閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2018

08
Apr.2018
REPORT

Avid Connect 2018 : 基調講演

NAB ショーレポート

AVID Connect 2018の今年のテーマは、Innovation Action。市場が大きな変化を迎えている今、AVIDとしてUserと共に進化を続けるため、様々な新製品、新機能の紹介が行われました。新製品にも注目が集まりますが、新社長に就任したJeff Rosica氏の講演にも注目が集まります。

NAB show

そのSessionは”ACA Welcome and Avid Innovation Showcase”というタイトルで、昨年までのGeneral Sessionとは少し雰囲気が異なります。

今年の冒頭、例年通りOpening Movieが流れたあと、なんとACAのSenior Director KELI CALLAGHAN氏が登壇。

NAB 話題

昨年まではAvidのスタッフが登壇し、CEOを紹介するという流れでしたが、今年はACAのメンバーが登壇して、その活動と今後の展開を語るというスタート。ACAはAvid Customer AssociationというAvidのユーザーが集まり、プロダクトに対しての要望やなど、Avidにアドバイスを行なっています。これまでにもACAの紹介というのは有りましたが、それを冒頭に持ってくるということはAvidが以下にユーザーに寄り添った製品開発、活動を行なっているかという強いアピールだと感じました。

NAB 新製品

そして、Avid ConnectはACA、Avidユーザーのためのイベントであるということを強く印象づけます。Avid Connectへ出展しているスポンサーの紹介もACAから行われました。

NAB 2018

それに続き、新社長に就任したJeff Rosica氏の講演。”disruption”=混乱と言うのが最初のスライド。

NAB ショーレポート

しんじょうが大きな変化のときに差し掛かり、混乱しているという冒頭。コンテンツの販売形態、そして制作環境にいてもファイル化はもちろん、クラウド、他にもVoIPなど、様々なものごとがスピード感を持って進化をしていっています。同じ様にAvidもその流れの中で4つのコア、テーマを持ちそれに対応しているという説明が。

NAB show
その4つの軸とはこちら。
「Media Central」はMAM,PAMをコアテクノロジーとしてアセット管理によるマネタイズ、更にはそれにまつわるトータルのワークフローの改善、効率化などプロダクションにおけるプラットフォーム。

「Avid Community」は、クラウドコラボレーション等の機能を更に有効化するということ。ユーザーのつながりを密接にし、市場の活性化、制作の効率化といったことが含まれます。

「Market Place」これは、3rd Partyのプラグインのオンラインでの購入から、Avid Communityを通じての制作業務の依頼など、クリエイティブワークにまつわるすべての物事を、マーケットとして扱えるようにしようというもの。

「Avid On Demand」これは今年新しく打ち出された、すべてをリアルタイムにつないでいくという新しい試み。こちは、別途記事にしようと思います。

AvidConnect_day1_ACA-18

集約すると、まさにこのスライドのメッセージどおりだと感じました。トレンドを生み出す。ワークフローの提案、フォーマットなどへの積極的な対応を行う技術力。それにより市場の変化に合わせた進化を続ける。これこそが新CEOとなったAvidの方針ということと感じました。非常に堅実といえばそれまでですが、ユーザーに寄り添う姿勢をこれまで以上に加速させ、市場の変化をリアルタイムで知るためACAとの連携を更に強くする。ACAとしてもPhase2に突入したという話もありました。これらの中から、本当に必要な、これから必要となるものを正確に捉え、ユーザーへ届けるということがこれからも積極的に続けられるということになるでしょう。

このあとは、Dana Ruzicka氏による新製品群の発表。こちらは、製品群ごとに個別にご紹介いたします。

Writer. Yosuke

Avid Connect 2018
http://www.avidconnect2018.com/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年4月8日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company