閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

26
Apr.2019
PRODUCT NEWS

ArturiaのデジタルシンセサイザーMicroFreakを販売開始!

20190418_arturia_1390_856

NAMM 2019やSynthplexなどに展示され、話題沸騰となっていたArturiaのデジタルシンセサイザーMicroFreakを販売開始しました!

コンパクトながら多彩な機能を持つこのMicroFreak。モノフォニックまたはパラフォニック・モード(最大4ボイス)で、11種類のデジタルオシレーターとアナログフィルターを融合したサウンドは強力で、ポリアフタータッチが可能なフラット型キーボードでの演奏も可能です。

また最大4つのオートメーションが記録でき、ステップごとにノート編集ができますし、新しいスパイスとダイスというシーケンサー機能で偶然性を取り入れることもできます。このランダム性を加えることで発展性のあるオリジナルなパターンを作ることができ、5×7のモジュレーション・マトリクスでシグナル・チェインやコントロール系統を再構築して多彩な音色を作り出すこともできます。

実機のシンセサイザーの魅力を堪能しながら、思わず触れてみたくなるシンセ、それがMicroFreakです!

Arturia
MicroFreak
¥35,200
本体価格:¥32,000
528ポイント還元

NAMM 2019でのレポート記事はこちら!動画もあり!
https://www.miroc.co.jp/report/namm-2019-day-2_arturia/

11種類のデジタルオシレーターとアナログフィルターを融合したサウンド!偶然性を盛り込めるシーケンサーも!

mf001

1. デジタル・オシレーター

オシレーターは4タイプのカスタムメイドArtuiraエンジンと、Mutable Instruments製開発による7種類のモードからなる11種類のデジタル・オシレーターを搭載。

フィジカルモデリングやウェーブテーブル、ヴァーチャルアナログといった幅広く搭載されています。

2. アナログ・フィルター

フィルターは-12db/octの音の良いステートバリアブル(ローパス、バンドパス、ハイパス)アナログ・フィルターです。このフィルターはOberheim SEMフィルターをベースにしていて自己発信も可能です。

3. LFO、エンベロープ、サイクリング・エンベロープ

一見シンプルそうですが、実は極めてパワフルなLFO(シンク可能、サイン波、三角波、ノコギリ波、矩形波、ランダム、スルー・ランダム)とエンベロープです。

フレキシブルなサイクリング・モジュレーターを使えばエンベロープをLFOのように使用でき、色々なライズ/フォール・タイムでパラメーターをコントロールできます。

4. 25ノート・プリント基板タイプ「キーボード」

鍵盤は25鍵のポリアフタータッチ対応で、フラット型になっていて通常の「押す」タイプではなく「叩く」タイプになっています。(基板が描かれたデザインもインパクトあります)

5. トランスポーズ・ボタン

ダーティなベース音域から叫びあげるようなハイピッチのリードまで簡単にシフトできます。

6. アルペジエイター/シーケンサー

ポリフォニック・シーケンサー+パラメーターを自由にアサインできる4モジュレーション・トラック。64ステップ・シーケンサー(プリセットごとに2パターン、4オートメーション・トラック)のほか、
スパイスやダイス機能でシーケンスに意外な偶然性を盛り込めます!

アルペジエイターは、アップ、オーダー、ランダム、パターン・モード、スパイス&ダイス・ランダマイザーといったものを搭載しています。

7. アサイナブル・モジュレーション・マトリクス

5種類のモジュレーション・ソースと3種類のユーザー設定を含む7種類のデスティネーションをヴァーチャル的にパッチングできます。

8. 128音色プリセット+64音色ユーザー・エリア

トラディショナルな音色を含めてバラエティに富んだ128音色をプリセットしています。ユーザー・エリアにはオリジナル音色を64音色メモリーできます。

9. OLEDスクリーン

各種設定やプリセットをクリアに見やすく表示します。

mf002

10.CV/Gate端子

CVアウトでMicroFreakを音楽制作に組み込めます。MicroFreakのシーケンサーでヴィンテージ・シンセやユーロラック・モジュラーのコントロールをするなど、用途は無限大です!

他にもUSB、Clock、MIDIイン&アウト端子を装備。

11.パワー・サプライ&USBパワー

MicroFreakはパワー・サプライ付属ですが、それなりの電力が必要なアナログ・オシレーターがありませんので、USBバスパワーでも動作します。

外形寸法:311 (W) x 233 (D) x 55 (H) mm
質量:1.02kg

Arturia
MicroFreak
¥35,200
本体価格:¥32,000
528ポイント還元

Arturia
https://arturia.jp/products/item/microfreak/

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月26日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    RMEが2チャンネルハイエンドAD/DAコンバーター「ADI-2 FS」発売!精…
    精密かつコンパクト設計のAD/DAコンバーター、12月発売予定!
    RMEの最新テクノロジーを凝縮したオーディオ・インターフェイス「Babyface…
    様々な機能が向上し、RMEの集大成とも呼べるオーディオ・インターフェイスに進化!
    Strymonが放つIRIDIUMは超高性能アンプシミュレーター/IRローダー!
    Strymonといえば2010年頃から発売され、当時としては非常に高い音質、デジタルでありながら空気感のある美しいサウンドキャラクターで瞬く間にギタリストに浸透したブランドです。 今回Strymonから発売された新製品、 [……
    Behringer秋の新製品発表会開催!話題のシンセサイザー&リズムマシン6製品…
    海外のショーレポートで話題を呼んでいたRD-8やPRO-1が本邦初公開!
    Audio-technicaが期間限定デジタルギフトカードプレゼントキャンペーン…
    Google Playギフトカード/ iTunesギフトカード/ Amazonギフト券のいずれかをプレゼント!1/31まで!
    ARTURIA 新作キーボードKeyLab 88 MkII / microLAB…
    ARTURIAより先日発売したばかりの2種類のキーボードを紹介します。本格的な鍵盤演奏ができる88鍵ハンマーアクションのMIDIキーボードKeyLab 88 MkIIと、それとは対照的にコンパクトで持ち運びしやすい25鍵 [……
    DJIより最も手軽な最高クラスのドローンMavic Miniが登場!予約受付中!
    超軽量199gで2.7Kカメラ搭載!簡単撮影&編集が可能なドローンMavic Miniが11月14日発売!
    iZotope Dialogue Matchとは!?触ってみて新しい可能性を考え…
    前回のOzone 9のアップデートからの大幅な進化を見せたiZotope社のプラグイン。今回はiZotopeの技術とExponential Audioの技術が融合され、今度は”空間”をもマッチングしてしまうという、また真 [……
    iZotopeがポストプロダクションのためのプロファイリングプラグイン「Dial…
    音のプロファイリングでミックス時間を短縮する画期的プラグイン!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    ドイツに拠点を置くESIがコンパクトでリーズナブルなオーディオインターフェース4…
    コンパクトでリーズナブルなオーディオインターフェイスが登場!
    Waves「Halloween Sale 2019」がスタート!10/31まで!
    Horizonバンドルが在庫限りで税別30,370円とお得に!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company