閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

26
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 2:Arturia

新型シンセサイザー「MikroFreak」が展示!

MikroFreak_全景

to NAMM 2019 HOME

ARTURIAからはBuchlaライクなPCBボードを搭載したデジタルOSC×アナログフィルターの新型シンセサイザー「MikroFreak」とオーディオインターフェースのAUDIFUSEシリーズの新ラインが登場!もうルックスの時点で買って帰りたかったんですが、まだ売ってませんでした!それでは早速特徴を見ていきましょう。

まずはArturia Lead Product ManagerのSebastien Rochardさんによるデモ動画をご覧ください。

まずデジタルオシレーターは11種類のユニークなモードが搭載されています(将来的に増える可能性あり)。SUPERWAVEやWAVETABLE、2オペのFMであるPI.FMなどベーシックなものから、フォルマントサウンド生み出すPI.Speechや金属的な物理サウンドを創り出すPI.Modalなど個性的なものがバランスよく入っています。グラフィックも非常に凝っていて可愛いのでぜひ見て上げてください。写真はPI.Speechです。PI.FMはラジオのモチーフでした。

IMG_3410

そしてそのデジタルサウンドを受け止めるのが-12db/octのアナログのステイトバリアブル・フィルターです。このフィルターはみなさま御察しの通りoberheimのSEMスタイルです。oberheimのSEMがもともとMOOGやARPのサウンドに対して変化をつけるために-12db/octのLBHタイプだったので、今回の組み合わせも面白いですね。そして多くのパラメータとモジュレーションを制御するのが左上の小型モジュレーションマトリックスです。これは非常に良くできていて、プッシュエンコーダーツマミで、マトリックスが交差する点を探してサクッとエディットできます。

NAMM2019_MikroFreak

そしていよいよこのシンセの最も大きな特徴であるキーボード部分です。これは一般的なキーボードではなくPCBボードになっていて、さらにユニークなのがポリフォニックアフタータッチに対応している点です。PCBボードは鍵盤を仕込んで戻るという動作がないので連打などが得意なのですが、電極の接地面の増減でベロシティも表現できます。MicroFreakをコントローラーとして使う場合にはMPEやポリフォニックアフタータッチに対応するプラグインシンセなどを演奏する時にも効果が期待できます。これだけでも買う価値ありですね。

MikroFreak_全景

そして上段のサイコロマークを見ればわかる通り、シーケンスにランダムなエッセンスを追加することもでき、非常にモジュラーシンセ的な生き生きとしてサウンドメイクに長けていると言えるでしょう。うん、欲しいです。価格は349ドル。

MikroFreak

NAMM2019_Day1-278

NAMM2019_MikroFreak

オーディオ・インターフェースAUDIOFUSEシリーズのニューモデルも登場!

そしてこちらはArturiaが誇る便利屋オーディオ・インターフェースAUDIOFUSEシリーズのニューモデルです。19-20アウトのフラッグシップとなるAUDIOFUSE STUDIO(999USD)。メインのUSBポートはType-C、そしてAUDIOFUSEらしくUSBハブが3ポートあり、内二つはバッテリー充電もできます。ドングルやコントローラを多用する人に嬉しい配慮ですね。そしてもちろんアナログレコードユーザーを喜ばせるフォノ入力も健在です。そして通常のアナログのラインイプットが4つのマイクプリつきを含めて8inあるので、ハードシンセをたくさん使うユーザーに適していると思います。そしてダイナミックレンジも前作が117dBだったのに対し、119.3dBと向上。EINも-131.5dBuから-129dButこちらも向上しています。

AUDIOFUSE STUDIO
NAMM2019_AUDIOFUSE STUDIO

そしてこちらはAUDIOFUSEシリーズ初のラックタイプのAudioFuse 8Pre(799USD)。2系統のADATを搭載し、プリの増設が可能。またAudioFuse Creative Suiteなるプラグインバンドルが付属するとのこと。ラック耳を下に向けるとデスクトップ仕様になるのもユニークですね。

NAMM2019_AudioFuse 8Pre

Arturiaブースも毎回爆音で人気がありますね。

NAMM2019_Arturia

NAMM2019_Arturia

Arturia
https://www.arturia.com/

Writer:Shibuya

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月26日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company