閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
Prolight+Sound2016

07
Apr.2016
REPORT

Pro Light & Sound LIVE Speaker 大特集

Pro Light & Soundはその展示会の名前の通りステージ周りの機材が多く出展されています。そんな中、Speakerメーカーをいろいろと覗いてきたのでダイジェストでご紹介します。

d&b audiotechnik

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート

国内でも大規模な会場でよく見かけるd&b今年のTOPICはDanteへの対応。NAMMで発表になったDanteのソリューションが展示の中心。DS-10はDante to AESのDD Convertorです。

そこで変換されたAESは同社のアンプD80に接続されます。こちらのアンプもDSP内臓でプロセッサーを介してから増幅を行います。このセットであれば、ミキサーからのDante信号をスピーカー直近のアンプまでデジタルのままEthernet Cable1本で伝送することが可能。ノイズの影響無しのシステムになりますね。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポートProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート

指向角を考えぬかれたHF用のスピーカー。特徴的なホーンの形状をしていますね。ネットワーク基板がむき出しなのがなんともそそるので写真に収めてしまいました。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート

OUTLINE

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート

巨大ロボ出現!!よく見ると各パーツがスピーカーになっているOUTLINEブース。こちらもLIVE用のスピーカーメーカーです。こんな遊び心ある展示なかなかありませんよね!!

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート

KURT MULLER

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート

スピーカーのコーン紙、エッジなどを展示しているこちらのKURT MULLER。実際にコーン紙単品などを販売しているスピーカーのユニットメーカー。このようなメーカーがブースを出しているのがPro Light & Soundの特徴ですね。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート

RCF

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート

ヨーロッパ最大のスピーカーメーカーであるRCFは巨大なブース。Rock oNでもStudio MonitorシリーズであるAYRA、MYTHOシリーズが好評です。しかしここはProLight & Soundの会場。巨大なLIVE向けのラインナップがずらりと展示されています。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポートProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート

そして、国内では見たことのないRCFのコンパクトミキサーシリーズ”E”が展示。なかなか使いやすそうなミキサーですね。DSPエフェクトも搭載されています。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート

更にiOSコントロールのデジタルミキサー”M DIGITAL MIXER”も。Mackie DLシリーズ、PreSonusのStudioLiveシリーズなどにも登場しているサーフェイスを持たないデジタルミキサー。8ch mic入力の小型のものから、16ch mic入力のそこそこの規模まで4機種がラインナップされています。内臓のエフェクトも搭載され、USB接続でオーディオインターフェースとしても利用できるというオールインワンモデル。制作にもライブにもと欲張りな方こんな製品はいかがですか?

NEXO

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート

専用のプロセッサーによりチューニングされ当品位なサウンドを提供するNEXOは、新製品であるコンパクトなiDシリーズとそのプロセッサーDTDシリーズを展開。バランスの良い出音を持つNEXOが小規模なスペースでも利用できるようになってきています。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポートProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート

 

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月7日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company