閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

26
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 2:Arturia

新型シンセサイザー「MikroFreak」が展示!

MikroFreak_全景

to NAMM 2019 HOME

ARTURIAからはBuchlaライクなPCBボードを搭載したデジタルOSC×アナログフィルターの新型シンセサイザー「MikroFreak」とオーディオインターフェースのAUDIFUSEシリーズの新ラインが登場!もうルックスの時点で買って帰りたかったんですが、まだ売ってませんでした!それでは早速特徴を見ていきましょう。

まずはArturia Lead Product ManagerのSebastien Rochardさんによるデモ動画をご覧ください。

まずデジタルオシレーターは11種類のユニークなモードが搭載されています(将来的に増える可能性あり)。SUPERWAVEやWAVETABLE、2オペのFMであるPI.FMなどベーシックなものから、フォルマントサウンド生み出すPI.Speechや金属的な物理サウンドを創り出すPI.Modalなど個性的なものがバランスよく入っています。グラフィックも非常に凝っていて可愛いのでぜひ見て上げてください。写真はPI.Speechです。PI.FMはラジオのモチーフでした。

IMG_3410

そしてそのデジタルサウンドを受け止めるのが-12db/octのアナログのステイトバリアブル・フィルターです。このフィルターはみなさま御察しの通りoberheimのSEMスタイルです。oberheimのSEMがもともとMOOGやARPのサウンドに対して変化をつけるために-12db/octのLBHタイプだったので、今回の組み合わせも面白いですね。そして多くのパラメータとモジュレーションを制御するのが左上の小型モジュレーションマトリックスです。これは非常に良くできていて、プッシュエンコーダーツマミで、マトリックスが交差する点を探してサクッとエディットできます。

NAMM2019_MikroFreak

そしていよいよこのシンセの最も大きな特徴であるキーボード部分です。これは一般的なキーボードではなくPCBボードになっていて、さらにユニークなのがポリフォニックアフタータッチに対応している点です。PCBボードは鍵盤を仕込んで戻るという動作がないので連打などが得意なのですが、電極の接地面の増減でベロシティも表現できます。MicroFreakをコントローラーとして使う場合にはMPEやポリフォニックアフタータッチに対応するプラグインシンセなどを演奏する時にも効果が期待できます。これだけでも買う価値ありですね。

MikroFreak_全景

そして上段のサイコロマークを見ればわかる通り、シーケンスにランダムなエッセンスを追加することもでき、非常にモジュラーシンセ的な生き生きとしてサウンドメイクに長けていると言えるでしょう。うん、欲しいです。価格は349ドル。

MikroFreak

NAMM2019_Day1-278

NAMM2019_MikroFreak

オーディオ・インターフェースAUDIOFUSEシリーズのニューモデルも登場!

そしてこちらはArturiaが誇る便利屋オーディオ・インターフェースAUDIOFUSEシリーズのニューモデルです。19-20アウトのフラッグシップとなるAUDIOFUSE STUDIO(999USD)。メインのUSBポートはType-C、そしてAUDIOFUSEらしくUSBハブが3ポートあり、内二つはバッテリー充電もできます。ドングルやコントローラを多用する人に嬉しい配慮ですね。そしてもちろんアナログレコードユーザーを喜ばせるフォノ入力も健在です。そして通常のアナログのラインイプットが4つのマイクプリつきを含めて8inあるので、ハードシンセをたくさん使うユーザーに適していると思います。そしてダイナミックレンジも前作が117dBだったのに対し、119.3dBと向上。EINも-131.5dBuから-129dButこちらも向上しています。

AUDIOFUSE STUDIO
NAMM2019_AUDIOFUSE STUDIO

そしてこちらはAUDIOFUSEシリーズ初のラックタイプのAudioFuse 8Pre(799USD)。2系統のADATを搭載し、プリの増設が可能。またAudioFuse Creative Suiteなるプラグインバンドルが付属するとのこと。ラック耳を下に向けるとデスクトップ仕様になるのもユニークですね。

NAMM2019_AudioFuse 8Pre

Arturiaブースも毎回爆音で人気がありますね。

NAMM2019_Arturia

NAMM2019_Arturia

Arturia
https://www.arturia.com/

Writer:Shibuya

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月26日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company