閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2019

18
Oct.2019
REPORT

AES 2019 Day2 : AVID

373A2220

AES NY 2019の会場で常に人だかりがあるのが、こちらのAvid Booth。IBC 2019で初の実機展示を行った、Avid S4 / S1の人気のほどが伺えます。Tech Previewとして最新のPro Toolsの更新情報が発表になっています。 

373A2222
373A2223

まずは、AVID S4から。AVID S6の弟分となるS4。S6と同等の機能を限定されたサイズの中で実現する、コストパフォーマンスの高い製品。S6では、3つのモジュールに別れていたFader,Process,Knobが、1つのChannel Strip Moduleになっているのが特徴です。オプションでS6と全く同じDisplay Moduleや、JoystickModuleを追加することが可能。Fader数は24までという限定はあるものの、機能的には、かなり近い性能を持ちます。

373A2226
373A2228

そして、長らく皆様に愛されてきたArtist Controlがついに世代交代。Avid S1として登場します。ハードウェア単体の機能は、Artist Mixと同等の8Fader,1Knobとなっています。液晶画面の表示もご覧の通り従来どおり。最大の変更点が、iPad or Androidと組み合わせることで、メーターブリッジを構築できるという点。Avid S6/S4と派違い波形の表示は出来ませんが、チャンネルメーターが提供されるとうのは、ミキシングの操作性として大きなトピックですね。高価なiPadではなく、Andoroidにも対応するというのが今回の更新の密かなニュース。スムーズな表示のためには、ある程度のスペックは必要と思いますが、選択肢が広がるのは良いことですね。

373A2219

Pro Toolsの次のバージョン(早ければ今月末にリリースとのこと)の情報として、Video Engineのブラッシュアップにより4k/8kの解像度へ対応、60p/120pというハイフレームレートへの対応ということが正式に発表になっています。

また、Dolby Atmos制作の加速ということで、Production Suiteの持つAtmos Audio Bridge利用時に130chのやりとりが可能になるということ。これまでは、3rd Party I/Oの扱いで32chの成約を受けていたのが、機能開放されるということ。これにより、Production Suiteで仕込んだ音源をRMUを備えたastering Sutageに持ち込んだ際のI/Oの設定変更が必要なくなりますね。

そして、Netflixへの対応。Netflixの求めるマスターファイルは、Atmos,5.1,Stereoなどさまざまな フォーマットのAudioを一つのコンテナに収める必要があります。これまでPro Toolsでは、Busごとにしか書き出すことが出来ませんでしたが、次のバージョンから、複数のBusのOutを1フィぇ押して書き出すことが可能になるということです。
着実に進化を遂げるPro Tools。まだまだ開発中の機能もあるようなので、引き続き注目ですね。

Writer. Yousuke

Avid
https://www.avid.com/ja/

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年10月18日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
AES 2019 Day3 : Softube
スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
AES 2019 Day4 : ZOOM
痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
AES 2019 Day3 : Terry Audio
Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
AES 2019 Day3 : Sound Particles
まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company