閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2018

08
Apr.2018
REPORT

Avid Connect 2018 : 基調講演

NAB ショーレポート

AVID Connect 2018の今年のテーマは、Innovation Action。市場が大きな変化を迎えている今、AVIDとしてUserと共に進化を続けるため、様々な新製品、新機能の紹介が行われました。新製品にも注目が集まりますが、新社長に就任したJeff Rosica氏の講演にも注目が集まります。

NAB show

そのSessionは”ACA Welcome and Avid Innovation Showcase”というタイトルで、昨年までのGeneral Sessionとは少し雰囲気が異なります。

今年の冒頭、例年通りOpening Movieが流れたあと、なんとACAのSenior Director KELI CALLAGHAN氏が登壇。

NAB 話題

昨年まではAvidのスタッフが登壇し、CEOを紹介するという流れでしたが、今年はACAのメンバーが登壇して、その活動と今後の展開を語るというスタート。ACAはAvid Customer AssociationというAvidのユーザーが集まり、プロダクトに対しての要望やなど、Avidにアドバイスを行なっています。これまでにもACAの紹介というのは有りましたが、それを冒頭に持ってくるということはAvidが以下にユーザーに寄り添った製品開発、活動を行なっているかという強いアピールだと感じました。

NAB 新製品

そして、Avid ConnectはACA、Avidユーザーのためのイベントであるということを強く印象づけます。Avid Connectへ出展しているスポンサーの紹介もACAから行われました。

NAB 2018

それに続き、新社長に就任したJeff Rosica氏の講演。”disruption”=混乱と言うのが最初のスライド。

NAB ショーレポート

しんじょうが大きな変化のときに差し掛かり、混乱しているという冒頭。コンテンツの販売形態、そして制作環境にいてもファイル化はもちろん、クラウド、他にもVoIPなど、様々なものごとがスピード感を持って進化をしていっています。同じ様にAvidもその流れの中で4つのコア、テーマを持ちそれに対応しているという説明が。

NAB show
その4つの軸とはこちら。
「Media Central」はMAM,PAMをコアテクノロジーとしてアセット管理によるマネタイズ、更にはそれにまつわるトータルのワークフローの改善、効率化などプロダクションにおけるプラットフォーム。

「Avid Community」は、クラウドコラボレーション等の機能を更に有効化するということ。ユーザーのつながりを密接にし、市場の活性化、制作の効率化といったことが含まれます。

「Market Place」これは、3rd Partyのプラグインのオンラインでの購入から、Avid Communityを通じての制作業務の依頼など、クリエイティブワークにまつわるすべての物事を、マーケットとして扱えるようにしようというもの。

「Avid On Demand」これは今年新しく打ち出された、すべてをリアルタイムにつないでいくという新しい試み。こちは、別途記事にしようと思います。

AvidConnect_day1_ACA-18

集約すると、まさにこのスライドのメッセージどおりだと感じました。トレンドを生み出す。ワークフローの提案、フォーマットなどへの積極的な対応を行う技術力。それにより市場の変化に合わせた進化を続ける。これこそが新CEOとなったAvidの方針ということと感じました。非常に堅実といえばそれまでですが、ユーザーに寄り添う姿勢をこれまで以上に加速させ、市場の変化をリアルタイムで知るためACAとの連携を更に強くする。ACAとしてもPhase2に突入したという話もありました。これらの中から、本当に必要な、これから必要となるものを正確に捉え、ユーザーへ届けるということがこれからも積極的に続けられるということになるでしょう。

このあとは、Dana Ruzicka氏による新製品群の発表。こちらは、製品群ごとに個別にご紹介いたします。

Writer. Yosuke

Avid Connect 2018
http://www.avidconnect2018.com/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年4月8日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company