閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2018

09
Apr.2018
REPORT

Avid Connect 2018 : AVID | On Demand

NAB ショーレポート

AVID Connect 2018ではこれまで推し進めてきたCloudサービスを一つにくくり『Avid | On Demand』とする紹介が行われました。サービスとしてはMedia Centralシリーズの延長線上にそのプラットフォームとしてのバックボーンを強化するサーブス群。

NAB show

Avid | AIは、セリフを入力してのコンテンツの検索。例としてハンズオンをしていたのはマズルフラッシュ(銃口からの発射時の光)と検索して、銃を発射しているシーンを探す。というものを行なっていました。本当に素材一つ一つにメタデータを入力しなくてもこの様なシーン検索が可能になるとしたら革命的な出来事となるでしょう。バックグラウンドではMicrosoft Azure上での動作なので、Microsoftの技術が活用されているということ。ビッグデータ、AIといった分野に強いITメーカーとの協業は思わぬところに多大な恩恵をもたらすことになるのでしょうか。その実力が非常に楽しみなところ。

NAB 話題

ストレージ容量もスケーラブル。処理速度もクラウドサーバー次第で高速化が可能。もちろん世界中どこからでもアクセスが可能。LTOでのアーカイブシステムとの連携も可能とのことです。

NAB 新製品

そしてCloud上での編集を実現するEditrial On Demandは先進の共有環境を提供します。これまでにもMedia Composer UX、Media Composer Cloudとして磨き上げてきたものがOn Demandとして登場です。

改めて、これまでのテクノロジーをこれらのスライドで確認下さい。Media Centralは機能としては基本的に同じOn Premiseでのサービスはこれらの製品群。Cloudベースの製品群に一つブランドを付けたというイメージでしょうか。サードパーティーのアプリケーションとの連携も得意とするMedia Central。それがOn Demandとしてどの様な活用がスタートするのでしょう。

NAB 2018
NAB ショーレポート
NAB show
NAB 話題

ハンズオンデモで紹介された画面をいくつかお届けいたします。

NAB 新製品
NAB 2018
NAB ショーレポート

Avidhttp://www.avidblogs.com/mediacentral-editorial-management/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年4月9日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company