閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2018

20
Oct.2018
REPORT

AES 2018 Day3 : AoIP Technology Pavilion

2018AES_Day2_049

近年、急激な広がりを見せているネットワークオーディオ。今回のAES2018では、AoIP(Audio over IP)テクノロジーパビリオンとして特設区画が設けられていました。

Audinate

2018AES_Day2_053

言わずとしれたDanteの開発元です。会場内にも展示がありますが、こちらにもブースが出ていました。
会場のいたるところで見かけた「Dante SPOKEN HERE」の文字。
Danteの採用メーカーであることを示す看板なのですが、Audinate社の資料によると、このAES NY出展企業だけでも、38社(!)にも及ぶそうです。いかにDante採用機器が増えているかがわかりますね!

unspecified

※こちらはRupert Neve Design社で見かけたもの

RAVENNA

2018AES_Day3_090
以前からAES67完全準拠をアピールしているRAVENNA。
Video over IPの標準規格であるST2110がビデオに付随するオーディオ伝送にAES67を採用を発表したことから、「Now with ST2110!」の表記もありますね。

RIEDEL

2018AES_Day2_052
こちらは放送用ネットワーク機器の雄、RIEDEL。真っ赤なブースがひときわ目を引きます。
「RockNet」という独自のネットワークオーディオ規格もありますが、近年は映像も含めたネットワーク伝送システム製品に力を入れている会社です。

OCA

2018AES_Day3_075
オープンコントロールアーキテクチャ(OCA)は、ネットワークオーディオおよびビデオデバイスの制御、監視、および接続管理のための通信プロトコルアーキテクチャです。
AES70として標準化されています。

Telos Infinity

2018AES_Day2_054

Studio Technologies inc.

2018AES_Day3_074

パビリオン内ではAoIPに関連したセミナーも行われていました。

2018AES_Day2_051
2018AES_Day3_091

質疑応答でも参加者から次々と質問が飛んでいて、ネットワークオーディオへの関心度の高さが伺えました。

国内の放送局やスタジオでも徐々に採用が進み、ますます過熱するAoIP。
今後の動向にも目が離せませんね!

Writer.Takeuchi

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年10月20日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company