閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2018

18
Oct.2018
REPORT

AES 2018 Day1 : Rupert Neve Designs

AES2018 Rock oN Rupert Neve Designs 5211が新登場

AES2018 Newyork

Rupert Neve Designsからは2チャンネルマイクプリ 5211が新登場しました。先に発売されている5012を引き継ぎながらもさらに向上した回路設計/外形と、フラグシップ製品 Shelford Channelの出力トランス、この2つの要素を1台に集約した製品です。

AES最終日にEngineering ManagerのDennis Alichwer氏による製品紹介の動画を収録しました!

AES2018 Rock oN Nugen Audio

向上した要素の1として挙げられるのが可変「Silk」つまみが加わったこと。これはclass-Aの出力段でサチュレーションを付加し、スイートで音楽的な倍音要素を入力信号に加えます。ヘッドルームギリギリまでにドライブですると、さらにこのSilk効果が顕著になります。Shelford Channelのマイク入力段には入力トランスが用いられていますが、5211の入力はトランスなし。マイク信号のそのままを最大限に取り込みます。また増幅回路が見直され、+/-21Vで動作することでSNが向上。ヘッドルームが増え、ダイナミックレンジが向上しています。

AES2018 Rock oN Rupert Neve Designs 5211が新登場

可変可能な”Silk”とカスタムの出力トランスの搭載で、5211は「厚く」「暖かい」サウンドから、クリアなサウンドまでコントロール可能。「新しさ」と「古さ」が高度に共存する製品といえます。

Rupert Neve Designs
https://rupertneve.com/products/5211/#overview

Writer.Tsune

AES2018 Newyork

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年10月18日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decim…
    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decimator Design
    今がオススメ!IK Multimedia iLoud Micro Monitor…
    今回は世界最小クラスのニアフィールドモニターの3つのポイントをご紹介!
    IBC 2019 : ihse / Panasonic / リーダー電子
    ihse / Panasonic / リーダー電子では最新のソリューションや新製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Dolby / ADDER / Canare
    まだまだ続くIBCレポート。続いては3つのブースからお届け!
    IBC 2019 : theatrixx technologies
    theatrixx thechnologiesは、なんと電源部を内蔵したビデオコンバーターがラインナップ。
    IBC 2019 : Lectrosonic
    マイクメーカーLectrosonicsはワイヤレス製品を中心に展示していました。
    IBC 2019:Switchcraft
    パッチ盤で有名なSwitchcraftからはPAで役立ちそうな2つの新機種、そして12G対応のパッチパネルが登場!
    IBC 2019:Carlec
    放送用コンソールで高い評価のメーカーCarlecは、IP対応製品を中心に展示!
    IBC 2019:Yellowtec
    マイクマウントシステムm!kaが有名なYellowtecは、個人制作ユーザー向けの新製品を展示!
    IBC 2019 : Fraunhofer
    圧縮コーデックMPEGの生みの親でもあるドイツの産学連携機関Fraunhofer。
    IBC 2019:Voice Technologies
    ミニチュアマイクメーカーVoice Technologiesは極小イヤーモニターを展示!
    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company