手く声がはまる方とそうでない方と相性はあるのではないかなと、正直触ってみて思いました。(もしかすると声がはっきりしている方は結構ハマりはいいのではないかなと思います)滑舌、やはりボイスチェンジしても大事ですね。

実際に試してみたAudio Date

★Bypassからチェンジした声(これでも一番いい方をピックアップ)

さて、ここまでは従来のAIモードですが、次のSYNTHモードはなかなか面白い機能と調整が可能で、非常に効果的です。SYNTHモードでは「SYNTH BASIC PARMETERS」から簡単に要素がピックアップされたパラメーターが調整可能ですが、DETAILをクリックすると右側のように細かいパラメーターを調整することが可能です。

ピッチを高くするんだけれども微妙な明るさの調整や、Fixed Pitchで特定の周波数を固定して変化させたり、自分に適したチェンジをさせることができます。

このSYNTHモードのすごいところは何よりもUnvoiceのところと「Whisper Mode」の効果が絶大で、囁きボイスが簡単に作ることができます。

02

実際にSYNTHモードで試したAudio Dateをアップロード
★男声から女声普通

★ささやき声

★イントネーションの変更

いかがでしょうか?結構簡単に囁きが作れてしまうので、ちょっと遊びたい方にはぴったりな効果ではないかなと思います。(曲のアレンジとかで、後録りするのではなく、こういったチェンジした歌などを混ぜて使うとかなりいい感じにアレンジできます)

他にもこのモードではプリセットがいくつか用意されており、男声から女声に、女声から男声に。またはビブラート意識高め、囁きなどが用意されております。もちろんお気に入りの設定は保存可能ですので、試行錯誤してプリセットを作っていただければ使用用途に合わせての切り替えも可能です。

ただ、調整を細かに行わないとやや声のノイズが乗ってしまうのは、リアルタイムでボイスチェンジをする上では難しいところなのかと思いますので、よく研究して事前にちょうどいいポイントを見つけて活用いただくとベストでございます。あとは自作自演で、もう一人のゲスト出演を同じ人がやる場合に、モザイク声みたいにすると、ライブ配信でも面白い演出ができるかなと思いますので、ビビッと来た方には、ぜひ有効活用をしていただければと思います。

生配信向けに活用できる機能が満載!

続いては他のソフトウェアではあまりないVoidol 2ならではの機能として、なんとサンプラー機能も搭載しております。ここには良くある配信で使用するイエーイとか、拍手とか、もしくはクイズゲームのあたり外れ音など入れておくことができ、即興で番組を盛り上げる要素も加わっております。ポリモードとモノモードでパッドの鳴らし方も、単音ずつなのか、同時に発音可能かの設定もでき、BANKも4つありますので、20個のサンプルを装備しておくことも可能です。なおデフォルトでいくつかサンプルが用意されておりますので、その中から、使用したいものをドラッグ&ドロップでポイっとやってサクッと入ります。

03

BGM5種類、音ネタを何種類か。普段動画でも良く使用されている素材を入れてみても面白いかもしれません。その延長で実際にGoogle Meetなどでこのボイスチェンジャーを使用し、どんな会議通話ができるかやってみたいと思います。

まず私が使用しているのはMacになりますので、Macで使用するためにはMac内部で信号をやり取りするための仮想ドライバーを入れていただく必要があります。(Windowsの方はデフォルトでVoidolが選べれるようになっております)今回は試しにVB-CABLEにて、どのように設定できるかみていきます。

先にですが、VB-CABLE:こちらをダウンロードインストールをしていただきます。(割と簡単に入ります)再びVoidolを立ち上げ直してもらうと設定よりStreaming Outputが選択できるようになってます。そうしたらSkypeやOBSでもなんでもOKですが、配信アプリを起動していただきます。(今回はGoogle Meetを使用)

04

05

Google MeetではインプットをVB-CABLEを選んでいただくことで、このボイスチェンジャーを通した音がそのまま配信先に伝えることが可能になります。ただし、Mac備え付けのスピーカーとマイクを生かすと危険ですので、ヘッドフォンを使用された方がいいでしょう。あとはお好きな壁紙を背景に貼り付ければ完成です。朝の朝礼で終始苦笑いな状況でしたが、楽しい朝を迎えたことは間違いないでしょう。

事前にテストをしていただくことをお勧めしますが、是非に社内向けのイベントなど催しものがある方は、このVoidolを使用すればパーティ的な要素としてもオンラインで盛り上がります。


さて、いかがだったでしょうか?リアルタイムにボイスチェンジができるソフトとして、さらにサンプラー機能も搭載となっておりますので、エフェクトに限らず工夫で面白く楽しいパフォーマンスを是非に演出していただければと思います!私はこのAIモードで声の乗せ方、発声の仕方など(マイクの種類などなど)もう少し研究をしてみようと思います。それでは!

