閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
Prolight+Sound2016

07
Apr.2016
REPORT

Radial Engineering

20160406PLS_50_

ギターエフェクターで有名なRadialからはなんとDanteインターフェイスを搭載した機器が大量に登場です。

20160406PLS_2_6_

まずはこちら。CATAPULTと命名されたこちらは、4系統のXLR入出力とDanteインターフェイスを持ったステージボックス。それぞれ信号の方向性があるため、入力用のTXと出力用のRXをラインナップしています。

筐体は他のRadial製品と同様のスチール素材を採用しながらも、設置・撤収の効率を格段にあげるハンドルが搭載。ハンドルの逆側にDanteのポートを2個搭載。それぞれIN/ThruかOUT/ISOの機能を持っています。

価格はそれぞれTX4・RX4が$139.99予定、TX4M・TX4L・RX4M・RX4Lが$229.99の予定で、いずれも5月下旬には出荷開始予定とのこと。

20160406PLS_2_8_

続いてはこちら。Dante Network DIのDi-NET です。先ほどのCATAPULTは4系統でしたが、こちらはシンプルに2系統です。

20160406PLS_56_

DAN-REXはDante対応のDAボックス。ステレオ出力はそのままパワードスピーカーへ接続するのにうってつけ。また、ヘッドホンでもモニターできるので、大活躍しそうですね。

20160406PLS_58_20160406PLS_55_

DAN-TXはステレオ入力をもったADボックス。TRSのバランス入力に加えて、RCAと、ステレオミニピンにも対応しています。

価格はそれぞれ$399を予定しており,出荷開始予定はTXが6月下旬、RXが5月下旬となっているそうです。

20160406PLS_2_9_

そして、キーボード向けのステージミキサーも登場です。アナログ3系統に加えて、USBインプットも搭載。アナログとUSBが同様にコントロールできるミキサーは非常に珍しいですね。さらに側面位はMIDIが1系統。

20160406PLS_2_10_20160406PLS_2_11_

まだプロトタイプということですが、Main OutputもXLRで用意されているので、ライブパフォーマンス以外にも様々な使い方が出てきそうですね。

想定価格は$300で、8月の出荷開始を目座して目下製作中とのこと。発売が待ち遠しいですね。

writer. Akao
Radial Engineering >>

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月7日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company