閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2019

16
Oct.2019
REPORT

AES 2019 : ARRIVAL (しまもんのNY散策)

DSC05677re

いよいよ明日10月17日(現地時間16日)に迫ったAES Convention 2019 in NY!

一足先に現地入りしたRock oNスタッフは各々の足でニューヨークを巡り、会場周辺の雰囲気をお伝えします!

しまもんのNY散策 Part1

人生初海外がニューヨーク!…ということではりきってレポートを書こうと、前日いつもより早めに床に就いたものの、これまた人生初、時差ボケの洗礼を浴び、夜中に何度も目が覚めてしまいました…。

この日の最高気温は23℃、最低気温は12℃で日中は長袖のシャツだけでも過ごせるものの、朝晩は少々着込まなければ寒さを感じるような気温でした。

DSC05649re

午前10時。滞在先のホテルを出発して最初に向かったのは言わずと知れたニューヨークの観光名所セントラルパーク。その名の通りニューヨークのど真ん中に位置し、そびえ立つ摩天楼の中に広大な自然が広がる姿はまさに”都会のオアシス”といった感じでした。

DSC05612re

公園の中を歩いていると野生のリスに遭遇!どんぐりを探してぴょこぴょこ歩き回る姿に、思わず足を止めてしばらく癒されていました。

DSC05624re

DSC05625re

こちらは公園内の名所の一つ、ベセスダの噴水(Bethesda Fountain)です。「ホーム・アローン2」「セックス・アンド・ザ・シティー」など、数々の映画やドラマのロケ地として有名です。平日の午前中ですが多くの観光客で賑わっていました。

DSC05635re

DSC05637re

噴水から西の方へ向かってみると、あのジョン・レノンが住んでいたことで有名なダコタ・ハウスがありました。会場付近ではビートルズの曲Hey Judeを弾き語りしている男性がおり、それに合わせて口ずさむ人々。彼がこの地で亡くなって39年、当時私はまだ生まれておりませんが、名曲をバックに悲しい記憶が想起され、なんとも印象深い光景でした。

DSC05632

ストロベリーフィールズと呼ばれるエリアの看板に綺麗な花が添えられていました。

DSC05646re

か、かめ・・!!

Part2へ続く・・・。

しまもんのNY散策 Part2

DSC05648re

午後向かったのはESB!NYの摩天楼を代表するシンボル的建築物、エンパイアステートビル(The Empire State Building)です。

まずは2階の電子券売機でチケットを購入します。登れる展望台は2種類あり、102階までいくか86階までいくかを選びます。また並ばずに素早く登れるファストチケットもあり、それらの組み合わせで値段が変わるシステムです。今回は通常の86階チケットを購入。

DSC05666re

進んでいくとそこはまるでテーマパークのように目を惹くアトラクションの数々。わかりやすいパネルやインタラクティブな映像でエンパイアステートビルの歴史が解説されていました。

DSC05669re

次に待ち受けるのはセキュリティチェック。空港の税関のように厳重なチェックが行われます。屈強な体格のスタッフにカメラの三脚を回収されてしまいました。

エレベーターの前は長蛇の列。私が向かった時は比較的空いていましたが、エントランスから86階の展望台に登るまで20分ほどかかりました。

DSC05671re
DSC05670re

エレベーターがコンピュータ制御になる前は、こんなに大きなリレーで制御されていたようです。

いよいよエレベーターの順番がまわってきて、86階へ・・・。

DSC05677re

展望デッキへ出てみるとそこには生まれて初めての光景が広がっていました。ふと、「自分は今、日本の反対側の、エンパイアステートビルの86階(地上320m)にいるんだなぁ」と実感すると同時に、「人間って、、、、すごいな!」と再確認しました。

おまけ:NY街角スナップ

DSC05647re

NY版、忠犬ハチ公的な・・・?

DSC05692re
DSC05693

NYの街中には日本ほどコンビニが多くない代わりに、このようなホットドックなどを売っている屋台やKIOSKのようなお店がたくさんあります。

DSC05571re

ペン・ステーションことペンシルバニア駅とイエローキャブ!目を惹く黄色ですぐにタクシーだと分かります。

まとめ

人生初のNYを満喫し、ようやく現地の移動やお金のやりとり、空気感に慣れてきたところですが、本番は明日から始まるAES Convention 2019!

現地から最新の情報をお届けできるよう頑張ります!!

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年10月16日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
AES 2019 Day3 : Softube
スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
AES 2019 Day4 : ZOOM
痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
AES 2019 Day3 : Terry Audio
Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
AES 2019 Day3 : Sound Particles
まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
AES2019 DAY2 : セミナーレポート
AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company