Writer.PD安田

Voidol 2は10月20日発売予定。通常価格¥13,200(税込)のところ、2021年12月26日まで限定で発売記念特価¥8,800(税込)に!ただいまご予約受付中!

クリムゾンテクノロジー
Voidol2
¥13,200
本体価格:¥12,000
198ポイント還元

記事内に掲載されている価格は 2021年10月12日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Neumannスピーカーで作るDolby Atmosの可能性 〜エンジニア米津裕…
立体音響技術として世界中の映画作品や劇場で採用され、没入感のある映像体験をもたらすとして人気を博しているDolby Atmos。近年では映像だけでなく音楽の分野においてもその広がりはめざましく、2021年にApple M [……
Rock oN Academy:Filmmaker講座、好評開催中!
はじめに Rock oNはクリエイターの創造の翼をサポートする多種多様なプロダクトを提供しています。 これから始まるRock oN Academyはそのプロダクトの理解と活用スキルを身に付けるための実践的セッションプログ [……
iZotope(アイゾトープ)お得なセール情報&ノウハウ特集
iZotope製品を知るノウハウ記事と、お得なセール情報をご紹介します。
ダミーヘッドを並べて比較してみた!by PD安田 話題のマイク4機種を比較レビュ…
みなさんいかがお過ごしでしょうか? 最近アプリやコンテンツなどでダミーヘッドやバイノーラルマイク関連が注目を浴びており、価格も踏まえラインナップも豊富になってきました。 そこで、そんなネタを作られている方へ、今回は当店取 [……
DTM おすすめプラグイン特集 by D2R
プラグインを実際に試してみたレビュー動画を中心に、お勧めの音源やエフェクトをご紹介します
サブウーファーとキャリブレーションツールでいかにモニター環境は改善するか? 〜作…
コロナ禍の影響もあり、プロのエンジニアさんの中でも、自宅でミックス作業を行われる方が増えている、ということを聞くようになりました。そこで問題になるのはモニタリング環境。日本における住宅環境の問題もあり、スタジオと同様の環 [……
3月25日(金) 18時より、iZotope × Blackmagic Desi…
『iZotope × Blackmagic Design 〜簡単 & 短時間で効果を発揮する映像/音声の黒魔術〜』と題して、コラボレーション記念スペシャルLiveセミナー配信が決定しました! Vログや企業VPま [……
わかりやすくて奥が深い!シンセの魅力に溢れたASMのHydraSynth Exp…
皆さん、こんにちは。 今回はAshun Sound Machinesから昨年12月に発売した8ボイスシンセサイザー、Hydrasynth Explorerをご紹介します。 あまり聞き慣れないメーカーということで詳しくは知 [……
1010music nanobox | fireball – Pol…
皆さんこんにちは!Acid渋谷です。 今回は発売されたばかりのFRESHなシンセサイザー 1010music nanobox | fireball – Polyphonic Wavetable Mini Sy [……
【2月9日(Wed)18:00~】大乱闘シンセブラザーズ 〜Moogセミモジュラ…
Yasushi.K氏を迎えてアナログモジュラーシンセとデジタルシンセをぶつけた比較や活用方法をご紹介!
【2月4日(Fri)18:00~】現代最高のモバイルI/O。DSPでサウンドメイ…
人気バンドAwesome City Clubのモリシーさんをお招きし、Apogee Duet3を使っての音作り、レコーディング時のセッティングなどをご紹介!
音声分離精度が大幅に向上した AUDIOSOURCERE DEMIX PRO バ…
ギター抜き出しを可能にしたバージョン3!分離精度がどのくらい向上したのか徹底比較検証!!!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company